レッスンのこと④発音・イントネーションなど

週末をのんびり楽しんで、また月曜日がやってきました!

Jerahとのレッスンで行っている発音イントネーションについて☆

Jerahはこの学校の先生たちのなかでもHead Teacherなのだそうです。
たしかにJerah、ものすごく真面目で、ものすごくストイック。
英語の発音やイントネーションに関しても、とってもこだわりをもっています。

特にその訓練になるのが、スピーチの練習!
スピーチの内容は自由。自分で話したい内容について(2~4分が平均かな?)英作文を書いてきて、
レッスンで先生に文法などを直してもらいます。

その後行うのが、stressのかかる語のチェック。
大切な語は、少し強調して(音が高めになるイメージ)読むようにします。
たとえば、名詞・動詞・形容詞・副詞・疑問詞にはstress。
二語以上からなる人名や地名では、うしろの語にstress。(たとえばNew York、 Taro Yamadaのように)
形容詞+名詞の場合は、名詞にstressなどなど・・・。
これらを意識することで、抑揚のあるスピーチができるようになります☆

次に行うのは、linkingのチェック。
linkingとはその名の通り、語をつなげること。
たとえば、「My name is」と言うときに「マイ ネーム イズ」と言うのではなく、
「name」と「 is」がつながって「マイ ネーミズ」という感じに発音する。

二つの母音にはさまれた「t」は素早い「d」のように発音する(betterは発音するとbederに近い)とか、
他にも色々たくさんルールがあって、なかなか難しい!
でもこれらを意識することで、よりネイティブの発音に近い、流れのあるスピーチになります☆

speech.jpg
スピーチの原稿。赤線はstressのかかるところ、緑はlinking、黄色はフレーズの切れ目。


これらができたら、あとは練習あるのみ!先生に読んでもらった文を録音して、それを何度も聞いたり、
自分で声に出して読んだり、友達と発表しあってみたり・・・

かなり大変ですが、英語力と度胸がつくと思うので、しっかり頑張りたいと思います!
目指せ毎週スピーチ参加!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
お酒♡ | Home | ハンバーガー早食いチャレンジ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する