フィリピン流クリスマスパーティー【準備編】

すっかりブログを書くのがご無沙汰してしまった・・・
リアルタイムは、セブでのインターン生活帰りにタイに寄り道1日だけ日本に帰国、を終えて、最後の贅沢ニューカレドニアです!

さて、今回はセブの語学学校のクリスマスパーティーの様子をお伝えします!
フィリピン人にとってクリスマスはとても大切なイベントのひとつ。
「1年の半分はクリスマス」
と言われているくらい。
たしかに私が初めて留学生としてセブに来た6月末から、すでに街にはクリスマスグッズが売られていました。笑

そんなクリスマスですから、先生たちにとってクリスマスパーティーは超重要なビッグイベント。

日にちはいつになるのか・・・「クリスマスに近すぎると帰省しちゃうから参加できないわ!」
会場はどこになるのか・・・「屋外だったら暑すぎるわ!」「ドレスアップもできないじゃない!」「それなら参加したくないわ!」
時間はどうなるのか・・・「午前のレッスンの後、スピーチをやってからパーティーじゃ待てないわ!」
レチョン(豚の丸焼き)はどんな大きさか・・・「小さいレチョンなんて嫌だわ!」

クリスマスパーティーを開催することが決まってから、何度も何度も嫌と言うほどこの話題を聞きました。
どうやらフィリピン人にとって、職場でのクリスマスパーティーがどんな規模かある種のステータスみたいです。

先生の意見を聞きながら、ヘッドティーチャー、オーナー、スタッフで検討してようやく決定!

日にちは12月18日。帰省前!
会場はバイキング形式のレストラン。暑くない!ドレスアップも可能!
時間は午前中のレッスン後すぐ!待つ必要なし!
レチョンはもちろんビッグサイズ!!!


かなり先生たちの意見を優先的に取り入れた内容となりました。
やっぱりこの先も高いモチベーションで頑張ってもらうためにも、クリスマスパーティーは大切なんだと思います!

ここまで決まると、あとは先生たちの主導で内容は決められていきます☆
フィリピン人と日本人の違いが明らかにでて面白かったのが、プレゼント交換のウィッシュリスト
今回のプレゼント交換は、参加者全員があらかじめくじびきをして、プレゼントする相手を決定。
それぞれウィッシュリストに欲しいもの(予算は300ペソ以上)を書いて、それをもとにプレゼントを準備します。

そのウィッシュリストがこちら。まずは日本人(生徒・スタッフ)のもの↓

11140029_799114316899182_7066267272893316427_n.jpg

チョコレート、お酒、スイーツ、などの食べ物飲み物系。
Jollibee Tシャツ。
これから旅に出るのでかさばらない何か。
マニキュア。
フィリピンのお土産。

うんうん、なんか納得。相手のこともあまり困らせない、割とふわっとしたウィッシュリスト。

続いて、フィリピン人(先生)のもの↓
teachers.jpg

くつ(サイズは5.5か6)
ハンドバッグ(Michellaというブランドのヌードピンク。AYALAのMETROに売ってます)

(↑しかも400ペソ以上する。笑)
財布掛け時計
ヘッドホンかイヤホン
カーテン(ダークカラー)

なんか・・・すごい!本気!
くつとか試さなくて痛くならない?!
カーテンとかこんなとこで頼んじゃって良いの?!サイズすら書いてないし!笑
本当に純粋に欲しいものを書いている。遠慮とか一切ない感じが面白い。良い。

日本人にとってプレゼント交換はその場をワイワイ楽しむもの。でもフィリピン人にとっては違う。
先生いわく「日本人が食べ物とかお酒を書いていて驚いた。私たちは自分の欲しいものをもらって、それを使うたびにプレゼントしてくれた相手のことを思い出すの。」とのこと。
なるほど~そう考えると素敵かも♪

でも・・・やっぱり欲しいものが欲しい!んだろうなぁ。
フィリピン人にとっての300ペソの価値日本人にとっての300ペソの価値の違いでもあるんだろうなぁ。

ちなみに私のプレゼント相手は日本人だったので苦労はしませんでした(^^)♡
さーて色々とバタバタありましたが、クリスマスパーティーの準備はきっとOK!いよいよ当日を迎えたのでした。
続きは【パーティー編】で♪ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
フィリピン流クリスマスパーティー【パーティー編】 | Home | 世界一周の集い☆

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する