なぜ下ネタが好きなのかに関する考察

フィリピン留学をしていて思うこと。先生たち・・・

下ネタが好き!!

一般的にフィリピン人がそういう話題が好きなのか?あるいは、ここの先生たちが好きなのか?
どちらかはわからないけれども、他の語学学校に通っていた人の話だと、そちらの先生も下ネタが好きだったそうで。
先生・生徒・男女ゲイ関係なく、下ネタでどっかんどっかん盛り上がってる!
もちろん全員ではないのだけれど、一般的な世の中に比べたら、下ネタが多い。

バナナやアイスキャンディを食べていれば意味深にニヤニヤ。
要注意ワードは「the Philippines」「mango」「cock」「dictionary」「finish」などなど・・・笑
先生が休日に旅行に行くと言っていたから「何するの?」と聞けば「Making a baby!」
その後、「旅行について聞かせて!」と言うと「position?!」

ちなみに、英語のゲームをやる中でも、「Something Dirty and Kinky」(Kinky=変態)という項目があるくらい。笑

PA169625.jpg

PA169626.jpg
よく見ると「nipple」というワードを頭につけてます。

PA169656.jpg
こちらは「sex」を頭につけてます。

とにかくそういう話題が大好きで、きゃっきゃしている。
どうしてこんなに好きなんだろう?ということで、考察してみました。

【1】国が違っても盛り上がる共通のトピックスである。
英語力を伸ばすには、やっぱり会話をすることが大切!
同じく国同士なら、テレビや流行りのものの話題など、共通のトピックスがいっぱいあるけれども、
国も文化も違う者同士だと、なかなか盛り上がる話題って少ないものだと思うのです。
そんな中で、恋愛話や下ネタは、国が違っても一緒に盛り上がることができる、最適のトピックスなのではないでしょうか。

【2】純粋に、はしゃぐため。
先生たちと下ネタを話していても、きゃっきゃっと笑って話すだけで、あんまりシリアスな感じとか、ディープな感じにはなりません。
実体験を具体的に語るみたいなことも、そんなに多くない印象。
その話題を真剣に考えて語り合っているというよりは、「え~!ヤダ~♡」みたいなそういう雰囲気。
はしゃぐきっかけになる、ちょっとスパイスみたいな、そんな感じがします。

【3】親密になれるから。
一緒にそういう話題で盛り上がる。
そういう話をしているうちに、雰囲気だけでわかるようになる。
明言しなくても、どんな妄想をしているかがわかるようになる。
やらしいこと考えてるとき、目だけで会話ができちゃう。
そうやって、仲良く、親密になっていっているような気がします!

フィリピンの先生たちの下ネタは、決していやな感じとか、きもちわるい感じとかはなくて、あっけらかんとしていて、楽しいものです!
オープンマインドなフィリピン人ならではの楽しみ方なのではないかと思います☆ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
HAPPY HALLOWEEN!!!! | Home | バスケットコートの使い方

コメント

No title

うちの学校の先生も下ネタ好きでした。
フィリピン人はゲラで、笑いのレベルが小さい子供寄りなんだと思います。

うnこ、ちnこで笑えるまま大人になった感じ。

2015/10/27 (Tue) 10:36 | BAN #- | URL | 編集
BANさん

やっぱりそうなんですね~(^^)
うnこ、ちnこで…っていうの、すごく納得しました!

2015/10/29 (Thu) 07:11 | とうこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する