セブ囚人ダンス【前編】

囚人ダンス、知っていますか?
セブでは知る人ぞ知る、人気の観光スポットになっています。
毎月1度、最終土曜日に行われる、囚人たちによるダンスです!

場所はCPRDC。 Cebu Provincial Detention and Rehabilitation Center の略だそうで。
ここは厳密にいうと、刑務所ではなく留置施設で、 ここにいる囚人たちは、 刑を言い渡されるのを待っている人たちなのだとか。

私たちは学校付近から、直接タクシーで向かいました。(山の上のほうなので、メーターは使いたがらず要交渉。Camancalanから300ペソで行きました。)
なかなかの急勾配の山道をこえて、30分弱で到着!着いたのが12時半ごろ。

DSC02809.jpg

DSC02814.jpg

すでにかなり多くの人が集まっていました。人ごみをかきわけて、番号札をもらいに行きます。受付で国籍と性別を書けば、代表者が必要な人数分受け取れます。

DSC02813.jpg
ちなみにこの番号はランダム

DSC02818.jpg
番号札のひもが短くて、首から下げると囚人っぽい気分になる。笑

そして入場までしばらく待ち続ちます・・・あまり日陰とかはないので気をつけましょう!周辺はこんな感じ。

DSC02816.jpg
山の中の集落って感じの中に、このCPDRCがある。

すぐ近くには売店もあるので、水やおやつなども購入できます。

DSC02817.jpg

ここの売店でお水を買った私たちのメンバー。
水を買った後、少し離れたところで談笑していると、見知らぬお姉さんが近づいてきて
「財布を売店においてこなかった?」
本人は財布を忘れたことに全く気づいていなかった!慌てて売店に戻る!
お財布、あった!!!
普通、置いていった財布なんて、無くなって当然。
刑務所の周りって治安が悪そう・・となんとなく思ってしまうけれど、治安が良くて(?)びっくりしました。

刑務所の上からは、囚人たちがこちらに興味津々。笑顔で楽しそうに手を振ってきます。

DSC02819.jpg
なんかフィリピンらしい

そんなこんなしているうちに、どんどん人が集まってくる。普段はあまり見かけない西洋人の姿も多い。
また、明らかに観光客とは異なる雰囲気の人々の姿も。
おそらく彼らは、この囚人の家族。物資を持ってきている様子の人もいました。

しばらくすると、番号札を受け取った階段付近から、列ができはじめます。
ここで早めに、並ぶのがポイント☆かなりの時間狭い中待たされますが、
この階段の上の入り口から入場するので、前のほうに並ぶと良い位置の椅子が確保できます!
(1番最初の写真のCPRDCと大きく書いてある門の向かって右側の階段から並びます)

DSC02823.jpg
このギュウギュウ具合!

簡単な荷物検査があって、腕にスタンプを押されて入場。

DSC02825.jpg

中はこんな感じ。
入ってすぐ、囚人とおそろいのTシャツが売っています。笑

DSC02826.jpg
囚人Tシャツ売店。結構売れるのか?

そして、建物に囲まれるようにしてグラウンドがあります。ちらほら、囚人と、その家族らしき人が歩いている。
オレンジ色の服を着ているのが囚人です。

DSC02835.jpg
バスケットコートもある。

DSC02829.jpg
家族でしょうか。子どもの姿も。

DSC02834.jpg
売店(観光客向けではなく囚人用)なんかもあります。

DSC02830.jpg
写真を撮ってもらいたがる。笑

DSC02837.jpg
入って左側の客席は、普通に女子囚人ドミの前っぽかった。

そして、13:50ごろから、続々囚人たちがグラウンドに集まり始める!
これだけで、なかなかの迫力!!!

DSC02841.jpg
オレンジ装束。

気になるダンスはまた次回【後編】にて☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
セブ囚人ダンス【後編】 | Home | フィリピン☆スイーツコレクション

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する