スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファームの仕事探し!悪徳かも…と疑いながらもカブルチャーへ。

さて、今回はファームの仕事探しの話です。

最初にケアンズ行きの航空券を買ったのは、

・航空券が安かったから
・4月〜徐々にオーストラリアは寒くなっていくので暖かい地域にいたいから
・クイーンズランド州は秋冬でも、ファームジョブが盛んだから


という理由から。

そんなわけで、4月の初旬にケアンズに着いてから、facebookや日豪プレス、Gumtreeなんかでファーム情報などを調べていたのですが、ケアンズ周辺の求人があまり見つからない!
時期が悪かったのか調べ方が悪かったのか、全然求人が出てこないのです。

私はもともとかなりの心配性なので、日本にいる時から色々と情報を調べていました。

「やたらと親切な求人には気をつけろ」
「チーム仲良しアピール、楽しいBBQアピールには気をつけろ」
「紹介費50ドルが欲しくて求人出してる人ばかりだ」
「常に人を募集してるのは悪徳ファーム」
「そもそも良い求人はほとんどネットになんて出回らない」
「レント割れ(家賃よりも収入が下回ってしまうこと)」
「ボンド詐欺(敷金が返ってこない)」


などなど。
ああ恐ろしや・・・。

逆にこうやって仕事を見つけるのがオススメ!というのだと、

・友達の紹介
・車を買って実際にファームに行って探す

などとありましたが、現在ワーホリでファームジョブをしている友達のあてもなく、車をすぐに購入するのも現実的でなかったので、結局インターネットに頼ってしまいました。

「日本語での求人は悪徳ファームが多い」みたいな話も聞いていたので、英語のfacebookグループや、英語のサイトでも探したり、メッセージを送ってみたりしましたが、あまり良いのが見つからなかったり、良いと思ったファームからは返信が来なかったり。

そしてどこのサイトを見ていても、やたらと多く出てくるのが「カブルチャーのストロベリーファーム」
もうこれ、嫌というほど求人が出ています。

ううむカブルチャーのストロベリーファームか・・・。
ストロベリーファームの仕事ってあんまり良い評判を聞かないのです。いやだなぁ。

でも、もう宿もとってないし、一刻も早く仕事を始めたい!ということで、ストロベリーファームの求人を出している人と連絡をとってみることにしました。
全部で3人の方とメッセージのやり取りをしました(2件は日本語、1件は英語(でも今思うと、英語が少し変だったので多分韓国人とかだったのではないかと))が、どの人も返信が早かった。どこもよほど人手が必要なのかしら。

私たちがメッセージの序盤のやり取りで聞いたのは「ファームの名前」。
実はとあるブログで「〇〇、〇〇、〇〇という名前のファームは悪徳との評判だから気をつけろ!」というのを読んでいたのです。(知らない誰かのブログをどこまで信じるか、というのもありますけどね。)

それから、国籍バランスや、セカンドビザの有無、家の詳細、仕事の詳細、紹介者自身もそのファームで働いているのかなどを聞いてみたり。
結局、1つのファームに絞ってさらに詳細を聞きました。

「ファームの見学することはできますか?」と聞いたら畑とシェアハウスの写真がいっぱい送られてきて、

ぎぇえええ〜こんなのが欲しいんじゃないよおおぉ!やっぱり悪徳なのかあぁぁ?!

と恐怖に震えましたが、冷静をよそおって、
「実際に行ってお仕事をしている様子が見学したい」旨を伝える。すると「ボスに確認するのでお待ちください」とのこと。
これで見学NGだったら、もうこのファームはやめようね、と話していました。

しばらく経って「見学OK」との返信がきました。
全体的にやり取りした印象もよかったし、見学もできるとのことだったので、もうここに行ってよう!
ブリスベン行きの航空券も取りました。ブリスベン空港までのピックアップもお願いしました。

その夜。ふと気づく。

あれっ・・・私たちが行く予定の〇〇ファーム、誰かのブログで悪徳って言われてるファームじゃん!!!!!

あれだけ注意深く調べて連絡をとっていたはずなのに、痛恨のミス!!!なんで気づかなかったんだ!!!どうしよう!!!
時すでに遅し。
どうすることもできないので、もう行くしかありません。
怯えながら、ブリスベンへと向かいました。

DSC00125b.jpg
飛行機から見えた海はすごく綺麗でした。ケアンズまた遊びに戻ってくるぞ!

ブリスベン空港に着いたのが、お昼前。
連絡をとっていた方から衝撃のメッセージが。
「今日のお仕事はもう終わってしまったので見学はできません」

ぎえええぇぇ〜!やっぱり悪徳ファームだから見学させないのか〜〜〜!!!?

でも、そこで来たメッセージが「もう直ぐブリスベン空港に着きますが、もしやめるのであれば構いません。」という内容でした。
わざわざブリスベンまで来てもらって、なんだかそれはすごく申し訳ない。それにこの対応、良い人な気がする。
そんなわけで、私たちはとりあえず会って、話を聞かせてもらうことにしました。

彼女が空港にくるのを待つ間、
「きっとこの人は、本気で騙そうという悪い人か、ファームで生き抜くものすごくたくましい人か、どちらかだろうね」
と2人で話していました。

実際に会ってみると、すごく良い人そう!
きっと悪い人じゃなくて、「ファームで生き抜くものすごくたくましい人」のほうだ、と直感で思いました。
それから、手や足の爪の間が泥で茶色くなっていたので、「ちゃんとファームで働いている人だ」ともわかりました。

結構リアルに話を聞いた結果、ここで働いてみよう!ということに決めました。

ネット上では「悪徳」と名指しで書かれていたストロベリーファーム。
実際のところ、どんなもんなの?!?次回、実際の仕事の様子を書こうと思います!

現在働いて3か月!カブルチャーのストロベリーファームの実態! | Home | ケアンズぶらぶら散歩。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。