スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラパスの街!リャマのミイラが売ってるって本当?!

現在、日本・東京。
最近少しずつ暖かかくなってきましたね♪花粉が〜なんて声も聞こえてきます。
私は今のところ花粉症ではないけれど、近々花粉症になるんじゃないかって気がしていて心配です。
春の喜びが減っちゃうのは嫌だな〜。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボリビア:2017年2月26日〜3月7日

ウユニを出て、続いてやってきたのはラパス
世界一標高の高い首都として知られています。標高なんと3600m!毎日富士山のてっぺんにいるようなもの!
私は高度順応していたので問題ありませんでしたが、飛行機でラパスに入った子は高山病で大変だったようです。

ラパスの街は、ウユニと比べると人も建物も多く、だいぶ都会と言う印象。
いわゆる首都のイメージとは違うけどね。
街の中心にあるサンフランシスコ教会。この広場にはいつも人がいっぱいいて憩いの場みたい。

DSC05762 (1)

屋台も多く出ていて、小腹を満たすのにちょうど良い、小ぶりな食べ物が売られています。

DSC05653 (1)
エンパナーダ。大きな揚げ餃子のような感じ。中身はいろいろ。

市場ではまたフルーツパフェを食べました。ウユニより少しお高め。

DSC05746 (1)
几帳面に並べられたボウル。

DSC05747 (1)
可愛い器。

ラパスはお土産を買うのにもオススメの街なのだそう。
確かに色あざやかなお土産屋さんがいっぱい!可愛い〜♪

DSC05752 (1)

DSC05749 (1)

私は、南米で買いたかったものがありました。それがエケコ人形
エケコとは「チビ」という意味なのだそう。
両手を広げた小太りのチョビヒゲおじさんで、口を開けて笑っている。
エケコはアイマラ族、ケチュア族の間で福の神と信じられており、自分が手に入れたいもののミニチュア品を持たせ、タバコをくわえさせることによってその入手を祈願する。祈願する品は何品あってもよいので、体中に様々なミニチュア品がくくりつけられて胴体が見えなくなっているのが普通である。


ご利益がありそうだし、なんとも言えぬこの容姿が気になってたまらない。
結局私はラパスでは購入せず、ペルー・クスコの街で購入したのですが、ラパスの街角で大きなエケコを発見☆
ご利益ありそう〜♪

DSC05750 (1)
大きなエケコ人形。

それからラパスの街で印象に残っているのが魔女通り
名前からして怪しい雰囲気満点ですが、これが本当に不気味!

DSC05757 (1)

DSC05755 (1)

DSC05753 (1)

ぞぞぞっ!
そうです、こちら、リャマのミイラ

ちょっと調べてみたところ、リャマのミイラは、家を建てる時に地面に埋めると魔除けになると信じられているのだそう。
これらのリャマのミイラは、食用にリャマを殺してお腹に赤ちゃんがいた場合や、事前に死んじゃった場合の赤ちゃんなのだそうです。

リャマのミイラの他にもよくわからない薬草のようなものや、虫のようなものなど色々と怪しげなものが売られていました。
呪術に使うものだったり、魔除けだったり、精力剤だったりするみたい。面白いな〜!

次回は、泥棒市場とおばさんプロレスにいきます!!

泥棒市場とおばさんプロレス。泥棒市場で泥棒未遂にあう。 | Home | 見れた!ウユニ塩湖満天の星空!!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。