スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列車の墓場ふたたび、夜はウユニのカーニバル!

現在、日本・東京。
先日、勤め先の保育園で、子どもたちに旅の話をする機会がありました。
みんな興味津々で聞いてくれて、びっくりした顔やキラキラした瞳が嬉しかったな〜。
子どもに旅の話をすることってなかなか無いので、貴重な時間となりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボリビア:2017年2月26日〜

ウユニに到着した翌日。
たくさんの日本人旅人に再会しました!本当にこの雨季に日本人旅人はウユニに集まるんだな〜!
ちょうど私がウユニに着くちょっと前が新月。月明かりの無い、星の輝く景色を目指してやってくる人が多いのですが、お天気がいまいちな日が続いていて、星空待ちの日本人が多くいたみたいです。

この日は、みんなで列車の墓場まで歩いて行くことに。
昨日訪れたばかりでしたが、曇り空だったし疲れていてあまり楽しめなかったので嬉しい!
まずは市場で腹ごしらえ。

DSC05172 (1)

DSC05171 (1)

腹ごしらえのあとは、列車の墓場へ向けて出発!
スペイン語漬けだったアタカマウユニツアーから、久しぶりの日本語環境!妙にテンションが上がってしまって、たぶんこの日が初対面だった人には変な人って思われた気がする…。笑

しばらく歩くとこんな線路が現れて、あとはひたすらまっすぐ歩くのみ。

DSC05174 (1)

そして列車の墓場に到着!

DSC05175 (1)

昨日訪れたのは一部分だったけれど、実際に自分でまわってみるとかなり広い!
この日はスカッとした青空だったので、写真を撮るのも楽しかった♪

DSC05176 (1)

DSC05177 (1)

DSC05182 (1)

DSC05205 (1)

窓(ドア?)の向こうの景色が美しくて絵のようで、このオンボロ列車との対比が面白い。

DSC05179 (1)

こんなアーティスティックな列車もありました。
この模様はどういう意味があるものなんだろう。かっこいい。

DSC05185 (1)

ちょっとモデル気分な写真もみんなで撮ってみたりなんかして。
ちなみにこのバラの花は、ツアー会社で会った日本人カメラマン(?)が演出用に買った花を、そこにたまたま居合わせた女性たちに配っていたものです。笑

DSC05186 (1)
モデルいおり。

列車には登ることもできます!
アスレチックみたいでなんか楽しい。はしゃぎすぎると落ちるので注意。

DSC05189 (1)

みんなで集合写真!
頼んだのが陽気な人で、なんか勝手に自撮りもしてました!笑 こういうの良い♪

DSC05193 (1)

DSC05199 (1)

2度目の列車の墓場でしたが、今回はみんなと一緒にはしゃいで楽しかったです!

そして夜。
宿でのんびりとしていたら、何やら賑やかな音楽が聞こえる!
気になって外へ出てみると、カーニバルの真っ最中!!!
楽器の生演奏に、三つ編みに可愛らしいひらひらスカートを着た女性たち、男性たちが踊りまくっている♪

DSC05210 (1)

DSC05216 (1)

DSC05215 (1)
可愛らしい格好のおばあちゃんたち、踊るわけではないものの楽しそうに見てる。

最初私が見に行った時は、広場のようなところで盛り上がっていましたが、しばらく経つとみんなで踊りながら町を練り歩き始めた!
楽しそうなのでついて行ってみる♪見よう見まねで踊りながら!笑
ノリノリのおばちゃんたちに手を引っ張られたり、くるくると回されたり、されるがまま!笑
可愛らしい見た目して、こんなに力強いおばちゃんだったとは!と驚かされる。

DSC05220 (1)

DSC05222 (1)

わけがわからないけれど、楽しい!!
30分ほど踊り歩いた頃でしょうか。ふと気がつきました。

「疲れた。終わりが見えない。」

そんなわけで、宿に帰りました。
どんな風にこのカーニバルが終わるのか気になったけれど、特に盛大なフィナーレがあるとかそういう感じでは無さそうかな。
地元のカーニバルの雰囲気が味わえてとても楽しかったです♪

初めてのウユニツアー!そこで見た景色は…雷!!! | Home | ついに念願のウユニへ!ツアー最終日!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。