スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに念願のウユニへ!ツアー最終日!

現在、日本・東京。
最近、謎解きなんちゃらとかリアル脱出ゲームとか流行っていて、「なんじゃそら??」と思っていたのですが、
実際やってみるとなかなか楽しい!!!(まだ謎解きの本をやっただけですが)
頭よ柔らかくなれ〜!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボリビア:2017年2月26日〜

アタカマ→ウユニ抜けツアー3日目・最終日!

塩のホテルで目覚めたあとは、いざウユニへ!!!
でもね、ひとつ不満だったことが。
このツアーの行程に組み込まれているはずだった、インカワシ島でのサンライズがなかった・・・!
インカワシ島はサボテンがにょきにょきと生えているウユニ塩湖の中にある島。

atacama-to-uyuni-8.jpg
http://love-tabi.com/atacama-to-uyuni#i-12


ツアー会社で聞いた時はインカワシ島も含まれてるとのことだったんだけど、いざ3日目の集合時間を聞いてみたら、あんまり早い時間じゃなかったんだよね〜。
あれ?と思いつつも、みんな何も特に言っていなかったし、そのままにしちゃった。

やっぱり朝集合した時にはもう日は昇っていて、サンライズならず。まあ仕方ないか〜
他のツアー客たちが出発しようとすると、4WDのエンジンがかからない。
みんなで車を押すところからスタートした朝でした。
例に漏れず私たちの車もエンジンがかからず、またみんなで押す。ダナキルツアーを思い出して懐かしい。

DSC05116 (1)

私たちが滞在していた小さな小さな村でも、どうやらカーニバルのお祝いをするようで、村人たちが準備をしていました。
カーニバルというとブラジル・リオの華やかなカーニバルしか知らなかったけれど、こうして小さな村でもささやかにお祝いをしているんだとわかって、なんだか親しみがわいた。

DSC05117 (1)

さて、いざウユニへ向けて出発です!
少し走るともうそこは、ウユニ塩湖

DSC05134 (1)

うわーーーーー!!!!
本当にウユニにいるんだ私ーーーー!!!


仕事をしていた頃から、ずっと憧れていたウユニ。
今や日本人にとって、世界の絶景といえば真っ先に上がるウユニ。
でも、南米だし、治安も心配だし、高山病も心配だし・・・本当に私に行けるのだろうかと不安だったウユニ。

私にも来れたーーー!!!

すごくすごく嬉しくて、ニヤニヤしながらウユニの上をドライブしました。
向こうに見える車が小さくて、ウユニがいかに広いかわかる。すごいや!

DSC05140 (1)

DSC05142 (1)
なんだかもう空を飛んでいるようにも見える。

みんなで降りて記念撮影☆
このツアーでは長靴は貸してもらえません!なので普通のスニーカーで、2cmほどの水が張ったところに入ります。
なので徐々に水がしみてきて、後から乾くと塩で真っ白になります。

DSC05122 (1)
エルナンの飛びっぷりが素晴らしい!

DSC05126 (1)
私たちも負けじとジャンプ!

ジャンプの楽しさは万国共通なのかしら?
ところで我々女子3人は、高地に来て以来やたらとトイレが近くなって、しょっちゅう3人で用を足しに行っていました。
ひとりだったら我慢しちゃったと思うけど、心強かった!笑

DSC05127 (1)

そして定番の人類の進化。
ドン曇りだけどなんか楽しい。

DSC05136 (1)
この写真お気に入り。

しばらく遊んだ後は、またず〜っとウユニの上をドライブ。
さっきまであんなにウユニに興奮していたのに、慣れとは恐ろしいもので、ずっと同じ景色が続くと飽きてくる。
ひたすらに続くウユニ塩湖の上で、「ここで居眠りするのも贅沢よね」と自分で納得して、眠りについたのでした。

DSC05131 (1)
ずっとこの景色が続く。

居眠りから覚めると、だいぶウユニの町に近付いていました。
塩のホテルでランチタイム。リャマ肉と、今話題のスーパーフード・キヌアをいただきます。

DSC05144 (1)
お味はまあまあ。

ホテルの外にあったリャマの像。
なんていうか・・・水に濡れて気の毒な姿・・・。

DSC05147 (1)

この近くには、ウユニの定番写真スポット、旗のところもあります。(なんか名前あるのかな?)
これでもかっていう青空に、カラフルな旗が映えてとっても綺麗。

DSC05148 (1)

ここにあったフランスの旗が小さすぎて、フランス人3人は大笑いしていました。

そして最後の目的地、列車の墓場へ。
ここに着いた時点ではみんな疲れ果てていて、さらっと写真を撮って終了。

DSC05157 (1)

DSC05160 (1)

DSC05169 (1)

こうしてウユニの町に無事に到着して、ツアーは終了となりました。
お天気に泣かされたりもしましたが、メンバーに恵まれたおかげで楽しいツアーでした!
ありがとう!!!

DSC05070 (1)

ウユニの町に着くと、日本人、日本人、日本人・・・めちゃくちゃ日本人が多い!
町を歩いていると普通に日本語が聞こえてくる!
さあ、ここからは日本人漬けでウユニに挑みます!!!

列車の墓場ふたたび、夜はウユニのカーニバル! | Home | ウユニ抜けツアー2日目!岩、岩、岩!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。