スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとたどり着いたアタカマ!しかし・・・こんなはずじゃなかった!

現在、日本・東京。
雪!すごかったですね〜!また今週降ってしまうのかしら・・・
たまに首都圏で雪が積もるともう大騒ぎ。雪国の人、尊敬します。
雪国の大雪のニュースで、雪かきで大変そうな人や亡くなった人を見ると、今の時代、こんなに色々なことができるようになっているのに、なんで雪かきはこんなにアナログなんだろうって思う。
ドローンの無人タクシーを開発中!だなんだとかよりも、もっと雪かき問題をどうにかできないもんかね〜
頭の良い人たち、よろしく頼みます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*チリ:2月24日〜

乗る予定だったバスが通過してしまったために、プルママルカから出られなってしまったわけですが、いよいよ脱出の時です。

予定外のハプニングで長居することになって不安にもなりましたが、今思い返すと、南米でこんなに現地の人たちと関わることができた時間はプルママルカだけだったかもしれません。
とっても貴重で良い時間だった!たくさんの優しさを本当にありがとう!

お世話になったレストランを出る時。
「リッキーありがとう!!!」と心からの感謝を伝えたかったのですが、リッキーは爆睡中。
何度も声をかけてみましたが起きなかったので、静かにバイバイしてきました。笑

バス乗り場に行ってみると、今回は何人か人がいるー!!!急に安心感。

予定よりも1時間ほど遅くなりましたが、無事に10時ごろがやってきました。
なぜか私はチケット見せたら、ここで待ってろみたいに言われてなかなか乗せてもらえなくて、最後にすっごい感じ悪く「乗れ!」って言われて腹立ったけど、まあもう無事に乗れさえすれば良いですわ。笑

バスの車窓からの景色は広大。
こんなだだっ広い景色、日本じゃ見たことないや。

DSC04930 (1)

なんかピンクっぽい池もありました。

DSC04935 (1)

13時半ごろにチリとの国境に到着!さっむ〜い!
やっとこさっとこチリに入国です!バイバイアルゼンチン!

DSC04938 (1)

チリは食料の持ち込みに関する検疫が厳しいと聞いていたので、ドキドキしながら臨みましたが、全然でした。
バスに乗っていた5人くらいのグループ連れを案内しているガイドの人も「この入国カードの申告欄は全部NOで提出すれば大丈夫ですよ〜」とか言っていた。

無事にチリに入国を果たしたのですが、なかなかバスが発車しない。乗客もみんな揃ってるようなのに。
この間に、車内で軽食が配られました。やっと出発したのは15時半。国境で2時間もかかった。

それから1時間半くらいで再びおやつが配られました。
隣に座っていたお兄さんが、なぜか全部くれました。ラッキー!笑

おやつを食べていたらあっという間にアタカマに到着!
やっとついたぞー!アタカマ!!!
到着したのは17時半ごろ。プルママルカから7時間半のバス旅でした。

さて、この町では会う約束をしていた人がいました。じゃじゃん!

IMG_2973 (1)

モロッコで出会い、エジプトで再会、エチオピアで再々会してそこからずっと一緒にアフリカを旅したタクミくんです!
本当はウユニで、タクミくんやコアナと会えるはずだったのですが、プルママルカで足止めを食らったために叶わず、アタカマでの再会となりました。

アタカマは物価が高い!というわけで、アタカマで唯一(?)安かったチキン屋さんで、2日連続で食事をとりました。

DSC04977 (1)

アタカマといえば、世界一綺麗な星空!それから月の谷

こちらが月の谷(参考画像)

sightseeing-atacama-desert-6.jpg
http://love-tabi.com/sightseeing-atacama-desertより

そして、こちらがアタカマの世界一と言われる星空(参考画像)

maxresdefault-680x383.jpg
http://on-the-road.co/?p=8224より

これが見たくて、アタカマへやってきたわけですよ!!!
でもね・・・嫌な予感はしていました。

なんてったって、アタカマについた時の天気はドン曇り
星空なんて見れるとは思えない・・・。ウユニにいる旅友達からも雨が続いているという話を聞いていました。
星空は絶望的かもしれない・・・とりあえずまずは月の谷ツアーを申し込みに行くことに。

サンセットがめちゃいい!と聞いていたので、月の谷のサンセットツアーを申し込み!
翌日の集合時間に行ってみると、なにやら様子が違うぞ。。。
「大雨で月の谷が閉鎖されたので催行中止」
ガッビーーーーーン!!!
諦めきれない私たちは、他のツアー会社にも聞き回ってみましたが、どこのツアー会社も催行中止とのこと・・・。
私たちの月の谷ドリームは終わりました。

仕方なくやってきたのは、なんか川。
すごい濁流。ココア色。

DSC04974 (1)

DSC04975 (1)

ここを私たちの月の谷とすることにしました。切ない。笑

DSC04976 (1)

それから、さっきの川と似たような色のアイスを食べました。切ない。笑

ちなみに気になるこの日の星空は・・・東京以下でした。あっちゃー!

アタカマは世界で最も降雨量の少ない乾燥地域として知られています。そんなアタカマでまさかの雨だなんて。
なんてタイミングの悪い女でしょう。
近年エルニーニョ現象の影響で、5年から7年おきに雨が降り「砂漠に奇跡」を起こすのだとか。それは、砂漠一面に野生の花が咲き乱れる光景!
砂漠の花畑=Flowering Desertと呼ばれ、そのエリアは最長で約300kmにも及ぶんだって。

telesur アタカマ砂漠 チリの絶景
http://www.tabinodaiziten.com/South_America/superb-view-of-chile/atacama-desert1.htmlより

私が滞在した時の雨の後に、この現象が起きたのかどうかは不明です。
すっごい綺麗そう!!見てみたかったなー!!!

そんなわけでアタカマは残念な結果になってしまったのですが、アタカマの町自体は小さくてとても良い雰囲気でした。

DSC04965 (1)

DSC04962 (1)

建物は、基本的に茶色か白で、平屋建てがほとんど。ナチュラルで可愛らしい雰囲気が街全体に漂っている。
オシャレな雑貨屋さんとかも多くて楽しい・・・が高い。

町の中心にはサンペドロ教会があります。

DSC04955 (1)

こちらも土の色が可愛い!
門の3本ツノのような形や、壁の三角の穴は、何か意味があるのかな〜
中にも入ることができます。シンプル イズ ザ ベスト。

DSC04958 (1)

DSC04960 (1)

アタカマは観光の町。町の中にはツアー会社がいっぱいあって、逆にどこを利用すればいいか困ってしまうほど。
どうやらこの付近にはTOKOという山があるらしい。(私の名前はとうこです)
気になるけれど、5000m超えの登山を頑張れるほど私は根性がない。

DSC04978 (1)
真ん中の1番下。

アタカマで1番癒された時間はこちら。
ワンチャン!可愛い〜♡
首にかけてるカラフルな飾りも、南米らしくて良いね!

DSC04966 (1)

DSC04967 (1)

DSC04971 (1)

DSC04972 (1)

それから市場もなかなか面白かった!
だだっ広い市場。こんな贅沢な土地の使い方。市場ってどこの国でも所狭しと店が並んでいるイメージなのに。笑

DSC04940 (1)

ここの市場に買い物に来ている人は地元民がほとんど。
町の中心地は外国人ツーリストばかりだったので、だいぶ雰囲気が違う。
人々の服装も変わってきて面白い。

DSC04941 (1)
スカートと帽子が可愛い。

売っているものも実に様々!
果物や野菜などの食品から、衣料品、雑貨、家具まで!

DSC04944 (1)
お人形がみんなして裸なのが気になる。

DSC04945 (1)
作業服専門店。

DSC04947 (1)
傘を有効活用した見事なディスプレイ。

DSC04943 (1)
突如売っているベッド。

DSC04950 (1)
めっちゃピンボケだけど、バスケットコートやバスタブまで売ってる。

そしてこの市場を遠くから見守っているリカンカブール山。
富士山に似ている気がして、親しみがわく。晴れていたらもっと綺麗に見えるんだろうな〜

DSC04948 (1)

DSC04949 (1)

なんだか人気がありそうだったこちらのお店に寄ってみる。

DSC04952 (1)

ここのお店で扱っているのは、なんか不思議な飲み物。
梅のシロップ煮みたいなやつと、雑穀のようなものが入った、すっきりとした甘さの飲み物。
体に良いのか、子どもたちもみんな飲んでる。

DSC04951 (1)
右のグラスは果実の種を入れるため。

楽しみにしていた月の谷と星空は見れませんでしたが、地元の雰囲気にも触れられてまあ楽しめました!
アタカマは高いし、もう旅の残り期間が少ないので、未練を残しつつも移動します!
いよいよ、いざ!ウユニへ!

次回は2泊3日のアタカマ→ウユニツアーです!

アタカマ→ウユニツアー!広大な露天風呂!しかし天気にまた泣かされる。 | Home | 乗る予定だったバスが華麗に通過して、プルママルカの町から出られなくなった時の話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。