スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウユニ塩湖に負けない?!白と水色が美しいサリーナス・グランデス!

現在、日本・東京。
この前の3連休は、温泉に入るお猿さんで有名な、長野県の地獄谷野猿公苑に行ってきました。
ここは外国人観光客に人気の場所、と聞いてはいましたが、想像していた以上に外国人だらけだった!
帰りの電車では、混雑していて2人並びで座れる席がなかったので、連れと別々で座ろうとしていたら、外国の方が席を移ってくれて隣同士で座ることができました。
海外を旅していた時、現地の人々からたくさんの親切を受けてきたのに、日本に帰ってきてもまた外国の方に親切にしてもらって・・・私も優しい人にならなくちゃなー!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*アルゼンチン:2月8日〜

プルママルカの町にやってきた主な理由はウマワカ渓谷。
もうひとつの理由は、サリーナス・グランデスに行きたかったからです!

サリーナス・グランデスは南米では3番目、アルゼンチンでは2番目の大きさの塩湖。広さはおよそ220平方キロメートル。標高は約3454mと、高い場所に位置しています。
ウユニ塩湖ほどの知名度ではないけれど、こちらもなかなかの絶景だと評判です。

プルママルカからサリーナス・グランデスまでは1時間半ほど。
私が行ったのは確か朝9時半頃だったかな〜この辺りの道でサリーナス・グランデス行きの車が待機しています。

DSC04777 (1)

4人集まれば車は出発します。私が行った時点で誰もおらず私1人。
ここでカップルが2組とかきたら嫌だな〜きっと後回しにされちゃうな〜なんて心配しながら待つこと30分ほど。
うまい具合に3人組のファミリーが来てくれたので一安心。ラッキーでした♪

ここからのドライブルートはとても楽しくて、見たことのない景色にワクワクしました。

DSC04787 (1)
巨人の爪痕が残っているような山肌。

DSC04840 (1)
サボテンがにょきにょきと群れている。

DSC04788 (1)
こんなヘアピンカーブの連続をだいぶ登ってきました。

そして到着したのがこの地点。標高4170m!
プルママルカが2192mだったことを思うとだいぶ登ってきたな〜!

DSC04797 (1)

少し休憩したらさらに車を走らせます。
すると・・・

DSC04799 (1)

おお!?向こうにポツンと真っ白い何かが?!
拡大してみると・・・

DSC04800 (1)

間違いない!あそこがサリーナス・グランデスです!
この辺りまでくると、可愛いビクーニャの姿も♪ワクワクが高まります!

DSC04805 (1)

DSC04804 (1)
つぶらな瞳が可愛い。

そして目的地に到着!
さあ、いざサリーナス・グランデスへ!!

DSC04836 (1)

この真っ白い広がり!空の青さ!人のちっぽけさ!

DSC04837 (1)

そして、サリーナス・グランデスで特徴的なのが、これ。

DSC04811 (1)

こんな透き通った水色のプールが、一定の間隔でずらりと並んでいるんです。

DSC04821 (1)

このプール、塩をとるために掘られた穴なのだそう。雨水が溜まってこんな風になっているのだとか。
真っ白い穴に水がたまると、こんなに綺麗な色になるんだな〜
水色って言いつつも、水って透明じゃん!と思ったことがあったけれど、やっぱり水って水色かも・・・と思った瞬間。

DSC04815 (1)

DSC04814 (1)

水面には塩の結晶みたいなのがうっすらと浮いていて、それが太陽の光を受けて、水底に水玉模様を作っている。

ちなみに私が一緒に行ったファミリーがこちらの3人。
めっちゃファンキーな息子!アルゼンチンからバケーションで来ているそうです。

DSC04823 (1)

DSC04824 (1)

近くには小さな教会(?)、お土産屋さん、塩の丘などありました。

DSC04839 (1)
小さな教会。なんかこの写真シュールな感じが好き。笑

DSC04831 (1)
お土産屋さん。荒削りな塩の人形。

DSC04826 (1)
塩の丘。「塩の丘に登るな」と書いてある。

DSC04827 (1)
綺麗な塩。

サリーナス・グランデス、とっても綺麗でよかった!
ただ、ウユニ塩湖と比べたら…私的にはウユニが圧勝!かな?(ウユニに行ったのは、この10日後くらい)
鏡張りの感動や、トリック写真を撮る楽しさ(これは誰かと一緒に行けばサリーナスでも楽しめると思う)はやっぱりウユニだな〜。
でも、ずらりと並ぶ水色のプールの美しさや面白さ、ここへ着くまでのドライブしてきた景色の凄さは、かなりお気に入りになりました♪

プルママルカの町に戻った私は宿で1人、ひっそりとトマトに拾ってきた塩をかけて食べたのでした。お味は普通。

DSC04841 (1)

次回は、地元民と行ったプルママルカのハイキングのお話です!

七色の丘だけじゃない!プルママルカのハイキングコースを満喫♪ | Home | 虹色の渓谷のちいさな町プルママルカ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。