無料で楽しめるメキシコシティ!美しすぎる郵便局と、国立宮殿の壁画。

現在、日本・東京。
旅の前から読んでいて、旅に出たい!という思いを強めてくれた、とある世界一周ブログが、間もなく旅を終了します。
リアルタイムとの差があるので、実際にはもうだいぶ前に帰国されているんだけど、なんだかやっぱり寂しいな〜。
ヒィヒィ言いながら働いていた頃の通勤中の楽しみは、このブログを読むことだった。
たくさんのワクワクをありがとう!
なんとなく感傷的になる6月の終わり。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

メキシコシティには、美しすぎる郵便局があるらしい。
やってきたのは、旧市街の入り口近くの中央郵便局

DSC03481 (1)

外観はこんな感じ。重厚感はあるけれど特別華やかではない。

でも一歩中に入ってみると・・・

DSC03491 (1)

おおぉ〜!

DSC03488 (1)

おおおぉ〜〜!

すごい!綺麗!
キラキラと輝いていて、それでいて品があって。
踊り場が浮いているような、アーチのような階段が美しい。

ちょうど私が行ったのは年末年始だったので、豪華なクリスマスツリーもお目見え。まるで五つ星ホテル!

こちらは実際の郵便業務を行っている窓口。

DSC03493 (1)

床は大理石なんだって。とても郵便局とは思えない!

せっかくなのでこちらの郵便局からハガキを送ってみました♪(南アフリカのだけど笑)

DSC03495 (1)

こんな豪華な素敵な郵便局だから、素敵な切手だと良いな〜とちょっと期待していたのですが・・・

DSC03496 (1)

非常に残念な結果となりました。笑

それにしてもこんな素敵な郵便局を日常的に使えるなんて、良いなぁ〜♪

続いて向かったのは、国立宮殿。こちらも入場料などかからず無料!
入場の際には、パスポートを預ける必要があるのでちょっと不安になりますが、何も問題ありませんでした。

DSC03528 (1)

DSC03518 (1)

こちらの国立宮殿は、メキシコの有名画家 ディエゴ・リベラの壁画が見られることで有名です。

メキシコでは、1920年代~30年代、メキシコ革命の下に壁画運動なるものが広がりました。
16世紀のスペイン侵攻および植民地化以降、19世紀に至ってもメキシコの権力や富は白人のものでした。
貧困にあえぐ先住民族やメスティソ(主に農民、小作)たちの不満は徐々に膨らみ、20世紀初頭当時の大統領に反旗を翻す革命へと発展していきました。
その中で『壁画運動』というものが起こりました。
誰にでも自由に見られる場所、文字が読めない人にも分かりやすい絵という媒体を用いてメキシコ人としてのアイデンティティーを多くの民衆に伝えることが目的であったのだそうです。

https://blogs.yahoo.co.jp/viajar999/39095996.html

そんな壁画がこの、国立宮殿にも。

DSC03513 (1)

DSC03511 (1)

これがとても大きい!迫力満点。
細かく色々なものが描かれているので、見ごたえ満点。

例えばこの辺りは、壁画運動の意図が非常にわかりやすくて、スペイン人が入植してきた場面を描いているんだけれど、スペイン人の顔色は青白くて顔立ちもなんだか滑稽に描かれている。





他にも様々な時代を描いた大迫力の壁画がならびます。











勉強不足のため、正しい内容はよくわかりませんでしたが、それでも十分に楽しめた!
でももっとメキシコの歴史などを知った上で壁画を見たらもっともっと楽しめるのだと思った。

少し並びましたが、これが無料は素晴らしい☆おすすめです!

次回は無料で楽しめるメキシコシティ第2弾、カッコイイ図書館です!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
無料で楽しめるメキシコシティ第2弾!かっこよすぎる図書館。 | Home | 愉快なメキシコの移動遊園地

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する