ナミブ砂漠!まるで絵のような写真で話題のデッドフレイは本当に絵のようなのか?

現在、日本・東京。
ひっさびさに働き始めたわけですが、慣れない環境ということもあってとても疲れた!
帰宅してご飯食べて、20時には爆睡。早く慣れなくちゃ〜
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ナミビア:2016年12月10日〜12月19日

さて、ナミブ砂漠への拠点となるセスリムまでやってきました。
ここが、ものっすごく暑かった!!!日中は40度以上あったと思います。この旅で一番暑かったかもな〜。
「拠点となる」といっても、町があるわけではなく、キャンプサイトとガソリンスタンドがあるくらい。
小さな売店はあるけど、お値段は高め。それでも毎日コーラ買っちゃうくらい暑かった!!

ここで目指すのはもちろんナミブ砂漠
セスリムに着いた日は、Elim Duneという砂丘で夕日を見てから床につきました♪(写真は撮ってない)

翌日

この日は朝早起きをして、Dune45で日の出を拝むことに。
本当は、デッドフレイの日の出を見たかったのだけれど、4WDを持っていない私たちはデッドフレイで日の出を見ることは不可能だと判明。ちょっとがっかりしたけれど、まあ仕方ない!

日の出前のDune45。綺麗な色。

DSC02748 (1)

砂がさらさらなので、上に登るのも一苦労。でも日の出に間に合うように登っていく。

DSC02755 (1)

なんとか上まで到着。お日さま出てきた〜♪

DSC02753 (1)

赤く染まる砂丘。綺麗だな〜

DSC02762 (1)

そして砂漠で大好きなのが、この砂の中に体を埋める時。
きめ細かい砂が包み込んでくれて、暖かくてしっとりすべすべしていて、まるで人肌。恋しい。
サハラ砂漠でこの癒しを知って以来のお気に入り。

DSC02757 (1)

モロッコで行ったサハラ砂漠は、一面が砂の海っていう感じだったけれど、ここナミブ砂漠は大きな砂丘がいくつもそびえているような、そんな印象。
色はサハラが白っぽくて、ナミブのほうが赤っぽいイメージ。砂のキメはナミブのほうが細かいような気がした。

ぼんやりとしているうちにすっかり日も昇りました。

DSC02770 (1)

DSC02766 (1)

日の出に満足したら、さっき必死こいて登ってきた丘を下っていきます。
ここ、かなりの急勾配なんだけど、とある欧米人が走って駈けおりていったのを見てときめいてしまった男性陣はものすごい勢いで駆けおりる!!!
勢い余って転んでも痛くない!顔の穴という穴が砂まみれになるけどね!笑

DSC02768 (1)
砂埃をあげて駆けおりる!

DSC02773 (1)
再びこの砂丘に登るタカトシ。なんかもうフンコロガシみたい。笑

DSC02784 (1)
青い空と橙の砂。

続いて向かったのは、デッドフレイ
デッドフレイというのは「死の沼」という意味らしい。ここは砂漠の真ん中で石のように硬くなった乾いた沼で、多数の枯れ木が残って不思議な景観を生み出している。

この場所なんで有名かっていうと、まるで絵のように見える!と話題になった景色なのです。
有名になったのがこの写真。とても実在する風景には思えませんよね。

sidebar_main_image.jpg
national geographicより

デッドフレイまでの道のりは砂が深いので、4WDじゃないと行けません。
私たちはデッドフレイ手前で車を降りて、そこからはチケットを買って乗り合い4WDに乗って行きます。
オープンエアの車だし、結構揺れてスピード感あって、ジェットコースターみたいで面白かった!

最後は歩いてデッドフレイへ。私たちはよくわからないまま歩いていたら、デッドフレイを取り囲むでっかい砂丘に登ってしまってかなり疲れた!

DSC02786 (1)
上から見たデッドフレイ。

DSC02788 (1)
枯れ木。小さく見えるけど、小さく写ってる人影を見ると大きさがわかる。

せっかく苦労して砂丘に登ってしまったので、なんかかっこいい写真撮影大会。
これ好評なやつ!私、砂あやつってる。

15723448_714646728684415_1019339475411656585_o.jpg

そんなこんなを楽しんだ後は、いよいよデッドフレイへ降りていきます。
これがデッドフレイ。結構広い範囲が沼だったことがわかる。周りを砂丘に囲まれて守られているみたい。

DSC02793 (1)

DSC02820 (1)

地面は本当にカッピカピに乾いていて、不思議な感触。丸い模様もできていて面白い。

DSC02792 (1)

このかた〜い地面から枯れ木が生えているんだから不思議よね。乾燥しているから木が朽ちることなく綺麗に乾いたのかな?

DSC02794 (1)

DSC02803 (1)

DSC02801 (1)

DSC02795 (1)
カメレオン?!と思ったら何かの骨だった。

このひとりぼっちで立ってる木、なんか好き。

IMG_6316.jpg

見たことない面白い景色なんだけど、そういえばここは「絵のよう!」ということで有名なわけです。
絵のように見える角度や写真の撮り方を考えながら、いろいろ試してみる。

DSC02807 (1)

う〜ん・・・なんか違う!

15626212_714646718684416_6645453940249261240_o.jpg

日の出のごくわずかな時間は、なんか太陽光の角度とかで絵に見えるらしい。
いろいろ試行錯誤したけど、私の実力ではこれが限界!あんまり絵に見えないけど、まあちょっと普通の写真とも違って見えるよね!

最後にみんなで枯れ木になりきってみたけど、なんか木とかぶっちゃったりなんかして失敗。笑

IMG_6353.jpg

ナミブ砂漠、満喫しました!

翌日、ウィントフックへと帰路につきました。少しだけセスリムキャニオンとやらに寄ってみたけど、たいしたことないし暑いしで、ちょっとだけ見てすぐに退散。

DSC02822 (1)
顔っぽい。

道中、タイヤがパンクするというハプニングにも見舞われましたが、アモンが手速く修理!やるじゃんアモン〜!

DSC02827 (1)

DSC02830 (1)

こうして無事に、ナミビア周遊を終えたのでした。
見どころ盛りだくさんだったな〜!!楽しかった!!!アモンありがとうね〜♪

次回は、アフリカ旅最後の国、南アフリカへ!

おまけ♪
美味しくて毎日食べてたポテチ。みんなそれぞれに買うから全部の味食べたけど、緑色がおすすめ。
ちょっと酸味もある日本ではあまりないフレーバーで美味しい!

DSC02831 (1)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
ナミビアから南アフリカへ!ケープタウンはまるでお台場だった。 | Home | まるで月面?!ムーンランドスケープと、案外マヌケなフラミンゴ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する