壮観!激臭!オットセイコロニー・ケープクロス。

現在、日本・三重。
お仕事再開前最後のお出かけは、三重県にきています♪
公園でぼーっとしてた時に聞こえてきたおばちゃん4人組の大声会話。
「うちももう52歳やで〜」
「え〜52歳には見えへんわ〜!」
「何いうてん、なら52歳の基準になる人連れてきいや〜!あはははは!」
なんかいいわぁ。確かによく「え〜若く見える」とか「大人っぽく見える」とかいうけれど、各年齢の「基準となる人」ってのがいたら面白いなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ナミビア:2016年12月10日〜12月19日

ナミビア周遊4日目!

この日の目的地は、ケープクロス
ケープクロスと聞くと、なんだかケープタウンのようなテーブルクロスのようなおしゃれな響きに聞こえるけれど、とんでもない。
ここはオットセイのコロニー

南部アフリカの海岸線は、ケープ・オットセイの唯一の繁殖地で、とくにここケープクロスはその棲息数が多い。とくに繁殖期の11-12月は年間を通じて最も多く、20万頭を超える数のオットセイが棲息することもある。
https://www.dososhin.com/know/park/00037_cape_cross/

とのこと。何にも知らずに行ったけれど、ちょうど私たちが行ったのは12月中旬。繁殖期真っ只中だったようです。

最初に言います、ここ、ものっすごい場所だった!!!

もう1回いきたいかって言われたらちょっと悩む。1回だったら確実に「行ってよかった!」と思える。
実際にその場にいる時はそう思っていなかったけれど、やっぱ振り返ってみるとそう思える。笑

私がこの景色を見て真っ先に思い浮かんだ言葉は、
地獄絵図

いや、失礼なのはわかってます。でも、正直この言葉がぴったり。
とにかく、オットセイの数がハンパない。ものすごい数のオットセイで浜辺は覆い尽くされています。
オットセイたちはウォウウォウと鳴き叫び、お互い威嚇しあってる。
迷子になってなのか押し潰されてなのか、赤ちゃんオットセイの亡骸もいっぱい。
そしてものすごく臭い。なんだろう、うんちくさいとか生臭いとかそういうんじゃない。すごく毒っぽくて鼻の奥に残り続けるツンとしたアンモニア臭のようなにおい。
いやぁ壮絶な場所でした。

以下、いっぱい写真載せます!
まずはこちらがケープクロスの看板。はい、すでにオットセイに占拠されています!なかなかいい感じ。笑

DSC02575 (1)

そして目の前に広がっていたのは・・・


DSC02589 (1)

オットセイ。

DSC02583 (1)

オットセイ。

DSC02618 (1)

オットセイ。
本当に一面のオットセイ。オットセイ地獄絵図です。どっひゃ〜とんでもないところにきてしまった!

DSC02593 (1)

もともとは人間のために作られたであろう休憩所も、完全にオットセイに占拠されている。

DSC02620 (1)

海に浮かんでいる黒いつぶつぶも全部オットセイです。ちなみに海に餌を取りに行くのはメスの仕事で、その間オスは喧嘩に明け暮れていて、子どもは留守番しているそうです。イッテQでイモトが言ってた。

タクミくんはかなりのテレビっ子で、中でもイッテQが大好き。ちょうど私たちがナミビアに入ったその日にイッテQでイモトがナミビアに訪れた回を放送していたので大興奮!みんなでYoutubeで見て大喜び!
そこでイモトも訪れていたこのケープクロス。
迷子になった子どもと母親オットセイの再会シーンでイモトはいきものがかりの「ありがとう」を熱唱。絶対これをケープクロスで再現しようね!!と決めていたのでした。

しかし想像を絶する臭さ。どうしよう・・・一瞬ひるみましたが、撮りました。
だってこの日のために、ipodに入っていた「ありがとう」を聞きまくり、歌詞を書き出し、車の中でずっと「ありがとう」を熱唱して、練習してきたんだもん。笑
ケープクロスで「ありがとう」を熱唱(3回くらい撮り直し)。くだらなすぎたな〜!

DSC02609 (1)
熱唱を終えてやりきった顔。臭さで涙目。

本当に凄まじい光景が広がっているケープクロスですが、1頭1頭を見てみるとなかなかに可愛くて面白い。
こっちの茶色っぽいのが大人のアシカ。ウォウウォウ鳴いている。鳴いているというより吠えている。

DSC02582 (1)

こっちの黒っぽいのが赤ちゃんアシカ。人間用の遊歩道にも入ってきて気づくと足元にいたりして油断できない。
メェ〜〜メェ〜〜と子羊のように鳴いている。

DSC02576 (1)

親子アシカ。
こんな大量にいる中から、鳴き声で自分の親・子を探し出すらしい。

DSC02580 (1)

DSC02635 (1)
僕はマクラじゃないよ〜〜

よく観察してみると表情もあるのね。

あくびをしていたり、

DSC02590 (1)

太陽を浴びて恍惚の表情をしていたり、

DSC02604 (1)

勇ましい顔をしていたり、

DSC02613 (1)

ウインク(?!)していたり。

DSC02631 (1)

あんまりに臭いので長居はできないけれど、初めての衝撃を受けたかなり面白い場所でした!

次回は、まるで月面?!なムーンランドスケープと、オットセイよりもずっと平和だったフラミンゴコロニーです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
まるで月面?!ムーンランドスケープと、案外マヌケなフラミンゴ。 | Home | 全身に赤土を塗って一生お風呂に入らないというヒンバ族に溶け込んできた話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する