アフリカ最大のスラム街、キベラスラム。

現在、日本・東京。
無事に日本に帰国しました。旅を見守ってくださった皆さん、ありがとうございます!
これからもブログは更新続けるので、どうぞよろしくお付き合いください(^^)!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ケニア:2016.11.11〜11.16

ケニアの首都ナイロビ。ここに住む人口の過半数は、スラム街に住んでいると言われています。
首都の人口の過半数がスラム街暮らし。東京に置き換えてみると、想像もつかないような事実。
アフリカ最大のスラム街と言われるキベラスラムに行ってきました。

キベラスラムにはガイドさんとともに尋ねました。彼もキベラの出身だそう。
細かい値段は忘れてしまいましたが、宿泊していたニューケニアロッジで申し込んで、1600円くらいでした。
宿までガイドさんが来てくれて、一緒にローカルバスに乗ってキベラヘ。(バス代はガイドさんが支払ってくれる)

ナイロビのダウンタウンは治安が悪いので、カメラも出せずにいましたが、この日はガイドさんもいるということで、ちょこっとだけ街を撮影。ナイロビのダウンタウンは、人と車が多かったな〜

DSC01041 (1)

上の写真が、ナイロビのダウンタウン。
下の写真が、バスにしばらく揺られて到着したキベラスラム。この違いです。

DSC01081 (1)

トタン屋根の簡素な住居がぎゅうぎゅうに並んだ、想像したまんまのスラム街。
このスラム街は、東京ドーム50個分もの広さで、100万人以上の貧困層の人々が住んでいると言われています。

ここへきて一番最初に持った感想は「ゴミが多い」
ここのゴミの量は私の想像以上でした。もはやゴミが地面の一部と化している感じ。

DSC01106 (1)

DSC01052 (1)

DSC01046 (1)

ゴミの真ん中にも人が。ゴミの中から何かを集めている人と、何かの調査をしているような人。
ここまでのゴミは衛生上かなり問題がありそう…

DSC01063 (1)

DSC01064 (1)

少し裏道のようなところへ入ると、道も細い上にゴミや下水で歩くのが大変なくらいでした。

DSC01110 (1)

どうしてこんなにゴミがすごいんだろう?と少し調べてみたら、どうやらトイレの問題とつながっているようです。
100万人が暮らしている環境で、共有トイレはたったの600個。つまり1300人で1つのトイレを使う計算。=ほぼ使えないので道端で用を足したり、ゴミ袋に出して、その辺に捨てたりする。ごみの大半はトイレ代わりに使ったビニール袋。悪臭を放つだけでなく、感染症のまん延につながる。貧困世帯の子どもたちは感染症にかかっても治療を十分に受けられず、悪化することも多い。
(https://matome.naver.jp/odai/2144915590826935801?&page=2)

なるほど〜…
私たちが通りかかったところにも、共有トイレがあったのですが、汚物が溜まりすぎていて使える状態ではないようで、閉鎖されていました。
トイレは豊かだろうが貧しかろうが、暮らしと切り離せない問題だからなぁ。

ここに住んでいるのは、人間だけではありません。野犬が多かったな〜
私たちが行ったのは日中だったのでおとなしかったけれど、夜は怖そう。

DSC01053 (1)
野犬ファミリー。

DSC01075 (1)
どぶ川の水を飲むアヒル。

それからここで印象的なのは、線路。
街の中に線路が通っていて、そこを人々は歩き、沿線で商売をして、人々の行き交う場所となっています。
でも実はこの線路、今も普通に使われているものだそう。1日7回電車が通るそうです。

DSC01057 (1)

DSC01059 (1)

DSC01078 (1)

こんな劣悪な環境ですが、ここで多くの人々が生活している。
私が少し驚いたのは、スラム街に多くの店があること。当たり前のことなのかもしれないけれど、「そうか、本当にここで人々は生き暮らしているんだ」と実感したのでした。

DSC01043 (1)

DSC01072 (1)

DSC01073 (1)
水を売っている。

DSC01084 (1)

DSC01083 (1)
チキン屋さんの担ぎ方がすごい。

DSC01094 (1)
映画館みたいなものもある。こんな娯楽があるのは意外だった。

DSC01104 (1)
牛の骨でアクセサリーなどを作って売っていた。

お店の壁や看板の絵のタッチが独特で面白かった。この絵を見ても分かる通り、美容室が多くあったな〜。

DSC01109 (1)

DSC01108 (1)

DSC01097 (1)

DSC01095 (1)

教会や、学校もありました。

DSC01100 (1)

DSC01068 (1)
すっごい手振ってくれた。

もちろんここには多くの子どもも住んでいます。
ゴミの中からお金になりそうなものを集める子、水たまりに集まって遊ぶ子…

DSC01049 (1)

DSC01070 (1)
瓶の蓋を集めていた二人。

DSC01101 (1)
水たまりが彼らの遊び場。

DSC01098 (1)

DSC01088 (1)

DSC01090 (1)

DSC01089 (1)
いい笑顔!

想像していたよりずっと明るい子どもたちを見てちょっとホッとしましたが、多くのストリートチルドレンがいることも事実みたい。ゴミ山から食べられそうな廃棄物を探して空腹を凌いだり、幻覚作用のある接着剤を嗅いで空腹や寒さを凌いだり…という生き方をしている子どももいるんだそうです。

キベラスラム内には、そんなストリートチルドレンを保護して自立を支援するための施設もあり案内してもらいました。
限られた資金や物品の中でのやりくりは大変そうでしたが、私たちをガイドしてくれた人もここの出身なのだとか。
子どもたちの未来、明るくなりますように。

DSC01117 (1)

DSC01116 (1)

印象的だったのは、街に大きく立っていたこの看板。

EDUCATION is the most powerful weapon which you can use to change the world.
教育は、世界を変えるために使うことができる最強の武器だ。

DSC01091 (1)

きっとそうに違いない。頑張らなくちゃ。

キベラスラムに来て最も印象的だったのは、予想していた以上に人々が明るかったこと。
「Welcome!!!」と言ってくれる人も多くいたし、笑顔が多く見られた。
ここにいて、多少の貧富の差はあれど、みんな同じように貧しい、という環境って案外暮らしやすかったりして…とも思ったり。
もし、ここで生まれ育っていたのだとしたら、どこまで外の環境を知っているんだろう?これが当たり前で普通だったとしたら、何も思わないのかも…と思ったり。

たった一人だけ見学に来た私たちに「ここは動物園じゃない!俺たちは動物じゃない!」といってきた男性がいました。その気持ちもわかる、というかこういう反応が多いのかと思っていました。

いろいろと衝撃で、考えさせられたキベラスラム訪問でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
セレンゲティで大興奮のサファリ初日! | Home | エチオピアからケニア・ナイロビへ恐怖の国境越え。モヤレでの素敵な出会い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する