世界一過酷じゃないよダナキルツアー!ETT以外のツアー会社情報。

現在、グアテマラ・サンペドロ・ラ・ラグーナ。
これからグアテマラシティの空港へと移動して、一気にアルゼンチン・ブエノスアイレスへと移動します!
久しぶりの2日がかりの移動スタートです…!移動はやっぱり緊張するな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112


エチオピアに行ったら絶対に参加したかったのが、ダナキルツアー
マグマがボコボコ吹く活火山や、ナメック星とも呼ばれる(私はナメック星よく知らない)地を訪れる、すっごいツアーなんです☆

でもこのツアー「世界一過酷なツアー」とも呼ばれています。
え〜そんなの頑張れるかな〜…なんてちょっと心配していましたが、全く問題なかったです!
屋外で寝るとか、シャワー浴びれないとか、トイレが汚いor青空トイレっていうのに耐えられる人だったら大丈夫!!!
ちょっと体力がいるのは、エルタ・アレ火山に登る時くらいかな?
あとは時期が重要かも!私が行った11月頭でも、かなり暑かった(最高40℃くらいだったのかな?)けれど、暑い時期は本当に死ぬほど暑い(ツアー会社の人は60℃とか言ってた)らしく、6月頃に行った友達も、エルタ・アレ火山の登山はみんな半裸で登ってたって!
確かにその暑さだと、世界一過酷かも…!

メケレの町に着いた翌日、早速ツアー探しスタート☆
私たちは目星をつけていた3つのツアー会社に行きました。定番のETTでも良かったのだけど、3つ回った中で1番感じが良くて、値段も交渉して納得した、Worldsun Ethiopia Toursで参加することにしました。(ホームページはこちら
ツアー会社はAxum Hotelの前にあります!
こちらのツアー会社はトリップアドバイザーとかで評判らしく、欧米人御用達みたい。
一緒にツアーに参加したのは、スロベニア人の団体さんと、ドイツ人カップル、イタリア×台湾人カップル、そしてタカトシと私でした!

IMG_2849.jpg
青いピンのあたり。

DSC00774.jpg

【大まかな日程】
《Day 1》
朝メケレを出発して、どこかの塩湖へ。笑
ここは塩分濃度が高いので死海のようにプカプカ浮かべます!
隣には浅いけれど天然温泉もあって、なかなかいい湯加減♪
塩湖のほとりにベッドを置いて就寝。

IMG_4619 (1) のコピー
塩湖。

《Day 2》
朝、塩田と塩の採掘を見学。
その後エルタ・アレ火山へ向けて移動。エルタ・アレ火山近くの道(というかほぼ道じゃない。溶岩?)は、世界一の悪路とも言われていて、エキサイティング。
暗くなってから登山開始。夜、山頂でマグマを見る!
山頂付近にマットを敷いて就寝。

DSC00510 (1) のコピー
塩の採掘現場。

DSC00551 (1) のコピー
エルタ・アレ火山。

《Day 3》
明け方、暑くなる前に、下山開始。昨夜は暗くて見えなかった景色が見れて楽しい。
この日は移動日。ダロール火山方面へ移動して、キャンプ場みたいなところにベッドを置いて就寝。

DSC00570 のコピー
下山の道のり。

《Day 4》
どこまでも続く塩湖の上を車で走る!(4WDの上に乗って爽快!)
途中、塩を運ぶラクダのキャラバンを見学。
そしてこの世のものとは思えない色のダロール火山へ!
その後、なんか塩の奇岩みたいなの、赤い毒性のある湖(?)、塩の採掘現場を見学。
夕方メケレに到着。

DSC00634 (1) のコピー
ラクダのキャラバン。

DSC00680 (1) のコピー
ダロール!

3泊4日でひとり300ドルでした。
大人数で行くと値下げがしやすいみたいな話も聞きましたが、2人でもそんなに値下げ交渉が難しい感じはしませんでした。

次回から、このダナキルツアーの詳細をお届けします☆楽しかったな〜!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
ダナキルツアー1日目*まるで死海!な湖と、天然温泉と。 | Home | まずいまずいと評判のエチオピア料理、まずくなかったよ!!!必見!エチオピア料理紹介!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する