空からルクソールを見てみよう!おすすめ気球体験★

現在、グアテマラ・シェラ。
ほんの少しずつだけど、スペイン語でわかることが増えてきて、ホームステイ先の家族とのコミュニケーションもとれるようになってきて…やっぱり言語って面白い!
それにしてもスペイン語、動詞が変化しすぎでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*エジプト:1ポンド=約5.95円(2017年1月現在。私が行った当時は、闇レートで1ドル=140ポンドほどでした。米ドルがだいぶ動いたので、今はだいぶ違うかも。)

ルクソール観光2日目!
この日は、ルクソールの西岸にボートで渡って楽しみます♪

宿を出たのは、まだ外が真っ暗な午前5時。(だったかな?笑)
なぜこんなに朝早いかというと!気球に乗るためです!!!
気球に乗るこのツアーなんと、2800円くらい。
北海道で気球なんて乗ったら軽く1万円は超えますよね。安い!

宿まで車でピックアップしてくれて、川をボートで渡ります。

DSC00092 (1)

DSC00096 (1)

DSC00093 (1)

DSC00094 (1)

早朝のボートも、何だかいい感じ♪
あったかいお茶と、ちょっとしたお菓子も出してくれます(^^)

そして再び車に乗って、気球へ!
この早朝の気球フライトは人気らしく、すでにいくつもの気球がスタンバイ中。

DSC00097 (1)

DSC00106 (1)

どんどんと空へと上がっていく。
気球ってやっぱり綺麗だな〜この炎がまた美しい。

DSC00102 (1)

DSC00098 (1)

…ってあれ!?サンライズ始まってるよ!!!笑 早く私たちも空に上りたい!!!

DSC00113 (1)

ようやく私たちの気球も準備OK!いざ空の旅へ〜♪

DSC00110 (1)

空から見る太陽もそんなに変わらなかった。笑

DSC00120 (1)

でもやっぱり景色は格別!どんどんと地面が離れていって、人やものが小さく見えてくる。

DSC00125 (1)

空から見てみると、想像以上に周辺が山に囲まれていたことや、遺跡を真上から見るという面白さに気づく。

DSC00129 (1)

DSC00130 (1)

DSC00131 (1)

気球!めっちゃ楽しい!!!

IMG_4288 のコピー
photo by タカトシ

自分たちの気球が1番高い位置にいるときはなんだかいい気分だったな〜♪
着陸した気球を見ると、一気にしゅわーってしぼんでいくのでなんかちょっと怖くなった。笑

DSC00138 (1)

DSC00141 (1)

そして私たちも徐々に高度を下げて、着陸態勢に。
自分たちの気球の影がだんだん大きくなっていくのが面白かった。

DSC00148 (1)

着陸はズゴゴゴゴ〜って感じにちょっとすべり降りる感じ。
スタッフたちが綱引きみたいに力を合わせて手際よく片付ける姿が印象的でした♪

DSC00159.jpg

DSC00160.jpg
混ざるタカトシ。

気球、オススメです!!!空って気持ちがいいなぁ。
気球ツアー自体は、宿まで送り届けてくれるのだけれど、西岸を観光したい私たちは、川を渡らずにツアーから離脱することに。
それからタクシーをチャーターして、ラムセス3世葬祭殿と、王家の谷に行きました!

DSC00162.jpg

まずはラムセス3世葬祭殿へ。

DSC00164.jpg
途中で立ち寄った巨像。

DSC00167.jpg
なんか現代的な公共施設にも見える。

DSC00170.jpg
壁画のポーズ。

ここもなかなか立派です。昨日のカルナック神殿と似た雰囲気。
でも、壁画の色が鮮やかに残っている部分が多かったのが印象的!当時はすごく華やかだったのかな〜
なんだかわけわからないおじさんが付いてきて(多分ガイド料とか欲しい)ちょっと面倒くさいけれど、無視していれば大丈夫。

DSC00175.jpg
門もでかい。

DSC00176.jpg
体しか残っていない。

DSC00183.jpg
仲良し。

DSC00184.jpg
全部色が残っていたらすごく鮮やかそう。

続いて向かったのは王家の谷
この王家の谷は、岩山の谷にある岩窟墓群のこと。古代エジプトの新王国時代の王たちの墓が集中していることからこの名があり、24の王墓を含む64の墓が発見されているそうです。(wikipedia)
ツタンカーメンの墓があることでも有名。

ここはチケットの仕組みがちょっとややこしい。基本の入場料だと、いつくもある墓のうち3つしか入れない。
あとは追加料金が必要で、ツタンカーメンの墓にはさらに追加料金がかかる。
全くいい商売するぜエジプト人!私たちは通常の入場料のみで3つの墓を見学。

なんか中がかなり広そうだったし、他のツーリストたちもみんな乗っていたので、園内カーのチケットも買ってしまったのだけれど、全然奥まで行かない子ども騙しかよ!!みたいなやつだったので、マジで乗る必要ないです。笑

DSC00185.jpg
マジでいらない園内カー。

で、私たちはどの墓に入るべきかを、聞き込み調査!
ツアーガイドっぽい人と、なんかスタッフぽいおじさん(後から「教えてやったんだから金よこせ」って言ってきたけど、じゃあいらないわ!って言ってメモは返してきた)などに聞いて、得票数の多かったものに入場しました。

しかし…ブロガー失格な私は、何番のお墓に入ったかすっっっかり忘れてしまいました(;O;)

しかも、王家の墓、カメラの持ち込みが完全に禁止です。
スマホは持っていけるけれど、撮影はもちろん禁止。
入り口にいる警備員に急にスマホの写真チェックとかされて(プライバシーゼロかよ)、撮っていた人はかなり面倒くさいことになりそうだった(たぶん賄賂目的)ので、要注意!!!
写真なんてネット探せばそれなりに見つかると思うので、こっそり撮影するのはやめましょう!

王家の谷は、今までのカルナック神殿やラムセス3世葬祭殿とはだいぶ違った雰囲気で面白かったです。

西岸から戻って一休みした後、夜のルクソールの街へ。
昨夜から勧誘が気になっていた馬車に乗ります。これも激安で、3人で10ポンド。(後からしつこくバクシーシ請求されるけれど、強い心で乗り切る。すごくいいサービスとかだったら払ったらいいと思う。)

DSC00211.jpg

DSC00212.jpg

馬車はこんな感じ♪マーケットの中の細い道もパカパカ走ってなかなか面白かった!
なんとな〜く馬車の勧誘する人が多すぎて警戒してしまうけれど、乗ってみて損はないと思います☆

…それにしても、やっぱり観光客相手に商売するエジプト人は、金にがめついな〜。
せっかく楽しい思いをしても、毎回ちょっとだけ最後に後味が悪くなるのが残念。
まぁそれにも負けないくらいの魅力があるからこそ、みんなエジプトを旅するんだろうけどね!

次回は、アスワンに移動です!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
アスワンに電車移動!何にもないアスワンの町でしたこと。 | Home | 思い描いていたエジプト!ルクソールで遺跡を巡る。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する