キリストの歩いた道とお墓。やっと入れた岩のドーム。

現在、メキシコ・サンクリストバルデラスカサス。
のんびりしてしまったメキシコシティを出て、グアテマラとの国境に近い町にやってきました。
なんて長い名前なんだ!略してサンクリ。なかなか正式名称が覚えられません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!

エルサレムは3つの宗教の聖地として知られています。
ユダヤ教の聖地嘆きの壁にすっかり魅了された私。
続いては、残り2つの宗教の聖地を訪問。

まずはキリスト教の聖地。
エルサレムには、ヴィア・ドロローサと呼ばれる道があります。ヴィア・ドロローサとは苦難の道という意味。ここはイエス・キリストが十字架を背負って歩んだ道なのだそうです。
イエスが十字架刑の判決を受けた総督ピラトの官邸跡から、ゴルゴダの丘の聖墳墓教会まで、聖書に書かれた14の留を辿る道で、これぞ本家本元の巡礼の道と言えるそう。
私が訪問した時も、幾つかのグループがこのヴィア・ドロローサを辿りながら、聖書を唱えたり祈ったりしている姿を見ました。

イエスが鞭打ちにされ十字架を背負わされた教会、母マリアがイエスを見た場所、衰弱したイエスの代わりにシモンが十字架を背負った場所、イエスが倒れた場所、服をはぎ取られた場所、息を引き取った場所、そしてお墓。

私自身クリスチャンではありませんが、想像するだけで胸が痛むような場所だらけ。

DSC09521 (1)
随所にヴィアドロローサの札があるのでわかりやすい。

DSC09499 (1)
こんななんてことない道ですが、信者にとってはとても大切な道。

DSC09512 (1)
十字架の重みに耐えかねて、イエスが最初につまづいた場所。

DSC09515 (1)
祈りのろうそく。

DSC09523 (1)
イエスが手をついた場所。

こんな風にして、最後に辿り着くのが聖墳墓教会
元々ここに教会はなくて、ゴルゴダの丘と呼ばれる丘だったのだそう。

DSC09559 (1)

中に入って真っ先に目に入るのがこちら。

DSC09544 (1)

DSC09546 (1)

ここは、イエスが息を引き取った後、香油が塗られた場所。
この場所に、顔をつけてお祈りしたり、キスをしたりする人が絶えませんでした。信仰の深さを感じずにはいられない。

DSC09547 (1)

ここは、イエスが処刑された時に十字架が立っていた場所とされている場所。

DSC09557 (1)

そしてここが、イエスのお墓。
すごい行列しているのですが、気付いたら列に紛れ込んでしまっていて、1時間くらい並んで中に入りました。
人が6人くらい入ったらいっぱいになる小さな空間ですが、なんとも言えぬ厳かな空気でした。
正直、キリスト教信者じゃなかったら入るべきじゃなかったような気がして、反省。

ところで最近(2016年10月?)このイエスのお墓の覆いが数世紀ぶりに取り外された、ということで話題になったみたいですね。遅くても西暦1555年から、おそらくそれよりも何世紀も前からずっと、大理石の板で覆われていたのですが、それが取り外されたのだとか。
私が行った時は、なんか工事中みたいになっていて残念な感じだったのですが、もしかするとこの取り外しの準備だったのかも?

聖墳墓教会、今まで色々な教会に訪れてきましたが、1番荘厳で独特の空気が漂っていて、人々にとって特別な存在であることを実感した教会でした。

続いて訪れたのは、イスラム教の聖地・岩のドーム

イスラム教には3つの聖地があります。

預言者ムハンマド生誕の地「メッカ」
ムハンマドが移り住んだ「メディナ」
そしてムハンマドが昇天した地「岩のドーム」

コーランの中でムハンマドは、天使につれられ空を飛び「遠くの街」までいって、「神」もしくは歴代の預言者たちに会った、とされています。では、この「遠くの街」ってどこ?ということになりますが、これはやはり「エルサレム」だということになると後の信者は考えました。さらに、聖なる岩=イサクが横たわっていた岩に触って、天に登ったに違いない、とされたわけです。
う〜んいまいちよくわからないけど、そんなわけで、この昇天した地に岩のドームが建てられ、イスラム教の聖地になったのだそうです。
(http://xn--eck8c2e8a.com/?p=393)

実は私の泊まっていた宿は、この岩のドームのすぐ真裏。
でも、岩のドームはイスラム教徒以外は入場できません。
近くで見ることは可能ですが、神殿の丘の敷地内に入る必要があり、神殿の丘に入れる日時も限られています。
7:30~11:30(冬季10:30)と 13:30–14:30の1日2回のみで、金曜日・土曜日・イスラム教の祝日は終日入場不可。
なかなか厳しいぜ…!

そしてようやく入れた神殿の丘!近くで見る岩のドームは見応えある!
タイルがとっても美しく、色鮮やか。すごく細かい部分まで丁寧にタイルが貼られていて美しい。

DSC09790 (1)

DSC09797 (1)

DSC09793 (1)
雨どいまで美しい!

周りにはなぜか猫も多くいて癒されました♡

DSC09808 (1)
ブサかわ猫。

DSC09809 (1)

中に入ってみたかったな〜!と思わずにはいられない、とっても綺麗な場所でした。

3つの宗教の聖地、エルサレム。
私自身はどの宗教にも属していないし、それぞれの宗教のこともあまり知らないけれど、彼らの信仰深い姿は美しかったし、すごく興味深かった。
宗教って何だろう?信じたらもっと強くなれるかな?幸せになれるのかな?本当に神様っているのかな?
やっぱり私にはよくわからないけれど、今までの旅とは少し違った、新鮮な驚きのあるエルサレムでした。

次回は、とってもオシャレな新市街の様子をお伝えします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
オシャレすぎる新市街。ポーランドに行かなくても傘祭り気分! | Home | 嘆きの壁に魅了される。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する