死海の無料ビーチに行ってきた!死海で浮いて本が読めるのか?!

現在、メキシコ・メキシコシティ。
HAPPY NEW YEAR 2017!!!
あっという間に2016年が終わり。刺激的で、楽しくて、特別な年となった2016年。
関わってくれた全ての人に感謝です。ありがとうございます。
2017年はどんな素敵なことが待っているかな〜♡存分に楽しみましょう!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!

*ヨルダン:1ディナール=約166円(2016年12月現在)

ヨルダンで絶対に行きたかった場所のひとつが死海
名前からして、ミステリアスでそそられる。英語ではDEAD SEA 。わ〜そのまんま死海じゃん!
本当にぷか〜っと浮かぶのかな?!浮かんで本読めるのかな?!
期待を胸に出発です☆

死海までは、自力で行く方法もあったんだけど結構大変そう。
一緒に行く仲間が2人見つかったので、3人でコーダホテルでタクシーを頼んでシェアしていくことにしました。
死海+ネボ山+マダバに行くというタクシーで、確かひとり25〜30ディナールくらいだったと思います。忘れちゃった…

まずはマダバへ。
マダバは、「聖書の時代には「水の流れの多い」という意味のメデバと呼ばれ、洗礼者ヨハネが布教活動を行った場所」なんだそう。
ここで有名なのが、聖ジョージ教会

DSC09392 (1)

DSC09401 (1)

こちらには6世紀に造られたとされるモザイク地図が残っていて、世界最古の古代パレスチナ地図と言わ照れているのだとか。
「聖地エルサレムの旧市街は城壁や門などが細かく描かれ、その他にも魚が泳ぐヨルダン川、ナツメヤシが茂るエリコなど聖書の時代を今に伝える貴重な資料」となっているんだって。(http://www.saiyu.co.jp/special/mideast_asia/jordan/midokoro/midland_area/)


DSC09395 (1)

DSC09398 (1)

確かにモザイク画は、細かく出来ていて、じっくり見ると色々なものが見つかって面白い。
でもまああっという間に飽きちゃって、早々に退散。笑

続いて訪れたのはネボ山

ネボ山は、死海とパレスチナを見下ろす山に残るモーセゆかりの教会跡。
旧約聖書の出エジプト記によると、エジプトを脱出したモーセの一行はシナイ山で「十戒」を授かった後、荒野を放浪しついに約束の地を見渡すネボ山に到着。 しかし、モーセは約束の地、カナンの地に入ることなく亡くなったのだそう。
(http://www.saiyu.co.jp/special/mideast_asia/jordan/midokoro/midland_area/)

これがネボ山からの景色。なんか開けててオォッとはなるけど、有り難みがわからず…。汗

DSC09412 (1)

ネボ山からの山道では、なぜか運転手さん、自撮りムービーを撮りながら運転。
やめてー!運転集中してー!笑

DSC09417 (1)

そしていよいよ死海の無料ビーチへ!!
タクシー出発してからずーっと「アンマンビーチへ行こう」と運転手さんに言われ続けた(たぶん紹介料もらえるのかな?)けれど、無料ビーチで押し切る。

到着したのがこちら!!

DSC09419 (1)

ぱっと見た感じ綺麗そう…?
う〜んでも、やっぱり無料なだけあって整備がされていなくて汚い…。

DSC09422 (1)

でもまぁ入れないほどではないし、死海自体はそんなに汚い感じもしなかったので、入ることに!
どうかな〜浮かぶかな〜
傷があるとめっちゃしみて痛いって聞いていたけれど、大丈夫かな〜
ドキドキ…

IMG_0417 (1)

うおおおおぉぉ!!!浮いたーーー!!!
むしろ浮きすぎて、なんかうまく浮けないくらい。笑
傷口は…虫刺されの痕とかはやっぱりしみたけど、全然たいしたことはなかったです。
でもなぜか、お尻の穴がちょっとヒリヒリしました。笑 痔ではないんだけど…繊細なのかしら。笑

そして、死海に来たらやっぱりやりたいのがこれ!
死海に浮きながら本を読む!ですよね♡
私は、アンマン空港でもらったパンフレットみたいなやつを持参して挑戦!!

IMG_0431 (1)

できたーーー!!!

バランスを取るのがちょっと難しかったけれど、見事成功!!!
でも実際はのんびり読むほどの余裕は全くありませんでした。
何回か失敗して、実はパンフレットビチョビチョです。笑
なので挑戦される方は、濡れてもいい読み物を持って行きましょう!

浮かんで遊んで、写真を撮ったら、それ以上そんなにやることもないので満足♪
無料ビーチにもシャワーは一応あるので安心。
以前行かれた方の情報では1ディナールと聞いていたけれど、2ディナールと言われそこから下がらず…。

ずっと行ってみたかった場所、死海。
案外あっさりと終わってしまったけれども、なんだか後からじわじわ死海に浮いた喜びが込み上げてきたのでした♪

次回!イスラエルに行きまーす!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
ドキドキのイスラエル国境越え。エルサレム旧市街を一望できるおすすめスポット。 | Home | 南京虫とご対面&アンマンには男たちが行列をなすスイーツ屋があった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する