ティネリールの月曜市場。そして砂漠の町メルズーガへ!

現在、南アフリカ・ケープタウン。
今日はクリスマスイブですね!ひゃ〜!しかも24,25にちと土日!
日本では恋人たちがきゃっきゃウハウハしてるんだろうな〜クゥ〜〜〜〜〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!

トドラ最終日。
朝の散歩をしていたら、通学中の女の子3人組に遭遇。
一緒におしゃべり(言葉はわからない)しながら歩いていたら小学校にたどりつきました。
こんな小さなプレハブ小屋みたいな建物が小学校。
先生とも少しだけお話しさせてもらったのですが、政府の許可がないと学校は見学できないとのことでした。残念!

DSC08987 (1)
通学路。

DSC08990 (1)
学校。

昼前に、のりこさんと他の宿泊者と共にティネリールに出かけました。
この日は、月曜日。ティネリールで週に1回の市場が開かれるということで行ってきました!

この市場、とってもローカルな雰囲気で楽しかった!
ただのだだっ広いところに、シートを敷いたり、台を置いたり、簡素な屋根を作ったりして、それぞれがお店を広げている。
DSC09007 (1)

DSC09006 (1)
賑わっています!

食品、日用品、服、絨毯、アクセサリー、車のパーツや自転車まで!なんでも揃っている感じでした。
のりこさんはここで、クッションカバーや布を買ったり、お野菜やお茶っぱを買ったり。
こうして市場で自分で考えて選んだものが、そのまんま自分の宿に生かされているってなんだか素敵だな〜☆

DSC09011 (1)
なつめ。モロッコのなつめ、柔らかくて美味しい!

DSC09008 (1)
ミニタジン。

DSC09021 (1)
八百屋さん。

DSC09022 (1)
大根。海外では珍しい。

DSC09024 (1)
野菜を選ぶのりこさん。

DSC09013 (1)
布を選ぶのりこさん。

DSC09030 (1)
車の何か。

私はというと、これから砂漠に行く!ということで、のりこさんが古着コーナーに連れて行ってくれました。
砂漠で着るのに良いジュラバ(モロッコの民族衣装)もたくさん扱っています!しかもたったの10ディルハム!
これがあれば砂漠気分も上がるし、思う存分快適に遊べるし、10ディルハムなら手離すのも惜しくないので、良い買い物したと思います!
(しかも、砂漠ツアー後に捨てちゃおうと思っていたのですが、タイミング良く砂漠ツアー後にのりこさんの宿で出会った旅人とメルズーガで再会したので、彼女にお譲りしました♪)

DSC09032 (1)
試着。

買い物を終えたら、バスの時間まで時間つぶし。
その時に食べた手作りヨーグルトがとても美味しかった!
そういえば駄菓子でモロッコヨーグルってあったなぁ〜。(それよりも格段に美味しい。)

DSC09039 (1)


そして、バスに乗ってメルズーガへ出発!このバスがなかなか遅れて大変だったな〜。

メルズーガに到着すると、予約していた宿の人がバスの中まで名前を呼んで迎えに来てくれました♪
そこでわかったのは、同じバスに3人も同じ宿に行く人が乗っていたということ。
オーストリア人のChristinaとアメリカ人のBrian。
これがきっかけで、数日間3人一緒に旅をすることになります♪

さて、今回私が予約していたお宿がこちらの、リアドマムーシュというホテル。

DSC09052 (1)
プール!

DSC09066 (1)
素敵な内装。

14488873_10157643581765294_311785689_o.jpg
朝、夕ご飯つき!ChristinaとBrianと。

貧乏バックパッカーなのにそんなホテルに泊まって大丈夫?!とご心配の方、ご安心ください!
こちらのホテルには「バックパッカー応援プラン」なるものがあって、格安(2食付き150ディルハム)で泊まることができちゃうんです。
そんな私のベッドがこちら。

DSC09045 (1)

えっ?はい、屋上です。
はい…ひとりぼっちでした。いやっ星空独り占めでした!

プールなどの施設は自由に使えるし、2食つき、部屋がなくてこのテラスで寝るというだけで、たったの150ディルハムで泊まれます♪
全体的には満足。自分の居場所がない(屋上は夜は真っ暗。プールサイドは電気あるけど蚊が多い)っていうのがちょっと居心地悪かったかな〜でも1泊なら全然OK!久々のプールも入れるし!

ちなみに昼ご飯は付いていません。宿のレストランで頼むとものすごく時間かかるので覚悟しといてください!

IMG_0264 (1)
スパゲッティのチーズが!笑

周辺は砂漠の中の町!という感じ。こんな乾燥した小さな町です。

DSC09054 (1)

近くのRestarant Cafe Fatimaという、日本人とモロッコ人の夫婦が経営するお土産やさん&レストランがオススメ。
娘のサラちゃんもとっても可愛かったな〜

DSC09063 (1)

DSC09057 (1)
テーブルの下がお気に入りのサラちゃん。

次回は、サハラ砂漠を車で!ラクダで!満喫します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
サハラ砂漠を4WDで! | Home | 現地民のお宅でタジン鍋クッキングに挑戦!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する