ベルリンでちょっとルーツを辿ってみた話。

現在、エジプト・ダハブ。
キルギスの南旅館の仲間たちが再集合!みんなでワイワイ楽しんでいます♪
久しぶりに会うとやっぱりなんだか安心するな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


子どもの頃に住んでいたベルリンの街をぷらっとお散歩してみると、昔の思い出が蘇ったり、新しい発見があったり。

こちらはベルリンでおなじみのアンペルマン。可愛らしい歩行者信号のマークです。

DSC05309.jpg

DSC05442.jpg

DSC05299.jpg

彼のプロフィールは、

1961年10月13日 ベルリン生まれ
体重:ちょっと太め
職業:交通整理
性格:チャーミング、真面目
好きな食べ物:電気
ペット:白クマ

http://ampelmann.co.jp/concept/より

だそうです。こんなプロフィールがあるなんて知らなかった。笑
ちなみに私のコロコロには、日本を出た頃からこのアンペルマンくんがついてます!

そして、こちらもベルリンといえば!のカーリーヴルスト
ソーセージにケチャップとカレー粉がかかっただけのものなのですが、これがまた美味しいんだ。

DSC05296.jpg
こんな屋台みたいなお店でどこでも売ってる。

DSC05346.jpg

子どもの頃、私にとって特別な場所だったのがこの、カイザーヴィルヘルム教会

DSC05390.jpg

DSC05392.jpg

DSC05384.jpg

こちらの旧教会は、壊れた屋根が印象的。1943年11月23日のベルリン大空襲で破壊されてしまったのだそう。
戦争の悲惨さを伝えるために、敢えて修復せずに爆撃された姿のままで保存してあるのだとか。

私のおすすめは、この隣にある新教会の方。

DSC05386.jpg

外観は地味なのですが、中に入ってみると・・・

DSC05388.jpg

DSC05420.jpg

DSC05421.jpg

青色で囲まれた空間。心がスーッとなる不思議な感覚。
モダンな雰囲気のキリスト、青は青でも単なる青一色ではない美しいステンドグラス。

子どもの頃からこの場所はお気に入りというか、すごく自分の中で印象的な場所だったのですが、やっぱり大人になって訪れてみても良いものでした。

定番観光地も訪れました。

ブランデンブルク門に、

DSC05468.jpg

ソニーセンター

DSC05459.jpg


ホロコースト記念碑

DSC05467.jpg

戦勝記念塔

DSC05367.jpg

イーストサイドギャラリー(ベルリンの壁)

DSC05534.jpg

DSC05530.jpg

DSC05533.jpg

DSC05532.jpg

DSC05531.jpg

DSC05537.jpg

DSC05544.jpg

DSC05543.jpg

DSC05545.jpg

DSC05548.jpg

私たちの育った町、Wannseeにも足を伸ばしました。
ここには、私たちの住んでいたと、通っていた日本人学校があり、とっても思い出深い場所。
むしろ私の記憶のほとんどは、このヴァンゼーにあるのです。

DSC05523.jpg

DSC05477.jpg

DSC05476.jpg

ヴァンゼーに来てみて思ったことは「なんて素敵なところに住んでいたんだ!!!!」ということ。
どうです?!こんな学校、家、通学路だったわけです。

DSC05479.jpg
ベルリン日本人学校(今は移転)

DSC05510.jpg
家までの道。

DSC05508.jpg
私の住んでいた家。

DSC05511.jpg
いつも遊んでいた中庭。

DSC05507.jpg
通学路。

DSC05519.jpg
この種を高く投げるとクルクル回りながら落ちてくる。よく遊んだ。

この近くの湖・ヴァンゼーにはよく学校でも遊びに来ました。
先生にこのアスレチックの黒いゴムを揺らしてもらうのが好きだったな〜とか、ここでカエル捕まえたな〜とか。
ほとんど昔と変わっていなくて嬉しかったな〜♪

DSC05488.jpg

DSC05489.jpg

DSC05490.jpg
いつも遊んだアスレチック。

DSC05491.jpg

いろいろ思い出して、改めていかに恵まれた環境で素敵な幼少期を過ごしたかを思い知ったのでした。
そんな素敵な機会を与えてくれて、何不自由なく楽しい日々を送れるように整えてくれていた両親に感謝!
ここでの幼少期が、私の今を作っている気がしてなりません。

というわけで、自分たちのルーツをたどる(ちょっと大げさ)素敵なベルリン旅となったのでした。

DSC05499.jpg

次回はチェコ・プラハへ移動します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
かわいらしいプラハの町♪ | Home | アートな街ベルリン散歩♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する