ウィーンは実は親しみやすくておちゃめな街だった!

現在、ヨルダン・アンマン。
ついに、死海で浮いてきました!なんかその瞬間の喜びよりも、後から、死海に浮けてよかったな〜ってじわじわきてます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


*オーストリア:1ユーロ=113.9円(2016年10月)

スロベニア・リュブリャナからバスで約6時間。夜行バスに乗ってやってきたのはオーストリア・ウィーン
バスにぼんやりと乗ったまま、パスポートのチェックもなく、気づけば違う国に入っている。
島国日本からするとやっぱり不思議な感覚。

ウィーンと言えば、音楽の都
オシャレで高級なイメージが強くて、なんだかちょっと貧乏バックパッカーとしては気後れしてしまう感じ。
もともと実はウィーンに行くつもりはなくて、リュブリャナからブダペストに行くつもりでした。
でもイマイチ良いバスや電車が見つけられず、ウィーンを経由して行くことにしたわけです。

でも!今回行ってみて、案外おちゃめで取っつきやすくて楽しいウィーンを発見できた!
なんだか急に親近感が湧いて嬉しかったな〜♪

ウィーンの街は何がすごいって、大した観光名所!みたいになっていなくても、こんなに素敵な教会や建物に出会えちゃうこと。
観光名所になっていないぶん人も少なくて、静かで神聖な空気。

DSC04661.jpg

まずやってきたのは、ヴェルヴェデーレ宮殿。建物に入らずこの庭園だけなら無料です☆

DSC04667.jpg

うん!美しい!いかにもウィーンって感じ!
でも・・・

DSC04666.jpg

えっ?!この周りを取り囲む動物の頭たちは一体何?!?!
まだ作り途中なのか不揃いなんだけど、どうやらこれ見た感じ、十二支のよう。
しかし、なぜここに。

これじゃあまるで、ブタ(イノシシ?)がヴェルヴェデーレ宮殿を襲っているようじゃないか!!!

DSC04670.jpg

そして、庭園をさらに進むと、ここにも謎が。
思わずこれ、二度見したよね。

DSC04674.jpg

DSC04675.jpg

どう見ても雪だるま。
公園の真ん中にポツンと佇む雪だるま。うん、可愛いよ。
しかし、なぜここに。

謎は深まるばかりですが、なんだかウィーン、急に親しみ湧いちゃった!

続いてやってきたのは、フンデルトヴァッサーハウス
オーストリアの画家で建築家のフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーがウィーンに建築した公共住宅です。
ここは今でも、アパートとして使われていて人が住んでいるそうです。

DSC04694.jpg

カラフルで、ツギハギのような、空き箱工作のような、そんな感じがしてとっても可愛い!
柱や床なども様々な素材が使われていたり、歪んでいたり波打っていたりして、面白い。
この噴水も、一見結構シンプルに見えるけれど、地面と一体化したような作りが楽しい。

DSC04702.jpg

じっくり見ていると色々な発見がある楽しい場所でした♪こういう遊び心大好き!

DSC04711.jpg
こんなところに顔発見!

近くにはフンデルトヴァッサー博物館もあります。
入場するつもりはなかったけれど、外観が面白そうなので行ってみましたが、あいにく工事中だったので全貌は見れず。

DSC04713.jpg

歩き疲れたのでちょっと休憩。
アイス屋さんの前で、アイスとめっちゃ色がかぶっている男の子を発見。わざとかと思うような完璧な配色。

DSC04716.jpg

DSC04719.jpg
主張の強そうなお花や

DSC04721.jpg
モヤットボールのような植物を見ながらまだまだ歩きます。

次なる目的地は、プラーター公園の大観覧車
この大観覧車は、1896年に建設されたという歴史ある観覧車。フランツ・ヨーゼフ皇帝の即位50周年を記念するものだったそう。
戦時中、火災で大きな被害を被ッタものの、1947年に再び運転が再開されて、今でもウィーンのシンボルのひとつとして親しまれているみたい。

DSC04727.jpg

DSC04723.jpg

こんな歴史のある、レトロな趣のある観覧車ですが、こんな遊園地の中にあります。
このアンバランスな感じ、好き!!!笑

DSC04735.jpg

DSC04731.jpg
かなりハードなアトラクション。絶対無理。

DSC04736.jpg
無精髭のハリネズミくん。

DSC04743.jpg

DSC04744.jpg
トイレの看板!笑

しばらく遊園地をぶらぶらして、最後にこの大観覧車に乗ってみることに!(9ユーロ)
初めてのお一人様観覧車。私もお一人様レベル上げたもんだわ。
ただこの観覧車は、ひとつの大きなゴンドラに何人も乗るタイプのものなので、カップルで行ってイチャこける場所じゃありませんよーっと!笑 (まあ1人で乗ってる人はいなかったけど)

入場すると、観覧車の下の部分は、観覧車の歴史が展示されています。

DSC04746.jpg

そしていざ大観覧車へ!
ゴンドラの中は広々としていて、立っても座っても大丈夫。
この中でお食事会もできるそうで、テーブルセッティングがされているものもありました。

DSC04755.jpg

そしてこれが64.75メートルの上空からの眺め。

DSC04763.jpg

うん!満足!

そういえば、物価の高いイメージのあるウィーンですが、偶然見つけた市場では格安で果物や野菜、服(3ユーロから!)などが売られていました。

DSC04928.jpg

私が買ったいちごは、これで1ユーロ!日本よりもよっぽど安い!
うまいことすれば、貧乏バックパッカースタイルでも、ウィーン楽しめるかもしれません☆

DSC04934.jpg

次回は、ウィーン2日目!友達と巡るヨーロッパはやっぱり楽しい!の巻です!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
友達と一緒に巡るウィーンはもっと楽しい!!! | Home | トロッコで駆け抜けろ!ポストイナ鍾乳洞!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する