美しくも悲しい歴史を持つボスニアヘルツェゴビナ・モスタル

現在、モロッコ・シャウエン。
モロッコ旅もいよいよ終盤。2週間じゃ足りなかったな〜またいつか来よーっと!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ドブロヴニクからバスで3時間ほど行ったところに、ボスニア・ヘルツェゴヴィナモスタルという町があります。
ドブロヴニクから先の予定を全く決めていなかった私。
とりあえずこの、モスタルに行ってみることにしました!

バスターミナルで客引きしていたおばちゃんの宿に行くことにしたのですが、これが大正解!
バスターミナルから徒歩3分くらいの場所で、旧市街までも徒歩10分ほど。
ドミトリー6ユーロで朝食付き!しかもこのスクランブルエッグが美味しい♡
おばちゃん英語はあんまりしゃべれないけどとても優しくて、コーヒーや果物をくれたり、チェックアウト後も夜行バスに乗る私を夜20時くらいまでリビングに居させてくれたり。

HOSTEL DADAっていう宿!
マンションの一室なので自力で辿り着くには難しそうだけど、バスターミナルで客引きしていたら安心してついて行って大丈夫♪オススメです!

DSC04365.jpg
こんなマンションの一室。

モスタルはヨーロッパにありながら、とてもオリエンタルな雰囲気漂う町だそうで。
確かに歩いてみると、中東のどこかにいるような感覚になる。

DSC04316.jpg
モスク。

DSC04318.jpg

DSC04363.jpg


DSC04319.jpg

DSC04305.jpg

そしてモスタルのシンボルともいうべき存在の橋がこちら、スターリ・モスト

DSC04337.jpg
少し離れた隣の橋から見るととても美しい。

DSC04357.jpg

DSC04361.jpg
スターリ・モストの下では泳いでいる人も!


この橋は平和の象徴として知られています。

1991年に勃発した旧ユーゴスラビア内戦。「民族紛争」とも呼ばれるこの内戦では、領土内に住むクロアチア系住民、イスラム系住民、セルビア系住民により血を血で洗う抗争が繰り広げられました。民族が入り混じるこの町は泥沼の戦いに巻き込まれ、多くの住人が命を落し、両民族の平和を見守り続けてきたスターリ・モスト橋も爆破されたのです。(huffingtonpost)
2004年にこの橋は再建されたものの、今でもモスタルの町は、クロアチア人地区(カトリック)とボスニア人地区(イスラム)にはっきりと分断されてしまった・・・ということだそうです。

DSC04336.jpg
西側のクロアチア人地区には大きな教会も。

恥ずかしながら、こういう歴史的背景については全くと言っていいほど知らずに、モスタルへやってきてしまいました。
でも街を歩いていて、見かけたこれ。

DSC04331.jpg

どういう意味があるんだろうとようやく調べて、このような事実を知ったのでした。
この93年というのは、スターリ・モストが破壊された年だそうです。
新しい国を訪れる時は、その国のことを少し学んでから行こうと思いながらも、余裕がなくて全然できていない実情・・・頑張らなくては!

モスタルの旧市街は夜もいい雰囲気で素敵でした。

DSC04303.jpg

次回は、急にスロベニアに行きたくなった!!!ということで、再びクロアチアを通り過ぎて、スロベニアに向かいます!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
リュブリャナは思ったよりもオシャレだった。 | Home | これぞ魔女の宅急便の世界!ドブロヴニクの絶景

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する