キルギス語の学び方&キルギスの公衆浴場!

現在、ドイツ・ベルリン。
ベルリンは子どものころ、私が住んでいた街。何とも言えぬ懐かしくて嬉しい気持ち!うきうき。
これから姉が遊びにきます♡楽しみ~!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ヒッチハイクでオシュにやってきました。
しかしこのオシュ、外務省の海外渡航情報では、濃いオレンジ色。危険度4段階の中の上から2番目のレベルに指定されている地域です。
ここは、ウズベキスタンとの国境近くの町。外務省ホームページによると、
オシュ州及びジャララバード州では,2010年6月,キルギス系住民とウズベク系住民の間で銃撃戦を伴う衝突が発生し,多数の死者及び負傷者が出ました。また,西部・南部地域は,隣国ウズベキスタン,タジキスタンと国境を接しており,これらの国境付近では国境警備隊同士の衝突等,死傷者が出る事案がたびたび発生しており,注意を要します。
とのこと。

いっきに移動は大変だし、まぁよく行ってる旅人いるみたいだし、とりあえず来てみたオシュ。
私が滞在していた限りでは、特に危ない雰囲気も不穏な空気も感じない、ごく普通の街って感じだったけれど、そういう実態があるみたい。

オシュ、なんだか特別見どころがあるわけでは無さそう。世界遺産の山・聖山スレイマン・トーとやらがあるらしいけど、残念世界遺産という噂も聞くし、見た感じ全然そそられなくて。
(中国からのちょいハードな移動と、ママピキさんとの非日常すぎるホームステイ生活の疲れのせいかも?)

そんなオシュでやったことといえば…

ファミレスにこもる!!!

宿の前のサウナに行く!!!

以上!笑

なんかちょっとしたバザールみたいなのも行ったけど、そんなに面白くなかったので、さらっと退散。
(「オシュ バザール」で検索すると、ビシュケクにあるオシュバザールのことばかり出てきます…)

そんなわけで、ファミレスで、普通にフライドチキンみたいなものとか注文して、だらける。
日本かよ!!!

Wi-Fiさくさくだし、ファミレスのお姉さん愛想いいし、トイレも綺麗。

そこでひとつ賢い!と思ったことがありまして。
メニューを持ってくるときに、店員さんが「英語メニューにしますか?」って聞いてくれたんです。

そしたらリョータくん、
「英語メニュー1つと、キルギス語メニュー1つください」
と頼む。
何のためかって、それらを見比べてキルギス語を学ぶため

menu2.jpg
これがキルギス語のメニュー。

menu1.jpg
これが英語のメニュー。

確かにメニューの配列は同じだし、鶏、牛、とかがわかるだけでも、この先だいぶレストランで助かる!
この方法、他の国やレストラン以外でも実践できそう!

キルギスがこの旅初めてのキリル文字圏。
キリル文字ってどうしても顔文字に見えちゃって、全然わからない!!
中央アジアは「ハラショー」(素晴らしい!いいね!みたいな意味)が言えれば何とかなるって聞いていたけど、やっぱり言葉は重要!!

あと、言葉を理解する上で役立ったのがこちら。
キリル文字対応表

kiril.jpg

地球の歩き方・中央アジア編に載っていたものなのですが、かなり便利でした!
キリル文字とアルファベットの対応が覚えられれば、文字を音にすることができます。
けっこう音は英語に似ているものも多かったし、料理名とかはそのまんまわかるので、理解できます☆
しかも解読できるととっても楽しい!ハングルを学んだ時の感覚と同じ。
ぜひ、一定期間キリル文字圏を旅する人にはオススメです!!!

やっぱり言葉ってすごく重要で、旅をより楽しいものにするためには、ほんの少しでも言葉を覚える努力をしなきゃな~って実感。

そして、オシュでもうひとつ行ったのがキルギス式の公衆浴場。
偶然宿の前にあって、どうも多くの地元民が訪れている様子だったので行ってみることに。
サウナみたいなものなんだけど、キルギスでは「サウナ」というと風俗のようなものをさすらしく、こちらでは「バーニャ」と言うそうです。

banya.jpg
バーニャ入り口。

バーニャは、シャワー(というか蛇口)のある広いスペースと、スチームサウナのようなものから構成されています。(浴槽はありません)

シャワーのところでまずは、たらいと小さい手桶を借りて体を流します。

それからサウナへ。
サウナでおばちゃんが話し掛けてくれました。全っ然言葉わからなかったけれど、「ヤポーニャ」(日本人)って言ったら、すごい喜んでくれて嬉しかった!
あとおばちゃん、ハチミツを顔や体に塗っていました。お肌に良いみたいです。そういえばラオスではヨーグルト塗ってたな~

あとは、毛の処理に関しても、日本との文化の違いを感じたな~(明確には書きませんが察してください。)

そんなわけで、大したことはせずに、オシュ滞在おしまい!笑
このあとは、アスランバブという村に民泊をしに行きまーす☆お楽しみに!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
オシュからアスランバブへ! | Home | サリタシュ散歩&オシュまでヒッチハイク!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する