トルファンからカシュガルへ。冷房の無いバッドコンディションな寝台列車で。

現在、クロアチア・ドゥブロヴニク。
そういえば、クロアチアに来てから車が親切に道を譲ってくれます!素晴らしい!
この前の国・ジョージアはかなり運転荒くて怖かったから嬉しい~♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

トルファンから、キルギスの国境にほどちかい街・喀什(カシュガル)へと移動します。
前々日に、この列車のチケットを街のチケットオフィスで購入していた私。
これが、想像していたよりもずいぶんと安かった。約23時間も乗るのに、料金はわずか155元(たぶん)。
ラッキー♪なんて思いながら宿に帰って、中国人Romanにこのチケットを見せると・・・

「これ、古いタイプの電車だね!時間もかかるし、冷房もないし、Bad Conditionの電車だよ!」

がーん!
今のトルファンの気温は35度くらいあって、なかなか暑い。こんな中、冷房無しだなんて耐えられるのだろうか?!
心配になってネットで調べると、灼熱地獄とか出てくる…ひえぇぇ~~~何もわからずに買ってしまった…
安い列車だと、今までと乗客層も違うかも・・・と不安にもなる。
でもまぁ、この日にカシュガルまで移動しちゃいたいし行くっきゃない!

トルファンのバスターミナルから、中型バスでトルファン駅へ移動。
駅からけっこう離れたところが終点だったんだけど、同じ電車に乗るという男性が、一緒に行ってくれた☆しかもコロコロも持ってくれた☆
ホームまで付き添ってくれて、「あっちが君の車両だよ」って言って爽やかに立ち去っていきました!ありがとう!

そして乗車。どれだけ暑いのだろうか…ついに灼熱地獄に踏み入れるのか…とおびえながら。

DSC00978.jpg

DSC00970.jpg
上段の人が荷物棚に足乗せてる。

あれっ?
思ったより全然暑くない!!!よかったーーー!!!

たしかに今まで乗ってきた夜行列車よりは古い感じはするけれど、全然問題なし!
冷房がないぶん窓を開けているので、砂っぽいけれど、まぁ我慢できる!!(窓際に座っていると、本にうっすら砂が積もる。)

今までの電車はいつでもお湯を汲むことができたけれど、Bad Conditionの電車はそうはいかない。
大きなタンクで火を燃やしてお湯をわかし、車掌さんが「お湯わいたぞ~」みたいなこと言うと乗客がいっせいに動きだす。
みんな大きなポットをもって、お湯をもらいに並ぶ。
ちょっと不便だけど、大きな問題ではないし、なんか見ていて面白い。

そんなわけで、思ったよりもBad Conditionじゃなかった電車での23時間の旅はじまり~♪

DSC00971.jpg

DSC00977.jpg
綺麗な層!

今回の電車は、がら空きだった西安→トルファンとは違って、満席!
通路の座席に座って、たまった日記を書いていると物凄い視線を感じる。興味を持ったら遠慮せずにガン見するのが中国式。

そこからおしゃべりがはじまる。
話し掛けてくれたのは、カシュガルで働いているという中国人のお兄さん2人。(ちょっとイケメン('ω')!)
ふたりとも全然英語はわからないみたい。
そしたらわざわざ、翻訳アプリをダウンロードしてくれた!!!そこまでしてコミュニケーションを取ろうとしてくれたことが、なんか嬉しい♪

DSC00972.jpg

今まで行った中国のこと、中国人をどう思うか、仕事のことを話したり。
日本の写真を見せて「着物~!」って盛り上がったり。(家族の写真や日本っぽい写真を持っていると話題作りに良いです!)

ずいぶんと怯えながら乗り込んだ電車でしたが、おかげで楽しい列車旅となりました!

そして、カシュガル駅から市バスに乗って街の中心地へ。
私が今回泊まったのは、Old Town Youth Hostel
まさに旧市街のなかにあるユースホステルです。

DSC01035.jpg

さっそく街に繰り出してみました!
まずは腹ごしらえ☆ここもやっぱり羊肉が多い!路上で焼いていたシシカバブをいただきます!

DSC01039.jpg

DSC00986.jpg

DSC00988.jpg

おいしかった~♪
それからぷらっと旧市街を散策。街自体がまるでテーマパークのようなエキゾチックな雰囲気。

DSC00981.jpg

DSC00984.jpg

DSC00995.jpg

DSC01024.jpg

さらに嬉しかったのがここの子どもたち、とても人懐っこい!
ただ歩いてるだけで「Hello!」と声を掛けてきたり。ごはんを食べていたらチラチラのぞきにきたり。

DSC00997.jpg

DSC01000.jpg

DSC00993.jpg

DSC01029.jpg

なんだかこっちのほうの子は、顔立ちがハーフのような感じ。絶妙な可愛さ。
カシュガル滞在、楽しくなる予感です!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
カシュガルを歩くと職人に出会う。 | Home | 異国情緒たっぷりのトルファンバザール!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する