世界で最も素晴らしい廃墟?!交河故城

現在、ジョージア・トビリシ。
早朝の飛行機に乗るために空港泊をしています。ジョージア初日も深夜着だったから空港で一夜を明かしたけれど、帰りもすることになるとは。
インド人とアメリカ人のハーフというおじさんに昔の写真を見せられ「これは若いころの俺だ・・・どうやったらこんなハンサムに戻れると思うかい?」と言われて困りました。寝させて・・・!笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

何の下調べもなく来てしまった吐魯番(トルファン)ですが、宿で会った中国人の若者たちにくっついて、交河故城の夕日を見に行くことにしました!
夕日を狙うと言っても、宿出発は18時。遅くない?!間に合うの?!と思ったけれど、こちらは北京時間。新疆時間では16時なわけです。
一緒に行ったのは、TracyとRoman。(英名良いな~私も何かつけようかしら。)

実は交河故城、世界で最も素晴らしい廃墟と呼ばれているのだとか。
というのも、交河故城は、世界最大、最古の土で築かれた都市遺跡で、なおかつ、かなり保存状態が良いんだそうです。

宿からはタクシーで行きます。交渉も中国語でしてくれるから本当助かる!
交河故城の近くの、なんということないただの川では、なぜか川の中に車を停めて、橋の下でピクニックを楽しんでいました。不思議。

DSC00839.jpg
橋の下にも車停めてる。

こちらが交河故城入り口。入場料は70元。
ここも世界遺産に登録されています。これまた、シルクロード:長安-天山回廊の交易路網というのの一部として含まれている感じ。

DSC00840.jpg

遺跡の全長は約1650メートル、幅は最大で約300メートル、総面積は約38万平方メートル。紀元前2世紀に建設され、14世紀に戦火で焼け落ちたのだそう。
中はかなり広くて、通路の右にも左にも遺跡が広がっています。
かつてはたくさんの人々が住む街だったのだろうなぁ~どんな人たちだったのかなぁ~と想像がふくらむ。

DSC00843.jpg

DSC00847.jpg

DSC00851.jpg
小さくて見づらいと思いますが、一応パノラマ写真。

交河故城は寺院や議会の跡地、塔群、民家など様々な建築物が集まった古代遺跡。
こちらは寺院だった場所。この部屋みたいに分かれているのが、僧房だったらしい。
さらに、だいぶ削れてしまっているけれど、仏像のようなものも見える。

DSC00855.jpg
僧房とTracy。

DSC00858.jpg
仏像のあと。(上のほうの)

DSC00860.jpg
何の穴かな?

ところで、この通路にはこんなものがいくつも置いてあります。これはなんでしょう??答えはのちほどわかります☆

DSC00841.jpg

だいぶ日が暮れてきました!夕日に照らされる交河故城。
薄茶色の遺跡が、ほんのり夕日の橙色に染まっていく様子は美しかったです。

DSC00852.jpg

DSC00861.jpg

DSC00857.jpg

DSC00867.jpg
Tracyと。英語ペラペラの彼女。色々教えてくれてありがとう!

そしてすっかり日が暮れた21時。
実はここから夜のお楽しみ☆無料のナイトツアーがあるのだそうです!参加してみました。
民族衣装に身を包んだ2人が案内役。…といっても、最初に自己紹介みたいなのを喋った以外は、すたすたと早歩きで先導してくれただけでした。笑

DSC00868.jpg

DSC00870.jpg

そう、先ほどの茶色い紙袋は、ろうそくだったのでした☆優しくてはかないろうそくの明かり、良いですね~♡

DSC00876.jpg

このナイトツアー、「ツアー」とは名ばかりで、どちらかというと「ナイトショー」という感じ。
男性3人による楽器と歌と語りを、遺跡の中でろうそくの明かりのもと楽しむ、というちょっと粋なイベント。
しかもなんとお客さんは私たち3人だけ!(もうひとり女性がいたけれど、どうやら関係者のようだった)
内容はさっぱりわからなかったけれど、暑さのやわらいだトルファンの遺跡のなかでのんびりと音楽を楽しむのは、なんだか贅沢でお得感がありました♪

DSC00872.jpg

帰り道。タクシーを呼ぼうとしていたところに、スタッフの帰宅用のバスが通りかかって乗せてくれました!ラッキー!
街なかでバスを降ろしてもらって、小腹を満たすべく食堂へ。
すると!先ほどのナイトツアーのパフォーマー男性3人にばったり遭遇!6人での楽しい食事となりました♪

DSC00877.jpg

DSC00880.jpg
ごちそうしてもらったシャシリク!おいしい!

DSC00882.jpg
みんなで!

下調べゼロ、ドキドキ不安いっぱいでやってきたトルファン初日でしたが、素敵な出会いに恵まれて、充実した1日になりました!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
中国で中国人と中華料理を作ろう!私の仕事はシイタケ洗い。 | Home | 30時間電車に揺られて着いた吐魯番は、まるで違う国でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する