30時間電車に揺られて着いた吐魯番は、まるで違う国でした。

現在、ジョージア・トビリシ。
今日は晴れるという予報を信じて、弾丸で日帰りカズベキに行ってきます!楽しめますように~!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

西安から吐魯番(トルファン)への夜行列車は、30時間。
初めてこんなに長い時間電車に乗るし、今回はひとりだし、ドキドキ。食料(カップ麺×2、お菓子、水など)を買いこんで、いざ出陣!!

DSC00803.jpg

今回の電車はかなり空いてる!ラッキー☆
大きい荷物を網棚にあげるという難関も、向かいのシートのお兄さんが手伝ってくれて無事にクリア!
もう夜だし、落ち着いたらさっさと寝てしまうのが賢明。何時消灯って決まっているのかわかりませんが、夜になると急にプチって電気が消されてしまうのです。

朝がきて。

DSC00805.jpg
朝ごはんはヘルシーにスープビーフン。

乾いた大地を、まだまだひたすら走り続けて。

DSC00807.jpg

夜がきて。

DSC00810.jpg
夜はカップラーメン。お湯を入れたら、蓋にフォークをさして留めるのが中国式。

夜もまだまだ走り続けて。

DSC00812.jpg

また朝がきて、ようやく吐魯番に到着!!!
向かいのシートの烏魯木斉(ウルムチ)在住のお兄さんは英語が喋れたので、色々お話もできて楽しかった♪
ひとふくろ丸ごとくれたワサビせんべいみたいなお菓子も美味しかったな~
「一緒に烏魯木斉に来ないかい?」と言われたけれど、丁重にお断りしました。ありがとうございました!

そして到着した吐魯番駅。
・・・・・・・なんにも無い!!!!!


実はかなりの下調べ不足でここまで来てしまったのです。(だって西安のマックで時間つぶしながら調べものしようと思ったらWi-Fiつながらなかったんだもん…)
マップで見てみると、吐魯番の駅はかなーり中心地から離れているということが判明。どうやって行くんだろう~

駅前で乗り合いタクシーを発見したので聞いてみると、中心地までは20元とのこと。
ぼったくられているのかどうかもわからないけれど、他に方法もわからないので半信半疑で乗車して、他のお客さんを待つ。
そうしたら英語の喋れる警察のお姉さん発見☆やっぱり中心地までは20元とのこと。疑ってごめんね、運転手さん。

DSC00969.jpg

なーんにも無い道をひたすら走る。本当に何にもなくて、あるのはお墓くらいで、とんでもない場所へ来てしまったと思った。
しばらくすると、町らしくなってきて一安心。でも、ここはまるで異国。パッと見ただけだったら、きっとほとんどの人が中国とは思わないと思う。

DSC00816.jpg
住宅街はこんな雰囲気。

DSC00920.jpg
こだわりを感じる可愛いおうち。

DSC00817.jpg
工事中のビルとロバと老人と子ども。

吐魯番は、新疆ウイグル自治区と呼ばれるエリア。一応中国ではあるけれど、まるで別の国です。
本来中国国内に時差はないそうなのですが、ここでは新疆時間というものが使われていて、北京時間よりも2時間遅れなのだとか。
あとは言葉も、ウイグル語が使われています。文字はアラビア文字を基本としているのだそうです。

DSC00916.jpg
中国語とウイグル語が並ぶ看板。英姿髪型工作室。つまり美容院ですね。

そしてお宿にチェックイン。今回お世話になるのは、Dap Youth Hostel。
中国のユースホステル(青年旅舎)はどこも雰囲気が良くて快適で楽しい!
ここでもさっそく、中国人の若者グループに出会い、一緒に周辺観光に行くことになりました♪

DSC00814.jpg
周辺地図。

木になっている実を摘んで食べたり。ひとりだったらやらなかったことだから嬉しい♪
中国を中国人と一緒に旅するって、心強くて面白い。

DSC00821.jpg

DSC00822.jpg
こんな白い実も甘い。

道行く子どもも、今までみてきた中国人とは顔立ちが違ってきて。

DSC00824.jpg

DSC00833.jpg

まず最初に訪れたのは、苏公塔。イスラムのモスクだそうです。
でも入場料が高いし入るほどではないね~という結論に至り、外から鑑賞。

DSC00827.jpg
入り口。

あぁ~このカーテンさえ無ければなぁ・・・!!!

DSC00829.jpg

風よ・・・吹け!!!

DSC00830.jpg

いえ~~い!吹いた~!!!見えた~~!!!

DSC00831.jpg

さて、続いて向かうのは吐鲁番博物館
なんとこちらは入場無料なんです。有り難い。パスポートの提示が必要なのでお忘れなく!

DSC00834.jpg

荷物をロッカーに預けなくちゃいけないので、ぜーんぶ入れてきてしまったのだけれど、どうやらカメラの持ちこみOKだったみたい。しくじった~。

中はけっこう広くて立派。吐魯番に関する展示の他に、恐竜の化石などもあります。
中でもみんなが1番テンション上がっていたのは、ミイラがいっぱいある展示室。
入り口には「心臓の弱い方はご遠慮ください」みたいな看板がありました。笑

博物館を楽しんだ後は、みんなで夜ごはん!
外に出ているお店で、新疆の名物・ラグマンをいただきます♡これがめっちゃおいしい!
トマトベースの具だくさんのうどんって感じ。(そしてこの先中央アジアでも食べ続けることになるのです)
新疆の飲むヨーグルト(といっても普通のヨーグルト並みのかたさなので頑張って吸う必要あり)も美味しかった!

DSC00835.jpg

DSC00836.jpg

これにておでかけ終了!
宿にいったん戻って休憩したら、夕暮れ時を狙って、交河故城へむかいます!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
世界で最も素晴らしい廃墟?!交河故城 | Home | おいしいおいしい中華料理の数々。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する