これはすごいぞ!兵馬俑!!!

現在、ジョージア・トビリシ。
ジョージアと言えば自然!絶景!が評判ですが、なんだかしばらくお天気がぐずぐずするみたい。
次の予定の都合で、ジョージアは短期間しかいられないから困ったな~
旅に出てから、ここぞと言うときは晴れてきた自称・晴れ女だからどうにかならないかな~!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

西安での1番の目玉と言えば兵馬俑
歴史の教科書や図説で見たことがある人も多いかも。私は昔テレビで見て、こんな場所があるのか!ってびっくりした記憶があります。

兵馬俑(ピンマーヨーと言えばすぐ通じます)までは、西安駅前のバス乗り場から、約1時間(たしか7元)で簡単に行けます。

兵馬俑とは、古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑(殉死者の代わりに埋葬した人形)のうち、兵士及び馬をかたどったもののことで、狭義には秦始皇帝陵兵馬俑坑出土のものを指すのだそう。(Wikipedia)

秦の始皇帝といえば中国史初の皇帝としてお馴染みですよね。歴史が超苦手な私でも聞き覚えのある名前。
こちらがかの有名な、秦始皇帝です!

DSC00765.jpg
でかい!写っている女性は私ではありませぬ。

で、秦始皇帝陵というのは、彼がその強大な力を利用して建てた大きな陵墓のこと。つまりお墓です。
この秦始皇帝陵及び兵馬俑というのは、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

さっそく行ってみましょう!!!入場料は今までの中国観光で一番高い150元!ひえ~でも惜しみませんよ~大人だもん!

DSC00802.jpg

中はけっこう広くて、一号坑、二号坑、三号坑とわかれています。一番の見どころは一号坑。
この壮大なスケールは圧巻です!!!どうぞ!!!どーん!!!

DSC00767.jpg

DSC00775.jpg

このスケール、伝わりますでしょうか?広ーい体育館のようなところに、ずらーーーーーっと並んだ兵馬俑。
奥のほうに見えるちまちました黒いのが人間ですよ。この広ーい空間(1万4260平方メートルあるそうです)をぎっしりと埋め尽くす兵馬俑。

これらは、1974年に地元の農民が井戸を掘っていてた時に偶然見つけた陶器の破片がきっかけで発見されたんだって。
きっと最初に見つけた時は、こんなものすごい数埋まってるなんて予想だにしなかっただろうなぁ!井戸、掘ってみるもんですね。
「20世紀最大の発見」と言われたそうです。

DSC00768.jpg

DSC00772.jpg

DSC00777.jpg

いや~どこを切り取ってもすごい。
死後の秦始皇帝を守るため、陵墓を取り囲むように配置された兵馬俑坑。3つの俑坑には戦車が100台以上、陶馬が600体、武士俑は8000体ちかくあり、みな敵国のある東を向いているのだそうです。

ピラミッドも、タージマハルも、兵馬俑も、つまりはお墓。なんていうか、ってものすごい存在だなぁと思う。

兵士俑はほぼ等身大。身長約180cmらしいけど、そんなに大きかったのだろうか?今の中国人は小柄な印象だけど。
これらの兵士俑は、表情、髪形、衣服のどれひとつとして同じ形のものはなく、始皇帝の軍団が広範な民族の混成部隊であったことを窺わせるのだそう。(阪急交通社HP)


DSC00778.jpg
確かに彼なんか個性的よね。

中には修復中のものがあったり、まだバラバラに掘り出されたままの状態が見られたり、ちょうど発掘(?)をしているところに出くわしたり。

DSC00779.jpg
修復中。ラップみたいなので包まれてる。

DSC00783.jpg
馬のお尻の穴でかい。

DSC00793.jpg
こんな感じで埋まってたみたい。あそこまで修復して並べるのは物凄い作業だっただろうな。

DSC00797.jpg
発掘?調査?中

博物館のような場所もあって、より近くで兵馬俑を見ることもできます。
近くで見ると、そのディテールにびっくり。こんなに細かいところまで作りこんでいたなんて。
しかもこれらの兵馬俑、かつては彩色もされていたというから驚きです。けっこうカラフルだったみたいですよ。

DSC00791.jpg
服の装飾から、

DSC00787.jpg
背中、

DSC00788.jpg
足の裏まで!!!

ちょっと面白かったのは、こんな歴史ある由緒正しい場所でもなかなかの商売根性をしていたこと。笑
今日からあなたも兵馬俑の仲間入り!兵馬俑のになりきれちゃうガラス細工が売っていたリ、兵馬俑なりきり写真が撮れたり。
さすが中国!こういう遊び心、好きですよ♡

DSC00785.jpg

DSC00786.jpg

兵馬俑、大満喫しました!
この夜、タカくんはモンゴル方面へ、私は吐魯番へ行くのでここでお別れ。今までありがとう!
久しぶりのひとり旅!まずは夜行列車で30時間移動!さてどうなることやら~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
おいしいおいしい中華料理の数々。 | Home | 成都から西安へ。中国はじめての夜行列車。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する