ヤニブ!めっちゃ楽しい。

現在、ウズベキスタン・ヒヴァ。
ヒヴァはブハラ以上に暑い!という噂だったのですが、案外そうでもなくてホッとしています☆
明日はウズベキスタンを出て、カザフスタンに再び入国します!中国ぶりの寝台列車!どきどき。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

東チベット修学旅行中にリョータくんに教わって、私たち4人の間で大流行したトランプゲーム【ヤニブ】

シンプルなルールなのですが、よくできたゲーム!
ほどよくカード運、ほどよく頭も使って、ほどよく駆け引きっぽい感じが、とても面白い!
ちなみにトランプは甘孜の超市(スーパーマーケットのような)で3元で買いましたよ。

ヤニブ(Yaniv)とはイスラエルでポピュラーなゲームだそうで。
ヤニブっていうのはイスラエル人によくある名前らしいですよ。

ヤニブのやり方を説明するブログを書いて、ヤニブを世の中に広げよう!!!という熱い志で前回の記事を書いた時まではいたのですが、手元にトランプ無いし、説明って難しいし、ネットで調べればやり方出てくるので、やめます!

やり方が書いてあるサイトを調べた感じでは、

ヤニブ(Yaniv)

ヤニブ説明!

あたりを組み合わせて読むとわかりやすいかもしれないので、参考までに。
でも実際に誰かやり方知ってる人とやってみるのが1番です!
ちなみに私たちは、最初に配るカードは1人5枚、7以下にする、というやり方でやってました。

とにかく私たちは毎晩ヤニブをして、その日の敗者は翌日のみんなで食べるお菓子を買う、という罰ゲームで楽しんでました。
結局「お菓子そんなに要らないね」ってことで、最終的には負けた回数が1番多い人が、成都に帰った日の乾杯のビールをおごるってことで落ち着きました。

なぜか「ヤニブ!」「ヤニブ返し!」の代わりに「分倍!」「河原!」(このローカルな地名がわかる人はどのくらいいるのだろうか?)と言うのが流行ったり。

カードを出すたびに「ごはんに合うもの」(明太子、味付け海苔、などなど)とか、
「好きな異性のタイプ」(愛嬌がある、耳の形が良い、などなど)とか、
「彼氏・彼女にしたいこと・されたいこと」(頭よしよし、お尻を噛む、などなど!誰が言ったかは内緒♡笑)
を言っていく、というルールを追加してみたり。(めっちゃ時間かかる。)

毎日のように楽しみました。
みんなでこうやってゲームして、くだらないことで大騒ぎして笑って、本当修学旅行みたいで楽しかったな~!

必要なものは、トランプペンだけ!
外国人にも有名らしい?ので、良いコミュニケーションツールにもなるかも!
是非みんなでヤニブ!楽しみましょう!!!
久しぶりにヤニブしたいな~トランプ買おうかな~~~

ちなみにこちらは、東チベット修学旅行最終日、四姑娘山の宿でのヤニブの写真です。

DSC00717.jpg
トレッキングで疲れ果てた日の夜もヤニブ!

この翌日、四姑娘山からバス(95元)に9時間乗って、無事に成都の街へと帰ってきました。
このバスは、5000ⅿ級の山越え有り。その後さらに、私史上最強の悪路で笑っちゃうくらいのガッタガタ道が続く…というハードなものでしたが、案外苦じゃなかったです!!
無事に成都の宿に帰り着いた時はなんだか寂しいとともに、ホッとしました。

次回は、【東チベットまとめ】!
今まで「まとめ」系の記事書いたことないのだけれど、本当に今回の東チベット旅は素晴らしくて、是非みなさんにも行ってもらいたい!少しでも私の情報がお役に立てば!と思うので、頑張って書いちゃいます♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
東チベット旅★まとめ | Home | 四姑娘山トレッキング!絶景!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する