丹巴・おとぎの世界のような素敵なお宿♪

現在カザフスタン・アルマトイ。
楽しすぎてだらけすぎた南旅館をあとにして、ようやく次の国、カザフスタンへやってきました。
再び旅が始まるぞ~って感じ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

ちょっぴりハードな東チベット旅、続いては癒しを求めて丹巴(ダンバ)へと移動します!

丹巴は、チベット族の中でも、ギャロン・チベット族と呼ばれる人が多く住む地域だそうで。
そしてなんと丹巴は、美人谷とも呼ばれているのだそう♡
美人の多さからそう呼ばれているのだけれど、「本当の美人はほとんど出稼ぎに出ていってしまっている」と宿の情報ファイルには書かれていました。
おい~っ!地元に残ってる人の気持ち考えて!笑

甘孜(ガンゼ)から丹巴まではバスで約9時間。106元。
私たちは丹巴の中路という村に泊まるために、そこからミニバン(6人で乗ってひとり15元)で30分ほど移動しました。

中路で宿泊したのは東坡藏家というお宿。(4人部屋で朝食・夕食つきでひとり90元)
これがとーっても素敵な良いところだった!!着いた瞬間にみんなして延泊を決定したくらい☆

まず、建物がとにかく可愛い♡
こんな感じのカラフルで素朴で可愛らしい、お城のような建物!

DSC00439.jpg

DSC00426.jpg

DSC00503.jpg
廊下にはトウモロコシが吊るして干してある。

DSC00434.jpg
太陽光でやかんの湯を沸かすのかな?使っているのかは不明。

DSC00441.jpg
タンポポの綿毛。

DSC00431.jpg

そして、食事が美味しい!
夜ごはんは品数豊富で野菜もいっぱい!全部で8種類くらい出てきて、どれも美味しかったです。
朝ごはんは素朴なチベットスタイル。手作りのマントウにはちみつをつけて食べるのがとっても美味しかった~♡
バター茶は私はちょっと苦手でした(´・ω・`)

DSC00486.jpg
夜ごはん。おかわりもいっぱい。

DSC00494.jpg
朝ごはん。食卓を撮りたかったのに写りたがる3人。

あと、スタッフがとてもフレンドリーで親切!
ひとりのお姉さんは特におちゃめで面白くて、言葉はあまり通じないけれど、とても楽しかった!

DSC00511.jpg
宿のスタッフのみなさんと♪

さらに、周囲の環境も最高!
庭には花が咲き、木になっている小さなさくらんぼは食べ放題!そうなったらもちろん、みんなで種飛ばしちゃうよね~♡

DSC00435.jpg

DSC00423.jpg
素敵なお庭。

DSC00421.jpg
おいしい!!

DSC00504.jpg
さくらんぼを摘む親子。

宿の周りには、可愛いお家や塔!山!畑!動物!ただのんびりとお散歩しているだけで癒される最高の場所。

DSC00499.jpg

DSC00501.jpg

DSC00492.jpg

次回は、中路の村をお散歩(ちょいトレッキング?)しまーす!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
かわいい丹巴の村をプチトレッキング! | Home | まるで異世界?!アチェンガルゴンパ

コメント

久しぶり読んだら、秘境に行っててビックリ

2016/06/25 (Sat) 16:19 | まーくん #- | URL | 編集
まーくんさん♪

お久しぶりです!また読んでいただいてありがとうございます!
秘境って響きワクワクして良いですね(^O^)!秘密にしておきたいくらい素敵な場所でした!

2016/06/26 (Sun) 18:34 | とうこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する