まるで異世界?!アチェンガルゴンパ

現在、キルギス・ビシュケク。
この後ウズベキスタンに行く予定なのですが、なんちゃらサミットで国境が閉まっているとか・・・?!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

着いた瞬間から圧倒的な空気に包まれていたアチェンガルゴンパ(亜青寺)
アチェンガルゴンパを一望できる丘の上に登ってみることにしました!

DSC00317.jpg
かっこいい!

DSC00323.jpg
かっこいい!!!

一望できるのは、この瞑想小屋が並んでいる丘の上。
手作り感満載の、小さな今にも壊れそうな瞑想小屋。ここで何を思うんだろう。

DSC00386.jpg

DSC00326.jpg
1人入るのがやっとの大きさの瞑想小屋が立ち並ぶ。

息を切らしながら丘の上まで登ってきました!
そして広がっていた景色がこちら!!おおお~!

DSC00362.jpg

この川の向こう側の、島のように見えるところ。ここが女性の宿坊です。
ラルンガルゴンパほどの密集度ではないけれど、無数の小さな赤いゴンパが立ち並ぶ景色は圧巻。

DSC00365.jpg

DSC00364.jpg
法会が終わった直後はたくさんの人が橋を渡っていた。

DSC00329.jpg
中心の一本道。ここは男性は通れないらしい。

丘の上には、大迫力の黄金に輝く像があります。グル・リンポチェというチベット仏教の基礎を築いた人物なのだとか。

DSC00336.jpg

DSC00356.jpg
セルフタイマーでの連写楽しい。

途中雨が降ったり、ヒョウが降ったりとお天気が悪かったのが残念だったけれど、それでもこの景色はすごかった。
アチェンガルゴンパの全貌を見た後は、橋を渡った先へいってみることにしました!

この川はここでの生活に欠かせないもの。
川原は時にトイレになり、川は洗濯場になる。ついさっき誰かが用を足していた川での洗濯・・・。
行ったこと無いけど、ガンジス川を思い出す。

DSC00370.jpg
そこらじゅうでしゃがんで用を足している人の姿を見る。

DSC00385.jpg
川で洗濯。

橋を渡ります。まわりは赤い袈裟を身にまとった僧ばかり。
まるで異世界!!なんだか映画の中にでも迷い込んだような、そんな感じ。
ここへ来ると、逆に、私たち自身が異様な存在なのだなぁと気付く。

DSC00371.jpg
僧たちに紛れ込む。

この橋、渡った先の欄干に、ウサギの死体が2体置いてあったんです。(私は気付かなかったけどその下には猫の死体もあったらしい。)
どうやら後から聞いた話によると、魔除けみたいな意味があるのだとか。

橋を渡った先は本当に、尼僧の世界。
商店にいるのも、路上でフリマみたいにお店広げているのも、道行く人も、みんな尼僧。

DSC00372.jpg
僧で賑わう商店。

DSC00379.jpg
なんか路上のフリマ的な。

DSC00375.jpg
真ん中の道。リュックも赤色。

こちらの僧たちは、ラルンガルゴンパの僧に比べて、まだあまり観光客慣れしていないみたいで、結構フレンドリーでした。
「タシデレー!」と挨拶して微笑みかけると、だいたい笑顔で返してくれます。
持っていた大きなパンを分けてくれた人もいました。

この時、みんながやるのが、手のひらを上に向けて少し手を上下するような動作。
私ははじめ、お金を要求されているのかと思いました。でもみんなやってくるし、どうやらお金が欲しいという雰囲気ではない。
後日わかったのは、あの動作は丁寧な挨拶の時にするものだったみたい。お金かと思ってごめんね。

実際に近づいて見てみると、ひとつひとつのゴンパはかなり簡素な作り。
言い方は悪いけれど、「スラムみたい」と言っていたのを聞いてちょっと納得しちゃいました。

DSC00383.jpg

DSC00384.jpg
壁の隙間に挟んである赤い靴。

DSC00377.jpg
川をまたぐタルチョ。

男性も橋を渡ることはできますが、その先は男性立ち入り禁止の場所も多くあります。
中央の道は立ち入り禁止でしたが、周囲の道は男性もOKみたいでした。
(明確にはわからなかったのですが、もしかするとコーンの立っている先が男子禁制だったのかも?)

僧の他にも、私たちとは全く違う装いのチベタンがいっぱい。とても格好良かった!

DSC00315.jpg
食堂の子ども。

DSC00387.jpg
かっこよすぎる!!!

DSC00389.jpg
おじいちゃんおばあちゃんもカッコイイ。

DSC00391.jpg
人懐っこくて可愛かった子ども。

DSC00316.jpg
かっこいい3兄弟。

DSC00392.jpg
良い顔。

アチェンガルゴンパは、本当に異世界という感じがして、面白かった!!
チベット文化を強く感じることができた、不思議な空間でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
丹巴・おとぎの世界のような素敵なお宿♪ | Home | 甘孜からアチェンガルゴンパへ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する