甘孜からアチェンガルゴンパへ!

現在、キルギス・カラコル。
秘境の温泉地、アルティンアラシャンまで15キロほど登山をして帰ってきました!
想像よりハードだったけれど、素敵な場所でした!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

甘孜から車で約4時間くらい(実際私が行ったときは3時間で着いた)のところに、アチェンガルゴンパ(亜青寺)という場所があります。
アチェンガルゴンパとは、ラルンガルゴンパに匹敵する規模の僧院だそうで。特に尼僧が多いんだって。
一緒にパンダ基地に行ったシマさんも、色達の宿のスタッフのお兄さんもイチオシの場所。行ってきました!

前日の、色達→甘孜の乗り合いミニバンの運転手さんと話して、アチェンガルゴンパに連れて行ってもらうことに。
相場が片道ひとり45元ということは知っていたのですが、4人で車貸し切りで往復ひとり100元ということになったのでお願いしました。
翌日の朝6時出発ということで約束。貸し切りならゆったりと座れるし、人が集まるまで待つ必要ないし良いわ~☆

が、しかし!
翌朝6時。待ち合わせ場所に行くが見当たらない。
少し探してみると、車の中で寝ている運転手さん発見ー!!おい~!運転手さんを起こしてさぁ出発☆

と思ったら!
「あと何人か来るからちょっと待ってね~」と消えていく運転手さん。あれ…話が違う!

結局1時間以上待った挙句、8人乗りのミニバンに9人で乗ることに!!!
助手席のおじさんの膝の上に、お兄さん乗ってる~!!!笑
話が違うじゃん~くそ~と思ったけれど、お互いに言葉が通じない上での交渉だったので、こちらにも非があるのかも…と思い納得。しょうがないよね。

ちなみに前の席に座っていたのは、尼僧さん2人。
どうやら来ている袈裟が暑いらしく、窓を開ける尼僧さん。でも後ろの席の私たちはとにかく寒い!!!
「窓を閉めてくれませんか?」と頼むと閉めてくれたのだけれど、でもやっぱり暑いらしく窓を開ける。
でもね、そこで可愛い尼僧さん。窓の隙間に自分の帽子(?)を挟んで、私たちのところに風がなるべくいかないようにガードしてくれようとする。
その後も上着を挟んでみたり、手でそれを抑えてくれたり、試行錯誤を繰り返してくれた尼僧さん。
その優しさに、心が温まりました♡ 体は寒かったけど笑

DSC00294.jpg
窓に挟まる尼僧の帽子。

DSC00295.jpg
ヤクの群れが道を歩く。

予想よりも早く、約3時間でアチェンガルゴンパに到着!
1番最初に目に飛び込んできた風景は驚くべきものでした!

DSC00298.jpg

DSC00305.jpg

人、人、人・・・!!!
どうやらちょうど到着した時間が法会の時間だったらしく、広場にものすごい数の人が集まっていたのでした。

DSC00303.jpg
熱心に聞き入る人。

DSC00308.jpg
カラフルなパラソルのもと参加しているお坊さん。

DSC00306.jpg
素敵な笑顔。

DSC00299.jpg
子どもはちょっと飽きちゃったみたい。

DSC00367.jpg
ちなみに法会終了後はこんな感じ。ごみなのか定位置なのか。

着いた瞬間から圧倒的な空気に包まれていたアチェンガルゴンパ。
これはかなり、期待が高まります!!

DSC00309.jpg
食堂で話し掛けてくれた若い僧たち。フレンドリーで良い人たちだった。

まずはちょっと腹ごしらえをしてから、散策してみることにしました☆
ちなみにラルンガルゴンパもアチェンガルゴンパも、僧院。肉っけのあるものは食べられませんので覚悟しておきましょう!

次回はアチェンガルゴンパの不思議な世界をお伝えします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
まるで異世界?!アチェンガルゴンパ | Home | 甘孜で貸し切り温泉!!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する