甘孜で貸し切り温泉!!!

現在、キルギス・トン村。
ビシュケクの日本人宿・南旅館では同世代の女性旅人にたくさん出会いました。
今まであまり女性旅人に出会わなかったので、嬉しい!同世代女性ならではの会話で盛り上がって楽しかったな~♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

ラルンガルゴンパを存分に満喫した翌日、色達を出て次なる目的地、甘孜(ガンゼ)に向かいます。

色達から甘孜までは、乗り合いミニバンで約5時間。ひとり70元で行きました。
この道のり、山を越えていくのだけれど、崖ぎりぎりのところを走っていく感じで正直かなり怖かった!
怖くて落ち着かなかったので、
「なんか怖くなくなるもの言って行きましょうよ」
「オムライス」 「あ~なるほどね~」
「プリン」 「たしかに~」
「温泉」 「くぅ~入りたい~」
とかいって、しょうもない会話をしちゃうくらい。

DSC00276.jpg
雪の降る山道。

DSC00279.jpg
ヤクもたくさん見かけました。


なんだかんだしているうちに、甘孜に到着!
ここにやってきた主な目的は、アチェンガルゴンパを訪ねるためなのですが、もうひとつ楽しみにしていること。それが…
温泉!!!

日本人ならみんな大好きな温泉が東チベットにもあるんです♡もちろん入ってきました!!

DSC00414.jpg
こんな何もなさそうな細道の先に…

DSC00280.jpg
あった!温泉!

私たちが行ったのはこちら。

DSC00407.jpg

とびっきり可愛い子どもたちと、笑顔の素敵なママ・おばあちゃんが迎え入れてくれます!
これだけで、ものすごく癒される!!!

DSC00281.jpg

こちらの温泉は個室。1部屋40元。
その場で新しいお湯を入れ始めてくれるので、お湯がたまるまでの間、子どもたちと遊んで待っていました♪
人懐っこくてちょっぴりやんちゃでよく笑う、可愛い子どもたち!

DSC00405.jpg

DSC00284.jpg

子どもたちのおかげで待ち時間もあっという間!
4人一緒に入りたいところですが、さすがにね、私1人女ですからね。2部屋借りて入りましたよ。
隣から3人の盛り上がる楽しそうな声が聞こえる中、ひとり「あっつ…」と温度調節に失敗し熱すぎたお湯と戦うのは少し寂しかった。笑
でも、久しぶりに入る温泉はとにかく気持ちよかったし、冷えた体を芯から温めてくれる感じでした♡

DSC00288.jpg
外観。壁には綺麗なお姉さんの写真。

DSC00285.jpg
浴槽。バックパッカーレベルなら全然OKな綺麗さ。

DSC00287.jpg
ベンチに荷物が置ける。サンダルがついてる。(左右で色違う笑)


ちなみに温泉の門の目の前はこんな絶景!美しい山!
ここに露天風呂作ったら最高なのに~ってめっちゃ思いました。

DSC00290.jpg

すっかり温泉が気に入った私たちは、翌日も入りに行くことに!
昨日の温泉はメンテナンス中だったので少し奥の雪山温泉に行きました。

DSC00413.jpg

DSC00412.jpg
子どもはいないけれど、子ヤクがいます。

浴槽は昨日と同じ感じ。

DSC00411.jpg

しかし!!!決定的な違いは、綺麗なお姉さんの写真が中にあること!笑
しかも股の部分がこすれて消えてる!!!笑

DSC00410.jpg
誰だ股削ったやつ!!!

2日連続で貸し切り個室温泉に入れるなんて、本当幸せでした☆
これで移動疲れも吹き飛びます!いつか甘孜に露天風呂作ってほしいな~笑

DSC00409.jpg
湯上り美男子。

次回はアチェンガルゴンパに行きます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
甘孜からアチェンガルゴンパへ! | Home | ラルンガルゴンパの人々そして鳥葬

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する