マルカムの朝&色達へ☆

現在、キルギス・ビシュケク。
この街では、セブで出会ってバンコクでも再会したじゅんいちくん、バンコクで出会ったしんたろーさん、シェムリアップで出会ったショータくんと再会しました!
まさかキルギスでこんなに再会できるなんて思ってもみなかったので、とても嬉しい♡
共通の友人がいる人にも何人も出会ったり。世界は広いけれど世間は狭いですね!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


お坊さんの温かいおもてなしで予想外に素敵な滞在になった马尔康。
朝は少し早く起きて、马尔康の街を散歩してみました♪

DSC09969.jpg
気持ちの良い青空!

DSC09922.jpg
大きなお鍋!酒?

DSC09923.jpg
なにか炒ってる。

DSC09924.jpg
有り難そうなお顔のひょうたん(?)

DSC09951.jpg
巨大なわさびみたいな野菜。

お肉はこれから市場で売る準備をしているようす。半身に切った豚がドーンと荷台に乗せられて来て、よいしょっと肩に担がれて運ばれていく様子が印象的でした。

DSC09954.jpg
これが日常。

DSC09957.jpg
肩に担いで運ぶ。

また、一部の道がだいぶにぎわっていたので行ってみると・・・冬虫夏草ストリート!
冬虫夏草とは…蛾の仲間の幼虫に寄生するキノコの一種だそうで。漢方薬として使われるとか、精力剤だとか。

DSC09967.jpg
大人気。

DSC09964.jpg

DSC09968.jpg
みんなしてブラシで冬虫夏草を綺麗にしてる。

DSC09965.jpg
綺麗に束ねて箱詰め。

ちなみに马尔康には美食街という、いくつもの食堂が並んでいる通りがあります!
地元民で混雑している食堂の包子(パオズー。肉まん)はとても美味しかった!

DSC09960.jpg
美食街。

DSC09961.jpg
掃除しているおばちゃんも民族衣装の帽子かぶってる。

ここは1泊のみで、続いての目的地・色达(セルタ)へ向かいます!
马尔康から色达までは、バスで95元。約7時間。
ここからは高山病になりやすい高さまで登っていきます。寝ると呼吸が浅くなって高山病になりやすいそうなので、なるべくバスでは寝ないように!

DSC09973.jpg

・・・がっつり寝てるー!
しかし、こんなヒゲの男3人の寝顔なのに、だんだん可愛らしく思えてきちゃう大人の修学旅行マジック。笑

バスはどんどん高地へ。
このバスは食事できる場所などには立ち寄らないので、しっかり買いこんでいきましょう!
途中トイレ休憩はあったけれど、トイレは無く野外です。バスを降りると、女性は左へ、男性は右へ、という感じで誰もためらうことなく男女分かれて用を足してました。

DSC09979.jpg
トイレ休憩した場所。

DSC00006.jpg
バスの通路は、中国人のソウルフードひまわりの種の食べかすでいっぱい。笑

そして約7時間後。
町の景色が全然違う!山にはカラフルなタルチョ(チベットの祈祷旗。青・白・赤・緑・黄の順にならんでる)がかかっていて、いっきにチベットらしさが増す!

DSC00008.jpg

色达は標高が高いだけあってやっぱり涼しい!夜は寒い!
そして少し激しく動いただけで息が切れる!若干頭が痛くなっている人も。でもついに、ラルンガルゴンパが近づいてきた!という感じがして嬉しい。
いよいよ明日は、ラルンガルゴンパへ行きます!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
ついに!色達からラルンガルゴンパへ! | Home | 成都からマルカムへ☆お坊さんのおもてなし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する