かっこいい!アンコールトム

現在マレーシア・クアラルンプール。
よく以前の職場で、行事のたびに「笑顔と挨拶」と言われていました。
笑顔と挨拶って本当に大事。旅先では本当によく実感します。
言葉ができるできない以上に、それができるかできないかで、旅の楽しさが全然違ってくる気がする!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


クメール正月に、カンボジア人であふれるアンコールワットにやってきた私たち。
続いてはアンコールトムに行くことに!「道路は渋滞してるし、まぁそんなに距離ないし、歩いていけるしょ~」と歩いていくことに♪
アンコールトムの中央にあるバイヨンが1番の見どころです。

DSC08798.jpg
象注意!かわいい。いるのかな?

DSC08831.jpg
土埃がすごい。

そして猛暑の中、トゥクトゥクの甘い誘惑とたたかいながらしばらく歩いて行くと・・・おっバイヨン近づいてきた~☆
な~んだやっぱり案外近いじゃん!

DSC08805.jpg
こちらも渋滞。

DSC08804.jpg
ショウタをさがせ!

…と思ったのが間違いで、この門をくぐった後もバイヨンへの道のりは長かった!
「トゥクトゥク~1ドル~まだまだ遠いよ~」というさっきよりもさらに甘い誘惑・・・でもここまできたら歩くもん!
まっすぐに伸びる1本道をひたすら歩く3人。

DSC08806.jpg

DSC08807.jpg
つかれた~あつい~

そしてようやく・・・ついたー!!!!達成感!!!
そしてバイヨン、かっこいい!!でもベトナムのスイティエン公園のプールとどことなく似ている気がした。

DSC08834.jpg

さっそく行ってみましょう~!
バイヨンはアンコールワットに比べるとカンボジア人は少なくて、外国人観光客の姿もそれなりに多く見かけました。

バイヨンといえば、このお顔!
私アンコールトムのトムってこの人の名前かと思っていたけど(頭弱い?笑 絶対他にもそう思ってる人いると思う!)、トムっていうのはクメール語で「大きい」という意味らしいです。
そして、このお顔は観音菩薩だそうです。すごく大きい!たくさんある!見守られている気分。

DSC08828.jpg
かっこいい!

DSC08824.jpg
かかかっこいい!!

なんだろう、この静かな中にある強さというか、たくましさというか。大きくて頼りたくなるこの感じ。かっこいい!
若いイケメンお兄さん2人を独り占めという、両手に花状態にありながら、バイヨンのかっこよさにときめいた♡

DSC08809.jpg

DSC08811.jpg
けっこうおしりに食い込んでる。

DSC08818.jpg
わが家へようこそ!

外にはクメール正月の飾りも出ていました。おいしそうなフルーツたち!

DSC08829.jpg

DSC08830.jpg

バイヨンのまわりは木が多くて日陰になっていて、岩がごろごろしているので、座ってのんびり休憩できます。
本当はアンコールワットのサンセットでも見ようか~お正月限定の夜のライトアップも見れたらいいな~なんて話していたのですが、疲れ果てた3人。
満場一致で「帰ってゆっくりしよう!」ということで、トゥクトゥクで帰路につきましたとさ☆

DSC08836.jpg
ものすごい土埃で前が見えないほど!

明日は遠出!天空の遺跡プレアヴィヒアへ行きまーす!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
天空感はなかったけど何だかんだ楽しんだプレアヴィヒア | Home | こんなアンコールワット見たことない!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する