レッスンのこと⑥ボルテスV

今日のJerahとのレッスンでのフリートークのテーマは「Hobby」。
私は合唱をしていました~っていう話をしている中で、日本の歌の話題になりました。
Jerahに「日本語の歌は知ってる?」と尋ねたところ2曲知っているとのこと。

1曲目ももたろう

2曲目「ボルテスV


voltes.png
ボルテスV



voltesv.jpg
ボルテスV


ボルテスV(ボルテスファイブ)って何ーーーーーー!?!?!?困惑する私。
Jerahは「えっ日本人のくせにボルテスV知らないわけ??」と信じられない様子。
ノリノリで歌いだす。確かに日本語。



同じ棟でレッスンしていた先生と生徒のうち、先生は100%ボルテスVを知っていて、生徒は100%知らなかった。笑
10分休みにYoutubeで検索して流したら、先生たちが集まってきて楽しそうに懐かしそうに歌っていました♪
Jerahは子どものころボルテスVが大好きで、ボルテスVの音楽が聞こえると大慌てで起きて、テレビを見てたんだって。

あとから調べたところによると・・・

超電磁マシーン ボルテスV』(ちょうでんじマシーン ボルテスファイブ)は、日本で製作されたテレビアニメ作品。
テレビ朝日の土曜日18:00 - 18:30(ABC:金曜日17:30 - 18:00)枠において、1977年(昭和52年)6月4日から1978年(昭和53年)3月25日にかけて全40話が放送された。


ものだそうで、フィリピンでの流行についても書かれています。

1978年に放送を開始したフィリピンでは(フィリピン国営放送で毎週金曜日18:00-18:30(現地時間)に放映された)特に大人気で、最高視聴率が58%を記録した。
当時テレビアニメといえばアメリカ作品しかなかったフィリピンでは、子供たちにとってボルテスVの登場は衝撃的な出来事であったらしい。


ところが・・・

フィリピンでは、子供の人気とは裏腹に、大人たちのボルテスVへの反発が存在した。
マルコス政権の担当者には、本作による子供への悪影響を心配した親や教師から
「本作の内容が暴力的であり、道徳的でない」としたものや
「子供がボルテスVに夢中になるばかりにキャラクターグッズを欲しがったり、勉強をしなくなる」
ことを心配する抗議の声が寄せられた。


そして最終的に・・・

最終話直前の1979年8月、時の大統領フェルディナンド・マルコスが放送禁止宣言をし、国営放送でのボルテスVは放送中止された。

のだそう・・・。
しかし!これで終わるボルテスVじゃありません!

1999年からボルテスVの再放送が始まり、リバイバルブームになった。
最高視聴率が40%を超え、日本語の主題歌『ボルテスVの歌』が大ヒットした。
朝の時間帯に放送していたため、子供が学校になかなか行こうとしなかったという話もある。
主題歌を歌っている堀江美都子がフィリピンでライブを行った際は国賓並みの待遇を受けたという。

(Wikipediaより)

先生たちはこの2度目の大流行の世代ということですね☆
思いがけぬ形で、日本人の知らない日本ブームを知ることができてとっても興味深かったです! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
レッスンのこと⑦フィリピンの歌 | Home | Zumba

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する