フリースクールってどんなところ?

現在マレーシア・クアラルンプール。
昨夜、シャワー室の前で会った人に「これ、あなたのですか?」と聞かれました。
あっ落とし物したかな、と思ってみたら、彼が指さしていたのはドアストッパー。(あの三角の、ドア開けとく時に挟むやつ)
「私のじゃないよ」って言ってシャワー入ったけど、ひとりで声出して笑っちゃった!
咄嗟のことだったので「あっそうそうそれ私のです・・・ってドアストッパーだろ!」っていうノリツッコミ出来なかったことを悔やんでいます。
ドアストッパーの文化はきっと彼の国には無いのでしょう。でもめっちゃ良い人そうだった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


クメール正月に入るギリギリのところで、フリースクールにお邪魔させてもらいました。
今回お邪魔したのは、Sok School Villaというところ。

当施設は、世界中からボランティアを受け入れているカンボジアのゲストハウスです。ボランティア同士で協力し、併設されたフリースクールにて村の子ども達へ継続的に語学教育をしています。
ポル・ポト政権下で孤児となった当ゲストハウスオーナーのソク氏。 自力で語学を学びガイドとなった彼は、教育の重要さを自身の経験から強く感じ、子ども達が自由に学べる場を設立しました。
同時に、子ども達に語学を教えるボランティアを受け入れるため、ゲストハウスをオープンしました。
ソクスクールヴィラホームページより)

今回はソクスクールがどんなところだったかをお伝えします☆(と言いながら、あまりブログを意識して写真撮っていなかったんです…)

こちらの施設に連絡を取ると、シェムリアップの宿(や空港)までピックアップに来てくれます。
私の場合は10時半に宿ピックアップ。その後、同代表が運営している孤児院にお邪魔しました。そこで少し子どもと遊ぶ。
子どもと遊んでいたとき、東屋みたいなのの中から「おぉーーーー!」「いいぇーーーい!」と、すごく盛り上がっている声が聞こえる。
何をしているのかと思って見に行ってみたら、なんと本物のお金を使って賭けごっこをしていました。びっくり!
ものすごく単純な賭けで、絵がかいてあるサイコロ3つが乗ったお皿に蓋をして、お皿を振る。で、何の目が出るかを当てるというもの。
DSC08462.jpg

DSC08463.jpg
本物のお金。

カジノのような盛り上がりよう!日本ではまず考えられない遊び方で、びっくり!
お金は本当に賭けているのではなく、遊び道具の1つとして使っているだけだと思うけれどね(人生ゲームのお金的な)。

昼食をいただいた後は、フリースクールへ。

DSC08622.jpg

DSC08618.jpg

ゲストハウス兼学校オフィスといった存在の建物は、とても立派。
宿泊する部屋も、個室(人数の多い時期は相部屋になるそうだけど、私の時は1人でした)で、シャワー(ぬるめ)・トイレ付き、エアコン(ぬるめ)付き、食事3食つき。
宿泊日数によって値段は変わりますが、最短期間だと1日12ドル。この収益分は学校運営にまわされるそうです。

そしてこちらが、子どもたちの教室。屋根の下に、机と椅子とホワイトボードがあるだけの簡素なものですが、勉強するにはこれで事足ります。

DSC08619.jpg
このとき清掃後だったので机が立ってる。

ここには色々な動物がいます!猫(食事時、机にのぼって食べ物を狙うのはやめてほしい笑)、犬、鳥・・・しかも赤ちゃんがいっぱい!
赤ちゃんは人も動物もたまらなく可愛いね~♡

DSC08597.jpg
生後1週間くらいのねこちゃん!

DSC08600.jpg
おっぱいのんでる~可愛い~

DSC08621.jpg
わんちゃんとねこちゃん。可愛すぎる。

DSC08626.jpg
この無防備な寝姿!

村の子どもたちは朝と午後、ここへ歩きや自転車、バイクでやってきて、友達と遊んだり、学んだり、ちょっとした配給物(インスタントラーメン等)を受け取ったりします。

DSC08479.jpg
赤茶色い1本道。

DSC08594.jpg

DSC08595.jpg
バイク6人乗り!1番大きいお兄さんが運転してるけどまだ子ども。

DSC08624.jpg
とある子どもの住んでいる家。こんな感じです。

さて、どんな子どもたちと、どんな時間が待っているのでしょうか??
次回は可愛い可愛~い子どもたちの写真がいっぱいです♡

DSC08466.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
カンボジアで出会った子どもたち | Home | ラピュタのモデル?ベンメリア!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する