ベトナムの新興宗教カオダイ教とは・・・?!&クチトンネル

現在カンボジア・シェムリアップ。
ひたすらだらけたシェムリアップに別れを告げて、これからマレーシア・クアラルンプールに飛びます!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

母が帰国して、またひとり旅に戻った私。
優雅なホテル暮らしから一転、再び5ドルのドミトリー生活です。この食事の差。

BEFORE
DSC08155.jpg

DSC08154.jpg
なんとトマトがうさぎ♡

AFTER
DSC08161.jpg
バインミー(11000ドン)を公園で食す。おいしい!

さて、実はホーチミン近郊で少し前から気になっている場所がありました。
カオダイ教総本山。

カオダイ教とは・・・
1919年(1920年説あり)、ゴ・ミン・チェウとレ・ヴァン・チャウンによって唱えられたベトナムの新興宗教である。五教(儒教、道教、仏教、キリスト教、イスラム教)の教えを土台にしたことから、カオダイ=高臺(高台)と名付けられた。(Wikipediaより)
ものだそう。

なんだか写真もすごそうだし、五教のミックスというのもかなり気になる!行ってみよう!
ここに行くためには、どうやらツアーに参加するのが手軽で良いみたい。カオダイ教だけのものは見つからなかったので、クチトンネルとセットになったツアーに参加することに。
近くの旅行代理店で申し込んで、160000ドン。日本人にあまり有名じゃないし、西洋人グループだらけのツアーかなぁ…どきどき。

で、行ってみたら予感的中!ほぼ西洋人!(お金持ちそうなベトナム人夫婦と、韓国人男2人組だけいた。)
1人参加の人、誰もいない!!!超アウェー。もうね、仕方ないから孤独を楽しみましたよ…。

バスに揺られること3時間ほど。1度の休憩をはさんで、ホーチミンの北西にあるカオダイ教の総本山に到着。
総本山のあるホアタイン県は、人口の約7割がカオダイ教の信者だと言われているらしい。

敷地はとっても広い!その敷地の真ん中にこのお寺(寺と言うのが正しいのかわからないですが、ここでは寺って呼びますね。)があります。

DSC08181.jpg
カラフルな礼拝堂。

DSC08182.jpg
タワーもあった。

カオダイ教のシンボルはこの目「天眼」。「宇宙の原理」と「宇宙の至上神」を象徴しているのだとか。ちょっと私には難しい…

DSC08183.jpg

毎日、朝6時、12時、夕方18時と3回、礼拝の時間があり、何台か他の観光バスも来ていました。
しばらく入り口付近で入場を待つ。その間にたくさんの信者たちが集まってくる。
信者はみんな白装束を身にまとっています。むかって右側が男性、左側が女性と決められているみたい。

DSC08188.jpg

DSC08194.jpg

信者の皆さんが並び終えたころ、私たちも入場開始。信者の並ぶ後方と、2階から自由に見学することができます。
写真撮影などは自由だけど、信者以外(自分自身や友達など)を入れたショットは撮ってはいけないらしい。

DSC08203.jpg
2階から見るとこんな感じ。

白装束を身にまとったたくさんの人々が綺麗に整列して座って、お祈りをする。
2階には楽器を演奏する男性と、歌を合唱する女性。その両脇には、何か許しを請うような雰囲気で座り祈る人々。
頭に白い鉢巻を巻いていたり、何か不思議な形のものを頭に乗せていたり。

DSC08198.jpg
楽器を演奏する人。

DSC08205.jpg
合唱する人。

DSC08200.jpg
礼拝する人。

何て言うのでしょう。ブログという公共の場ということもあってうまく表現できないのですが、とても不思議な空間でした。今までに感じたことのない感じ。
気になる人は行ってみてください!きっとわかってもらえるはず…!

そしてなんとな~く英語を聞き流していた結果、集合時間を勘違い!!ガイドさんが私(あとベトナム人夫婦)を探して迎えに来てくれました・・・あぁ恥ずかし。すみません。

それからランチタイム。ここもね、試練ですよ。大学生の頃から、ぼっち飯とか平気なタイプなんですけどね、なんか寂しかった!笑 ベトナム人夫婦の席に入れてもらうも、会話なし。笑 一番安い野菜炒め&ライスを頼んで、ピカピカに食べ終わると、ピカチュウ(?)が優しく微笑みかけてくれました。ありがとうピカ~

pikachu.jpg
ピカピカだピカ~

DSC08212.jpg
可愛い犬にも癒された。

それからクチトンネルへ移動!クチトンネルの入場はツアー料金に含まれていないので、バスで集金。(70000ドン)
クチトンネルは、ベトナム戦争時に作られた全長約200㎞のトンネルネットワーク。

中はガイドさんが案内してくれます。トンネルの説明、様々な罠の説明などを見て、聞きながら見学。

DSC08216.jpg
こんなので人の手で掘ったのだから驚き。

DSC08218.jpg
入り口。体験できる。

DSC08217.jpg
罠。

DSC08224.jpg
戦車や、

DSC08227.jpg
当時の様子を再現した人形もある。

DSC08231.jpg
サンダルの説明でみんなが「へ~なるほど~Hahaha」ってなってたけどわからなかった。涙

途中では、実際にトンネルの中を歩くこともできます。かなり狭い!
最長だと100m歩けるそうですが、20mおきくらいに出口があるので自分の好きな距離を選んで歩けます。私は40ⅿで出ました。

DSC08232.jpg

DSC08235.jpg

DSC08233.jpg

あと、銃を撃つ体験もできます。私はやっていないけれど、ものすごい音で怖かった。
戦時中はこんな音が終始鳴り響いていたと思うと、恐ろしい。

DSC08229.jpg

とまぁ、こんな感じでツアーは終了!
観光地自体は興味深かったけれど、なんだかツアー中は終始孤独を感じていました…。笑
まぁ1日で終わるもんだし、こんな日があっても良いかな~って感じで途中から開き直っていたけれど、やっぱ寂しいもんは寂しいね!

でもね、そんな後には素敵な出会いや楽しい時間が待ち受けているもの。世の中うまくできています。
次回は、ホーチミンで出会った面白い人々を紹介します♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
ホーチミンで出会った面白すぎる人々 | Home | ベトナムの夜は・・・スポーツ!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する