ラオスの幼稚園を訪問!

現在カンボジア・シェムリアップ。
暑い…とても暑い!これからカンボジアはお正月に入るそうです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


さて、私は元幼稚園教諭です。
子どもが大好き。保育の仕事が大好き。退職した今でも、とても素晴らしい仕事だと思っています。
せっかく世界に出てきたのだから、世界の子どもと触れ合ってみたい!できれば世界の保育・教育現場も見てみたい!という思いがあります。

というわけで、行ってきました、ラオスの幼稚園
現地在住の日本人の方に、ラオス語でのお願いの仕方を教わって、突撃訪問&交渉。
訪れたのはEcole Maternielle de Vangviengという園。
とてもドキドキしていたのですが、幼稚園の前についたら子どもたちが手を振ってくれたので励まされました!

最初、英語での交渉を試みるも全く通じず。
教わったラオス語のメモ(カタカナ)を片手に、必死で話す!でも私の発音が悪すぎて全然伝わらない…
とりあえず「ニープン(日本)」「アヂャーン(先生)」と、見せてください!OK?みたいなジェスチャーを繰り返す。
どうにか思いが伝わったみたいで、まぁとりあえずおいで~って感じで受け入れてくださいました!ありがとうございます!

言葉もわからなかったので、実際のカリキュラムがどうなっているのかや、園のルールなどはわからないのですが、1日の様子や印象を書いてみます。

園は1クラス40人くらい。それが3クラス(おそらく)。
縦割り保育で、私がお邪魔した部屋はおそらく2~6歳くらいの子ども。先生は2人いて、その他に教育実習生らしき人が2名いました。
私が到着したときは、すでに大多数の子どもは集まっていて、その後ちらほらと登園してくる子もいる感じ。
外でも中でも自由に遊んでいます。でも室内には特にこれといった教具やおもちゃは無いので、おしゃべりしたりお菓子を食べたりしている。お菓子はわりといつでも好きに食べていいみたい。

DSC07645.jpg
到着して早々、先生が子どもを集めて無理やり撮ってくれた集合写真。笑 こんなにもカメラ目線がいない写真おもしろい。

お集まりの時間(一斉保育)ではお名前よびや、歌、踊りなど、日本の幼稚園でも定番の活動。
先生の太鼓と一緒に歌います♪同じ歌を相当な回数ひたすら繰り返していたのが印象的。

DSC07654.jpg
朝のお名前呼び。

DSC07663.jpg
小さいけれどしっかり者の女の子。

DSC07657.jpg
歌の時間♪

DSC07662.jpg
一生懸命歌いすぎて顔が怖くなっちゃう女の子。クラスに必ずひとりはいるタイプの張り切り屋さん♡

DSC07661.jpg
お集りの感もずっと涙目になりながらポテチ(のりしお)を食べていた男の子。

どうやらこの日のテーマは「ちょうちょ」。いわゆる「蝶の変態」というやつみたい。
何度も何度も繰り返し歌っていた歌は、ちょうちょの歌。

一通り歌などが終わると、今度はひとりひとかけらづつ粘土が配られて、「幼虫を作ってみる」という活動。粘土に慣れていないらしく、「作って~」と先生や私のところに持ってくる子が多かった。

DSC07664.jpg
粘土での活動。

その後は、トイレ、手洗いなどの時間があり、ランチタイム
手を洗う時は、バケツの水に手を突っ込んで、先生が持っているタオルで拭く。
トイレはあまりよく見えなかったけれど、男の子は1つの和式便器に向かって何人もが同時に用を足していた。

机や椅子は無く、床に座ってお昼ご飯を食べます。
この昼食のシステムが全くわからなかった!!お弁当なのか給食なのか、どちらもいるのか??
とりあえず違うメニューのものを食べているみたいなんだけど、適当に分け合っているような印象。

DSC07667.jpg
トイレも裸足。

DSC07674.jpg
手を洗うバケツ。

DSC07677.jpg
おかゆを食べている子。

DSC07678.jpg
この子たちは違うおかずみたいなもの。

食べ終わった子から、遊びはじめます。室内でも外でも。
みんなが食べ終わったら、子どもたちが遊んでいる間に先生がお布団を敷いてお昼寝タイム。
これがめちゃくちゃ長い!!!約2時間半。

DSC07688.jpg
この時間の滑り台は大賑わい!遊び方は超自由。気をつけてね~

DSC07691.jpg
お布団を敷いてお昼寝タイム。

DSC07695.jpg
ぐっすりの子もいれば、

DSC07699.jpg
全然眠れない子も。

DSC07692.jpg
その間に先生たちのお昼ご飯。これを4人の先生と一緒にいただきました。おいしかった!

DSC07690.jpg
履物をそろえるという文化は無いみたい。

しばらくするとようやく起床!起床後はみんな水浴びをします。
トイレと同じ場所に素っ裸になった子が大勢集まって、順に先生に水をかけられていく。新鮮な光景でした。

その後は、また少し歌った後、蝶の変態についての絵カード。モンテッソーリ教育風。(詳しくは書かないけれど、少し違う。)
でもね先生、【たまご→さなぎ→幼虫→蝶】の順で教えていたの。あれれれ~逆だよ~と思いながらも、さすがにこの立場で言えなかった自分…。
きっといつか子どもたちは本物のさなぎや蝶を目にして理解してくれることでしょう。
それから、ラオスの文字やアルファベットも教えていました。

DSC07717.jpg
蝶の変態。

DSC07718.jpg
ラオスの文字やアルファベットも教えていた。

DSC07693.jpg
【間違い探し】見つけられますか?笑

そんな感じで1日の中心的な活動が終了。
文字を教えているあたりから、ちらほらと親御さんが迎えに来て帰っていく子がいました。人数が減ってきたころに、また外や中で自由に遊び始めていました。

DSC07704.jpg
折り紙のコマを作ってあげたらすごく喜んでくれました♪

ラオスの保育園での1日はものすごく面白かった!日本の幼稚園に似ているけれどやっぱり全然違う。
日本の幼稚園を10倍くらいゆる~くした感じ。
設備や教具が整っていないこともあるし、きっとこれから進化して、変わっていくような予感もしました。
もちろん日本のものがすべて正しいとは思わないけれど、これからのラオスの幼稚園、どんなふうに変わっていくのかとても気になります!

とにかく子どもの笑顔やエネルギーは世界共通で最高でした!!!

DSC07649.jpg

DSC07679.jpg

DSC07724.jpg

DSC07728.jpg

DSC07713.jpg

DSC07685.jpg

DSC07719.jpg

DSC07732.jpg

DSC07733.jpg

DSC07701.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
大自然を満喫!ジップラインとカヤック | Home | これがハッピーな街バンビエンか・・・!!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する