巨大な寝釈迦仏に会いに

現在タイ・バンコク。
ドミのベッドの使い方が上手になってきた気がします!日々成長!パッキングは成長の兆し無しです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


バンコクの定番観光地、ワットポー(Wat Pho)に行ってきました!
巨大な寝釈迦仏で有名な寺院です。

宿のあるシーロムから、電車と船で行きました!
まずはBTSに乗って、サパーンタクシン駅へ。
サパーンタクシン駅の2番出口を降りて、そのまままっすぐ進むと、目の前にフェリー乗り場サトーン駅があります。

ここでフェリーのチケット(片道40バーツ)を購入。あとは流れに乗ってフェリーに乗るだけ!とても人が多かった。

DSC05796.jpg
サトーン駅。

DSC05795.jpg
フェリーのターミナルがいくもある。1日乗船券も売っていました。

DSC05797.jpg
川はなかなか茶色いけれど、

DSC05873.jpg
嬉しそうに眺めている親子や(子どものしっぽが可愛い)

DSC05875.jpg
釣りをしている人もいました。釣れるのかな?

フェリーの座席は自由!風が気持ち良いです!

DSC05798.jpg

一見怖そうなおばさんが、とても綺麗な声でアナウンスしていました。ギャップ萌え。
いまいち聞き取れなかったけれど、次の駅の主要な観光地は言っているので聞き逃さないように注意!

DSC05802.jpg

約20分ほどで到着!フェリー乗り場の目の前が、ワットポーです。さすがは一大観光地、人がすごく多い!
ワットポーは、仏歴2331年(西暦1788年)、ラマ1世によって建てられたバンコク最古の寺院だそうで。
正式名称はワット・プラ・チェートゥ・ポン・ラーチャ・ワ・ララームといい、名前が長く複雑であるほど箔がついてありがたみが増すんだって。
100バーツを払って入場。

DSC05811.jpg
このチケットには水の引き換え券もついています。有り難い!

入ってすぐの建物で、おみくじをしている人を発見。
番号の書いた棒がいくつも入った筒を、シャカシャカと振り続けます。振っているうちに1本飛び出してくるので、その番号のおみくじを受け取ります。

DSC05813.jpg

DSC05815.jpg
私も引いてみた。英語でも書いてあるので何となく理解できます!

外には、ミニほうきのようなものに、良いことがありそうな水をつけて掛けてくれる僧侶がいました。

DSC05823.jpg
良い笑顔。

さて、さっそくメインの寝釈迦仏に会いに行ってみましょう!!どーーん!!!

DSC05824.jpg
長い耳たぶ。穏やかなお顔。

DSC05831.jpg
大きな西洋人(イケメン)も寝釈迦仏と並ぶとこの大きさ。

DSC05833.jpg
頭から足先まで写せないほど大きい。

全長49メートル、高さ12メートルのお釈迦さま。圧巻です。なんだか、逆らえないなぁって気分になりました。
残念ながら足の裏は改修工事中。

DSC05835.jpg
足の裏の工事とか、くすぐったそうだよね。

この寝釈迦仏がいる礼拝堂では、つねにチャリーンチャリーンと不思議な音がしています。
その正体はこちら。背中側までまわるとわかります。

DSC05842.jpg

DSC05838.jpg

108の鉢が並べられていて、ここに硬貨を喜捨する音だったのです。108は煩悩の数。
20バーツでサタン硬貨(バーツの下の単位の硬貨)が買えるので、それをひとつづつ順に鉢に入れていくのだそうです。


突然ですが、ワットポークーイズ!!!!じゃじゃん!

【難易度★☆☆】 これはお釈迦さまのどの部分でしょうか?
DSC05843.jpg


答え:頭
DSC05846.jpg


【難易度★★★】 これはお釈迦さまのどの部分でしょうか?
DSC05841.jpg


答え:腰(背中側)


以上!笑
明日は、寝釈迦仏だけじゃない!ワットポーの楽しみ方をお届けします(^O^)!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!
ワットポーの楽しみ方♪ | Home | 世界旅気分のショッピングセンターと日本のイメージ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する