ホスピタリティ最高の日本人宿カサカサ

現在、日本・東京。
最近夏休みの旅行の話題をよく聞くようになりました。
「いいな〜」ってつい言っちゃうけど、「1年間も旅してたじゃん」って言われると何も言えない!
でもやっぱり、いいな〜!笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

こぢんまりとした可愛い町、美味しいチョコレート、先住民族の村、など様々な面で魅力的でお気に入りになった町、サンクリストバル・デ・ラス・カサス

この町を好きになった理由のひとつに、宿の存在もあります。
それは、日本人宿・カサカサ

DSC03740 (1)

立地がやや悪いという評判を見るけれど、確かに立地が良いわけではないけれど、全っ然問題ないです!
バスターミナルからここまで歩くのは少し大変だと思うけど、一度ついてしまえばあとは町自体が小さいので大丈夫!
よほど歩くのが嫌いな人でい限り問題ないでしょう。

で、この宿の何が良かったかというと、主に2つ。
1、食生活が充実する!
2、オーナーのタケシさんのホスピタリティが素晴らしい!

ということ。

まず1つ目の食生活の充実

ここではシェア飯があります。私が行ったときは、オーナーのタケシさん中心にシェア飯が毎晩ありました。
優しい味のホッとするご飯。しかも安かった!値段忘れちゃったけど、え〜これだけでいいの〜って思ってたもん。

DSC03732.jpg
とある日はみんなで焼き餃子作り!

DSC03733.jpg
皮も手作り。ベジタリアンの子に合わせてベジ餃子♪

DSC03734.jpg

DSC03858.jpg
カレー!このまぁるいテーブルも良い!

IMG_2715.jpg
鍋の日も!

旅する料理人ユウトさんが来て、出張料理をしてくれた日もありました!
地元の食材をいかした本格フレンチ!美味しかった〜

DSC03875.jpg

DSC03876.jpg

シェア飯の他にも、定期的に出張販売しにくるドーナッツ&納豆屋さんや、パン屋さんもいて楽しいです♪

DSC03739.jpg
ドーナッツ!

DSC03804.jpg
納豆!おひさしぶり〜

DSC03843.jpg
可愛いパン屋さんも登場。

あと、面白い宿泊者のお兄さんがいて、生カカオ豆からチョコレートを作るチャレンジも一緒にさせてもらいました!
結果は…なんかチョコレートのようなベトッとした固体ができた!笑 でもそれはそれで美味しかったです。面白かったな〜

IMG_27133.jpg
左が炒った直後。右が薄皮をむいたあと。真ん中は皮。

こんな感じに、カサカサでは、充実した食生活がおくれちゃいます!

2つ目の、オーナーのタケシさんのホスピタリティ

IMG_2719.jpg
左上がタケシさん。photo by Reyくん

親しみやすい人柄と、さりげない気遣いやおもてなし。自分の信念を持っていていて多才なタケシさん。
そんなタケシさんに惚れ込んで、この宿に数ヶ月宿泊して彼の様々な技を学ぶ青年も居るほど!

毎日美味しいコーヒーを無料で淹れてくれるのだけれど、こちらが恐縮していると「僕コーヒー淹れるの上手くなりたいだけなんで!」と言えちゃうあたり、さすがです!

掃除も行き届いている。1番すごいなぁと思ったのは、トイレのゴミ箱がほぼ常に空っぽだったこと。
こちらではトイレにペーパーが流せないから、ペーパーはみんなゴミ箱に捨てるわけです。常にゴミ箱はいっぱい入っているのが普通であるはずなのに、これが大抵空っぽ。すごいです。

そして、色々話を聞いていると面白い。様々な経験をしてきているタケシさん。
自分の思想や信念があって、宿泊者からはタケシイズムと呼ばれていました。笑

私はここサンクリで誕生日を迎えたのですが、宿でお誕生日のお祝いもしていただきました!
他の宿泊しているメンバーがこんなに可愛らしい飾りつけもしてくれて♪

DSC03855.jpg

日本から嬉しいサプライズケーキも届いて♪ありがとう!

DSC03862.jpg
同じ時期にお誕生日だったメグさんと一緒に。

ロウソクをふーっと吹き消して…のはずが!!!
なんかこのロウソク、1度消えたと思っても再び復活して、全然消えない!!!

DSC03864.jpg
必死で消そうとする2人。

DSC03866.jpg
「やばいこのロウソク消えない!!!」

DSC03871.jpg
みなさんありがとう!

素敵な思い出になりました!ありがとうございました!

…と嬉しい誕生日を過ごして、グアテマラへと移動する予定だったのですが、翌日からまさかの高熱!
ここでも、タケシさんや宿のみんなに大変大変お世話になりました。お粥を作ってくれたり、病院に連れて行ってくれたり、本当に助かりました!

サンクリにきたら、カサカサ、おすすめです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

先住民の地を巡る。酒を口から噴射してロウソクの炎を消すサンフアン・チャムラと、花柄刺繍が可愛いシナカンタン。

現在、日本・東京。
世間は夏休みモード!朝の公園でラジオ体操に集まる小学生を見かけてホッコリした。
私はこの夏は、しっかり働きます!暑さに負けずがんばるぞー!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

サンクリストバル・デ・ラス・カサスの近くには、先住民族の村が多くあります。サンクリを拠点に先住民族の村を訪ねてみることにしました。

最初に訪れたのは、サンフアン・チャムラ。こちらは、ツォツィル系の先住民の村らしい。何系と聞いてもさっぱりわからないけれどね。

サンクリからサンフアン・チャムラまではミニバンで1時間ほど。人が集まったら発車する方式ですが、案外すぐに集まり、スムーズに発車しました。

DSC03707 (1)
ミニバン乗り場周辺はこんな雰囲気。

ミニバンに揺られること1時間、サンフアン・チャムラに到着しました。

DSC03708 (1)

わぁ・・・すごい霧。真っ白けっけで。
ミニバンが到着する広場にあるのが、この村のシンボルの白い教会
真っ白い霧の中に、真っ白い教会が完全に隠れてしまっています。
上の写真の右端、市場の上あたりにうっっすらと教会があるの、見えるでしょうか?笑

近づいてみるとこんな感じ。

DSC03710 (1)

白と緑の、こぢんまりとした可愛らしい教会。
近づいてみるとより可愛さがわかる。

DSC03711 (1)

DSC03712 (1)

こんな可愛らしい教会ですが、中ではものすごいことが行われていました

中は撮影が禁止されているので、文字だけになるのですが…

中に入って最初に印象的だったのは、この教会には礼拝用のイスなどは何もなく、人々は地べたに座っている。

そして大量のロウソク
ロウソクは両サイドに並べられた台の上にずらりと並んでいるほか、それぞれの家族が集まって座っている床にも、直に立てられている。
蝋をポタッとたらして、大量のロウソクを几帳面に並べている。

それぞれの家族は、1羽の生きた鶏を連れてきている。
1番の長老みたいなおばあちゃんが、その鶏を手に持って何やらお祈りの言葉のようなものを唱えている。
おばあちゃんが鶏の首をさすったと思った次の瞬間、おばあちゃんは鶏の首をへし折った。
先ほどまで時折鳴き声を出したり、羽をパタパタとしていた鶏は、間も無く動かなくなった。
生贄とはこういうことなのか・・・と実感した。

そして、人々はいくつもの飲み物のビンを持参していて、家族でまわし飲みをしている。
コーラ、オレンジジュース、お酒などがあるように見えた。
ここでは「炭酸ガスには素晴らしい力があり、病気を治してくれる」と信じてられているのだそう。
ある家族のお祈りの様子をじっと見ていたら、お酒のまわし飲みのコップが回ってきた。
せっかくなので…と思っていただいてみたら、すごく強いお酒!でも残すわけにもいかないので、必死で飲み干した。

口に含んだお酒をブファーーーー!と噴射して、ロウソクの炎を消している人もいた。
なんとも言えぬ衝撃だった。こんな祈り方があるなんて、本当に世界は色々だ。

絞められてた鶏をその後どうするのかが気になったけれど、先ほどまわし飲みで飲んだお酒がきいて尿意が我慢できなくなり、退出。
教会から一歩出ると、なんだかホッとした。異世界に迷い込んでいたような気分。


この教会前では青空市が行われているという話だったのだけれど、残念ながらこの日は青空とは程遠い霧の中。
小雨も降っていたからか、お店も少ししか出ていませんでした。
でもせっかくだから、アボカドを買って帰りました。

DSC03714 (1)

DSC03715 (1)

DSC03717 (1)
綺麗に果物を積み上げている。

いや〜〜〜この教会での祈り、かなりの衝撃でした!

また別の日、続いて訪れたのはシナカンタンという村。
こちらもサンクリの町から1時間ほどで行くことができます。

DSC03824 (1)

こちらの町の象徴は、花柄の刺繍が可愛い民族衣装。
男性も、女性も、この民族衣装を身につけています。
広場にはこの民族衣装の女性や子どもが座っています。彼女たちは観光客相手に撮影でチップをもらうという商売。

DSC03829 (1)

DSC03837 (1)

宿のオーナーさんからきいた話だと、「町を歩いていると町の人が家に誘ってくれて、織物を作るところを見せてくれたり、食事を分けてくれたりすることがあり。それに対してチップを払えばOK。結構楽しめるので心配せずについていって大丈夫」ということでした。
へ〜面白そう♪ということでしばらくお散歩。小学校に通う子どもたちもこの民族衣装をきていて可愛かったな〜♪

しばらく村を歩き回ったり、おみやげ屋さんを覗いたりしていましたが、特に誰からも家には誘われず。笑
自分から声をかけてみてもよかったんだけど、スペイン語もわからないし、なんか猛烈に消極的な気分になってしまったので、おとなしく帰ることにしました。笑

帰りも乗り合いミニバンで帰ろうと思っていたのだけれど、全然人が集まらない。
一緒に発車待ちをしていた人が声をかけてくれて、4人でタクシーをシェアして行くことに。
値段もたいして変わらなかったので、よかったです!

先住民族の村訪問、興味深かったな〜!面白かった!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

サンクリ。サント・ドミンゴ教会が楽しすぎる。

現在、日本・東京。
旅で日焼けした肌の色がやっと戻ってきたと思ったのに、夏になって焼けてきた。
昔は日差しを浴びても赤くなるだけで、焼けない人だったのにな〜体質って変わるものね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

こぢんまりとした可愛い街並みと、美味しいカフェやチョコレートで、すっかりお気に入りになったサンクリストバル・デ・ラス・カサス
中で度々訪れたのは、サント・ドミンゴ教会

DSC03880 (1)

少し離れたところから見ると、なんだかすごくかっこいい。
そして、近くで見るとこんな感じ♪華やかだけどちょっとシックな感じが絶妙。

DSC03749 (1)

DSC03752 (1)

DSC03745 (1)
民族衣装の女性と教会。

こちらの教会、教会そのものもいい感じなのですが、何よりも気に入ったのは、この教会周りで開かれている民芸品の青空市場!
たくさんの民芸品を扱うお店がずら〜りと並んでいるのです。

DSC03701 (1)

服やストール、カバン、置物、カラフルなポンポンなど色々売っているのですが、私がツボだったのは、素朴すぎるぬいぐるみたち!

DSC03727 (1)

DSC03728 (1)

DSC03729 (1)

DSC03730 (1)

DSC03731 (1)

DSC03726 (1)
ひとりだけいたキティちゃん。

か、か、可愛すぎる!!!

このゆるさ、素朴さ、色合い、質感、ちょっと不細工な感じ。たまんない。

物欲もあまりなくお土産はほとんど買っていない私でしたが、ミニサイズのゆるかわ人形たちを購入。
安そうに見えるけどそれほどでもなく、1つ20ペソ(当時のレートで110円くらい)。
まとめて買うと少しだけ値引きしてくれました。
きゃわいい〜♡お店によってかなりクオリティが違うので、じっくり選びましょう!

IMG_3703.jpg
左上のサルだけは宿で再会した友達からの頂き物。

この黒髪人魚のピンクの乳首とか、てんとう虫の不機嫌そうな顔とか。たまらん。

久しぶりに買い物すると、やっぱりちょっとルンルンしていい感じでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

サンクリのオススメお散歩と、美味しいケーキと。

現在、日本・東京。
旅中は全くと言っていいほどテレビを見なかったけれど、日本では家では大抵テレビがついている。
熱心に見てるわけじゃないし、しょうもない番組もあるけど、やっぱり面白いわ。テレビ。笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

サンクリストバル・デ・ラス・カサスにやってきました。
そして、ついてすぐにお気に入りになったこの町。なんの当てもなくぷらぷらとお散歩しているだけで心が弾んで楽しいのです!

そんなサンクリの町を見渡してみたい!と思い向かったのは、地球の歩き方にも出ているこちらの教会。
高台に建つサンクリストバル教会です。
ここはね〜正直微妙!苦労して登った割に景色はいまいちだし、なんとなく治安がいい感じしなかった。

DSC03794 (1)
この頂上に教会が。

DSC03797 (1)
頂上の教会よりも、途中の階段の方がまだ眺めが良い。

ここよりも断然私が好きだったのは、グアダルーペ教会
maps.meではIglesia de Guadalupeって載っています。

何が楽しいって、ここまでの道のりが楽しい♪
メキシカンカラーの旗が青空に映えて、とっても綺麗!

DSC03774-1(ドラッグされました)

DSC03786 (1)

旗にMEXICOって書いてある〜♪
壁に映った影も綺麗!

DSC03787 (1)

DSC03772 (1)

それから、サンクリの町はレトロな雰囲気の車も多くあった♪
この時点でキューバ行きを諦めていた(なんだか気分が乗らなくてやめたけど、ちょっと気にしてた。)私は、ここでキューバ気分味わえたわ〜と納得。笑

DSC03770 (1)

ウキウキしながら歩いているうちに、グアダルーペ教会に到着!

DSC03776 (1)

DSC03780 (1)

教会の中がどんなだったかよく覚えていないので、そんなに印象的ではなかったのでしょう。
この階段に腰掛けてのんびりと景色を眺めながら、心穏やかな時を過ごしました♪

それから、サンクリが好きになった理由のひとつが、チョコレートが美味しいということ!
この辺りのチアパス州はチョコレートやコーヒーの産地なのだそう。
なので、サンクリの町にもたくさんのオシャレなカフェやチョコレート屋さんがあります♪

チョコレート大好きな私は、ご機嫌でひとりホットチョコレート屋さんやケーキ屋さんに行ってはプチ贅沢を楽しんだのでした。

DSC03703 (1)

DSC03790 (1)

中でもお気に入りになったのは、このケーキ屋さん!

DSC04006 (1)

DSC04005 (1)

旅先で度々ケーキは食べてきましたが、その度に思ったのは、日本のケーキのクオリティは本当に高い!ということ。
でも、ここのケーキは日本のケーキに劣らぬ美味しさ!チョコレート好きも納得の美味しさ!
種類も豊富だったので、もっともっと食べてみたかったな〜
美味しいスイーツに飢えている旅人にはかなりオススメです!

お店の名前は、Oh-La-La Pasteleria Francesa というそう。

詳しくはこちら。
https://www.facebook.com/pages/Oh-La-La-Pasteleria-Francesa/273499479336622

DSC03767 (1)
この通り入ってすぐ。

DSC04007 (1)
こんな外観。

喫茶スペースもあるしお持ち帰りも可。
また、朝早く行くと前日の残りのパンが安売り(確か10ペソ)してます!
でも大きなお札しか無いと「お釣りが無いわよ」と言われて落ち込むので、小銭を持って行きましょう。笑

このケーキ屋さんの通りをずーっと行くとグアダルーペ教会のあたりに着くので、ぜひ♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

着いて即お気に入りになった町・サンクリストバル・デ・ラス・カサス☆

現在、日本・東京。
今の職場で働き始めてから、初めての3連休でした。あぁ3連休ってこんなに嬉しかったんだ!と思い出した。
週休3日くらいで暮らしたいな〜。笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

メキシコシティを離れて、次なる町へと移動します!
次の目的地はサンクリストバル・デ・ラス・カサス。こちらはグアテマラの国境にもほど近い町。
バスで移動しようと思ったのですが、バスが高いのしか見つけられなかったり案外飛行機が安かったりしたので、贅沢に飛行機で移動しちゃいました!

DSC03698 (1)
バイバイ、メキシコシティ。

そういえばこの時期メキシコでは、ガソリンの値段が突如20パーセントも値上げになって、ちょっとした騒ぎになっていました。
国民が暴動・略奪行為に走ったそうで、スーパーマーケットが閉鎖されていたりしました。

DSC03476 (2)
抗議の張り紙。

とまあ、そんなこんなありつつも、あっという間に飛行機で、トゥストラ・グティエレス空港に到着!
空港に、サンクリストバル・デ・ラス・カサス行きのシャトルバスのカウンターがあるので、到着したらすぐにそこでチケットを購入。
1時間ほどでサンクリストバル・デ・ラス・カサスのバスターミナルに到着しました。
サン・クリストバル・デ・ラス・カサスは、グアテマラと国境を接する最南端のチアパス州にある町。

この町に着いて数分で思ったこと・・・
この町、好きかも!!

DSC03762 (1)

DSC03882 (1)

DSC03765 (1)

DSC03818 (1)

教会前の広場では、民族衣装を身にまとった先住民族たちが、民芸品を売っています。
彼らが民族衣装を着ているのは、商売のためではない。ごく普通に市場で買い物したり、食事をしたり。
カラフルな様々な民族衣装から、様々な少数民族がこの町に集まっていることがわかる。面白いな〜!

DSC03760 (1)
民芸品を作りながら売る。

DSC03763 (1)

DSC03820 (1)
頭にいっぱい載せてる。

DSC03813 (1)
市場。

DSC03822 (1)
フワモコの衣装。

日本では和服なんて特別な時にしか着ない人がほとんどだと思うけれど、彼らは毎日のように民族衣装を身にまとっている。
美しくてかっこよくて、民族の誇りのようなものを感じる。

町はカラフルで可愛くて、不思議と心が弾みます♪
大都会メキシコシティとは違ってこぢんまりとしていて、なんの当てもなく散歩するのが楽しい。

DSC03741 (1)

DSC03786 (1)

DSC03879 (1)

DSC03873 (1)

DSC03816 (1)
これはただのラクガキか。

カラフルな町並み、民族衣装を身にまとった人々。
サンクリの滞在、楽しいものになりそうです!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

メキシコで食べたものやメキシコの雑貨のはなし

現在、日本・東京。
旅でずっと使ってたカメラの調子が悪い。結局、海外旅行保険に1度もお世話にならずに終わったこの旅。
(メキシコで1回病院行ったけど、支出700円くらいだし、色々面倒くさくて結局申請せず…)
トラブルなく済んだのは有難いことだけど、なんかちょっと悔しい。笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日
*メキシコペソ:1ペソ=約6.4円(2017年7月現在。2017年1月当時は5.5円くらいだった気がする。)

メキシコで有名なのは、何と言ってもタコス
道にはタコスの屋台がいっぱい並んでいて、たくさんのメキシコ人たちが立ち食いしています。

DSC03567.jpg

お手軽で美味しくて、しょっちゅう食べてました。中身はチキンや豚、チーズなど色々選べる。
ひとつひとつは小さいので、中身を変えていくつか食べるのがまた楽しい♪

こちらは、世界一美味しい!?と宿の子が言っていたタコス屋さん。
屋台よりは多少高いけれど、確かにすごく美味しかった!
この写真の右側の6種類くらいある具材はトッピング。メインの具(私はビーフ)を選んだら、あとは自由に好きなものを乗せて食べます。

DSC03569.jpg

いっただっきま〜す!

DSC03568.jpg

写真、食べかけですみません。笑
この緑のは、ノパルと呼ばれるウチワサボテンなのです!
サボテンの実は食べたことがあるけれど、緑の部分を食べるのは初めてです!
少しヌルッとしていて、でもそれ自体は歯ごたえがあって、ほんのり酸味があって美味しかったな〜

タコスに似たようなシリーズでケサディージャ(いまいち違いはわからない)とか、黒い生地のものとか、色々ありました。
よくわからないけれど、すっごいハズレとかはないので色々試してみるのが楽しいかも!

タコスっぽいものだけでなく、こんなチキンスープとかも優しい味で美味しかった(^^)

DSC03696.jpg

まあでもやっぱり、一番テンション上がったのは・・・

DSC03550.jpg

吉野家!!!

そう、メキシコシティには、吉野家があるんです!
お久しぶりです、牛丼さん!!!

メニューも充実!現地人にも大人気!日本のものがこうして海外で愛されているのってなんだか嬉しい♪
現地人にはラーメンが人気のようでした。

DSC035470.jpg

DSC03548.jpg

タコスが1つ7ペソで買えるこの地で、ネギたま牛丼&味噌汁&コロッケ&麦茶で79ペソという贅沢をしたのでした。
日本よりもほんの少ししょっぱめな気がしたけどわかんないや。美味しかった〜!

それから、メキシコで楽しいのは食だけでなく、雑貨も楽しい!

メキシコといえばやっぱりドクロ!カラベラと呼ぶのだそう。メキシコでは、祖先のガイコツを身近に飾る習慣があって、カラベラは縁起物なんだって。
お土産物としても人気みたいで、お店にはドクロがいっぱい!

DSC03284.jpg

DSC03285.jpg

DSC03385 (1)

DSC03286.jpg

本当に個性豊かな楽しいドクロがいっぱいで、集めたくなっちゃう感じ!

ドクロ以外にもなんか面白いもの、いっぱいありました。どれも縁起物なのかな?
可愛い食器とか、布製品とかもあったんだけど、あんまり写真撮ってなかったや〜

DSC03281.jpg

DSC03283.jpg

DSC03377 (1)

DSC03381 (1)

DSC03384 (1)

民芸品市場には所狭しとお店が並んでいて、店員さんの勧誘も全然しつこくなくて(むしろもう少し商売っ気出せばいいのに!)楽しかった!
正月旅行できていた私の家族は色々と買い込んでいました(^^)

DSC03379 (1)

民芸品市場を出たところは、なんだか不思議な景色だった。

DSC03386 (1)

メキシコはご飯も美味しいし、雑貨も楽しいし、物価も安いし、人気なの納得だな〜。

次回はメキシコシティから、サンクリストバル・デ・ラス・カサスに移動します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

不気味で怪奇な人形島とは・・・!

現在、日本・東京。
暑い…暑い・・・!!!
海外でも相当な暑さを経験してきたけれど、やっぱり日本の暑さもなかなかのもんだよな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

人形島に上陸すべく訪れたソチミルコ
道中の船は大して期待していなかったものの、予想外に楽しくて優雅な気分を味わえて大満足♪

DSC03570 (1)

そうこうしているうちに、ついに人形島に到着!

DSC03679 (1)

いよいよ人形島に上陸です!(ここでいくらか入島料がかかりました。詳細は失念…)

DSC03628 (1)

ギヤァァッァァ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

DSC03637 (1)

ギヤァァッァァ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

そうです、この人形島はものすごい数の人形が供養されている島なのです。

この人形島を作ったのがドン・ジュリアン・サンタナ氏。このソチミルコには不可解な事故が起きる為、誰も近づかない湖があるそうです。
その湖へ続く川で少女が溺れていたのを発見したサンタナ氏。助けようとしたのですが、サンタナ氏は少女を助けることができず、少女は亡くなってしまったそうです。
その少女の供養の為にサンタナ氏は人形を集め、この島を人形で飾り付けていっぱいにしたそうです。
人形島をつくり、少女の魂を供養しようとしたサンタナ氏。
しかし数年後、サンタナ氏は少女が溺れた川と同じ場所で、甥によって遺体で発見されたのだそうです…。

http://www.huffingtonpost.jp/tabipponet/mexico_island_b_10524618.html

人形島に着いてから案内してくれた男性がいたのですが、なんとその男性はサンタナ氏の息子さんなのだとか。
色々と丁寧に教えてくれて(スペイン語なので私はわからなかったけれど、スペイン語わかる子が訳してくれた)より楽しめました。

不気味な背景を持つこの人形島。
本当に、本当に、不気味なんです!言葉で語るよりも写真を見てもらうのが1番伝わると思うので…





DSC03623 (1)

DSC03642 (1)


目玉の親父みたいなのもいる。




これ、怖さと美しさが感じられてお気に入り。


木に飲み込まれてる人形。時の流れを感じる。

DSC03655 (1)

DSC03658 (1)
カメラ持ってるー!

DSC03660 (1)
メキシコっぽい。


島の中で1番綺麗だった人形。今も人形を供養に訪れる人がいるそう。

どうですか…?
もともとは可愛いお人形だったはずなのに、思わず鳥肌が立ってしまうような不気味さですよね。

でも、さすがと思ったのは、こんな不気味な島の中でもちょっとした売店があって商売をしていたこと。
あんまりここで物を買いたいと思わないけどなぁ…笑


人形の首の奥に売店。


島にいた女の子。持っている人形にお顔がそっくり!

こちらの小屋の中には実は人形島で最も古いとされる、最初に供養された人形があります。

DSC03665 (1)

それがこちらの人形。

DSC03656 (1)

うわぁ・・・
なんとも言えないこの雰囲気。体はほぼ朽ちてしまっているけれど、顔はまだちゃんと残っている。
この人形から始まったのかぁ・・・。

そしてこの大事に飾られているお人形。
私の予想ではこの子は、最初に溺れてしまった女の子をモデルにしているのでは・・・と思いました。

DSC03662 (1)

不気味で怪奇な人形島。
確かにその噂にたがわずゾッとしてしまいましたが、ひとりの少女を思う男性の気持ちが詰まっていたのか・・・と思うと、なんだかお化け屋敷のようにヒャーーー怖い!とかも言ってられなくて、なんだか不思議な島でした。

帰りは再び優雅に船に乗っていきます。

DSC03682 (1)

DSC03683 (1)

IMG_0316 (1)

メキシコシティの喧騒を離れて訪れたソチミルコ。
今までに行ったことのないタイプの場所で、とても楽しかった!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

人形島へと向かう道中。優雅な気分でソチミルコを満喫!!!

現在、日本・東京。
日本に帰ってきて3ヶ月が過ぎました。今の気持ちは・・・海外に出たくてうずうずしてる!
日本に帰ってきてからの3ヶ月、長く感じるな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

メキシコシティで気になっていた場所があります。それは、人形島
なんだか名前からして、怪しい雰囲気ですよね。
なんでも、水路に浮かぶ小さな島に、ものすごい数の人形が供養されていて、本当にここが不気味なのだそう。

この場所の存在を知ってから行きたくてしょうがなかったのですが、船をチャーターする必要があるため、何人か仲間を募っていかなくては割高になってしまうということで、諦めかけていました。

しかし運良く「人形島に行きたい!」という同志が2人見つかり、まぁせっかくだし3人でも行くか〜と思っていたら、当日の朝なんと6人も集まっていました!わーい♪

人形島があるのはソチミルコという地区。

ソチミルコ(Xochimilco)地区は、先住民族ナワトルの言葉で、「花であふれる場所」という意味をもち、先スペイン期にメキシコシティがテスココ湖に浮かぶ水上都市、テノチティトランだったころの名残。現在でも人口の浮き島=チナンパの上に村落があり、花の栽培がされ、迷路のような水路を行き来しながら暮らす人々がいる地域です。メキシコシティの歴史中心地区(セントロ・イストリコ)とともに1987年に世界文化遺産に登録されたのだそうです。
https://allabout.co.jp/gm/gc/426510/

ソチミルコまでは、電車とバスを乗り継いで行きました。
バスを降りると、目の前には水路とカラフルな船の数々!おおぉ〜!

DSC03570 (1)

しかし、別の乗り場からでなくては人形島には行けないとのこと(たまたまこの時、工事をしていたのかも)で、ここからさらに10分くらい歩いた乗り場まで連れていってくれました。


途中で見た可愛いタイヤクマ。

そして乗り場へ到着!
スペイン語が話せる人がいたので、交渉もある程度できて助かりました。看板にもあるとおり、1時間350ペソというのが公定料金で、人形島に行くなら4時間コースとのこと。
「人形島以外は見なくていいから3時間で!」と交渉してもらったけれど、人形島に行くには4時間コースじゃなきゃ行けないとのことで、ほとんど交渉の余地はありませんでした。


料金表とコースの看板。1番右のIsla de las munecasが人形島。

私たちが乗った船がこちら!
左下に日本の国旗も描いてある〜☆カラフルで手作り感があってウキウキする船です!

DSC03576 (1)

そして、こちらが私たちの船頭さん。

DSC03579 (1)

完全に人力で動かす船。こりゃ大変そうだ〜よろしくお願いします!
船で水路に漕ぎだすと、メキシコシティの喧騒が嘘みたいに静かで穏やかな場所。

DSC03580 (1)

DSC03586 (1)

お土産物を販売している船や、食事を提供する船もいます。

DSC03588 (1)
お土産ものやさん。

私たちもせっかくなので船の上で食事をすることに。
おじちゃんとおばちゃんが二人でやっている船の食堂。モレという茶色いソースのチキン煮込みを注文。
いくらか忘れちゃったけど、ローカル食堂よりは少し高くて、レストランよりは安いくらいの印象。
美味しかったし、ちょっと優雅な気分になれたし良かったな〜♪

DSC03593 (1)
食堂船。

DSC03595 (1)
モレとライス。

ここは観光客はもちろん、地元の人も休暇に訪れる場所。
メキシコでは、マリアッジという音楽隊を頼んで音楽を聴きながら優雅に船旅を楽しむのが人気みたい。
マリアッジの船と並んで、大盛り上がりの地元民たち。楽しそう!

DSC03584 (1)

こんなチープな雰囲気で楽しんでる人もいました。これだといくらなんだろう〜??

DSC03616 (1)

この水路周辺に住んでいる人の移動手段ももちろん船。
ロープで引っ張って進む渡し舟のようなものや、カヌーなど見かけました。

DSC03691 (1)
渡し舟。

DSC03690 (1)
カヌーみたいな。

そうそう、出発して割とすぐに、偽物の人形島があります!これはレプリカで上陸もできないそう。
悪質な人は、安く人形島に連れて行くって言って、この偽物の方に連れてくるらしいので要注意!

DSC03582 (1)

途中では、アヒルが寄ってきたり、犬が水を飲んでいたりして可愛買ったな〜

DSC03608 (1)

DSC03614 (1)

しばらく進むと、一度船を降ります。
船のエレベーターのようなもので、船を移動させるのです。おもしろ〜い!

DSC03597 (1)
船のエレベーター。

DSC03598 (1)
エレベーターを興味津々で見ながら待つ。

途中で船頭さんにお願いして、船を漕がせてもらうことに!
これが予想以上に大変で、木の棒(オール?)が水に持って行かれてかなり力がいる!おじちゃんすごいな〜

DSC03610 (1)

DSC03613 (1)
一気にオールが持って行かれて大変!!結果全然漕げず。

しばらく行くとついに・・・!
見えてきました、人形島!!!!

DSC03679 (1)

不気味な不気味な人形島、続きは次回!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

無料で楽しめるメキシコシティ第2弾!かっこよすぎる図書館。

現在、日本・東京。
仕事にも慣れてきたし、英語の勉強でも始めようかな〜スペイン語も完全に忘れる前にまたやりたいな〜とか思いつつも、何もできずにいる。
誰に強制されたわけでもなく、自分の意思ででやろうって思っているはずなのに、なんでできないんだろ。
苦労せずに、楽しんでるうちにうまいこと習得できないかな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*メキシコ:2016年12月28日〜2017年1月18日

無料で楽しめるメキシコシティ第2弾は、かっこよすぎる図書館です!
その名は、Biblioteca Vasconcelos。バスコンセロス図書館です。バスコンセロスとは、メキシコ革命後に文部大臣に就任したホセ・バスコンセロス氏の名前からだそう。

入り口はいたってシンプル。

DSC03541 (1)

ごく普通の図書館に見えるけれど、中に入ってみると・・・

IMG_2634 (1)

うおおおぉぉぉ!!!

IMG_2639 (1)

IMG_2641 (1)

IMG_2637 (1)

なんだこれ、めちゃくちゃかっこいい!!!

実はこの図書館に2回足を運んでいるのですが、小心者の私、中に入って良いのかわからず妙に緊張してしまって、1日目はここまでしか行けませんでした。

そして2日目、この日は宿で出会った人と3人で図書館に向かいます!
心強い仲間を得たので、この日は安心して中に入れました。

長く続く廊下。

IMG_2662 (1)

下から仰ぎ見るのとはまた違って見える本棚たち。

IMG_2665 (1)

IMG_2673 (1)

テラスみたい。

IMG_2667 (1)

上から見下ろすとこんな感じ!

IMG_2671 (1)

こりゃあすごいや!
SFの世界のような、未来のような、そんな感じ。
ピッてボタンを押したら、ウィーンガシャーンって本棚が動いて、読みたい本が目の前に現れそうな雰囲気。

思わずニヤニヤしてしまったのは、18禁コーナーがあったこと。
こんな公共の図書館にあるんだね。まあ別に、悪いことじゃないもんね。

IMG_2672 (1)

IMG_2669 (1)

IMG_2670 (1)

たまたま私が行った時は、地図っていうテーマの絵本を集めたような小さな展示を行っていて、五味太郎の絵や、日本語が書いてある展示があって嬉しかった!

IMG_2645 (1)
五味太郎の絵。

IMG_2651 (1)
牛に日本がある。

IMG_2652 (1)
日本語〜!

ちなみに、図書館の壁の部分には本が飾られていて、さりげないおしゃれが素敵!

IMG_2659 (1)

いや〜噂通り、本当にかっこよかった!

カメラでの撮影は禁止ですが、スマホならOKです!(許可を取ればカメラでも撮れるらしい)
リュックサックなどの大きな荷物は預けなきゃいけないので、最低限の荷物で行った方が気楽かも。

世界には様々な素敵な図書館があるみたいだけれど、これは唯一無二のかっこよさだなぁと思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!