ブハラへ移動!素敵なレストランと中央アジアの食の話。

現在、スぺイン・バレンシア。
いよいよトマティーナメンバーとのシェアハウス生活が始まりました☆
初めましての人でも、共通の友達がいたりして面白い!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


お気に入りの街になったサマルカンドを離れて、続いて向かうのはブハラ

サマルカンドからブハラまではバスが出ているということだったので、タクシーに乗ってバスターミナルへ。
タクシーの運転手たちは「ブハラ行きのバスは来ないよ〜」という。
信用ならないのでバスターミナルのお店やさんの少年に聞いたら、「ブハラ行きのバスは来る」という。
しかし、待てど暮らせどバスは来ない・・・
というわけで、タクシー乗っちゃいました!乗合タクシーで、3人で90000スムだったかな〜
途中でタクシーを乗り換えさせられますが、追加のお金は取られないので大丈夫。

そしてブハラに到着!
・・・暑い!!!!!

めちゃくちゃ暑い。
サマルカンドよりも暑いとは聞いていたけれど、こんなに暑いとは・・・
日中は43度くらいありました。

宿でおばちゃんに、ご飯食べるのにいいところを聞いてみたら、とっても素敵なレストランを紹介してくれました!
お店のお兄さんが宿まで迎えに来てくれました!

DSC02728.jpg
お店のお兄さんについて歩くこと5分。

DSC02729.jpg
日中は暑すぎるので地元の人もあまり出歩いていない。

そして到着したレストランがこちら♡

DSC02743.jpg

DSC02730.jpg
入り口。

DSC02732.jpg
素敵な内装!

DSC02734.jpg
案内してくれたお兄ちゃん。中学生くらいかなぁ

料理が来るのを待つ間、レストランの中を探検。2階に上ることもできます。
なんだかテンション上がる!

DSC02737.jpg
上から見たところ。

DSC02740.jpg
2階から見下ろすふゆちゃん。

お店の雰囲気がいい上に、料理も美味しかった!!!

DSC02739.jpg
サラダ2種類とナン。

DSC02741.jpg
お肉。

とても素敵なお店なので是非!こちらお店の名刺です↓

image1 (1)

image2 (1)

中央アジアの食事は、キルギスもウズベキスタンもカザフスタンもまぁまぁ似たような感じでした。
超定番のメニューといえば、ラグメン(ラグマン)

DSC02337.jpg
DSC02493.jpg

トマト風うどんって感じで美味しい!私は中央アジアの料理で1番好きかな〜!
野菜もいっぱい入ってるし!日本人好みの味だと思います。

そして定番のプロフ

DSC01575.jpg

これは、肉の出汁の効いた炊き込みごはんみたいなもの。結構肉の味が強い。

あとはみんな大好きシャシリク

DSC01719.jpg
キルギスの通称10分マーケットのシャシリクは美味しかった。

DSC01721.jpg
串から外したところ。1本で満腹!

DSC01720.jpg
うまーい!

羊肉のものや牛肉のもの、鶏肉のものなど。
お店によってたまにお肉が硬いこともあるけれど、基本的にどこで食べても美味しかった!

あとは、中央アジアでサラダといえばこれ!トマトとキュウリのサラダ。アッチク・チュチュク
DSC01576.jpg

名前が可愛いので言いたくなるけれど、サラダといえばほぼこれが出てくるので、アッチクチュチュクというチャンスは少なかった。
美味しい味が付いているものもあれば、全然味付いてないのもあり。

あとは、中央アジア風の肉饅頭、マンティ
DSC01718.jpg

蒸し餃子みたいな感じ。1つ1つ大きい。
個人的には、小さなマンティがスープに入ったスープマンティがおすすめ!

他にはこんなものも食べました。

キルギス名物のイチゴタルト

DSC01669.jpg

ウズベキスタンのシュヴィト・オシュ

DSC02989.jpg
ほうれん草麺にヨーグルト風味のソース。ちょっと独特の味。

ウズベキスタンでよく見かけたチキン。(多分タバカっていう名前。)
DSC02494.jpg
これめっちゃ美味しかった!ちょい高め。

そしてウズベキスタンで是非食べて欲しいのが、メロン!!!
タカトシはメロンにはまって、ほぼ毎日買っておすそ分けしてくれました。
めっちゃ安い!!1玉150円くらいで買えちゃいます。
様々な種類のメロンがあるけれど、1番美味しかったのはこの形!覚えておいてください!!!笑

DSC02608.jpg

DSC02518.jpg

中央アジアはあんまり食事のバリエーションは豊富じゃなかったけれど、まぁ飽きずに楽しめました!
次回は暑い暑いブハラの町を散策します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

青の都・サマルカンド!

現在、スペイン・バレンシア。
ついにトマト祭りが近づいてきました!今日からは9人で宿をシェアしてみんなでトマト祭りを楽しむ予定!
セブ時代の懐かしの友達にも会えて、こういうお祭りがあると楽しいな〜って、お祭り前からウキウキしてます♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


青の都・サマルカンド
レギスタン広場が一番の見所だと思いますが、他にも素晴らしい場所があります☆
徒歩で回れるので、のんびりぶらりとお散歩気分で観光してきました!

通りすがりに立ち寄った、住宅街の一角にあるおみやげ屋さん。なんだか素朴な良い雰囲気。

DSC02533.jpg

DSC02538.jpg

DSC02534.jpg
この人形ツボ。

DSC02536.jpg
ウズベキスタンギャングと呼ばれていたかわいい少年。

DSC02547.jpg
なんかおじさんに着せられてるタカトシ。

まず最初の目的地、シャーヒ・ズィンダ廟群へ!
シャーヒ・ズィンダ廟群は、ティムール王家の人々が祀られているお墓。

DSC02566.jpg

DSC02563.jpg
迫り来る青色。

DSC02574.jpg
空も負けじと青かった。

DSC02589.jpg

DSC02588.jpg

DSC02571.jpg
まるで町のよう。

DSC02583.jpg
修復中。

とにかく美しい青色が印象的!ウズベキスタンに入ってからたくさん青色は見てきたけれど、ここの青色が一番青かった。
ベトナムであったイギリス人が田んぼを見て「greenest」って言っていたけれど、ここは「bluest」だって思いました。

そしてここで、南旅館メンバー・キムさん・テツくん・りょうくんとばったり再会!みんなで一緒に観光することに♪

DSC02593.jpg
お互いを撮り合う。

シャーヒ・ズィンダを後にして、暑さにヒイヒイ言いながら歩きます。
暑いけれど、歩いているだけでもウズベキスタンらしさを発見できたりして楽しい。
キムさんがパスポートなど大事なものいっぱい入ったリュックをシャーヒ・ズィンダに忘れるという大事件を乗り越えたり、それに気づいた時迷わず「早く取りに行こう!」と言って一緒に行ったテツくんの男気に感動したり(デキる男です)。

DSC02554.jpg
可愛い柵。

DSC02550.jpg
ツンツン毛が生えてるみたい。水泳帽から出る坊主頭の毛のような。

DSC02604.jpg
市場にも行きました。

DSC02612.jpg
途中にあった噴水で休憩。この噴水がめっちゃ気持ちよかった!!!

DSC02613.jpg
みんなで足湯。足水?

続いて向かったのはグーリ・アミール廟
こちらもティムールの一族が眠っている霊廟だそうです。

DSC02623.jpg

DSC02621.jpg

DSC02625.jpg

DSC02630.jpg
またテイストの違う薄い青。

こちらは、マレーシアであった大学生ユウくんが「内装がとーっても綺麗です」って教えてくれたところ。
そしてその通り、内装がとーっても綺麗だった!!!
もし教えてもらってなかったら、きっと入場料ケチって入ってなかったわ。ありがとう、ユウくん!笑

DSC02644.jpg

DSC02634.jpg
スター発見☆★

DSC02647.jpg

DSC02646.jpg

DSC02648.jpg

外観の青色からは想像もつかない金色の世界。
それもなんかギラギラしていなくて、溶けるような優しい金色。

充実したサマルカンド観光でした!!!次回は、サマルカンドからブハラへ移動します♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

レギスタン広場に恋をして。

現在、スペイン・マドリード。
ポーランドとスイスはまあまあ寒かったけれど、スペインは暑い!
そしてヨーロッパは日差しがすごいですね。目がやられる感じの眩しさ。似合わないと評判のサングラス・・・かけるか。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


サマルカンドといえば、そう、レギスタン広場

レギスタンとは「砂地」という意味。このレギスタン広場は、ウルグベク・メドレセ、シェルドル・メドレセ、ティカラリ・メドレセという三つの巨大な建築物(神学校)に囲まれています。
政治・経済・文化の中心であったレギスタン広場は、シルクロード主要路の交差点として東西の交易商人が行き交い、バザールが開かれ活気がみなぎっていたのだそうですよ。

レギスタン広場はずっとずっと来てみたかった場所。このためにウズベキスタンにやってきたようなものです。
そんな憧れの場所、レギスタン広場。私の想像以上に素晴らしかった!!!

サマルカンドは2泊の滞在でしたが、大好きすぎて、1日目夕方、夜、2日目早朝、昼、夜、と5回も足を運んでしまいました。
それくらい素敵だったんです。私、レギスタン広場に恋をしてしまったようです。

初めて訪れたのは、サマルカンドに到着したその日の午後
まずはまわりをぐるりと一周してみることに☆

DSC02466.jpg
近くで見るとやっぱり大きい!

DSC02469.jpg

DSC02462.jpg

DSC02463.jpg
美しいタイル。青色。

DSC02482.jpg
中には崩れかけているところや修復中のところも・・・

う〜ん、まわりだけでも既にとても美しい!!
全部同じように見えるタイルも、場所によって様々な模様を描いていて面白い。

そして正面!!!雲ひとつない空とレギスタン広場と子ども。この写真なんか好き。
普通に子どもたちがこんな素敵な場所を日常の場として遊んでいるっていうのがなんかすごい。

DSC02485.jpg

DSC02483.jpg
西日に照らされてる。

いや〜これはかなりいい感じだぞ!レギスタン広場!!!
夜はライトアップされるので、暗くなったらまた行ってみることにして、ひとまず引き上げました。

それから

DSC02506.jpg

DSC02497.jpg

ここここれはーーー!!!!!
美しすぎるでしょう!!!!!


正面の段差に腰掛けて、ぼーっと見ているだけで幸せになれる空間。
なんだか心が穏やかになって、スーッと浄化されていくような、そんな不思議な場所。
なんだか魔法にかかったみたいな気分。レギスタンマジックが、確かに存在する気がするのです。

ここに異性とふたりで来たら、きっと恋に落ちる。

そんな場所です。

ちなみにこの時期はラマダン中だったこともあってか、レギスタン広場近くの広場は夜は多くの人で賑わっていました。

DSC02515.jpg

そして3度目の訪問は翌日の朝5時
なぜ朝5時かというと、実は前日外から見ていた時に、警備員のお兄さんに声をかけられたのです。
「明日の朝5時に来たら、ミナレット(塔)に登らせてあげる。朝日が綺麗だよ。」
ってね。そんなわけで、早起きをしてやってきたのです。

しかし昨日話した警備員さんが見あたらない。しばらく捜索して、他の警備員さんに聞いてようやく発見!
でもね、「ミナレットに登るなら○ドルだ!」って言われたわけ。
いくらだったか忘れたけれど、結構高かったし(ミナレットだけで15ドルとかだったっけな)、もう日も昇ってきてるし、いやいやそれは登らんでしょ!って感じ。
というわけで、早朝の誰もいないレギスタン広場をまたぼーっと眺めて終了。笑

DSC02520.jpg

DSC02524.jpg
レギスタン広場裏では、おばちゃんたちが朝の体操してた。


そして4度目の訪問、午後。この日は、合流した南旅館メンバー・キムさんとテツくんも一緒です♪
みんなでセルフタイマーで集合写真!くぅ〜青春!!笑

DSC02670.jpg

結婚式(?)の写真撮影をしている人もいました。素敵。

DSC02679.jpg

DSC02680.jpg
それをパパラッチのように撮るキムさん&タカトシ。

さて、今回は入場料を払って(なんかここの受付を牛耳ってるぽいおじちゃんに声かけられて、「お前らはstudentだから特別に割引して3つのメドレセの入場とカメラ込みで安くしてやる」って言われて一人5ドルだった)、中に入ります。
4度目にして初めて中へ!!!

こちらはシェルドル・メドレセ

DSC02658.jpg

シェルドルとはライオンという意味だそうで、つまりこの謎の生き物、ライオンなんです。虎にしか見えない・・・!
イスラム教では偶像崇拝が禁止されているから、こういった動物が描かれているのはとても珍しいのだそうで。
イスラム教義に逆らってこんな絵を描いたのは、支配者が自分の権力を誇示するためで、その責任を取って、このマドラサを建てた建築家が自殺したとの話も。

様々な青色で、繊細な模様を描く美しいタイル。好きだな〜
これらの青いタイルはサマルカンドブルーと呼ばれていて、中国の陶磁器とペルシャの顔料が出会って誕生したもの。「文化交差路・サマルカンド」ならでは!のものだそう。

DSC02683.jpg

こちらは、ウズベク・メドレセの内部。(たぶん。もしかするとシェルドルメドレセかも・・・)
中は2階建ての建物に囲まれた広場みたいになっている。2階には登れないけれど、1階の部屋はおみやげ屋さんになっています。

DSC02693.jpg

DSC02700.jpg
ひまわり。

DSC02696.jpg
お店やさんがゲームして遊んでる。

ちょうどいいところに木のデッキみたいなものがあったので、そこでごろーんと寝そべって、上のタイルをじっくり眺めてみる。

mt-20160629231154.jpg

見ていると、だんだん模様が色々なものに見えてくる。「あっ、情けないライオンの顔見えた!」とかいってみんなで上を見ながらしゃべるのは、なんだか良い時間だった。

DSC02699.jpg
情けないライオンがずらりと並ぶ。見えますか?

こちらは真正面にそびえ立つティラカリ・メドレセ
ここは内装が素晴らしい!きらびやかで、でも品があって。

DSC02704.jpg

DSC02703.jpg

DSC02706.jpg
お祈りをするムスリム。

最後に訪れたのは、再び
夜が1番好き。暑くないからいつまででも見ていられるし、ライトアップも素敵。

DSC02714.jpg
三輪車少年。

ここにいると必ずウズベキスタン人が声をかけてくるんです。
若い人だと、グループの中に1人は英語がしゃべれる人もいる感じだったので、コミュニケーションが取れて楽しかった♪
レギスタン広場でこうやって、現地の人たちとおしゃべりを楽しむの、すごく好きだった!

DSC02511.jpg

DSC02720.jpg

大好きになったレギスタン広場。
またいつか、きっと訪れる気がします。

DSC02721.jpg
★間違い探し★この写真、三輪車少年の写真と見比べると何かが違います。なんでしょうか?!



正解は・・・青いドーム部分。三輪車少年の写真撮った時は、ライトつけ忘れていたらしく、途中でついた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

サマルカンドに向かう列車での可愛すぎる出会い♡

現在、スペイン・マドリード。
飛行機で隣だったお兄さん(優しい笑顔のイケメン)。会釈する程度で全然喋らなかったんだけど(イケメンに緊張)、空港からの地下鉄も一緒だったのでちょっとおしゃべり。
スイス人のバイオリニストだそうで。イケメンバイオリニストか〜キラキラしてんな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


タシュケントは1日だけの滞在。早速、サマルカンドへと移動します!
サマルカンドはずっと前から行ってみたかった場所のひとつ。わっくわく!

タシュケント駅から列車に乗っていざ、サマルカンドへ〜☆

DSC02383.jpg

DSC02440.jpg

そしてこの電車の中で、とっても可愛い素敵な出会いがありました♡

列車で私たちの斜め前に座っていたファミリー。
パパママと、7歳くらいの女の子、4歳くらいの男の子。珍しい日本人に興味津々!

DSC02438.jpg

ちょっと手を振ってみたり、微笑みかけてみたり。そのうちだんだん打ち解けてきて。
言葉はわからないし、子どもたちも私たちが言葉通じないのわかってるから、言葉らしい言葉はしゃべらないんだけど、
「あぁ〜!」「ちゅんちゅん!」「ぴゅ〜!」「ふふふっ!」みたいなそんな擬音で会話できちゃう。

DSC02423.jpg
弾ける笑顔!

途中から折り紙を折って見せたらすごく喜んでくれて♪

DSC02432.jpg
手裏剣を持って何しているのかな・・・?

DSC02433.jpg
お洋服のリボンにぶら下げてた〜☆

DSC02437.jpg
ミニミニ鶴を持って♪

もーーーー!!!可愛すぎるってば!!!
子どもたちはもちろん、パパやママも楽しそうにしてくれて嬉しかったな〜♡

DSC02439.jpg
最終的にはこの笑顔!

電車があっという間に感じられました。素敵な出会いに感謝です!
駅に着くと、タクシーのおじちゃんの客引き。駅でご飯食べてる間もずっと待ってて客引き続けられたけど、結局バスで行きました。

DSC02445.jpg

そして、宿へ。この宿がとても良かった☆
サマルカンドといえばバハディールが定番の宿みたいなんだけど、私たちは3人部屋でホテル アブドゥ バハディール2に泊まりました。
どうやらこちらの宿は、バハディールの系列宿みたいですが、バハディールよりもちょっとだけ1ランク上ってイメージ。
(バハディールは立ち寄っただけで泊まってはいないけど)

DSC02447.jpg
緑に包まれた空間。

何がよかったって、素晴らしいおもてなし!宿の人はとても礼儀正しくて、紳士な感じ。
到着した時や、外出から帰った時には、いつもフルーツやお茶を出してくれる!
あと、共同スペースがゴロゴロできる感じで心地よい♪私たち、個室なのにそこで昼寝してたくらい!

DSC02449.jpg
到着時に出してくれたおやつ。

DSC02529.jpg
朝ごはん。これにさらにスクランブルエッグもつきました。

DSC02527.jpg
宿からの景色。レギスタン広場も見える。

唯一の難点は場所がわかりにくいこと!笑
レギスタン広場などは徒歩圏内なので立地は良いのですが、Booking.comの地図で表示されている場所と少しずれている。
地図通りに来て、地図で表示されているよりも少し先に行くとこんな看板があるので、それに従って曲がると宿があります。

DSC02531.jpg

Wi-Fiはかなり悪くて使い物にならなかったけれど、これは他の宿も同じみたいなので・・・(>_<)

次回は、サマルカンドといえばここ!レギスタン広場。私、レギスタンマジックにかかりました。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

タシュケント。市場しか行ってないけど、この国好きかも!

現在、スイス・チューリッヒ。
やっとスイスから出るチケットを買ったので、明日マドリッドに移動します!
行き当たりばったりの私のヨーロッパ旅は一旦落ち着いて、この先は9月中旬までおおよそ予定が立っています。
なんだかちょっとホッとしてる。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

私史上1番大変だった国境越えを無事に終えて、ようやくたどり着いたウズベキスタン・タシュケント

車中泊だったし、宿でのんびりしたいところだけど、明日はもうサマルカンドに移動することにしているので、のんびりしていられません!
まずは、明日のサマルカンド行きの列車のチケットを買いに駅のチケット売り場へ。
しかし再びね、ウズベキスタンの洗礼を受けることになったわけです。笑

DSC02383.jpg


駅のチケット売り場に着いたのが確か11時ごろ。
7人くらい並んでいたのかな?大した列じゃないのに、チケットを買うための列に並ぶこと50分ほど。
やーっと私たちの番が来た!

窓口のお姉さんちょっと英語通じる。うん、順調順調。

行き先を告げて、乗りたい電車を選ぶ。うん、順調順調。

パスポートとお金を出す。うん、順調順調。


お姉さん「ランチタイムだからまた午後1時以降に来て」


えええええぇーーーーー!!!!!

ここまでやったのに?!
しかもランチタイム12時〜ってなってるけど、まだ11時57分だよ!!!
あと3分あれば手続き終わったんじゃないの?!?!

というわけで、私たちは1時間後に再び出直し、再び1時間列に並ぶことになったのでした(;O;)笑
まぁ無事にチケット買えてよかった!
ビザ取得といい、国境越えといい、列車のチケット購入といい、ウズベキスタンったらなかなか手間のかかるやっちゃ♡

さて、その後は、チョルスーバザールという市場へ☆
市場に行くのって、世界を旅している中でもかなりワクワクする定番のお出かけのひとつ!

チョルスーバザールまでは地下鉄に乗って行きます。タシュケントの地下鉄は駅が豪華だっていう評判。
どんなのかな〜と期待していきましたが、私たちが通った駅は、期待したほどではなかったかな〜。
写真は禁止なので、残念ながら写真はありません。

DSC02387.jpg
これは、地下鉄の入り口に続く地下通路。何にもないだだっ広い空間。

そしてチョルスーバザールに到着!
ウズベキスタンらしい、青色の綺麗なドーム。この中がバザールになっています!

DSC02395.jpg

DSC02388.jpg
外にもお店がいっぱい。綺麗な食器。

ドームの中はこんな感じ!中は白くてかっこいい!

DSC02391.jpg

DSC02392.jpg
天井。

2階には乾物がいっぱい!ナッツやドライフルーツやさんがズラリと並んでいます。
こういう同じお店がずら〜っと並んでる時って、みんなどうやってお店決めるんだろう。やっぱり店員さんの愛想とかかな?

DSC02393.jpg

DSC02394.jpg
チョコクロワッサンに見えるけど、ドライメロンにレーズンを巻いたものらしい。

いっぱい試食くれるから、つい、いっぱい食べちゃいます。
そして食べ過ぎると買わずに去るのも悪いので、タカトシはピスタチオを、私は干しあんずを買いました。

ドームの外にもいっぱいお店は広がっているので見るところがいっぱい!
見たことないようなものもいっぱいで楽しい。

DSC02400.jpg
なんかドロドロした白いもの。

DSC02397.jpg
ナンに模様をつけるやつ。

DSC02399.jpg
車いっぱいのすいか。

DSC02390.jpg
美味しそう〜

DSC02415.jpg
小さな可愛い梨。

DSC02398.jpg
水飲み場。公共のコップが紐でぶら下げてある。

DSC02408.jpg
ウズベキスタンのナン!

DSC02403.jpg
焼いてるところも見られます。

DSC02404.jpg

そしてウズベキスタンの人たちはとっても人なつっこい♡
ぶらぶらしていると声をかけてきてくれる。商売人根性で、というよりも、興味本位でという感じ。
とてもフレンドリーでチャーミング。

DSC02405.jpg
ナン焼いてるとこ見せてくれたお兄さん。やたら写真撮られたがる。全部このキメ顔!

DSC02412.jpg
おしん大好きなトマトやさん。

DSC02413.jpg
耳にミントさしてオシャレに決めてる可愛いおばちゃん。

DSC02414.jpg
金の前歯に繋がった眉毛、というのがウズベキスタン流オシャレ。

DSC02417.jpg
やたら呼んできてシャシリクまで持たせて写真撮りたがるくせに、カメラ見てくれないおじちゃん。

あれっなんだこのウキウキ楽しい気持ちは!!
まだウズベキスタンについたばかりで、チョルスーバザールしか行っていないのに、なんだかとってもこの国、好きな予感がする!!!

ウズベキスタン、また素敵な旅になりそうです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

カザフスタンからウズベキスタンへ、バスで私史上最悪の国境越え。

現在、スイス・チューリッヒ。
緑と牛だらけのホームステイ先から、一気に都会に来ちゃった感じ!さあこの後どこに行こう?!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


カザフスタン・アルマトイから、続いてはウズベキスタン・タシュケントへ移動します!

でもこのカザフスタン-ウズベキスタンの国境越えはかなりカオスとの評判。
実際のところ・・・今までの私の移動の中で1番大変でした!笑
ひとりじゃなくて良かった〜

こちらの移動は、中国-キルギスの陸路での国境越え並みに面倒臭い。情報もさらに少ない。

アルマトイの宿から、タクシーでバスターミナルへ。
バスターミナルから、バスに乗ってウズベキスタンとの国境近くまで。
そこからタクシーに乗って国境へ。
国境を越えたら、タクシーに乗ってタシュケント市内へ。


という感じです。
このバスがなかなかカオスでした。

DSC02376.jpg

暑い!!!
狭い!!!
最終的に雨漏り!!!

この狭さ、伝わりますでしょうか?
右の青い服の男性、普通に肘掛けに肘ついてるみたいな感じに見えるけど、これ前の人の背もたれなわけですよ。
とりあえずめっちゃ狭い!リクライニングしすぎ。

DSC02379.jpg

そして夜。蒸し風呂状態だったのに、夜はだいぶ涼しくなる。
私たちの座席の真上くらいに、天窓があるんだけど、日中はずっとこの天窓が開いていたわけです。
夜になって涼しくなってきたから、私の前の席のお姉さんが天窓を閉める。
少しすると後ろのおじさんが暑くなったからか天窓を開ける。
すると、寒いから女性が閉める。
おじさんが開ける。閉める。開ける。
何度かこれが繰り返されたのち、結構大きな声で喧嘩が始まった!
ちょっと〜私たちを挟んで喧嘩するのやめてよ〜〜〜( ;´Д`)でも天窓開いていたおかげで、1つ流れ星見ちゃいました☆

10時間以上乗車して、ようやく国境付近に到着!ふぅ〜疲れた!!!

しかしまだまだ心は休まりません。ここから国境まではタクシー。
結構な勢いでタクシードライバーたちが寄ってきて、ぼったくり価格を言ってくる。しかもほとんど英語は通じない。
しばらく交渉した末に、1台3ドルで乗車。大した距離じゃないのでこれでも高いくらいな気がするけど。
降りるときには「ひとり3ドルだ」とか言ってくるし!もちろん1台3ドルしか払わなかった。

そしてここから悪夢の国境越え。
しかしこの国境越え、パスポートを見せて日本人アピールをすると優先的に通してくれるとの噂。
これはやってみるしかない!

まずはカザフスタンを出国するために長蛇の列。なんか門閉まっててしばらく待つ。
門が開くとみんなしてギュウギュウ押し合い割り込み合い、列なんてあったもんじゃない。
優しいおばちゃんが唯一「ほら!今よ!行きなさい!」って感じで通してくれて助かった!

建物の中に入ってから、作戦実行。迷彩服のお兄さんにパスポートを見せて日本人アピール
そしたら確かに、列を一部ショートカットさせてくれて、スムーズにパスポートコントロールまでたどり着けた!
ありがとう!無事にカザフスタンを出国。

次はウズベキスタン入国
ここもまた、カザフスタン出国を上回る大行列。
日本人アピールをする間もなく、行列に飲み込まれてしまった!でも一向に進まない行列。
え〜こんなに待つの嫌だなぁ・・・と、そこに迷彩服のお兄さん!きたー!
オラオラ日本人だぜ、優先的に通してくれよ!といくのではなく、
「すみません、ちょっとわからないんですけど、日本人もここに並んでてOKですか(>_<)??」
と謙虚に尋ねましょう。期待通り、列を大幅ショートカットさせてもらえました!ふゆちゃんとタカトシに褒められました♡

パスポートコントロールでは、最初に並んでいた列は外国人ダメだって言われて並び直したので注意!(見た感じなんの表示もなくてわからないので、最初に誰かに聞くのが良いかも。)
しかもここでも、さりげなく順番抜かししてくるので注意!

ウズベキスタンの税関申告書の記入はかなり面倒臭い。
しかもロシア語!近くにいた職員の人に英語のある?って聞いたら、英語のしゃべれる人を連れてきてくれて、ずいぶん丁寧に教えてくれました。
スムーズに記入できるようにあらかじめ、持っている現金(米ドルいくら、日本円いくら)を数えておきましょう。(各国の細かいコインとかは申請しなくて平気です)
あと、PCとかカメラとか貴重品の所持についても深刻するのですが、新品じゃない場合は値段の記入は必要なくて「SECOND-HAND」って書けばいいみたい。

2枚同じように記入して、1枚は回収されますが、1枚は忘れずに受け取ること!!!
(ふゆちゃんはタシュケント到着後に受け取ってないことに気づいて、わざわざ取りに戻りました)

そんなわけで、やーっとウズベキスタンに入国!!!

いや〜達成感ありました!
日本パスポートアピール作戦で、かなりの列のショートカットに成功したものの、それでも1時間半以上かかりました。
何よりあの押し合いへし合い、順番抜かしまくりっていうのが精神的に疲れる・・・

ここまでくればタシュケントまであと少し!
国境からタシュケントまでは車で30分ほど。タクシーは1台5ドルが相場。
何やかんやふっかけてくるドライバーがまたいっぱいいますが、すんなりと5ドルで行くって言ってくれた運転手さんの車にスムーズに乗れました☆

走ること30分。ようやくタシュケントの宿に到着!ふぅ〜〜〜〜疲れた!!!
次回はタシュケントの街をぶらりしまーす♪ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ビシュケクからアルマトイへ!アルマトイおしゃれだな!

現在、スイス・マルタース。
最近、日本語について聞かれたり説明することが多いのだけど、英語で日本語の説明ってとても難しい!
微妙なニュアンスとか、尊敬語と謙譲語とか!でも面白い!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


さて、3週間滞在したキルギスを出て、次なる国カザフスタンへ移動!
2週間だらだらした南旅館をついに去ります。(特に何も無い日々過ごしていたおかげで、ブログがだいぶリアルタイムに近づきました笑)
それから、中国から1ヶ月半くらい共にしたリョータ君ともここでお別れです。(二日酔いでつぶれてたし全然寂しがってくれなかったけど笑)

でも今回の移動は、ふゆちゃん&タカトシも一緒なのでなんだか心強い!

まずはマルシュでバスターミナルまで行って、そこからアルマトイ行きのマルシュに乗ります。
ビシュケクからアルマトイまでのマルシュはひとり400ソム。
荷物を乗せる時に運転手のおじさんに「荷物を乗せるなら追加で100ソム払え!」みたいなこと言われたけど、「え〜なんでよ〜そんな情報聞いたことないよおじちゃん〜!ニェット(ロシア語で”No”)だよ〜!」とかって言ってたら大丈夫でした☆タカトシに褒められました!笑
たぶんあれは運転手のポケットマネーになるんだろうけど、荷物代払うの渋ったら荷物蹴られた、みたいな話もあるみたいなので要注意(´Д` )

そしてなんとこのマルシュの中で、カラコルの宿で出会って一緒に動物市にも行ったスウェーデン人・ヨハネスにも再会しました!すごーい!
キルギス・カザフスタン国境での待ち時間に、ヨハネス、スイス人、キルギス人カップルと一緒におしゃべり。
短い時間だったけど、みんなとっても雰囲気のいい人たちで楽しかったな〜♪
国境越えはスムーズでした!他のマルシュもいっぱいいるので、自分が乗ってきたマルシュをしっかり覚えておくことが大切☆

DSC02303.jpg

DSC02305.jpg

あと、カザフ入国後の休憩所の有料トイレでは、カザフスタン通貨を持っていない私たちのために「僕がトイレに招待するよ!そのかわり、いつかスイスに遊びに来てね!」と言って3人分支払ってくれました。粋だな〜!
約4時間で無事にアルマトイ到着。

翌日はアルマトイを1日ぷらぷらと散策。

DSC02308.jpg

DSC02312.jpg

DSC02349.jpg
アルマトイっていうのはりんごの里という意味らしい。

DSC02355.jpg
なんか電柱もオシャレになってる。


アルマトイは私が想像していたよりもだいぶ都会!オシャレで洗練された街という印象。
ふゆちゃんとタカトシと3人で、「オシャレ」「洗練」って言葉を使ったら負けっていう謎なルールを作るくらい、オシャレで洗練された街でした。笑
街自体は都会なんだけど、山が近くて街からいつでも山が見える感じがお気に入り。

まず向かったのはゼンコフ正教会

DSC02313.jpg

ゼンコフ正教会は木造で、釘は一本も使われておらず、耐震性を重視した構造なんだって。1911年に大地震があって周囲は壊滅状態だったけれど、この教会だけは大丈夫だったのだそうです。
カラフルで可愛らしい!タカトシ情報によると、この教会、見る角度によってまったく違う風に見えるのだとか。
確かにまわりを一周してみると、見る角度によって全く違う教会に見える!おもしろーい♪

DSC02316.jpg

DSC02318.jpg

観光用の馬車もいます。頭に赤いお花をつけておめかし♡
なんと鞍にはニッポンの誇るサンリオキャラクター・けろけろけろっぴーが!!

DSC02320.jpg

DSC02322.jpg

こちらの近くには28人のパンフィロフ戦士公園もあります。第二次世界大戦時、カザフスタン共和国から出征して モスクワを防御したパンフィロフ将軍率いる28人の隊の勇姿を讃え、 創設された公園なんだって。
かなり像は巨大で迫力がある!28人いるか数えてみたけど、そんなに見つからなかった。

DSC02327.jpg

DSC02331.jpg
永遠の火らしい。

それから市場へ♪
かなり広くて色々なものが売られています!

DSC02341.jpg

DSC02335.jpg

DSC02342.jpg

DSC02340.jpg
このお腹の表現すごい。

DSC02343.jpg
つぶれた形の桃。美味しかった(試食)

DSC02352.jpg
なんか可愛い炭酸のジュース。ちょっと甘すぎた。

その後は公園に行ったり、教会に行ったり。

DSC02358.jpg
地下通路。なんかかっこよく撮れた。

DSC02373.jpg
公園。

この教会は、偶然遠くから見えたので立ち寄ってみた教会
ムーミンハウスのような色合いの可愛い外観だけど、中は真っ白でシンプル。新しい教会みたいだったので、作り途中なのかも。
中に入る時、女性は頭にスカーフを巻き、腰巻をしました。(スカートはOK。長ズボンは腰巻をした。)
ちょうど私たちが訪れた時は礼拝の時間で、神聖な空気。なんだか心がスーッとしてとても良かった!

DSC02353.jpg

DSC02366.jpg

DSC02363.jpg

カザフスタンからウズベキスタンに抜けるついでに立ち寄ることにしたアルマトイでしたが、予想以上に楽しめました♪
物価もキルギスと同じくらい安いし(数年前の情報だと結構高い印象だったけどそんなことなかった)、素通りするのは勿体無い!

次回!カザフスタンからウズベキスタンへ、私史上最悪の国境越えです(^O^)笑 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

キルギスで出張折り紙クラス♪

現在、スイス・マルタース。
私がイメージするまんまの、いかにもスイス!!!という景色の中でホームステイさせてもらっています♪
お天気がイマイチなのだけが惜しいけど・・・晴れないかな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


アルティンアラシャンからカラコルに戻った翌日。
Integrativer Kindergarten "Кыялкечтер" in Ak-Suu, Kirgistanという福祉施設を訪問させてもらいました。
バンコクで出会ったしんたろーさんとキルギスで再会し、しんたろーさんがビシュケクの宿で出会ったスイス人・マディーがこちらの施設でボランティアをしているというご縁で、お邪魔させてもらえることになったのです。

DSC02206.jpg

おおもとはドイツの団体が運営しているものなのだそうですが、この学校を運営しているのはキルギス人のご夫婦。
ここには幼児から20代まで、15人ほどが通ってきているみたいです。

年齢によって2つのお部屋に分かれていました。こちらは小さい子たちのクラス。

DSC02107.jpg

DSC02104.jpg

こちらは大きい人たちのクラス。私は主に、こちらのクラスで過ごさせてもらいました。

DSC02205.jpg

DSC02102.jpg
作品。

食事はこんな感じ。

DSC02175.jpg
調理中。

DSC02103.jpg
朝ごはん。ミルクで煮たような甘いおかゆ?

DSC02199.jpg
昼ごはん。マカロニ。

ここで食べたニンジンサラダがとても美味しかった!ニンジン苦手なのに!


日によって工作をしたり、クッキングをしたり、動物園に出掛けたりと、様々な活動をしているのだそうです。
この日は私に、折り紙クラスをさせてくれました☆

障害の程度も様々なので、何をするか迷いましたが、とっても簡単で、バリエーションが広がるネコ(犬・チューリップ)をみんなで作ることに。

DSC02109.jpg

はじめはマディーがみんなに何をするか説明してくれて、それからスタート!

DSC02113.jpg

DSC02120.jpg

DSC02117.jpg

こういった場で折り紙を教えるのは初めてでしたが、少人数だったし、マディーもリョウ君も手伝ってくれたので、みんな素敵に仕上がりました♪

DSC02127.jpg

みんなで作るのはここまでで、あとは他のものを作って見せたり、一緒に手裏剣や風船を作って遊んだり。
風船は最後に息をフッと入れるところが面白いらしく、なぜだか照れながらも楽しそうにフーッとしていました♡

DSC02124.jpg
口はどこで作ってもウケる!

あとは自由に遊びました!
施設長の娘さんも来ているのだけれど、この子たちもとっても可愛かった♡

DSC02195.jpg

DSC02138.jpg
ゴミ箱頭に被せられたけど、めろめろです。

DSC02203.jpg
ひとりが目をつぶって、もうひとりが筆でそーっと手首から腕を撫でていって、肘まで来たと思ったら「ストップ!」というゲーム。これが案外難しい!

ビシュケクに帰る都合で、お昼過ぎまでしかいられなかったけれど、貴重な充実した時間でした。
ありがとうございました!

いよいよキルギスを離れて、次はカザフスタンに移動します☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

アルティンアラシャン秘境の温泉&バー♡

現在、スイス・ルツェルン。
今度はキルギスとカザフスタンとの国境で出会ったスイス人と再会しました!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


6時間におよぶトレッキングを終えて辿り着いたアルティンアラシャン
美しい景色。色とりどりのかわいい花々。ボ〜ッとするだけでも気持ちの良い場所です。

DSC02070.jpg

DSC02095.jpg

DSC02086.jpg

でも、トレッキングの後はやっぱり、温泉に入りたくなりますよね!!!
海外にいながら、それができちゃうのがアルティンアラシャンの魅力です☆

しかしこんな山奥にあるなんて、どんな温泉なんでしょう?ワクワク!

無料有料の温泉があるということだったので、まずは無料の方に行ってみることに。川沿いに無料温泉がいくつもあるんだって♪

しかーし!!
この道が予想を超えた道だった!
写真がないんだけど、道がめっちゃ細い!ちゃんとした道なんてもちろん無くて、草が薄くなってる道らしきものが1本あるだけ。
しかも一歩踏み外したら川まで落っこちちゃいそうな感じ!怖い!(長距離歩く分には全然OKなんだけど、こういう落ちたらやばそうな系がどうやら私は苦手らしい。)

でも、日没前に宿に戻りたいので早足で頑張ります。そして一つ目の温泉に到着。
・・・えっ?どこ?!

image1 のコピー

あったー!!!

image111.jpg

見つかりました?そう、この左下のちょっと水たまりみたいになっているところ。これが温泉です!笑

秘境すぎるでしょう!!!笑

女子チームはこちらに入浴、男子チームはもう少し先にある温泉に行ってくれることに。

手を入れてみると・・・確かにあったか〜い♡
でも・・・なんかめっちゃ濁ってる!これは温泉の濁りではなく、泥の濁りです。
さあどうする?!入る?!入らない?!

image1 のコピー 2

image2.jpg
温泉からの景色。

もちろん入りました〜!!!私と夏子さんだけね。笑

動くと底に溜まった泥が舞うから、動くたびに夏子さんに怒られました♡
夏子さんは最後、底に溜まった泥で滑って転びかけてました♡
温泉から出ると、おへそに泥が溜まってました♡

ぬるかったし(37度くらいかな?)泥すごかったけど、こんな秘境温泉に入れて満足!笑
ちなみに、男の子たちの行った方はめちゃくちゃぬるかったそうです・・・ごめんね。

ちゃんとした温泉に入りたい人は有料の方をオススメします!
翌朝行った、ちゃんとした建物のある温泉は、道のりも楽だし、温度も良かったし、泥だらけじゃありませんでした☆
気持ち良かった〜!

DSC02074.jpg

DSC02073.jpg

それから、このアルティンアラシャンにはバーもあります☆
キルギスのこんな山奥で!トレッキング&温泉&お酒!素晴らしいですね。

DSC02067.jpg

DSC02068.jpg

私は普段ほとんどお酒を飲まないのですが、飲みの場は好きだし、たまに飲む分にはとても楽しい!
途中から、オランダ人&アメリカ人&インド人も加わってみんなで盛り上がりました☆(途中からわけわからない感じになっちゃったのも良い思い出?!)

DSC02069.jpg
上機嫌の可愛いテツくん。

ちょうど宿のおじちゃんが看板を作っていたので、今頃はもうこの看板がたっているのかも??
まさかここで日本語の看板を見るとは!日本人多いんですかね〜

DSC02094.jpg

そんなわけで、アルティンアラシャンの秘境の温泉&バーを楽しんだのでした!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

アルティンアラシャンへトレッキング!

現在、スイス・メラノ。
スイスはとにかく物価が高い!心の準備はしていたけれど、いざ目の前にするとなかなかのものです。笑
10分ちょっと電車乗っただけで450円くらいしました。うひょー

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


動物市を出たあとは、秘境を目指してアルティンアラシャンへ向かいます!

まずはカラコルからマルシュに乗って、アルティンアラシャントレッキングのスタート地へ移動。

いよいよここからトレッキングスタートです!
南旅館で仕入れた事前情報によると…

タカトシ&キムさん「天気が悪かったから苦行だった」

リョウくん「街歩きみたいなもん」

えぇ〜苦行と街歩きってだいぶ違うんだけど〜!笑 実際のところどうなんでしょうか!?

まぁでも、本日も見事なまでの晴天!トレッキング日和!
道もぬかるんでないだろうし、きっと気持ち良くトレッキングできることでしょう♪
約16キロ、4時間半ほどのトレッキングのスタートです!

DSC02037.jpg

まわりは本当に大自然!緑がいっぱい!なんていうか、木々が深いんですよ。

DSC02043.jpg

川が流れていたり、途中では牛や馬にも出会ったり☆
馬の横を通り過ぎるときはちょっと緊張した。

DSC02100.jpg

DSC02051.jpg

DSC02045.jpg
おっTOKO?(私の名前です)

たしかに気持ち良いんだよ!自然いっぱいだしね!
でもね、これ…街歩きではないでしょーーーー!!!笑

DSC02060.jpg

こんな小川をいくつも越えました。

DSC02098.jpg
いつポチャンするかハラハラ。

DSC02059.jpg
道を外れてショートカットを試みる夏子さん。(ちいさーく真ん中下の方にいる)

DSC02056.jpg
車で登りたーい!笑

何度も休憩し、何度も弱音を吐きながら、だらだらのんびり歩きました(*゚▽゚)笑
荷物はカラコルの宿に置いて、極力軽くして出かけることをオススメします!大荷物で登ったテツくんはかなりバテてました!笑

最後はかなり急な上り坂が続きますが、これを越えればあと少し!!
そして…アルティンアラシャン到着〜!!!ふぅ〜疲れた!
4時間半程度と聞いていましたが、なんだかんだ私たちは6時間くらいかかったな?笑
私の感覚では、街歩きと苦行の間!まぁまぁ覚悟して登ればOKって感じの印象でした!

DSC02066.jpg

DSC02064.jpg

DSC02063.jpg

でもね、到着したからってのんびりとはしていられません!
私たち、日没前に行かなきゃいけない場所があるんです!

荷物を置いて準備を済ませたら、みんなで再び出発!
そう、アルティンアラシャンでは日本人の大好きな、お・ん・せ・ん♡があるんです!

次回、アルティンアラシャンの秘境すぎる天然温泉&隠れ家Barについてレポートします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!