何これ?!の連続だったルアンパバーンの朝市

現在ベトナム・ホーチミン。
母が帰国したので、再び5ドルのドミトリー暮らしに戻りました!HAHAHA!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ルアンパバーンの朝の風景、托鉢を見た後にオススメなのが、朝市です!!
この朝市は決して観光客向けのものでなく、地元の人の台所のようなもの。
ルアンパバーンの街にはコンビニやスーパーはほとんどないから、本当に地元の人の暮らしに密着したものなのだと思う。
様々な野菜や、生きた食材、見たことのないものであふれる、超ローカルな市場です!

場所は、メインストリートより1本メコン川側の通り。メインストリートの交差点からメコン川のほうへ下っていくと、右手にあらわれます。

DSC07526.jpg
店舗をかまえている店もあれば

DSC07543.jpg
地面にそのまま出している店もある。

肉、魚、野菜、調味料、日用品、衣類…何でもあります!なかでも見ていて面白いのはやっぱり、食料品!

DSC07528.jpg
お肉屋さん。ハエがいっぱい。

DSC07531.jpg
なまず。

DSC07544.jpg
初めて見る野菜がいっぱい。

その場で食べられるようなものも多く売っているので、朝ごはんをここで済ませることもできます!
焼きおにぎりのような磯部餅のようなものは美味しかった。
葉っぱに包まれて焼いていたものは、蜂の子だった・・・あんまり味なかった・・・栄養はありそう。

DSC07538.jpg
焼きおにぎりのようなもの。2000バーツ。安くて美味しい。

DSC07534.jpg
この葉っぱの中に・・・

DSC07535.jpg
蜂の子がぎっしり!

市場には、日本ではまず見られないようなものや、光景が多くありました。
ウッと思うようこともあったけれど、これがここのリアルな生活。発見の連続でした。

DSC07547.jpg
徳を積むために売られている鳥。これを山で逃がすと徳が積めるそう。

DSC07541.jpg
その近くでは、食用の鳥の羽をむしっている真っ最中。

DSC07542.jpg
カメムシ…どうやって食べるんだろう。

DSC07540.jpg
ネズミの丸焼き。

DSC07546.jpg
リス。そして何かの断面の肉。

この1番下の写真の動物が何か、どうしてもわからないのだけれど、なんだと思いますか?
犬かなぁと思ったけれど、手が違う気がするし…なんだろう?

地元民の生活が垣間見れる、朝市。観光地とは違う面白さがここにはあります!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ルアンパバーンの托鉢&おいしいお粥やさん

現在ベトナム・カントー。
日本から桜のたよりが届くと、やっぱりお花見したくなる!やっぱり私、日本人だわ。
かわりに桜ソング(森山直太朗とかaiko,とか…古い?)を聴いて癒されています。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ルアンパバーンの朝の風景、托鉢
托鉢とは、修行僧が鉢を持って市中を歩き、施しの米などを受けて回ること。
東南アジアの上座部仏教を信仰する国では、毎朝、托鉢が行われているのだそう。
なかでもここルアンパバーンは、お寺が多くあることもあり僧侶が長い列をなして托鉢する姿が見られるのです。

托鉢が始まるのは朝5時半ごろ、という情報を見ていたので、朝5時20分ごろ、宿を出て見に行ってみる。
外は真っ暗!托鉢の始まる気配なし…。
どうやら托鉢の開始時刻は日が昇る少し前くらいのようで、私の訪れた3月は、6時過ぎて明るくなり始めた頃から始まりました。

DSC07507.jpg
開始前。少しずつ地元の人がスタンバイしはじめる。

DSC07508.jpg
だいぶ人が増えた頃、お寺から僧侶たちが出てきました。

オレンジ色の袈裟を身にまとって、裸足で、静かに、列をなして歩いて行く。
案外、歩くのが速い。おじいさんのような僧侶から、とっても若い少年のような僧侶まで。

DSC07518.jpg
オレンジ色が美しい。

DSC07566.jpg
托鉢には犬がついてくる。美味しいにおいするもんね。

DSC07576.jpg
つい、托鉢っていうかたまりというか事象として見てしまうけれど、ひとりひとりの顔を見ると、人間味を感じる。

やっぱり評判通り、観光客がいっぱいで、違和感を感じる部分も無いとは言えない。
マナーの悪い人がいたり、喜捨セットを売りにくるおばちゃんが大勢いたり、色々思うことはあったけれど、
熱心に喜捨をする地元民の姿は間違いなく本当の姿だし、凛と歩く僧侶たちの列は美しかったです。

DSC07568.jpg
女性は座って、男性は立って参加します。


DSC07524.jpg
逆托鉢というのでしょうか?この子は空っぽの籠をもって座っていて、僧侶たちはこの籠にもらった食べ物を入れてました。籠いっぱいにお菓子をもらって嬉しそうに帰っていった。

どこで托鉢を見るかっていうのは、好みによって変わってくると思います。私は2日間行って、いわゆるメインストリートと、そうじゃない場所とで見ました。

長~い列を見たいのならばメインストリートがおすすめ。たくさんのお寺があるので多くの僧侶が通ります。
しかも、大勢の不慣れな観光客が托鉢に参加しているので手間取るらしく、列が長くなる。笑
ただし、すごく観光客が多いということだけは覚悟の上で…。

DSC07555.jpg
托鉢に参加する準備をしているたくさんの観光客。

少しメインストリートをはずれるだけで、観光客はかなり減って、地元の人たちの姿が多く見られるので、個人的にはこちらがオススメです!

DSC07521.jpg

托鉢は30分足らずでほとんどが終了します。はかなさもまた良いということで。
お寺に帰るとすぐにそれぞれ清掃などをはじめていました。このような朝を毎日迎えているんだなぁ。

DSC07587.jpg

托鉢を見た後は朝ごはん。
私のお気に入りは、メコン川沿いのお粥屋さん!3回行きました。
おかゆに温かいジャスミンティーがついて7000キープ。お肉としいたけが入ってます。上にフライドオニオンとパクチーをお好みで♡
メインストリートの交差点からメコン川のほうへ下って、川沿いの道を左にしばらく行くとあります!(場所が曖昧ですみません…)

DSC07590.jpg
なかなかの人気店。

DSC07589.jpg
おいしいんだ、これが!

メコン川もゆったりのんびり流れていて、レストランも多いけれど、ローカルな空気もあって素敵。

DSC07553.jpg
メコン川と洗濯物。

DSC07552.jpg
洗濯物と何かの食べ物。

ルアンパバーンの朝は、早起きすべし!
かなりディープで興味深い朝市も、朝だけの楽しみ☆
次回は売っているものの8割がよくわからないものだった朝市のようすをお伝えします!!

DSC07548.jpg
ルアンパバーンの街には僧侶が似合う。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ここは楽園?!クァンシーの滝

現在ベトナム・カントー。
貧乏旅行らしからぬ、良いホテルに泊まっています!部屋が高級な匂いする~♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ルアンパバーンの一大名所、クァンシーの滝
まぁせっかくだから行っておくか~くらいの気持ちで、象使いで出会った大学生ケントくんとともに行ってきました。

細かい話をする前に言うと、クァンシーの滝とても良かった!!!いやぁなめてましたわ、クァンシーさん。
もちろん観光客はとても多いのだけれど、想像していた以上に自然がいっぱいで美しくて心安らぐ場所でした。

クァンシーの滝にはソンテウで行けます。
ナイトマーケットの入り口あたりの交差点付近に、「タキ!タキ!」と誘ってくるおじちゃんがいっぱいいます。
空っぽのソンテウに乗ってしまうと、人が集まるまで待たされるので、ある程度人が集まっているものに乗るのが良さそう。
私たちは、走っているソンテウをつかまえて乗りました。(往復でひとり30000キープ)

ソンテウに乗り合わせたのはオール西洋人!もとからのお友達グループもいれば、今出会ったばかりみたいな人たちもいる。
英語の練習&仲良くなるチャンス!と思いつつも、シャイなニッポン人発症。
会話に参加するでもなく、ふたりで日本語で喋るでもなく、黙り続けるふたり。笑
途中から乗ってきたカナダ人のお姉さんと何度か目が合ったので、そのたびに微笑んでいたら、話し掛けてくれました♡
こういう時に自分から話し掛けられるくらいの英語力&コミュニケーション能力がほしい!!がんばろう。

おしゃべりを楽しみながら爆走すること1時間。クァンシーの滝に到着!
帰りの集合時間は、同じソンテウに乗り合わせたメンバーで決めます。
ひとりの西洋人のお兄さんは「時間じゃない!太陽がこのくらいの位置に来た頃だ!」とか超曖昧なことを言い出す。笑
結局、約3時間後の16時に集合することに。さてこのゆる~い感じのメンバー、果たして16時に集まるのか?!

DSC07433.jpg
入り口。

入場料20000キープを支払って入場。入るとすぐに、熊園があります!
クマに会えると思っていなかったから得した気分!

DSC07442.jpg
元気に遊んでいた!

DSC07443.jpg
これ結構ほしかった。

DSC07444.jpg
クマに関する展示も。ゆるい。


可愛いクマに癒されたら、滝を目指して歩きます!しばらく登っていくと…
なんだこの楽園はー!!!

緑の森。綺麗な青色の水。キラキラさしこむ太陽のひかり。そこで泳いだり、のんびり浸かって楽しむ人々。
見た瞬間に、ここ好き!って思いました。幸せな空気に包まれている感じ。

DSC07450.jpg

DSC07453.jpg

DSC07448.jpg


今すぐ泳ぎたい気持ちをおさえて、ひとまず一番奥にある滝を目指します☆
いくつもの滝があってとても綺麗。
プリトヴィツェはこんな感じかなぁ?九寨溝は?パムッカレは?なんて思いながら。

DSC07480.jpg
木も立派。

DSC07475.jpg
シャッタースピードを変えるという技を覚えました。

DSC07469.jpg
パムッカレってこんな感じ?


しばらく行くと…あったー!滝ー!高い!!!きれーい!!!

DSC07455.jpg


滝の上にも人がいる!上まで行ってみようかと思ったのですが、道のりが険しかったのでちょっと登ったところで早々に諦めて、のんびりと水遊びをすることに♪

私は張りきって水着を着てきたのですが、旅に水着を持ってきていないケントくん。
「パンツで泳いで、ノーパンで帰る」ことをオススメしてみたものの、パンツのゴムのゆるさを心配しているケントくん。
でもきっと、この美しい景色を前に泳がずにはいられなくなったケントくん。
いったん入り口のほうまで戻って水着買ってきました!!いえーい!!

更衣室はありますが、コインロッカーなどは無いようだったので、貴重品の管理には気をつけましょう!
ちなみに泳いでいるのは西洋人がほとんど!アジア人観光客も大勢いるのですが、ほぼ誰も泳いでいない。この景色を前に泳がないなんてもったいない!!

いくつか遊泳可の場所があるので、そのなかの1番上流のほうに入ってみることに♪
つめたーい!でも気持ち良いー!日が当たるところに行くと良い感じ♡
すっかり温泉気分(冷たいんだけどね)。絶景露店風呂(冷たいんだけどね)。

DSC07481.jpg
日が当たる場所は人気。

IMG_1758.jpg
皆さんお待ちかねのセクシーショット。

IMG_1785.jpg
おNEWの水着のケントくん。

IMG_1768.jpg
まるで銭湯。

IMG_1764.jpg
地元の高校生カップル。微笑ましすぎてニヤニヤが止まらない。


のんびり遊んでいるとあっという間に時間がたっていました。
もうすぐ16時だ!ということで慌てて準備。名残惜しい気持ちでしたが、急ぎ足で集合場所の駐車場まで戻ります。
ぎりぎりセーフ。16時ちょうどに到着。
も・ち・ろ・ん!誰もいませんでした!期待通りすぎるよみんな!笑

お腹がすいたのでチキンを買って、そのお店の可愛い姉弟を眺めながらみんなが来るのを待つ。
結局みんながそろったのは16時半。うん!思ったよりも早かった!笑

DSC07488.jpg

帰りのソンテウは、30分の遅れを取り戻すため?朝以上の大爆走でした。

いや~クァンシーの滝、良かった。
ちなみにクァンシーの滝が気に入ったケントくん。翌日の夕方の飛行機で飛ぶ予定の中、朝からクァンシーの滝に再び行き、滝の上まで登ったのだそうです!
それくらい素敵な場所。ぜひルアンパバーンに来たら行ってみてください☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

象使いの職場体験

現在ベトナム・ホーチミン。
母が持ってきてくれた私の大好物アルフォート。めちゃくちゃ美味しかった…!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


象使いの3日コースに参加して思ったこと。なんだか私、象使いの職場体験してるみたい!
ただ象に乗るだけじゃなくて、象使いの1日を疑似体験できる感じが、とても面白かった!

朝6時半。朝ごはん!
…の前に、山から象さんを連れてきます。もちろん行きは歩き!朝からなかなかの山道をハイキング!
象たちは夜の間、山で過ごします。鎖をつけていますが、5mあるのでけっこう広範囲動けるみたい。
びっくりしたのは、鎖を外すと、象さんが自分自身でそのながーい鎖を、鼻でたぐり寄せること!
たぐり寄せてくれた鎖を象に乗せて、自分も象に乗ったら、下山開始!エレファントキャンプまで戻ります。

IMG_1488.jpg
山道をのぼる。

IMG_1495.jpg
カンタンおはよう~♡この鎖を乗せる作業が重くて難しかった。

下山したら、そのまま川へ向かいます。
朝のひんやりとした空気の中、メコン川で水浴び!でも不思議とあまり寒くない!
木みたいな植物で象の体をこすると、シャンプーみたいに泡が出ます♪かゆいところはないですか~?

IMG_1520.jpg
静寂のメコン川。

IMG_1656.jpg
雄大なメコン川に入ると、大きな象も小さく見える。

ずいぶんと慣れた様子で、象の上で座禅を組む旅人和也さん。
いっぽうの私はというと…

IMG_1527.jpg
余裕の座禅。

IMG_1528.jpg
ちょっカンタン?!

IMG_1529.jpg
待って待って、待ってってば!

IMG_1530.jpg
落ちちゃうよ!

IMG_1531.jpg
完全に落ちたよ!

もう、されるがまま。
象使いというよりも、象使われですわ。
でも!楽しかった~♡それから象さんにサトウキビをあげる。朝ごはん、モリモリ食べます!

IMG_1567.jpg
象さんとても食いしん坊!

IMG_1566.jpg
※象ではありません

その後、午前中に来るお客さんに備えて、象の背中にかごをセッティング
(かごの取り付けは私は見てただけです…取り外しはやりました!)
かごを取り付けた後、今日は実際に「象使い」としてお客さんを乗せてお散歩をする!ということで、そのコースの練習

IMG_1706.jpg

それからようやく、私たちの朝ごはんです!ふ~お腹すいた~
卵5個の目玉焼きというスペシャルな朝ごはんを食べている間に、午前中のお客さん到着!

さっそく象使いとして、お客さんを乗せてお散歩スタート☆アイルランド私の初のお客さんはアイルランド人の女性。
英語でお話しながら象に乗るという、慣れぬことを2つ同時にする感じ!なんか色々活性化した気がします。

IMG_1577.jpg
お客さんを乗せて歩く緊張感。

メコン川に入るのは朝だけじゃありません。多い日は1日3回入りました!
私の象カンタンは水遊びが大好きだから、嬉しいのが伝わってきて、私も楽しかったな~♪

IMG_1712.jpg

森の中もいっぱい歩きました。森の中を、象のカンタンと、象使いのサッくんと一緒に歩くのはとっても楽しかった!

サッくんは英語が全然喋れなくて、シャイボーイだけど、おちゃめで可愛い人でした。
わずかにわかるラオス語をひたすら繰り返してるだけだったけど、楽しかったな~♪
とりあえず、象がおしっこしたら「ビアラーオ!チョンケーオ!!!」です☆(ビアラオ=ラオスのビール。チョンケーオ=乾杯!)
あとは、歌ったり、モノマネしたり。(私のニワトリのモノマネをすごく気に入ってくれたので自信がわきました。)

IMG_1743.jpg
素晴らしい時間をありがとう!!!

最後は象をまた山に返しに行って、象使いの1日が終了します。
最終日は、すっかりカンタンにも象使いサッくんにも愛着がわいてしまって、帰るのが惜しいほど。この感情は3日いたからこそのものだと思う!

毎日汚れて、象くさくなって、茶色いメコン川の水に浸かって、サトウキビあたって口の上に傷ができたり、森の何かにかぶれてブツブツできたりもしたけど、それでもとっても充実していて楽しくて、象がもっと大好きになった3日間でした♡

実際のところ、象なんて扱えないし、象使いでもなんでもないけれど、でも、象使いっていうお仕事を体験できたことはすごく貴重で面白かった!ラオスに来たらおすすめです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

象使い3日間コースの宿泊環境は想像以上に良かった。

現在、ベトナム・ホーチミン。
母と合流して優雅な生活を楽しんでいます!久しぶりのホテル!快適すぎてそわそわ・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


象使い3日間コースに参加してみて驚いたのは、その宿泊環境が予想外にとても良かったこと!
今日はそのあたりについて紹介します☆

まずはこちらが、私たちの泊まった建物。
両端のドアは部屋で、真ん中のふたつが男女別のお手洗い&シャワーです!
シャワーはそんなに綺麗じゃないけど、ホットシャワーも出ます。

部屋はダブルベッドがふたつ。4人泊まれます。私たちの時は2人しかいなかったので1人でベッドを広々使えました。
ベッドとテーブルと椅子があるだけのシンプルな部屋だけど、清潔!

DSC07389.jpg

IMG_1747.jpg

食事もしっかりとしていて、豪華です!品数は2~3品くらいだけれど、ラオス料理がもりもりに出てきます。
物凄いのは、カオニャオ(もちごめ)の量!この写真に写っているぶんで1人前。
とてもとても食べきれたものではなくて、籠からあふれ出ている部分だけで満腹になるくらいの量です。
この食事量も、象使いの修行のひとつなのか?!と思うほど。
あと、朝ごはんは基本、卵を5つ使った目玉焼き。笑 そして昼は卵を2つ使ったオムライスのようなもの。
1日に卵7つ!!卵は1日ひとつ、という私たちの常識は見事に打ち砕かれました。

IMG_1587.jpg
ものすごい量のカオニャオ。

IMG_1568.jpg
2日連続、たまご5つの目玉焼き。

IMG_1673.jpg
ご飯食べ始めると、わんこたちが欲しそうに見つめにくる。

なによりも素晴らしかったのが、周辺の環境
メコン川と山しかない大自然の中で、何もせずにのんびりと過ごす時間は極上でした。
象使いトレーニングが終わるのが夕方16時ごろなので、そこから夕飯までフリー。
川にキラキラと映る夕日をぼーっと見ていると、あぁ旅に出てよかったなぁとシンプルに実感したり。
Wi-Fiがないのですが、それが逆に良かったかも。たまにはね。夜は星も綺麗でした。

DSC07404.jpg
太陽が大きい。

DSC07421.jpg
幸せな時間。

DSC07394.jpg
イケメン発見。

ちなみに象使いさんの暮らしてる建物はこんな感じ。だいぶ違うね。
みんなフレンドリーで、和気あいあいとして感じで楽しそう♪
昼休み、ラオス版「牡丹と薔薇」みたいな雰囲気のドラマに象使いさんが夢中になって、なかなか午後が始まらない日もあった。笑

IMG_1486.jpg

IMG_1616.jpg
ドラマに夢中♡

そうそう、↓これは象使いさんの服…ではなくて、私の着ていた服です。笑
けっこう汚れるし、においも付くので、捨てても良いくらいの服で行くことをお勧めします!!!
私はルアンパバーンのローカル市場で買った15000キープの長袖と、インドで買ったてれてれのパンツで日中は過ごしました!
汚れてよくて、乾きやすい服。あと森の中で枝が当たったり、日差しも強いので長袖長ずぼん。がオススメ!

DSC07425.jpg

最後に象さん発見シリーズをお送りします。

DSC07372.jpg
象の鼻はやっぱり器用!

IMG_1617.jpg
毛はチックチク。

IMG_1728.jpg
不思議な口。

IMG_1729.jpg
しっぽふさふさしてるんだ。

IMG_1444.jpg
象同士の友情を垣間見た。

次回、象使いシリーズ最終章!象使いの1日をレポートします♪


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

そうだ、象使いになろう。【おすすめの象使いコース!】

現在、ベトナム・ホーチミン。
無事に、狂犬病3回目&A型肝炎の予防接種受けられました!!!ご心配してくださった皆さんありがとうございます♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ラオスを訪れる日本人に今流行りのアクティビティといえば、象使い
ラオスの国家資格・象使いが1日で取得できる!というので話題でしたが、どうやら国家資格ではないみたいです。
でも、象使いトレーニングコース(半日~)を設けて、それを終えると修了証みたいなものを発行するところが多いみたい。

私、象が好きなんですよ。

象使いの国家資格~とか流行る前から好き!
Facebookのプロフィール写真だって象と写ってる写真だし!しかもあれ、7年前に撮った写真だし!
そんじょそこらの「自分、象使いッス」って言ってる人よりも私、象が好き!
という謎の対抗意識があって。笑 なんとなく流行りすぎて悔しい気持ちもあって。笑

でもまぁせっかくラオスに来たわけだし、象と戯れたかったので、象使いのツアーには参加します。
いくつかのツアー会社を回って、内容や値段を聞いたけど、なんとなく決めきれずに、いったん宿に戻った時のことです。

なに人だかわからない、ガタイの良いタンクトップのお兄さんが宿に入ってきた。
日本人に見えないけれど日本人で、大学生に見えないけれど大学1年生のルイくん。
彼はなんと3日間の象使いトレーニング(彼はそこに1日追加して4日間にしたらしい)から帰ってきたところ、とのこと。
そしてその時の経験をそれはそれはイキイキと語るのです。これはもう、行くしかない!3日間!

ということで、3日間の象使いトレーニングに参加することに決めました。
申し込んだのはManifa Travelという旅行会社。日本人バックパッカー御用達みたい。
ナイトマーケットをずーっと奥(西)へ行って、マーケットが途切れた先くらいの場所にあります。右手側。
3日間コース、象使いトレーニング・送迎・食事・宿などすべて込みで、ちょっと値切って97ドル。
このコースにして私はすごく良かった!!!象と存分に触れ合いたい人、体力がまぁそれなりにある人にはおすすめです!

まずは1日目の様子!この日は、1日象使いツアーの人と同じ行程です☆
宿からピックアップしてもらって、40分ほど走ったところにManifa Elephant Campがあります。
さっそく象達がいる~♡かわいい~

DSC07268.jpg

まずは、象の乗り心地を体感♪
かごの上に乗って40分ほどかけて、ぐるりと森の中を散策!けっこう揺れます。
途中で象使いさんに頼むと、象の首にも乗らせてもらえます♪直接象に乗ると、毛がチクチクする~!

DSC07274.jpg
かごの上。

DSC07287.jpg
首に乗せてもらう。ドキドキする。

DSC07324.jpg
川にも行きます!この日は大所帯でした!

DSC07386.jpg
お礼にサトウキビをあげる♪

それから、象使いトレーニングスタート!まずは、言葉を覚えます。
これ、象専用の言葉じゃなくて、普通にラオス語みたいです。とりあえずPai(行け!)Boon(水をかけろ!)だけは覚えた。笑

DSC07388.jpg
そろそろ書きなおしたほうが良さそうなホワイトボード。

そしてさっそく実践!それぞれひとりずつ、象が割り当てられます。
人数によっては1人1頭とは限らないみたいに言っていたので、ちょうどみんな1人ずつ乗れて良かった♡
私が乗った象さんはカンタンという名前の28歳の女の子♡象使いさんは21歳のサッくん

IMG_1409.jpg
どうです?乗りこなせてる感じします?

はじめのうちはサッくんがずっとロープを引っ張っていたけれど、途中からはロープを離して任せてくれて、気分は象使い☆
しばらく森の中をお散歩した後は、メコン川で水浴びです!!!ドキドキ。

象さん水入ってくれるかなぁ~ドキドキ。

濡れるかなぁ~ドキドキ。

ドキドキ…

IMG_1425.jpg
水しぶきの後ろにいるのが私です。笑

ぶふぁぁあ~!!!

めっちゃ濡れました。笑
どうやら私の象カンタンは、かなりの水遊び好き。他のどの象さんよりもBoon!(水をかけろ)が激しくて上手でした!
茶色いメコン川の水をい~っぱい浴びたけれど、とっても気持ちよかった~!

お昼休憩(長い)も、みんなでおしゃべりして仲良くなってとても楽しかった!

1001017_1000613610025325_4959725036168486260_n.jpg
象使いコースは日本人に人気!

IMG_1450.jpg
隣を歩くと象ってやっぱり大きい。

そして午後も再び実践!だんだんみんな象使いらしくなってきました☆
「Pai!」と言う声も、象使いたちの真似をしているうちに図太くなってくる。笑

IMG_1454.jpg
象使いっぽい。

また森の中を歩いて、メコン川で遊びます。もう濡れるのなんて全然気になりません♪
象使いたちも、私たちを象から落とそうとしたりびしょ濡れにしようとしたりして、楽しい!

IMG_1467.jpg
はしゃぎまわった末に自分で川に飛び込んだ象使い。

最後は、山の中へ象を返しに行って1日が終了になります☆
私は3日間コースだったので、みんなよりも山の奥のほうまで象さんを返しに行きました。
象に乗っている間は良いのだけれど、帰り道を自分の足で歩くのが大変だった!象は偉大だ。

1日コースの流れはこんな感じ♪1日でもけっこう充実しています!時間がない人は1日コースでも楽しめると思います!
でもやっぱり私のおすすめは3日間!なぜかというと…

・象使いトレーニングが終わった後の夕方~夜の、何もないのんびりゆったりした時間が極上だったから!
・象使いの1日を知り、体験できて職場体験みたいで面白かったから!
・3日間いると、象や象使いに愛着がわいてとてもとても楽しかったから!


という感じ。次回はこのあたりについて書きまーす♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ルアンパバーンを歩くと誰かに再会できる。

現在ベトナム・ホーチミン。
今日こそ成功なるか?!予防接種大作戦 inホーチミン、挑んできます!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ラオスの古都ルアンパバーンは、世界遺産にも登録されている町。
小さな町なので、ぷらぷらと歩いているだけで楽しめます!

DSC07249.jpg
なんだか懐かしい気持ちになる街並み。

DSC07248.jpg
プーシーの丘前。座っているだけで絵になる西洋人。

DSC07496.jpg
川が近くて夕日が綺麗。

ラオスはフランスパンのサンドイッチが有名。かつてフランスの植民地だったことが影響しているみたい。
サンドイッチ屋台がずら~っと並んでいるところもあって、どこで買うか迷っちゃう。
でも、どこもメニューや値段が同じ。なのでお店の人のサービス(野菜多めに!とか)や笑顔で選んだら良いと思います☆
私のラオスでの朝ごはんは、サンドイッチかお粥が定番となりました。

DSC07432.jpg
サンドイッチ&シェイク&クレープ屋台がずらりと並ぶ。

DSC07244.jpg
野菜多めで!ってお願いすると気持ち多めにしてくれます。

DSC07246.jpg
おいしい!健康的な気分。ベーコンサンドイッチ10000キープ。

夜は毎晩、ナイトマーケットが開かれています♪
かわいい雑貨や服や民芸品が売っていてとても楽しい!お店の人も全然しつこくなくて(やる気がなくて笑)、快適に楽しめます。

DSC07504.jpg
可愛い電気。

DSC07260.jpg
あんまりやる気のない店員さんたち。

DSC07503.jpg
この僧侶人形好きだわ~

DSC07501.jpg
象使いとしては見逃せない、かわいい刺繍。

ルアンパバーンで面白かったのは人との再会
小さな町だし、そんなに見どころが分散しているわけでもないので、だいたいみんな同じようなところをまわっているみたい!

スローボートで一緒だったルーとシャンティウと偶然再会したり、
象使いで一緒だったアイルランド人にクァンシーの滝で偶然再会したり、
仲良くなった日本人とちゃんと待ち合わせしていなかったけれど再会できたり。
こういうのってすごくすごく嬉しい♡

DSC07431.jpg
象使い仲間のみんな。

面白かったのはマレーシア人のチャンさんとの出会い。彼と出会ったのは、とあるラオウィスキー屋さんの前。
このお店、ものすごい毒々しいウィスキーを売っている上に、お店のおっちゃんがイカしてることもあって気になっていた。
そこで飲んでみることにした、旅人和也さんと象使いで仲良くなったケントくん。(私は戦力外)
ふたりでショットを分けるんだけど、それでも多すぎる!ということで通りすがりの人に「飲んでみる?!」と声を掛ける。
そこで乗ってくれたのが、マレーシア人のチャンさんだったのです。

DSC07253.jpg
イカした店のおっちゃん。

DSC07250.jpg
トカゲ・サソリ・ムカデ…ひやぁぁ~

DSC07429.jpg
3人で乾杯!

一番に飲み切って「味は普通だね!」と言っていたチャンさん。じゃあね~と言って別れました。
すると翌日。ケントくんとクァンシーの滝に行った帰りに、果物屋さんの前でチャンさんを発見!!!
ちょうどドリアンを買うところだったようで、「今度は君たちがドリアンに挑戦してみなよ!」と誘ってくれました。
せっかくなのでいただくことに♪

DSC07492.jpg

DSC07493.jpg

DSC07494.jpg
いただきまーす!!

以前ドリアンは食べたことがあるけれど、ここのドリアンは臭みが強くなくてとても食べやすかった♪
彼曰く「マレーシアのドリアンはもっと臭くて美味しいのに!」だそうで、満足いかなかった様子。私は臭くないほうが好きよ!!

ウィスキーの時もドリアンの時も、ごくわずかな時間だったけれど、とても楽しかった。
やっぱり人との出会いは面白い!!!旅っていいなぁ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ルアンパバーンでも予防接種できなかった話

現在ラオス・ビエンチャン。
今日の飛行機で、ホーチミンへ移動します!ホーチミンには母が遊びにきます♪楽しみ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


チェンマイでの予防接種作戦に2度も敗れた私。
狂犬病の3回目に指定された日はルアンパバーン滞在日。
というわけで、予防接種大作戦 in ルアンパバーンに挑戦です!

しかし、この挑戦、最初からうまくいく気がしなかった…
いくら調べても、ルアンパバーンで予防接種をしたという情報が出てこない。
ちゃんとした病院が一体どこにあるかもいまいちわからないし、むしろ「ラオスの医療水準はきわめて低く…」とか出てくるし!

一抹の不安を抱えながらも、とりあえず調べた中で1番ちゃんとしていそうなLuang Prabang Provincial Hospitalを目指します。お散歩ついでに歩いて行こう!

中心地とは真逆の方向に歩きます。観光客でいっぱいの中心地とは全然雰囲気が違う。歩いているだけで、不思議そうに見つめられる。昔ながらの田舎な空気が心地良い♪

DSC07215.jpg
ラオスは土ぼこりがすごい。

DSC07217.jpg
たった1席の美容室。

DSC07239.jpg
トゥクトゥクと民家。

DSC07214.jpg
こんな何もない道を歩く。

歩くこと40分。ようやく病院に到着ー!結構立派な建物☆
しかも、病院の前で偶然、スローボートで一緒だったイタリア人グループに遭遇!どうしたのかと思ったら、メンバーのひとりがアレルギーで病院に来たらしい。みんなで来るとは仲良しだなぁ!

DSC07219.jpg
最後の曲がり角になってようやく現れる看板。

DSC07225.jpg
立派な建物!

DSC07222.jpg
イタリア人グループ。

DSC07224.jpg
病院の中。

病院に入ってみる。どこが受付かもわからないまま、看護師さんらしき人に声を掛けてみる。
やっぱり英語通じない!あらかじめスクリーンショットを保存しておいたラオス語を見せる。「予防接種」「注射」「A型肝炎」「犬」(←狂犬病って調べてもラオス語出てこなかったので笑)

inuma.png

なんとなく話が伝わった様子の看護師さん。奥の部屋へ案内してくれた!奥の部屋に入ると看護師さんらしき人がいっぱいいる。
10人以上もの看護師さんに囲まれながら、スクリーンショットと、身振り手振りで、必死に伝える。笑 自分でも笑えてきちゃいました。
しばらくして、ようやく英語の喋れる看護師さんを1人連れてきてくれた!有り難い!!!

結局のところ、A型肝炎の予防接種はない&ここでは犬に噛まれた場合しか狂犬病の注射は受けられない、とのこと。
予防接種大作戦、再び失敗!!!なんてこった~

でもなぜだか不思議な達成感がありました。笑
看護師さんたちがあーでもないこーでもないと、私の言っていることを理解しようとしてくれたのも嬉しかったし、いつもネットの情報に頼りながら旅をしているけれど、今回は自分の力でどうにかしようっていう面白さもあった気がする。

DSC07240.jpg
帰り道。二人乗りもお手の物!

DSC07241.jpg
可愛い。

DSC07242.jpg
送ってくれたフランス人。

帰りは、途中で会ったフランス人が宿まで送ってくれたりして、なんだか楽しい朝でした!
とはいえ、予防接種が受けられなかったのは問題…どうにかしなくちゃ~(´・ω・`)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ラオスの夢の国?!

現在ラオス・バンビエン。
これからビエンチャンにミニバンで移動します!道がひどいと噂だけど…どうなのでしょうか?!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)



泊まっていた宿の近くに、遊園地のようなものが見えたので行ってみました!
ナイトマーケットの通りをしばらく西のほうに進んでいったあたり。Khammany Inn Hostelを過ぎたあたり。
毎日やっているのかどうか?常時あるものなのか?などは不明ですが、私は金・土に訪れました。

だだっ広い広場に突如現れる、奇妙な光。ここは夜だけの遊園地。

DSC07184.jpg


みかん屋さんがあったり(なぜみかんなのかは不明だが3軒ほどあった。)、洋服屋さんが並んでいたり、食べ物の屋台があったり。
普通に高学年くらいの子どもが、お金を賭けて遊んでいたり。


DSC07169.jpg
みかんの山。

DSC07172.jpg
みかん屋さんの可愛い女の子。日本にもいそう。

DSC07180.jpg
こんなふうにお店がずらりと並んでいる。完全にローカル向け。

DSC07179.jpg
洋服屋さんがいっぱい!

DSC07264.jpg
食べ物屋台のドアえもん。どれも安い!

DSC07177.jpg
これは景品がもらえる健全な感じ。

DSC07263.jpg
こっちでは子どもがお金賭けてる。

もちろん遊園地なので、アトラクションもあります!

エンドレスで回り続ける観覧車や乗り物の数々。最初ははしゃいでいた子どもも、ひたすら回っているうちに飽きが見えてくる。子どもが飽きてきたころ、スタッフのお兄さんの適当な加減でストップする。

DSC07182.jpg
観覧車。「平安」と書いてあった。

DSC07186.jpg
ダンボ的なもの。

DSC07190.jpg
ぐるぐるぐるぐるぐる…エンドレス。

なかでも人気だったのはこちらのトランポリン!子どもたちが何かにとりつかれたかのように遊んでいる。
日本だったら注意されるような激しい遊び方も、ここでは問題なし!

DSC07196.jpg
入り口のジンジャーブレッドがもう悪い顔してる。

DSC07199.jpg
私でも描けそうなレベルのエルサ。

DSC07206.jpg
はしゃぎまくる子ども、ゆがみまくるトランポリン。

DSC07208.jpg
トランポリンで遊ぶお兄さんお姉さんを見て目が点になっている子。


なんだかすごく不思議な空間でした。
ピノキオに出てくる遊びの国(?)みたいな、あんな感じがして、ここで遊び狂っているうちにロバになってしまいそうな、そんな気がしました。
でも私、ここすごく好きです。笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

南京虫との戦い&トラベルシーツ活用法

現在ラオス・バンビエン。
Wi-Fiが遅い…がんばってー!Wi-Fiがないとそわそわしちゃうあたり、私もだいぶ現代っ子ですわ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


スローボートでの移動を終えて、ルアンパバーン到着。
この旅で一番高い宿だし、ゆっくり寝るぞー!おやすみなさーい!

電気を消して約1時間後…隣のベッドの旅人和也さんが突然、「ごめん、とうこちゃん、電気つけて良い?」

「南京虫、いると思うわ」

ぎやあぁぁあぁぁぁっぁぁー!南京虫だってぇ!!!

たしかに旅人和也さん、腕のあたりを中心に刺されている。

電気をつけて、南京虫の捜索開始!!!
シーツをめくると…いました。1匹、2匹、3匹。

私のベッドももしかしているかも…!
シーツをめくると…やっぱりいました。1匹、2匹、3匹、4匹。
1匹はつぶしたらピュッて真っ黒い血が出ました。もう1匹は、赤い血が出ました。もうね、ホラーですよ。

シーツの裏、枕など、一斉捜索。
どうやら彼ら、マットレスの端の隙間とか、枕カバーの縫い目のまわりとかに隠れているようなので、そのあたりも要チェックです。
布団、枕などはすべてベッドから取り払う。

続いては、自分の服の捜索。服の中に入ってしまっていたら一大事!
服を点検して、念のためシャワールームで服をバッサバサふって南京虫を振り落とす。


そして、考え出した私たちの寝方がこちら。

nankinkazuya.jpg
①旅人和也式
シュラフカバーに入り、顔にはタオルをかける。

nankintoko.jpg
②とうこ式
マットレスに銀色のイマージェンシーシートを敷いて、トラベルシーツに全身くるまって寝る。

もちろん、電気はつけたまま。やつら、明るいところでは活動しないそうなので。
そして、南京虫が多く見つかった枕元は怖いので、足を枕があった側に向けて寝ます。
恐怖心の中、おやすみなさい…(´・ω・`)

無事に刺されずに朝を迎えた時は、何とも言えない達成感でした!!!笑

私、南京虫にだけは絶対に刺されたくないんです。嫌なんです。
だから、なんとなーくジメッとしたいそうな気配を感じた時は、必ずトラベルシーツにくるまって寝ていました。
今回の宿でも、トラベルシーツにくるまって寝ていたのが功を奏したのか、4匹も見つかったにも関わらず被害はありませんでした。

実はこのトラベルシーツ、結構高いものなので買うかどうか迷っていたもの。
そんな話をしていたら、すでに世界一周をされた方が、譲ってくださったのです!ありがとうございます!!!
使っているのはコクーン社製のシルクのもの。
薄くて軽い!ケースに入れると500のペットボトルより小さめくらいのサイズになります。
私はこれ、持ってきてよかったものランキング上位に入るくらい使ってます!

移動の時は常にサブバッグにくっつけてます。寒くなったら羽織る!
朝っぱらのメコン川スローボートもこれで乗り切りました☆

boattrip.jpg
1枚羽織るだけで全然ちがう!

あと、ドミのカーテンがわりに使う!
カーテンのないドミトリーで、男女ミックスで気になった時とかは時々こうしています。
下の段限定だけどね。いっきにプライベート空間ができて快適!

DSC06036.jpg

かなり大活躍のトラベルシーツ!私は是非、持って行くことをお勧めします!
(私のは虫よけのやつではないのですが、今のところトラベルシーツにくるまっていて刺されたことは無い気がします)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!