バンコク→チェンマイ【寝台列車】

現在、タイ・チェンマイ。
今日から5日間、タイ古式マッサージを習ってきます!!楽しみ~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


予防接種だけ受けてさっさと立ち去ろうと思っていたバンコクでしたが、思いがけず居心地が良く、たくさんの素敵な出会いにも恵まれて、素晴らしい旅のスタート地点となりました!

いよいよこの旅初めての長時間移動、寝台列車チェンマイに向かいます☆

当日の朝、フワラポーン駅に行って、寝台列車のチケットを購入。ちょうど1席空いていた♪
2等車クーラー付き、2段ベッド下の段で、821バーツ。

DSC06248.jpg

DSC06274.jpg
パスポート見て、番号や名前打ち込んでくれるんだけど、私の名前間違ってました…笑

前の宿のmicoちゃんやしんたろーさんは、寝台が売り切れで、何回かキャンセルが出ていないか聞きに行ったそうなので、日にちが決まっていたら早めに買ったほうがいいみたいです!あと購入時にパスポートが必要です!

フワラポーンの鉄道駅は、大きいけど古くて情緒があって良い感じ♪

DSC06249.jpg
広い待合室。お坊さん専用ベンチもある。

DSC06250.jpg
ホーム。電車かっこいいー!


そして夜。列車は22時ちょうど発。
楽しかったバンコクを離れる寂しさと、この旅初めての長時間移動っていう緊張感と、人生初の寝台列車っていう興奮で、なんだか泣きそうになる。 私けっこう、感受性豊かなんです。笑
これが、今から14時間超お世話になる寝台列車。よろしく頼むよ~!

Bangkok_129.jpg
駅員さんが良いよって言ったので線路におりました♡

DSC06266.jpg

すでにシートは、ベッドになっていました!枕と、袋に入った掛け布団(タオルみたい)もついてる。
カーテンもついていて、プライベートも守られる感じ☆

DSC06269.jpg

列車はゆっくりのんびり進んでいきます。途中結構たくさんの駅に止まった気がする。
初めての寝台列車は、想像していたよりも揺れる!なんか不思議な揺れ。
これは眠れないかも~…と思ったけど、気付けば朝でした。わーい!快適!
でも、160㎝の私でぎりぎりくらいの長さだったので、背の高い人はまっすぐには眠れないかも…

明るくなると景色が見れるので楽しい♪

DSC06276.jpg
乗っている電車♪

DSC06281.jpg
最後尾から見える線路好き。どんどん伸びていくみたい。

ちなみにトイレは、そのまま線路に垂れ流す式でした。
この線路ではメークロン市場の線路みたいに歩いたら、大変な目に合いそう…

DSC06278.jpg

チェンマイが近づいてきた11時半前くらいだったかな~ベッドから普通のシートに戻されちゃいました。
最後までゴロゴロしてたかった~

DSC06279.jpg

朝ごはんは、所々の駅でおばちゃんが食べ物を売りに乗ってくるので、チキンを買いました。

そうこうしているうちに、ほぼ予定通りの12:15、チェンマイ駅に到着~!!実に快適な列車の旅でした!

DSC06283.jpg

チェンマイ駅から街の中心地まではソンテウに乗ります。

DSC06284.jpg

しかしここでハプニング!降ろされた宿の場所が違う!!似た名前だけど絶対場所違う!!
ソンテウのおばちゃんに「ここじゃない」って言い張ったんだけど、「ここだから降りろ」って言ってきいてくれないし、他のお客さんに迷惑かけちゃうし、仕方なくもう諦めて降りる。。。
やっぱり全然違う場所。似た名前の宿(私の泊まるとこの5倍はしそう)のお姉さんに聞いたら、ここから15分くらいよ、と教えてくれたので、歩いていくことに。
遠い…お姉さん、遠いよ…。結局30分近く歩いて、やっとこさ宿に到着!ふ~!
宿ついた途端、何もせずに爆睡してました。だいぶ緊張していたのだと思います。

夕方目覚めて、ちょっとチェンマイの旧市街をお散歩して、チェンマイ名物カオソーイ(カレースープ麺みたいな)を食べて、ようやく無事にチェンマイに着いたことを実感したのでした♪

DSC06292.jpg
ライトアップ、きれい。

DSC06294.jpg
すごい世界観。すごい自転車。

DSC06287.jpg
たまご麺と揚げ麺が入ってる。美味しい。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

リトアニア人に似顔絵を描いてもらった話

現在、タイ・チェンマイ。
昨日、アボカドシェイクを飲みました。セブでずっと気になってて、でも飲む勇気がなくて。
飲もうと決心した頃にはアボカドの旬はおわっていて飲めなかった。感想は・・・普通でした!
甘さ控えめのミルクシェイクって感じ!体によさそうだしお腹にたまる!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


私がバンコクをたつ日。この日は同じドミニ泊まっているサンタクロースのようなリトアニア人・ベンの誕生日!
前日から、「明日は僕のバースデーだから、ケーキを食べるよ!一緒に食べよう!」とお誘いを受けていたのです。

とりあえず宿をチェックアウトして、1階のリビングにいると、お昼過ぎにようやくベン登場!(サンタクロースは朝寝坊)
なんだかんだで、一緒にケーキを買いに行くことに。日本風のチーズケーキを購入。
ケーキはお店で預かっていてもらって、公園へ散歩♪

実はベン、アニメーターをしていたそうで、初めて喋った日に「へぇ~!じゃあ私の似顔絵描いてよ!」と言ったのを覚えていて、公園で描いてくれるというのです。

DSC06257.jpg
教育テレビに出てきそうな椅子。

DSC06253.jpg
でっかいトカゲもワニのように川を泳いでます。

しばらく公園を散歩。
突然立ち止まって話しだすベン。花(それほど綺麗じゃない)や、なにかの実を見つけると、急にそちらに歩きだすベン。
マイペースすぎて疲れた~!笑

そして、ほどよい芝生と木陰を見つけて、似顔絵タイムスタート☆
お姉さん座りで、こちらをチラチラと見つめながら似顔絵をかくベン。目が合うとはにかみ笑顔。可愛すぎるだろ!笑
「TOKOの耳の形はシンプルだけどトリッキーだ」と繰り返し言ってました。

DSC06252.jpg
ぽってり感がゆるキャラ的癒し。

私はそれを待つ間、ベンのお誕生日プレゼントに折り紙(鶴と、12枚組み合わせて星みたいになるやつ)をしてました。
公園×似顔絵×折り紙。妙に可愛いシチュエーションですわ、私たち。

そして完成…じゃじゃーん!!

DSC06255.jpg
ベンのこの顔!

どうですか??似てますか??かなりリアルにデッサンしてくれた感じです!ありがとう!

帰りは丸亀製麺に行って、うどんを食べました。うま~♡
ベンは「TOKOの国の食べ物に挑戦しよう!」と言いながら、トムヤムクンうどんを頼んでいました。

DSC06259.jpg

箸1本とれんげで食べるベン。

こうやって2本でやるんだよ~と教える。

箸2本で、うどん1本をつかんで、1本ずつれんげに丁寧に乗せて、れんげから食べるベン。

こうやってすすっても良いんだよ~と教える。

すすってみたものの、赤い汁が飛び散りまくるし、ひげにも汁がつきまくるベン。

食後「僕はあまり好きじゃなかったよ…」とベン。面白かった!

夜は宿で誕生日パーティー☆

DSC06261.jpg

妹さんと旅してるんだけど、実は妹さんも内緒でケーキを買ってきてくれていた(^O^)
というわけで、ケーキふたつでお祝い!多すぎるので、ゲストハウスのスタッフや、通りかかるお客さんに片っ端から、
「今日は僕の誕生日なんだ!ケーキを食べていきなよ!」
と声を掛けるベン。こういうの、なんか楽しい~♪

DSC06263.jpg

ハッピーバースデー、ベン!!!素敵な似顔絵と、愉快な思い出をありがとう!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

タイ人憩いの場所・アンパワー水上マーケット

現在、タイ・チェンマイ。
宿、街中、友達の友達…様々な出会いと別れが日々繰り返されていて、あぁ旅をしてるんだなぁって思う。
まだ日本を出て2週間なのに、それなりにダラダラとしている時間も多いのに、それなのに、ものすごく濃ゆい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


残念ながら電車が走っていなかった、メークロン市場。
続いては、アンパワー水上マーケットに行ってみることに☆
メークロン市場近くのセブンイレブン前からソンテウ(ひとり8バーツ)に乗って約20分。
Bangkok_38.jpg
満席なので外につかまって立つ。この左の人、首に金箔を貼っていた。

実はこのアンパワー水上マーケットは、バンコクで初日の夜に出会ったタイ人女性Gaiiさんもオススメしていた場所!
外国人観光客にはあまり知られていないけれど、タイ人の間ではかなり人気のある場所みたい。金土日のみです!

DSC06173.jpg
川の両脇にずらーっとお店が並んでる。

DSC06239.jpg
食べ物を売っているボートもいます♪

DSC06165.jpg
川沿いに座って、ボートで売りに来る食べ物を買って食べている。


お店も食べ物、おみやげ、おしゃれカフェ、色々あって楽しめます♪

DSC06166.jpg
ヒッピー風キッズ。

DSC06180.jpg
おしゃれなカフェも。

DSC06182.jpg
エイリアン2人。

DSC06189.jpg
川沿いから少し横道に入ると、ちょっとした個性的なくつろぎ空間があって面白い。

しばらく散策して、お腹が減ったのでご飯!
川沿いの縁側にちゃぶ台と座布団を出したような、そんな雰囲気にひかれてレストラン即決♡(写真撮り忘れた)

DSC06171.jpg

ここがものすごく落ち着く!京都の川床っていうんですか?あの感じ!(行ったことないけど笑)
ただ川を眺めながら、のんびりご飯、おしゃべり。時々通り過ぎるボートに手を振ると、笑顔で振り返してくれる幸せ。
なんだろう、タイにいながら日本を感じました。

しばらくのんびりした後は、ボートに乗ってみることに!
ボートのツアーは色々なところで勧誘していました。50~60バーツくらい。(昼はどちらの値段もあったけれど、夜は基本60バーツなぽい印象)
私たちは、1時間半で5つのお寺を回るというものに参加。(ひとり50バーツ)

DSC06194.jpg
マーケットを抜けるとジャングルクルーズのような景色!


DSC06205.jpg
船着き場でボートを寄せてくれたおじいちゃん。渋くてかっこいい。

ボートは予想以上にスピードが出て、まあまあ水しぶきも飛んできました!気持ち良い~☆
お寺で降りる前に、集合場所や時間などを言っているようなのですがタイ語オンリーなのでさっぱりわからない!
なんとなく空気を読んで、同じボートの人を覚えて、置き去りにされないように気をつけましょう!
私たちは、親切なファミリーがいつも気にかけてくれて、こっちよ~って教えてくれたのでとても有り難かった(^^)

様々なお寺を訪れたけれど、同じボートのタイ人たちは、どのお寺でも真剣にお参りしていた。

DSC06198.jpg
祈りをささげる姿は美しいと思う。

DSC06193.jpg
「金箔を貼る」という行為は、仏像を縁起のいい金で飾るということで、良い行為なのだそう。

DSC06196.jpg
ナンバーワン。

DSC06209.jpg
キラキラ。

DSC06202.jpg
机の下の犬と、上の僧侶のけだるい感じが好き。

DSC06206.jpg
ここで売っている魚を買って、川に放流することで徳を積むのだそう。

DSC06210.jpg
すごく幸せそう。

DSC06212.jpg
メガネおしのお寺だった。

印象的だったのは、最後に行ったお寺。お寺なのか、動物園なのか、飛行機展示場なのか、よくわからない不思議な場所。

DSC06220.jpg
巨大なラクダがいたり、

DSC06222.jpg
イノシシがいたり、(この写真、白黒写真じゃないですよ!)

DSC06229.jpg
飛行機が展示してあったり、

DSC06232.jpg
なんだかちょっとやらしい木まである!(これは関係ないか…)

お寺の名前もわからないのですが、どういう意味を持つお寺なのか気になるなぁ。
このお寺を最後に、再び水上マーケットのほうに戻りました。1時間半と言われていたボートトリップでしたが、実際は2時間以上かかった!笑
夜のツアーだと、蛍が見られるみたいです♡それも素敵!

日が沈んだあとのマーケットは、あたたかい色の光が水面にうつってキラキラとしていました。

DSC06246.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

電車が通るはずだったメークロン市場

タイ・チェンマイにいます!
昨年4月、ソンクランの時期に訪れて以来、旅への憧れが募っていった思い出の地。
懐かしくて、にやにやして、ちょっと甘酸っぱいような、そんな気分です。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


「国鉄メークロン駅の前には線路の上までせり出したメークロン市場という市場がある。列車が来る度にテント屋根をたたみ、列車が通過するとさっと元に戻して商売を再開するユニークな観光名所である。」 (バンコクナビ)
131841368200913124119_DSC_14342.jpg

これはもう、行きたくなりますよね!しかも旅友達すぎけん氏もオススメしてくれた場所!おもしろそう!

鉄道で行く方法もあるけれど大変そうなので、ドラえもん寺と同様に、ロットゥでメークロンまで向かいます。
同じくヴィクトリーモニュメントのロットゥ乗り場へ。しかし・・・
鉄道メンテナンス6カ月
の文字が。えっ?どういうこと?やってないの???
チケット売り場のおばちゃんの感じだと、どうも電車は走っていない模様。
がーん!!!どうしよう??帰る?別の場所いく?まーとりあえず行ってみるか!!

今回のロットゥは満席。狭かった。でもね、その狭さを感じさせぬ工夫↓↓

DSC06106.jpg

ターザン!!!ずっとゆらゆらと揺れていて、愛着がわいてしまいました♡

途中休憩もはさんで、1時間半ほどで到着!
なんとなく線路がありそうな気配のほうへ歩いてみると…

DSC06123.jpg

あったー!線路と、その両端にびっしりと並んだマーケット!!!
線路の上は歩けます♪どうして線路を歩くってこんなにワクワクするのでしょう♡

DSC06122.jpg
スタンドバイミー気分。

Bangkok_805.jpg
素敵でしょう♡

電車は通らないけれど、マーケットはやっています。

DSC06126.jpg
隙間に挟まって居眠り中のおばちゃん。

DSC06132.jpg
古い線路も有効活用。

DSC06131.jpg
現在の線路も有効活用。

観光客はほとんどいなかったけれど、地元の人はまあまあいたかな?
ナマズ(?)を扱うお店が多くありました。名物なのかな。

DSC06134.jpg
ちょっとした裏道もおもしろい。風が通り抜けて気持ち良いし♪

市場のある反対側には、メークロン駅があります☆普段はここから電車が行き来するらしいんだけどな~!

DSC06143.jpg

DSC06140.jpg

残念ながら、電車が通るたびにお店をたたむという面白い光景は見られなかったけれど、線路の上を歩くワクワク感はあるし、とてもローカルでのんびりとした市場で面白かった!
でもやっぱり、電車走ってほしかった!!!笑

DSC06138.jpg
工事のお兄さん休憩中?がんばってー!

いったいいつ工事が始まって、いつ終わるのかわからないけれど、工事のお兄さんたちには一所懸命頑張ってもらって、早いうちに運転再開してほしいな~♪

DSC06155.jpg

これだけでは物足りず、この後、ソンテウに乗って、アンパワー水上マーケットに移動するのでした♪



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ドラえもんがかくれんぼしているお寺

現在、タイ・チェンマイ。
宿の前に爬虫類をたくさん飼育しているお店(繁殖所?)があって、外に出ると不思議な匂いがします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ずいぶん前にどこかのサイトで見かけたドラえもん寺
ドラえもんが、至る所に隠れているという変わったお寺が、タイにあるというのです。
日本が誇る国民的アニメドラえもん!これは行くしかない!!

ドラえもん寺の正式名称はワットサンパシウ(Wat Sam Pasieo)
バンコク市内からはロットゥという乗り合いのミニバンのようなもので行けます。

BTSでビクトリーモニュメントまで行き、駅近くのロットゥ乗り場で、スパンブリーまでのチケットを購入(120バーツ)。

DSC06043.jpg
この場所なんか好き。

DSC06046.jpg
チケット売り場。

DSC06045.jpg
これがロットゥ。15人くらい乗れる。

満席になるまで出発しないのかと思っていたら、がら空きのまま出発ー!ラッキー♪
「ワットサンパシウに行きたい」と伝えておくと、そこへ行くのにちょうどいいバス停で降ろしてくれました。1時間半ほどで到着。

そこからは、トゥクトゥクに乗車!寺のほうでは、帰りの足が確保しづらいと聞いていたので、往復でお願いしました(2人で120バーツ)
DSC06096.jpg

そしてドラえもん寺に到着ー!!ものすごくスムーズに着きました。
一見ごく普通の小さなお寺ですが…さっそく発見!ドラえも~ん♡♡

DSC06049.jpg
見ざる言わざる聞かざる的ドラえもん。

そして、ドラえもんたちの待つ建物の中へ。

DSC06094.jpg

DSC06067.jpg
この中にたくさんドラえもんかかくれんぼしてるのです。

DSC06073.jpg
真剣すぎて壁に吸い込まれそうなせいやくん。

え~どこにいるのかさっぱりわからない!!!本当にウォーリーを探せ状態です。

真剣に、じっくりじっくり見ていると…
いたーーー!アングリーバーーード!!!ドラえもんじゃないんかい!笑

DSC06053.jpg
見つかりました?

いたーーー!ドラえもーーーん!!!

DSC06061.jpg

こっちもいたーーー!ドラえもーーーん!!!

DSC06056.jpg
ベン10と一緒に。

DSC06071.jpg
見事なコラボ。

DSC06059.jpg
のび太ぽいのもいる。

DSC06075.jpg
これ難易度高い!

うまいこと仏教画になじむドラえもん。さすがです。ウォーリーもびっくり。

【問題】ドラえもんはどこでしょう!?(正解は下)
DSC06062.jpg
ヒント:うちの母と姉は「青い刈り上げの部分!」と言ってきましたが、違います。笑


どんなドラえもんが隠れているかは一覧になっているので、それをヒントに探すのも良いと思います!
たぶん何もなしで全部見つけるの、不可能!

DSC06085.jpg


ドラえもん以外にも、仮面ライダーとか、タブレットとか、ちょっと笑かすような絵もあるので、発見が多くて楽しい!

DSC06080.jpg

DSC06082.jpg

全部見つけた後の達成感は最高でした!

このお寺、修復を担当する画家が修復中になぜかドラえもんを壁画に書いてしまったそうで。
それが子どもの心をとらえたため、「お寺が子どもにとって身近なものに感じてもらえるなら」と僧侶も了承したんだって。画家も僧侶も素敵な遊び心!
先日の地獄寺と言いドラえもん寺と言い、タイでは、お寺と子どもって深い結びつきがあるんだなぁ。

すべて見つけたし、そろそろ帰るか~と思って外を歩いていたら、レーザーポインタを持ったおじさん登場。
「ドラえもんは全部見つけたか?」
「うん!全部見つけたよ!(ドヤ顔)」
「外にもあるよ」
「えっ!どこ!」
「ドラえもん、ドラえもん、ドラえもん(レーザーポインタでさしながらドヤ顔)」

そう、このなんの変哲もない白い門にもたくさん隠れていたのでした!

DSC06088.jpg
この白い門にも…

DSC06091.jpg
ドラえもん!

DSC06093.jpg
全身バージョン

DSC06090.jpg
ウルトラマンも

おじさん教えてくれてありがとう!

待ちくたびれたトゥクトゥクの運転手さんはぐっすりお昼寝中。お待たせ!
帰りはバスターミナルのようなところまでトゥクトゥクで行き、またロットゥに乗ってバンコクまで帰りました♪

DSC06097.jpg

帰りのロットゥはまさかの貸し切り!ラッキー☆ 3人席に広々と2人で座ってたんです。
そしたらスタッフのおばちゃん、がら空きの座席の中から、私たちの隣の席をチョイスして座る。
なぜ!?!?あと12席くらい空いてるよ!!!
広い車内でなぜか密着して座ってる自分たちが滑稽で、笑っちゃいました。
しかも1時間後くらいに、結局おばちゃん助手席に移動したし。笑

ドラえもん寺、バンコクからも案外アクセスしやすかったので、興味のある方は是非!

【正解】
DSC06063.jpg
黒板の絵でした~♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ゴーゴーバー&ゴーゴーボーイ【リベンジ編】

現在タイ・チェンマイ。
昨日、ゴーゴーバーの記事を読んだ母から「続編待ってます♡」とLINEが来ました。親子ですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ゴーゴーバー&ゴーゴーボーイに怖じ気づいたバンコクの夜。
しかも昨晩の戦友たちは皆、旅立って行ってしまった…やはり私にはまだ早すぎるんだ。

私自身もチェックアウト。さようなら、夜の街!
新しい宿は、30分ほど歩いた場所。そこで出会った旅人せいやくん。
「今日これからタイ在住の友達とご飯行くんだけど、一緒にいく?」

というわけで、ご一緒させてもらいました!お友達はタイでお仕事をしているソリくん。
まずは、ソリくんオススメのシーフード料理屋さんでごはん♪
屋台だとどうしても、米と麺と肉ばかり摂取しがちなので、シーフードは嬉しい♡おいしかった!

それから、次どうしよっかー?となった時。ソリくんから思いもよらぬ言葉が!!!
「どこか飲みに行きます?それともゴーゴーバーとか?」

というわけで、再び!チャンスが訪れたのです!ありがとう!笑

まずは、日本人に人気だというゴーゴーバー、Electric Blueへ。
うん!今回はお姉さん若い!セクシー!

DSC06037.jpg

鏡にうつる自分を凝視しながら踊るお姉さん。
四つん這いで踊るお姉さん。
けだるそうなお姉さん。

輪ゴムで他のお姉さんのおしりにペチッていたずらしてみたり、他のお姉さんのスカートを急におろしてみたり、そんなお姉さん同士の戯れも、見てるとにやける。笑
あるお姉さんは私に大きな胸を自慢してきたので、私も自分の胸を精一杯に寄せて対抗してみましたが、完敗。

electric.jpg
セーラー服風のお姉さんはノーパン。

他のお客さんの様子を見ているのも面白かった。あ~あの子を選んだか~とか、膝にのせてご機嫌だなぁとか、あらあら自分の帽子女の子にかぶせちゃって~とか。

あと、お店のスタッフのおばちゃんたちも水色の制服風のユニフォームだったのも、ひそかにツボだった。

特に何もしなければ、飲み物代だけ(ちょうど行った時はハッピーアワーで、ビールなら45バーツ。ジュースは2杯で140バーツ。)で楽しめちゃいます!


次はゴーゴーボーイへ!なんていう名前のお店か忘れちゃった。ゴーゴーボーイはお値段高めで、ドリンク1杯350バーツ。

ステージには白黒のチェックのパンツのお兄さんがずらりと並んでいる。
特に踊るでもなく、ただ前をむいて。(ひとりだけ違うパンツのお兄さんはノリノリで踊り続けていた…)

ショーは1時間後。ショーを待つ間、スタッフのおかまさんとおしゃべり。
どう見てもめちゃめちゃ若い少年(14歳くらいに見えた)がステージにいたので、何歳なのか聞いてみたら「だいたいみんな20歳くらい」と言っていた。本当はいくつなんだろう。

隣には、指名したお兄さんを、愛おしそうに撫でまわしている西洋人おじさん2人組。
撫でられているお兄さんの1人は、私から見るととても嫌そうな顔をしていた。
ゴーゴーボーイは女の子ももちろん行くけれど、おそらく、ゲイがメインのお客。
でもここで働いているお兄さんたちの中には、ストレートな人も多いんだろうなぁ。


そして、いよいよショータイム
口パク歌謡ショーは正直どうでも良いんですよ、ええ。

DSC06039.jpg
この人の歌謡ショー怖かった!しかも日本語。やめて!笑

そのあとのショーが物凄くて。衝撃でした。
大好評の(?)イラストで表現しようと思ったんだけどね、ここまでしか描けませんでした。笑

boyboy.jpg


ここから下の部分なんて、とてもとても描けたものではありません。
衝撃のあまり、ずっと口が開いていたらしく、隣で見ていたおかまさんには、
「口が開いてるわよ!くわえたいの?!Hahaha!」と言われました。無理です・・・!
いや~これがゴーゴーボーイというやつなのね。すごいわ。なんか人生の経験値が上がった気がする。

ソリくんとせいやくんは、気持ち悪い…とげっそりしていましたが、私は元気です!

DSC06041.jpg
お疲れの様子の2人。


こうして、ゴーゴーバーとゴーゴーボーイへの挑戦は、ついに実を結んだのでした☆☆
2回目は・・・当分は遠慮しておきます!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ゴーゴーバー&ゴーゴーボーイ!【怖じ気づいた編】

リアルタイムはタイ・バンコクからチェンマイへ向かう寝台列車の中!
この旅はじめての長距離移動です!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


バンコクの夜の楽しみ…それは♡♡♡
ゴーゴーバー!!!ゴーゴーボーイ!!!

去年チェンマイに行った時、宿で一緒になったお姉様から「ゴーゴーボーイまじですごいから!とうこちゃんにはまだ刺激が強すぎるかな〜」と話に聞いていた、大人の遊び。

そんなことすっかり忘れていたのですよ。本当に。
でもね、泊まっていた宿の周りが見事なまでの夜の街。

宿のすぐ裏の道は、トワイライト通り
女性的な上品さを持ちつつもマッチョな、白いランニングシャツのお兄さんたちが大勢いる。

少し行くとパッポン通り
ドアのカーテンの隙間から、セクシーなお姉さんがずらりと並んで、お立ち台の上で揺れているのが見える。

そんなこんなで、すっかり忘れていたゴーゴーバーという未知の世界への興味が再び湧いてきてしまったわけです。
というわけで!夜の街へ繰り出しました!今回は夜の遊びということで、顔だしNGです…笑

DSC05902.jpg

気合い入れていくぞ~!!!

DSC05904 (2)
やる気スイッチ押しときました♡

精をつけるために、でも食べておきましょう!!!(写真は気持ち小さめにしておきました笑)
私たちは小さい揚げイモムシ(?)を試食させてもらいました。
全然イケる!エビみたいな感じ。

DSC05943.jpg

DSC05939.jpg

DSC05940.jpg

DSC05941.jpg

で、じゃんけんに負けたマルさんは、でっかいタガメを食べることに(^O^)!がんばれー!(他人ごと笑)

DSC05942.jpg
先に女ふたりが勝ち、男同士の勝負の瞬間。

DSC05944.jpg
これを食べてもらいま~す♡容赦ない勝者。笑

DSC05948.jpg
ギャラリーも集まってくる。

しかしさすがにデカすぎた。
中からトロッとした物が出てきた瞬間、反射的にうぇっとしてしまったマルさん。
近くで一部始終を見ていたタイ人のおばさんに「これは私たちの食べ物よ。ごめんなさいしなさいよ。」とお叱りを受けたのでした。
その通りだと思います。ごめんなさいm(__)m

さぁ気を取り直して!いこうじゃないですかゴーゴーバー!!

パッポン通りに入ると客引きの人人人。
「セクシーショー」「ピンポンショー」「バナナショー」「見るだけタダ〜!」とひっきりなしに声をかけられます。

ひとりの客引きのおじさんについて行ってみることに。

あれっ…通りから見えるカーテン越しのセクシー美女のお店じゃないんだ…?
階段のぼったお店か…。一抹の不安。

そして…入ってみると…
あれっ!若くない!お腹ぽよぽよ!パフパフって!

gogogirl.jpg
いちばん印象に残っている人。こんな人がステージに8人くらいいた。

とにかく色々思い描いていたものと、年齢も体型もなにもかも違いすぎて衝撃。

10秒足らずで慌てて退散。
テンションだだ下がりのmicoちゃん。

気を取り直して、今度はゴーゴーボーイ!行ってみよう!!!
にわかにビビり出す男性陣。笑

また客引きについていってみる。
階段を上がると…
赤いブリーフ!!!ずらりとこちらに向かってアピールしてくる威圧感。

gogoboy.jpg
無言の圧力。

10秒足らずで慌てて退散。
テンションだだ下がりの皆さん。

というわけで、今回のゴーゴーバー&ゴーゴーボーイへの挑戦は、敗北に終わったのでした。

このままバンコクを立ち去って良いのか?!
それで本当に満足なのか?!?! 【つづく】


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ナイトマーケットでカブトガニを食す

現在タイ・バンコク。これから少しずつ北上予定!
同室に泊まっているリトアニア人のベン、サンタ疑惑!ひげ、まんまるのお腹、サンタの絵のTシャツ。
しかも、起きるのは昼で、夜遅くに出かけていく。サンタクロースなのか・・・?!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


宿の近くのサラデーン駅。いつも夜は歩道に露店が出てにぎやかなのですが、ある日通りかかったら、高架下が歩行者天国みたいになって、屋台がいーっぱい出ていました☆
その光景だけでわっくわく!定期開催なのか不定期なのかはわかりません…m(__)m

DSC05877.jpg
昼間、駅の階段から見た準備中のようす。

さっそく行ってみることにしました!同室のmicoちゃん、さっきロビーで出会ったばかりのマルさん、しんたろーさん(ブログやってます!地球をぐるりんちょ。。。)と一緒に、しゅっぱーつ!

DSC05903.jpg
左からmicoちゃん、とうこ、しんたろーさん、マルさん


ステージではイベントをやっていたり、路上にパフォーマンス(というほどでもないこと)をする人がいたり、とっても賑わっていました!

DSC05882.jpg
ほどよく人が多い。

DSC05901.jpg
ステージでのイベント。ジャニーズJr風のキレキレダンス。

DSC05899.jpg
なぜか日本風の顔はめパネル。

DSC05896.jpg
微妙なダンスを繰り広げていたスーパーマンとバッドマン

日用品やおもちゃなんかを売っているお店も。

DSC05785.jpg
かわいすぎるサンダル。

DSC05892.jpg
子どものころ憧れたキラキラシリーズ。

DSC05894.jpg
風船屋さんもいて、まるでお祭り。

もちろん!食べ物屋さんもいーっぱいあります!多すぎて困るくらいに!

DSC05883.jpg
生野菜たっぷりのお惣菜やさん(?)。

DSC05885.jpg
ししゃものフライ。

DSC05895.jpg
今川焼風のスイーツ。

DSC05884.jpg
こんなに可愛いケーキまで!

初めて見るものがいっぱいで見ていて飽きないし、色々目移りしながら散策するのはとっても楽しかった!
実は今回ここを訪れた目的のひとつはマルさんの「ナイトマーケットでカブトガニが食べられるらしい」という情報。
ありましたありました!カブトガニ!

DSC05886.jpg
ででーん!

触ってみると、思ったよりもやわらかくて不思議な固さ。食べるところ少なくない?!と思ったら、おばちゃんが甲羅を開いて見せてくれました。
円盤のような部分をを切り開くと・・・

DSC05888.jpg
わわっ!

たまごがいっぱい!!!こういう風になっていたんだ~と一同びっくり。これを青パパイヤなどと一緒にサラダにしてくれるということで、みんなで食べてみることに☆

DSC05889.jpg
カブトガニサラダ!

カブトガニのたまご(身はほぼ無い)は、いわゆる魚卵とかよりも弾力があってモニュモニュした不思議な食感。
ほんのり磯の香りがしますが、サラダにすると良い感じ!
100バーツとややお高めではありますが、日本では食べられないし、一度食べてみる価値あり!と思います♪

やっぱりナイトマーケットは楽しいなー!!!
でもね、バンコクの夜の楽しみはナイトマーケットだけじゃありませんよ♡♡♡
続きはまた次回!笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

これが地獄だ!!!

現在タイ・バンコク。ドミトリーでの就寝時のクーラーに悩む日々。
私は消したい派だけど、同室の西洋人はみんなパンツ一丁で寝ている。初日は、ダウンジャケットを着て寝ました。
昨日は夜中にエアコン消してみたら、「暑い!なんでクーラーが消えてるんだ?」と起きてきたリトアニア人のベン。難しい…!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


地獄寺として知られるワットパイロンウワにやってきました。いよいよ地獄へ行ってみます!
池を渡ると、そこが地獄への入り口です…

DSC05986.jpg
地獄への入り口。


橋を渡ってすぐ、こんな像が。

DSC05987.jpg

この時点で「気持ち悪い!」と思われた方は、もっと気持ち悪い写真が出てくるので、続きは見ないほうが良いかも…。
おっ面白そう!って思ったら是非続きも読んでください!笑



では地獄めぐりスタートです!
橋を渡るともうそこは地獄。これでもかってくらい、所狭しと、地獄をあらわした像が並んでいます。
いきますよ?いいですか??

DSC05991.jpg
ぐらぐら煮えてる。

DSC05992.jpg
跪く人々。奥のほうに…恐竜…?

DSC05994.jpg
顔が足みたいになってる。

DSC05997.jpg
こんなのディズニーランドのジャングルクルーズで見たきがするけど、何か決定的に違う。

DSC05998.jpg
きゅうり食べ過ぎてきゅうり顔になっちゃった。

DSC06013.jpg
なんかまざってる。

DSC06012.jpg
なんかまざってる2。

DSC06002.jpg
もはやこれが、

DSC06010.jpg
地獄なのか何なのか、

DSC06009.jpg
わからなくなってきます。

タイ語もわからないし、タイの仏教についての知識もない中で行ったので、正直なところこの地獄寺がなにを言わんとしているのかはよくわかりませんでした。

少し調べてみた感じだと、この地獄寺は「窃盗や不貞、動物虐待などをすると死後にどのような運命を辿るか、子供にもわかり易く表現」するために建てられたものだそうで。(Cool Bangkokより)
輪廻転生、「生まれ変わることを前提としているタイの仏教思想においては、低いとされている身分や動物、地獄に生まれ変わることはブン(徳)が足りないからだ」と考えられているらしい。(Wikipediaより)
この地獄の様子や、動物の顔をした像の数々は「しっかりと徳を積まないと、こういうふうになってしまうよ」というメッセージなのかなぁ。かなり過激な伝え方ですよね。
私だったらもっとハッピーな方向(良いことをしたらみんな幸せ!自分も幸せ!的なね。)で子どもに伝えたいなぁなんてことも思いつつ。

ともあれ、地獄寺はグロテスクな部分もあるけれど、どこか漫画チックで笑えたりもするし、日本ではまず見られない珍スポットであることは間違いなし!面白かったです!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

地獄寺へいこう!

タイ・バンコクにいます!ようやく2度目の予防接種を打ちました☆
しかしA型肝炎の予防接種は、今日も品切れで受けられず…タイ全土で品薄なのだとか…困った!
ラオスかどこかで再チャレンジしようと思います(´・ω・`)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


地獄寺に行ってきました!
タイにはいくつか地獄寺があるようですが、私たちが今回訪れたのは、ワットパイロンウワ(Wat Phai Rong Wua)という、バンコク北西のスパンブリーにあるお寺。
どんな地獄が待ち受けているのでしょうか…!!!

まずは行き方!
バンコク中心地→南バスターミナル→ワットパイロンウワというルートで、全部バスで行きました☆

泊まっていたサムヤーン駅近くのバス停から、507番の市バスに乗って、南バスターミナルへ。(17バーツ)
「South Bus Terminal」とか言っても通じなかったので「サーイターイ」と覚えておくと良さそう。
なんだかんだ1時間近くかかったかな?

DSC05957.jpg

そして、南バスターミナルから68番のバスで、ワットパイロンウワへ!(47バーツだったかな)
ショッピングセンターのような建物があるのですが、その建物の中のチケット売り場ではなく、外のチケット売り場でした。
なかなか「ワットパイロンウワ」と言っても通じなくて、「ワット パイロン ゥワ~」という感じでワを高め・強めに発音するっぽい。笑

バスの中で出発を待つこと約1時間。

DSC05959.jpg
ドアは開いたまま走る。

DSC05960.jpg
あるように見せかけて空っぽのテレビ。

バスに乗って約1時間半で、ワットパイロンウワに到着!エアコンなし、なかなか年季の入ったガタガタバスでしたが熟睡しました。

DSC05961.jpg
立派な門!

DSC05962.jpg
中はとっても広~い!

想像していた以上に広くて立派なお寺。
大きな仏像や、たくさんの仏像群、なにかを意味する数多くの像など、地獄以外にも見ごたえがありました!

DSC05965.jpg
大きな優しい顔の仏さま。

DSC05967.jpg
たくさんの仏像が同じ方向を向いて並ぶ。不思議な美しさ。

さまざまな像もあって面白い!説明が書いてあるのですがタイ語でわかりませんでしたが、想像がふくらみます。

DSC05982.jpg 
夫婦喧嘩?奥さんお乳丸出し。

DSC05979.jpg
彼、右手に持っているのは櫛なんです。「髪の毛がなくても髪をとかす彼のように、身だしなみへの配慮をしましょう」という教訓でしょうか?

DSC05978.jpg
父の大便を処理する息子とじゅんいち氏。父の威厳に満ちた顔。

DSC05983.jpg
育児奮闘中!抱っこ難しい!

DSC05984.jpg
母ちゃんお願い…この髪型かえて?

DSC06024.jpg
いじめ、ダメ、ぜったい。


これらの像にどんな意味があるのか、いつか解説を聞いてみたいなぁ。解説を聞いても、よくわからないことも多そうだけれど。笑

ちなみに、バスから降りてすぐの門とは反対側の門、一番奥のほうでは市場が開いていました。
とってもローカルな雰囲気の市場で良かったので、地獄寺に行った際は是非♪冷たい飲み物なんかも買えて有り難いです!

DSC06027.jpg

DSC06028.jpg
こんなところにも寿司。

さぁいよいよ地獄へ!明日は地獄のようすをお伝えします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!