フルムーーンパーーティーーー!!!!!

12月25日。フルムーンパーティー当日。
クリスマスが満月なのは実に38年ぶりなんだって。なんかラッキー☆
そして、昨日までは夜になると雨が続いていたけれどこの日は・・・

DSC049510.jpg

完璧なフルムーーーン!!!!

これはテンション上がります。フルムーンパーティー参加者の熱い思いがお天道様に伝わったのでしょう。

フルムーンパーティーが盛り上がるのは、日付が変わる頃から。
フルムーンパーティーに持って行くのは最低限のお金だけにしておくべし。
という情報をもとに立てた作戦は、こちら!

①まずは八ドリンビーチ沿いで夜ご飯を食べる!盛り上がる前のフルムーンパーティーの様子を楽しむ♪(カメラ持参)
②宿に帰って23時前まで仮眠!フルムーンパーティーに備える!
③そして23時ごろフルムーンパーティーに出陣!


完璧な作戦・・・☆
まずは夜ご飯を食べて、本気を出す前のフルムーンパーティーを楽しむ!

DSC049640.jpg
レストランから。

DSC049450.jpg
こんなに嬉しい満月は初めて。

まだまだ人は少ないですが、たくさんのお店が出ています!
フルムーンパーティー名物、バケツカクテル屋さんがずらーり☆
こちら、ビーチ沿いの屋台だと50バーツほど高いのですが、1本道を入るだけで安く手に入ります♪

DSC049460.jpg
色々な種類の組み合わせがあります!

DSC048910.jpg
バケツかわいい。

DSC049090.jpg
これはタイウィスキーコーク。結構おいしい!あとレッドブルウォッカが好きでした。

あまりに沢山の同じようなバケツカクテル屋さんがあるから、この中でどうやったら売り上げを伸ばせるか、を考察。
音楽にノリノリのおじさんのお店があって、ああいうお店の人から買いたいなぁとか。
あとは蛍光塗料でのフリーペイントさせてくれるお店もあったり。
1番素晴らしかったのは、トイレチケットがついてくるお店!普通にトイレ使う時は20バーツもしちゃうので、非常に助かる。(男性はみんな海でしてたけど!)

バケツカクテル屋台の他にもいろいろな小さなお店。

DSC049490.jpg
蛍光の帽子を売ってたり

DSC049500.jpg

DSC049970.jpg
ボディペイント屋さんも。

DSC049540.jpg
タロット占いをしている人も。なんか満月みたい。

DSC049990.jpg
コンビニの前はたむろする人でいっぱい笑

そして、フルムーンパーティー名物!
炎のなわとび!!!

DSC049940.jpg

炎のリンボーダンス!!!

DSC049850.jpg

DSC049960.jpg
この人は跳んでた。

みんなのファッションを見るだけでも面白かった!

DSC049950.jpg
ナイスペイント!

しばらく楽しんだ後は、宿に戻って50分ほどの仮眠をとり、前日買っておいたユニフォームに着替える。
仮眠&ユニフォーム効果で、急にテンション上がってきたーーー!いざ出陣!!!

さっそくバケツカクテルを買って、ペイントを追加♪ハイテンションな見知らぬ人にもたくさんペイントを頼まれる。笑
こういう触れ合いも楽しいなー!

1451398341646.jpg
真剣。

そして、ハドリンビーチはさっきとは比べ物にならないくらいの人人人!!!

full-moon-party-01-1024x680.jpg
これはお借りした画像だけど、本当にこんな人でした。http://www.lipstickandlifechanges.com/full-moon-party-in-thailand-i-must-go/

常に音楽が鳴り響いていて、人々が踊っていて、みんなの蛍光色の服とペイントと電気がキラキラしていて、なんなんだこれはー!
踊らずにはいられないこの楽しい空気。
はじめましての人とのちょっとした戯れ。
バンコクからのバスで会った人と一瞬の奇跡的な再会もあったり。
嫌なこと全部忘れちゃうような開放感。
みんな楽しそう!!ていうか、めっちゃ楽しーーい!!

1451398316473.jpg
踊りが下手でも気にしない!楽しんだもん勝ち!

1451398321448.jpg
全然できなかった懸垂。

鳴り響く重低音と、3杯のバケツカクテルと、パーティーの浮かれた空気で、
私の人生史上いちばん気持ちよく酔っぱらった夜でした。楽しかったな~

全てのお立ち台で踊り、持って行ったお金も使い果たし、4時ごろに退散。
翌朝7時には宿を出てバンコクに戻るので、2時間弱の仮眠をとる。

DSC050020.jpg
水たまり渡った時にサンダル片方なくして、落ちてたやつ履いて帰ってきた笑

翌朝、フェリーとバスでバンコクへ。
朝のおかゆと、バスから見えた虹が、パーティー疲れに沁みました(^^)♡

DSC050030.jpg
フェリーの時間ぎりぎりでテイクアウトしたおかゆ♡

DSC050060.jpg
バスからの虹。あっという間に消えちゃった。

世界三大レイブ、フルムーンパーティー。
満月の夜を踊り明かす、クレイジーなパーティー。

最高に楽しかったです!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

祭りの前のパンガン島

パンガン島はいたるところにパーティーの看板があります。
ジャングルパーティープールパーティー、この島に来ればなんだってパーティーになっちゃうのです!
たぶん毎日どこかでパーティーが行われている島。さすがはパーティーアイランド

でもたぶん、この時期に来ている人たちの最大のお目当ては12月25日フルムーンパーティー
私がパンガンに着いたのは23日。祭りの前のパンガンはどんな様子かなー?

こちらはパンガンのビーチ!
フルムーンパーティーが開催されるHaad Rin Beachはあんまり綺麗じゃなかったけれど、宿の近くのHaad Leela Beachは綺麗でした!

DSC048250.jpg
ハッドリラビーチ。海水浴も楽しみました。

DSC048370.jpg
ブランコも色んな所にあって楽しい♪

DSC049210.jpg
宿の目印、ミニ灯台☆

DSC049130.jpg
朝ごはんは海を見ながら、コンビニで買ったチョコチップどら焼き。

昼間はとってものどか。
街なかではそこらじゅうでフルムーンパーティーのタンクトップが売っていて、つい欲しくなる。
はい、買いました!笑 明日はこれを着て、パーリーピーポーの仲間入りだー!!

DSC055210.jpg
蛍光色のものがおすすめ!

夜。少しずつパーティーアイランドらしさが増してきます。

DSC048840.jpg
虫が明るいとこ好きだから、それを食べるヤモリも明るいところがお好きなんだって。納得~

DSC048880.jpg
まだ人は少ないけれど、夜になると街の雰囲気も変わる。

DSC048900.jpg
ハードリンビーチにはすでに沢山の屋台。あいにくの雨で客足が遠のく。

DSC048970.jpg
セクシーサンタは腹ごしらえ中。

DSC049010.jpg
オープンなクラブで雨宿り。ついでに踊ってみた。

フルムーンパーティー前のパンガン島は、案外のどかで穏やかで、でもパーティーへの期待を高めてくれる、そんな雰囲気でした♪
さあいよいよ次回はフルムーンパーティー!どれだけクレイジーなのか?!

DSC049240.jpg
おまけ。南の島のサンタクロース。西洋人はこういうのもさまになるからズルい。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

カオサンからパンガン島へ【バス&フェリー】

ようやくカオサンロードにたどり着いたのですが、今回の最終目的地はパンガン島
カオサンロードから夜行バスフェリーに乗って、パンガン島を目指します!

今回はフルムーンパーティーに合わせての移動だったので、念のため予めネットでジョイントチケット(バスとフェリーがセットになったチケット)を購入。
12GO Asiaというサイトで、LOMPRAYAH社のものを買いました。(行き1300バーツ、帰り1250バーツ)

というわけで、まずはカオサンロード(の1本となりの道)にあるLOMPRAYAHのオフィスに行って、大きな荷物を夜まで預かっていてもらうことに。

DSC048040.jpg
預かってくれる、といっても、荷物はこんな状態でお店の前に山積み。笑

21時発のバスですが、19時半にチェックインしに戻ってきてね~とのことでした。
身軽になったところで、カオサンの散策スタート!

DSC050210.jpg
これは別日。バックパッカーの聖地らしさの演出のため、リュックを借りて撮影。笑

別に大してすごいものがあるわけでもないのだけれど、今まで他の人の話で聞いて、写真で見ていたカオサンロードの景色が目の前にあることに、なんだか感動。

DSC047900.jpg
ドナルドと自撮りしたけど、まだ1人で笑顔になれるレベルに達していなかった。ひとり自撮り難しいわ。

DSC047870.jpg
このミッキーのタンクトップ、セブで友達着てたな~♪

DSC048080.jpg
こういう電気かわいくて好き。

DSC048070.jpg
だんだん暗くなってきた。

ぶらぶら散歩し、マッサージに行き、道端でパッタイ食べ、路上で売ってるパッションフルーツジュースを飲み(かなり好き!2本飲んだ。)、時間が近づいてきたのでLOMPRAYAHに戻る。
西洋人がいっぱい!列に並んでチェックインすると、フェリーのチケットと、胸に貼るシールをもらいます。

DSC048170.jpg
このシール重要!

このシールで、どこ行きか、何号車のバスか、どこの座席か、がわかるようになっています。
自分の目印としてだけでなく、誰が自分と同じ目的地なのかがわかるので、心強い!!

チェックインを済ませてしばらくすると、バス乗り場のほうに移動するように言われるのでついていきます。徒歩2分くらい。
そこでまたしばらく待つ。

DSC048110.jpg
バス乗り場。

待っている間におトイレに行きたくなったけれど、トイレはさっきのオフィスまで戻らなきゃいけないとのこと。
大きい荷物をどうしようか困っていたら、ドイツ人のご夫婦が「荷物は見ててあげるわよ。1人旅はこういう時大変よね!」と声を掛けてくれた。
あぁ~有り難いなぁ~。このご夫婦と息子さんは、移動のたびに気にかけて声を掛けてくれたりして嬉しかったです♡

そして21時。定刻通りバス乗車。
立派な綺麗なバスです!座席は狭くないのだけれど、かなりリクライニングできてしまうので、前の人がぐぐっと倒すと、相当狭いです。

DSC048120.jpg

ここから眠気のため、あまり細かい記憶と写真がない・・・笑

数時間後、トイレ&軽食休憩。なかなか立派なサービスエリアに30分くらい立ち寄ります。

DSC048130.jpg

DSC048140.jpg

それからまた数時間。チュムポン港に到着。
フェリーの待合室でしばらく待ちます。ここの待ち時間がやたらと長かった!なんだったんだろう。
待合室のエアコンのコードの上では、スズメがいちゃついていた。

DSC048150.jpg
お幸せに。

しばらくしてようやくフェリー乗船!満席!(フェリーの写真忘れた。普通に綺麗でした!)
途中サムイ島を経由して、約1時間半でパンガン島に到着ーーー!!!
来たぜパーティーアイランドーーー!!!

次はパンガン島の様子をお伝えします! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

スワンナプーム空港からカオサンへ【電車&バス】

セブを旅立ち、マニラ経由でバンコク・スワンナプーム国際空港へ。

タイでは予想外にドラえもんがお出迎えしてくれた。ありがとう、ドラえもん。
でも私、どこでもドアなんていらないよ。移動の大変さがあってこそ、旅は面白いからね。(旅人っぽい!)
荷物重いのは嫌いだからスモールライトは欲しいなぁ~

DSC047520.jpg

空港の両替はレート悪いけど、せめて1階の鉄道乗り場のあるフロアで両替するとレートがだいぶマシです。ほんのちょっとの手間だからオススメ。

さて!今回はスワンナプーム国際空港からバックパッカーの聖地☆カオサンロード(Khaosan Road)へのアクセス方法(電車&バス)をお伝えします!


①スワンナプーム国際空港の1階から、エアポートリンク(ARL)に乗車して、終点のパヤタイ(Phaya Thai)まで行く。

②パヤタイで降りて、少し(5分弱)歩いたところにあるバス停から503の市バスに乗る。(だいぶ待つかも)


赤いマークがバス停!

DSC047770.jpg
503と書いてあります。

カオサンロードすぐ近くの大通りに到着!

DSC050080.jpg

なんて分かりやすい!!!
これが今回の旅で把握した、スワンナプーム→カオサンのルートです。

実際は迷いまくったのだけれど、↑このルートなら次はスムーズに行ける気がします(^o^)!

↓ここから先は、実際の私のたどった、長い道のりです。笑

連日の遊び疲れのため、この日は贅沢に空港近くのホテルに宿泊。
タクシーで5~10分のはずが、運転手さんびっくりするくらい道を知らない。結局最後、一緒に歩いてホテルを探しました。笑

翌日、空港近くのホテルから、カオサンロードを目指す!
色々調べたけど、いまいちカオサンへの安くて簡単な移動方法がわからない…。
私はエアポートリンク(ARL)パヤタイ(Phaya Thai)へ行って、そこから市バスでカオサンを目指すことに。

まずはホテルから最寄りの駅ラートクラバン(Lat Krabang)を目指す。コロコロバックパックをひっぱりながら、徒歩40分。
簡単な道だけど、方向音痴な私は油断大敵。Maps meとにらめっこしながら、無事に駅に到着!

DSC047660.jpg
線路の上ってワクワクする。

DSC047680.jpg
とても整っていて綺麗。

窓口で行先を伝えて、コインのような乗車券を購入。40バーツ(約130円)。
このコインを改札機にタッチして入場!…ですが、テンパった私、カメラのキャップをタッチする。
ひとりで笑っちゃった。緊張しすぎでしょう。

DSC047700.jpg
ほら、似てるでしょ?

ホームも電車も車内もとっても綺麗で立派。ただし、車内はものすごく寒いので要注意!

DSC047690.jpg

DSC047710.jpg

DSC047720.jpg



スムーズにパヤタイ駅に到着。

通りに出て、警備員みたいなお兄さんにカオサン行きのバス乗り場を訊ねる。
道を渡った目の前のセブンイレブンの前、とのこと。道を渡るタイミングを掴めずにもたもたしてたら一緒に渡ってくれた。優しい!

バス停で待っていたら、またさっきのお兄さんが来て、「他の人に聞いたら、ここのバス停じゃなかった!道を曲がったあっちのバス停で503に乗ってね。」とのこと。優しい!

言われた通り、セブンを少しすぎた道を左に曲がってしばらく真っ直ぐ行くと、学校の先にバス停を発見(^^)
ちゃんとバス停にも「503」と書いてあります。ちゃんと…?笑

DSC047780.jpg

DSC047770.jpg
手書き!

待つこと15分。
先に待っていたバックパッカーのお姉さん(デンマーク人)「私はここで30分以上待っているのに、バスが来ないわ」
バイクタクシー「もうバスは無いからバイクに乗りな!100バーツ!」

お姉さん、通行人に訊ねる。
「ビクトリーモニュメントまで行けばバスがあるみたいよ」
というわけで、お姉さんとふたりで2キロ強離れたビクトリーモニュメントまで歩くことに。

しかしお姉さん、
「これから合流するボーイフレンドにクリスマスプレゼントを買うから、私はここで!」
と、ショッピングセンターで居なくなっちゃった。笑

ひとりでビクトリーモニュメントに到着!おぉー立派!バスもいっぱい!良い感じ!

DSC047810.jpg

でもこの丸い道路ゆえ、対岸のバス停に行くには、いちいち歩道橋を上り下りしなくちゃいけない。
しかも何度も迷ったから、3回くらい上り下り。コロコロ派にはきつかった!笑

どうにか正しいバス停にたどりつき、59503でカオサンに行けるとのこと。
しばらく待つと503来たー!料金係のおばちゃんにカオサンと伝えて、15バーツ支払う。
ようやく一安心です。

DSC047830.jpg
かわいい切符。

バスに揺られながら景色を見ていると、さっき歩いてきた道。デンマーク人のお姉さんと会ったバス停。
やっぱあそこのバス停で待ってれば良かったんじゃーん!!!

というわけで、だいぶ無駄足を踏んでしまいましたが、これもまた思い出。This is my trip...
(ナオトインティライミの「旅歌ダイアリー」見てから、かっこいい旅人風の台詞ブームです。I wanna be sunshine!)

そんなわけで、どうにかカオサンにたどり着いたのでした!
宿を出てから3時間半以上もかかっちゃった!
でもたどり着いただけかなりの達成感。バックパッカーに一歩近づいた気分でした。

DSC047850.jpg<

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!