ボツワナからナミビアへ。思い通りいかず、袋麺をポリポリ食べた話。

現在、日本・東京。
1週間後から、ひとまず4ヶ月ほど働き始めることになりました。
ゴールデンウィーク中はひそかに、某動物園の売店で5日間の短期バイトをしていましたが、がっつりと働くのは久しぶり!
ドキドキだけど頑張ろうっと!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボツワナ:2016年12月6日〜12月10日

ボツワナではテント泊を続けながら、サファリやゾウの水飲み観察を楽しんでいましたが、そろそろナミビアに向けて移動スタートです!
次なる目的地はナミビアの首都・ウィントフック
バックパッカースタイルの旅をするにはあまり向いていないと言われるボツワナ。交通網も利便性が悪く、ウィントフックまでの道のりはなかなかハードです。

ウィントフックまでの道のりはこんな感じの6ステップ↓

1、エレファントサンズロッジ→近くの道路のバス乗り場(宿の送迎車)
2、近くの道路のバス乗り場→ナタ(ミニバス)
3、ナタ→マウン(ミニバス)
4、マウン→ハンツィ(バス)
5、ハンツィ→国境(ミニバス)
6、国境→ウィントフック(ヒッチハイク)

ピェ〜こりゃあ大変だ〜。

【移動1日目】
1日目は、上の6ステップのうち1〜4をこなして、ハンツィに宿泊予定。さあ張り切っていきましょう!

まずはエレファントサンズロッジの送迎車をお願いして、近くの道路まで送り届けてもらいます。
近くの道路からナタ行きのミニバスは、10時発だという情報があったので、それに間に合うように車を依頼。
しかーし!宿の人がなかなか準備が終わらず、送り届けてもらえない!このままじゃ乗り遅れちゃうよーー!
ステップ1から立ち込める暗雲・・・。
急かしまくって、やっと宿を出られたのが9時57分。もうダメだ・・・間に合わない・・・
と思ったら、ちょうどいいところにミニバスがやってきた!!
よかった〜♡・・・と思ったのも束の間、残念ながらミニバスは満員(;O;)
ステップ2、失敗。

ミニバスに乗れなかった私たちは、ここでヒッチハイクを始めます。
一緒に移動しているのは、タカトシ、タクミくん、コアナ、私の4人。みんなそれぞれに大きなバックパックもあります。
できればみんなで一緒に移動したいところだけど、そんな人数乗れる車がゲットできるかしら・・・
そんな不安を掲げながらヒッチハイクスタート!

やっぱり女のほうがヒッチハイクは有利っしょ!ということで先頭に立つ私。
何か技をして目を引くか、とか言って扇を披露する男性陣。

DSC02316 (1)

DSC02320 (1)
炎天下のアスファルトは暑かったもよう。

で、早々に車ゲット〜♪有料ヒッチハイクです。荷台です。
ここからナタまでは約1時間。日焼け対策必須。

DSC02321 (1)

そして無事にナタに到着!
ガソリンスタンドのようなところがミニバス乗り場だそうで、ここから行きのミニバスに乗車!
ぎゅうぎゅうに混んでいるし、隣の女の人グイグイこっちに寄ってきて大変だったけど、ステップ3は問題なくクリア!
無事にマウンに到着です。

そして本日の最終ステップ、マウンからハンツィに移動します。今度はミニバスではなく普通のバス。これまたオンボロバスなんだな〜。
この辺りまで来ると、ヘレロ族の方をよく見かけるようになります。
ヘレロ族は主にナミビアに住んでいる少数民族。特徴はこの派手な貴婦人のようなドレスと被り物。

DSC02326 (1)
こちらのご婦人はピカチュウ色。

この被り物のツノのような部分には新聞紙が詰められているのだとか。
ナミビアでヘレロ族の村を訪問してみたかったのですが、スケジュール的に難しくて断念。いつか行ってみたいな〜
でもバスに乗ってたヘレロ族のおばさんがすっごい横柄で、みんな狭い中座ってるのに、1人で3人分くらい独占して、他の人が座ろうとすると威嚇して、めっちゃ印象悪かった。
ヘレロ族って一発でわかるような格好してるのにそんな態度とって、「ヘレロ族のイメージが悪くなっちゃう」という愛民族心みたいなものはないのかな〜

さて、私たちを乗せたオンボロバス、順調に進んでいきま・・・せんっ!!!!

DSC02327 (1)

はい、残念ながらエンジントラブルです。
一度は奇跡的に息を吹き返したものの、5分ほどですぐにまた停車。結局このバスに再び乗ることはありませんでした・・・。
こんな何もない地帯でまさかのエンジントラブル。一体どうなってしまうのでしょう・・・。
とりあえず暇なので、「空と月とコアナ」の写真撮ってみたり。

DSC02332 (1)

そうこうしているうちに、だんだん暗くなってくる。はぁ〜明るいうちにハンツィにつくはずだったのに・・・。
結局どれくらい時間が経ったのでしょうか。外は真っ暗。
通りかかった1台のバスに押し込まれて、ハンツィへ向けて再び進み始めたのでした。
このバスは観光バスのような作りのバス。すでに半分以上お客さんが乗っていて、私たちが乗っていたものよりずっと立派だった!

そしてやっとの思いでハンツィに到着!いや〜長い移動だった!
本日の宿は、Kalahari Arms Hotel。テント泊です。かなりキレイでいい感じの宿!

しかし到着が遅くなってしまったせいで様々な弊害が。
レセプションが閉まっていてWi-Fiパスワードももらえない、
ラーメン用のお湯ももらえない、
寒くてプールも入れない、
なんか知らないけどキャンプサイトにあるトイレ&シャワーは女性用だけ施錠されてて使えない(鍵開け忘れちゃった!てへへ!でももうレセプション閉まってるからごめん!とのこと)、
と、何だか何もかもうまくいかない・・・。

そんなわけで、綺麗にライトアップされたプールサイドの椅子に座って少しでも優雅な気分を演出しながら、インスタントの袋麺をそのまんまポリポリと食べたのでした。

DSC02336 (1)

切なかったな〜!
トイレ&シャワーは気にせず男性用使ったけど、めっちゃお湯の温度も水圧もよくて気持ちよかった!!!

【移動2日目】
この日は残りのステップ5、6をこなして、ナミビアの首都・ウィントフックを目指します!

まずはハンツィからマムノ国境までミニバスで移動。こちらは快調!
ボツワナを出国して、ついにナミビアへ!
バイバイ、ボツワナ!

DSC02337 (1)

ここからはヒッチハイクとなるわけですが、以前見た情報だと「ここのヒッチハイク、楽勝!」とのことだったので、心配なし!

しかし…土曜日だったためか、車通りが少ない!なかなかヒッチハイクがうまく行かずに苦戦する私たち。
すると、同じミニバスで国境を越えてきたナミビア人のお兄さんは、すでに車を見つけていて、もうひとり現地人らしきおばさまも乗っている。
「Hehe! 俺はもうウィントフックに行く車見つけたよ!」と自慢げなお兄さん。
私たちのところにも緑の車のおじさんが来て、乗っていかないか?と言っているのだけれど、このおじさんはウィントフックの手前の町までしか行かないらしい。
「手前の町まで行けばたくさんウィントフックに行く車はいっぱいいる!」とのことだけれど、また車を探すのは大変そうだしちょっと不安・・・。
私たちが迷っていると、近くにいたガードマンさんが、お兄さんとおばさまに交渉してくれて、なんとヒッチハイクした車を譲ってくれることになった☆
少し渋っていたお兄さんにも「君はこの国の人間なんだから慣れているし言葉もわかるだろう!外国人には車の乗り継ぎは難しいよ」と言って説得してくれた!
ありがとう、ガードマンさん!お兄さん!おばさま!助かりました〜♪

無事にヒッチハイク(有料)もできて、あとはウィントフックに向かうのみ!ゴールが近づいてきた!
・・・と思ったのも束の間、なにやら検問のところで止められる私たちの車。
外国人乗せてるからかな〜と思ったら、検問所の職員から衝撃の言葉。
「この車ではウィントフックに行けない」

ええぇーーー!そんなぁ!!!
なぜかというと、私たちの乗った車、実はナンバープレートがついていなかったのです。
ナミビアでこの車はまだ登録されていないらしく、走る分には問題ないらしいのだけれど、人を乗せて走っちゃいけないとかなんとか(?_?)
細かい内容はよくわからないけれど、とにかくナンバープレートがないことが問題らしい。

「ウィントフックに行かなくちゃ困るんです!」とか私たちもごねて、運転手も賄賂を職員に支払って、どうにか通過。
しかしその後も検問所のたびに引っかかる私たちの車・・・同じことが繰り返される・・・。

そんなこんなを繰り返して、ようやくウィントフックの街に到着!
本当は宿まで送ってくれるはずだったのに、「これ以上行くと警察がいて捕まるから行けない」というひどい理由で、途中のガソリンスタンドで降ろされました。

教訓!!「ヒッチハイクをするときはナンバープレートがついているか確認すること!!!」

で、暑い中、カメレオンバックパッカーズという人気宿を目指して歩きます。
しかし残念ながら満室・・・!!せっかく歩いてきたのにー!

結局そこからはタクシーに乗って、もうひとつの安宿Card board box backpackersという宿に移動しました。
ふぅ〜〜〜疲れた!!!なかなかに大変な移動でした。

でもここからもうまくいかないことは続きます。
食料を調達しにスーパーに行ったら、この日はまさかの祝日で閉まっていて、少し離れたスーパーまで行く羽目に。
さらには、道にいたホームレスっぽい雰囲気の家族が、こちらに向かって石を投げつけてきた!誰にも当たらなかったからよかったものの、めっちゃ怖かった。
ウィントフック、ぱっと見は綺麗で安全そうだったけど、なかなかに治安が悪そう。

そして、翌日はナミビア周遊のための車チャーターを探し回ったものの、日曜だからやっていないお店ばかりで、車チャーターの目処も立たないまま・・・。
なんだかエレファントサンズロッジを出て以来、うまくいかないことがずっと続いています。
さてどうなる、ナミビア(;O;)!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ゾウ!ゾウ!ゾウ!ゾウだらけのエレファントサンズロッジ

現在、日本・東京。
無事に日本に帰国しました。旅を見守ってくださった皆さん、ありがとうございます!
これからもブログは更新続けるので、どうぞよろしくお付き合いください(^^)!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボツワナ:2016年12月6日〜12月10日

チョベサファリロッジの四つ星ホテルで動物に囲まれながらのテント泊を楽しんだ私たち。
続いて向かったのは、エレファントサンズロッジ
エレファントサンズロッジとは、ゾウの水飲み場に建てられたホテル!
こちらもおそらく、普通に宿泊するとお高いホテルなのですが、テントを持っている私たちは格安キャンプができちゃいます☆

こんな感じのミニバスに乗って、エレファントサンズロッジ近くの道路まで移動。
そしてその道路から、ミニバスの運転手さんにお願いして宿に電話をしてもらって、お迎えに来てもらう!という移動の段取り。

DSC02181 (1)

DSC02184 (1)
こんな道路で降りる。

運転手さんがちゃんと電話もしてくれたし、道路はくっそ暑かったけど近くの検問所の人が優しくて日陰に椅子出して休ませてくれたおかげで、順調にお迎えの車に乗車♪
これがまた、サファリ気分高まるオープンエアの楽しい車!無駄にテンション上がりまくりの私たち。

DSC02182 (1)

何にもない道を走って、本日のお宿・エレファントサンズロッジに到着!

DSC02185 (1)

実はここに来るかどうか、ギリギリまで悩んでました。
というのも、時期によっては全くゾウがいなかった!という情報を見ていたから。しかも「ゾウが見れなかった」と書いている人が訪れていた時期は去年の12月。私たちの訪れた時期もまさに12月。
エレファントサンズロッジに立ち寄るのは、今後ナミビアに移動することを考えると遠回り。そこでゾウに出会えなかったら意味ないなぁ・・・。
でも、もうボツワナに来ることなんて当分ないだろうし、二度とないかもしれない!せっかくならダメ元でも行ってみようよ!ということになったのです。

さあ、ゾウはいるのでしょうか・・・???

ドキドキ。

ドキドキ。

DSC02186 (1)

めっちゃいるーーーー!!!!!

予想を裏切って、そこにはたくさんのゾウ、ゾウ、ゾウ!!!
しかもね、近い!この距離感ですよ!!ゾウさんを鑑賞する用の椅子との距離が近くてびっくり。

DSC02188 (1)

DSC02197 (1)

DSC02192 (1)

この写真の時は、ゾウは水飲みに夢中だから近くには来ていないけれど、この段差ギリギリまでゾウは来ます!
近づいてくるとこの迫力!

DSC02214 (1)

DSC02223 (1)
コアナ得意の手を広げるポーズ。

DSC02231 (1)
大迫力!

ゾウが襲ってこないの?!と不安になるけど、一応ホテル近くの地面には、ゾウが入ってこないようにトゲトゲがあるのでご安心を。
・・・と言ってもこんなトゲトゲ、ゾウなら簡単に乗り越えちゃいそうな気もするけど。(すでに若干壊れてるし!笑)

DSC02190 (1)

こんな至近距離からゾウをじっくりぼんやり眺めることってなかなか無かったから、実に面白い!
いろいろな発見があったり、ゾウの個性が見られたり、見ていて飽きなかったな〜

DSC02224 (1)

ゾウの顔は意外と細くてゴツゴツしていること。

DSC02205 (1)

牙に鼻を乗っけて休んでいるゾウがいたり。

IMG_5589.jpg

ゾウの鼻から噴射する水で、虹ができたり♪(photo by タカトシ)

DSC02237 (1)

ゾウはおしっこする時、あそこがめっちゃ伸びることがわかったり。この写真は縮みかけだけど、まるで5本目の足でしたわ。

DSC02199 (1)
タクミくんも大喜びでこのゾウポーズ。

いや〜面白い♪
実はこちらの宿にはプールもあって、プールに入りながらゾウを見ることもできちゃうんです!

DSC02308 (1)

プールに入ってコーラを飲みながらゾウを眺める・・・なんという贅沢!

IMG_5634.jpg

でもね、このプールよく見ると汚いです。
昼間は小鳥たちの水飲み場、朝起きるとフンコロガシ(?)の水泳会場と化していました。

DSC02208 (1)

DSC02299 (1)

こちらのホテルは、ゾウを見る!ということに特化したホテルということで、館内もいい感じだぞう!

DSC02297 (1)
バー。

DSC02274 (1)
レセプションもゾウだぞう。

DSC02304 (1)
トイレの看板もゾウだぞう。

DSC02309 (1)
床のタイルも動物で可愛い。

DSC02307 (1)
ゾウの骨はでっかいぞう。

さてさて、夕方になってもゾウは水飲みに夢中。
どこからか新しいゾウがのそのそ(結構歩くの速い)歩いてきて水を飲みに来たり、どこかへゾウが帰って行ったり。

DSC02234 (1)
「僕も飲む飲む〜」

DSC02245 (1)
夕焼けとゾウ。

まだまだ大賑わいの水飲み場。
賢い1頭のゾウくんは、人間用のシャワーの建物の裏の水溜りから水を飲んでいた!賢いな〜

DSC02246 (1)
ぎゅうぎゅう詰めの水飲み場。

DSC02249 (1)
ここならすいてる!

DSC02251 (1)
シャワーを浴びに行くコアナ(左のちっちゃいの)と、賢いゾウ2頭。

こうやって外から見てるぶんにはいいんだけどね、いざ自分がトイレに行く時は恐怖です。
なんてったって、隙間から至近距離のゾウが見えるんだもん。安心して用も足せません。笑

DSC02264 (1)
トイレの壁の隙間から・・・

DSC02265 (1)
ゾウーーー!!!怖

夜になってもゾウはいっぱい。星空とゾウのお尻。たまらん。写真ブレッブレだけど。

DSC02257 (1)

しかし、恐怖はここからです。私たちの本日の寝床はテント
宿舎周りにはゾウが入らないようにトゲトゲが設置されているけれど、キャンプサイトはただの平地。
ゾウが入ってこないという保証はありません。ていうか普通に入ってこれちゃうでしょこれ!って感じ。

DSC02213 (1)

大丈夫だろうって思ってはいたものの、いざテントの中でひとりになると不安になる・・・!
怯えながら寝たせいか、蛇に噛まれて死ぬ夢を見ました。自分が死ぬ夢、初めて見た・・・!
蛇に噛まれることも、ゾウに襲撃されることもなく無事に朝を迎えました♪
南京虫に怯えながら寝て起きた朝と同じような、「ああ今日も無事に朝が迎えられた!」という喜びがありました。笑

朝は、ゾウじゃない訪問者も♪
なんかキツネみたいなイヌみたいなやつ!水飲んでた〜

DSC02300 (1)

それから、ライオンキングのザズーみたいな鳥もいた!虫食べてる!(またぼけぼけ写真でごめんなさい〜)

DSC02241 (1)

お気に入りは、こちらの不思議な巣を作る鳥
まあるいフラスコ型の巣を作っているんです♪器用〜!可愛い〜!

DSC02273 (1)
木にはこの巣がいっぱい!

DSC02267 (1)
インテリアになりそう。

DSC02289 (1)
巣の住人。

IMG_5733.jpg
photo by タカトシ

ゾウだけでも大興奮、大満足だったのに、それ以上に楽しめちゃいました!いや〜楽しかった!
行ってよかったな〜!

DSC02238 (1)

次回は、ナミビアに向けて移動開始です!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

四つ星ホテルで動物に囲まれてテント生活!ボートサファリ!

現在、日本・東京。
無事に日本に帰国しました。旅を見守ってくださった皆さん、ありがとうございます!
これからもブログは更新続けるので、どうぞよろしくお付き合いください(^^)!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボツワナ:2016年12月6日〜12月10日

ボツワナ・チョベにある四つ星ホテル、チョベサファリロッジにやってきました。

DSC02050 (1)

四つ星ホテル!と言っても、我々は貧乏バックパッカー。お高いお部屋には泊まれません。
でもこのホテルにはキャンプサイトがあって、テントを持っていればこの敷地内でキャンプできちゃうんです♪

キャンプサイトはこんな感じ。

DSC02087 (1)

DSC02088 (1)
ワニ怖いよ!カバに注意看板もあった。

DSC02054 (1)

他にもキャンプしている人はいっぱいいますが、お金の余裕のあるアウトドア好き!みたいな欧米人旅行客ばかりなので、みんな立派なキャンピングカーやらテントやら。
私たちの4000円足らずのヘニャヘニャテントは明らかに浮いていた(;_;)

ここで超お得情報!!
フロントでお願いすれば、ふわふわのキャンプ用のマットレスを無料で貸してくれます!
これがあるだけで、睡眠の質が格段に上がる!!!絶対に借りるべし!!!
(借りるときデポジットがいくらか必要)

トイレやシャワーは清潔なものが使えるし、Wi-Fiもロビーでは使用できます。
日によっては夜にアフリカンダンスショーみたいなものもやっていた(私たちは一瞬しか見れなかった)ので、そんなのも楽しめたらお得!
綺麗な夕日も印象的でした。

DSC02057 (1)

DSC02069 (1)
謎の背びれ。サメか?!と思ったけど違いますね。

ひとつ切なかったのは、近くのスーパーでお惣菜を買ってきたものの、ロビーなどでは食べちゃダメなので、コソコソとプールサイドの椅子で食べたことかな〜笑
でも、総合的にはまぁ満足。

キャンプサイトの周りには、バブーン(猿)や、イボイノシシ、シカ、マングースなどがいます!

DSC02175 (1)
バブーン。凶暴そう。

DSC02049 (1)
イボイノシシ。

DSC02086 (1)
シカ。

DSC02075 (1)
マングース。

DSC02076 (1)
テントのすぐ近くをチュンチュン鳴きながら群れで歩く。

ひや〜こんな動物が近い中でキャンプなんて・・・テントに動物たちがアタックしてきたらどうしよう!!!
・・・
・・・
・・・

DSC02179 (1)

はい!タクミくんのテント、襲撃されてました〜!笑
(写真はすでに赤ガムテープで修復済み。)
可哀想なタクミくん、テントを買ったばかりの時は「初のMyテントだな〜日本まで持ち帰ろうかな〜♪」なんて言っていたのに、この襲撃により「早く捨てたい・・・」と言うようになりました。

さてさて、すでに動物に囲まれているわけですが、ここではボートサファリに参加します!
ここでのサファリは格安であることで有名。3時間ほどのボートサファリが3000円ほどでできてしまうんです♪お手軽に楽しめちゃいます。
大きなボートで何十人も乗っていくから安いんだろうな〜

こんな感じの大きな川をゆっくりと進んでいきます。

DSC02166 (1)

DSC02108 (1)

DSC02106 (1)
木の根がかっこいい。

川に浮いた島のような草のようなところに動物がちらほらと見えます。
インパラみたいなの、バッファロー、カバとが多く見られました。あとはなんか鳥とか、遠〜〜くにキリンとか!タンザニアでのサファリと比べると、距離が遠く感じたなぁ。

DSC02098 (1)
バッファロー。

DSC02104 (1)
インパラみたいなの。

DSC02095 (1)
カバ上面。

DSC02110 (1)
カバ全身。

DSC02132 (1)
カバモグモグ。

DSC02135 (1)
鳥1羽。

DSC02143 (1)
鳥いっぱい。

DSC02139 (1)
遠くにキリン。

ボートサファリらしく、ワニもたくさん見ました。

DSC02115 (1)

DSC02117 (1)

DSC02140 (1)
なんか食べてるー!

一番テンション上がったのは、ワニがバッファローを食べていたところ!!
ガイドさんの話だと、どうやらバッファローじゃ自然死したものでワニが捕獲したものではないみたい。
でも、大きな体のバッファローに何匹もワニが群がって食べている姿は、野生を感じたなぁ。
死んじゃったバッファローは気の毒だけど、その肉体がワニの肉体になっていくんだな〜と思うと、なんだか良かったなぁとか思ったり。

DSC02145 (1)
続々と集まってくるワニ。

DSC02148 (1)

DSC02152 (1)

もう一つ嬉しかったのは、カバのあくびが見られたこと!しかも結構近かった♪
おおぉ!あくびしそう!と思ってカメラを構えたものの、予想以上に大きく口が開いたもんだから、カメラからはみ出ちゃった。迫力満点でした。

DSC02159 (1)
おおぉ?!

DSC02161 (1)
口開きすぎー!

チョベサファリロッジでのボートサファリについて調べると、ゾウを大量に見た!みたいな情報をいくつか見たので期待していたのですが、ゾウは1頭も現れず…!残念!

全体的にはちょっと不完全燃焼感のあったボートサファリだったけど、まあ3000円分は楽しんだかな!笑
夜はキャンプファイヤーでマシュマロを焼いて、キャンプナイトを楽しんだのでした。

DSC02172 (1)

次回、ボートサファリで見られなかったゾウのリベンジなるか?!ゾウの水飲み場にあるキャンプサイト、エレファントサンズロッジについてお届けします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ジンバブエからボツワナへ国境越え〜フンコロガシとゴムと消毒のある国境〜

現在、日本・東京。
無事に日本に帰国しました。旅を見守ってくださった皆さん、ありがとうございます!
これからもブログは更新続けるので、どうぞよろしくお付き合いください(^^)!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボツワナ:2016年12月6日〜12月10日

ジンバブエから続いて向かったのは、ボツワナ
宿から国境まではタクシーで。

そのタクシー車内での光景。
後部座席の真ん中に座りながら、フロントガラスからぼーっと前を眺める。
ふと運転手さんと、助手席に座るタカトシが気になる。

DSC02033 (1)

運転手さんのチリチリ縮れ毛と、タカトシの見事な直毛。
なんだか見ていて清々しかった。

DSC02035 (1)
運転手さんのチリ毛。

DSC02034 (1)
タカトシの直毛。

国境では、青い綺麗な虫が交尾を楽しんでいました。

DSC02039 (1)

フンコロガシは、彼らしくフンを転がしていました。
フンコロガシを見ることはあったけど、実際にフンを転がしているところは初めて見た。アイデンティティを感じる。

DSC02038 (1)

そんなこんなでボツワナ入国!
アフリカはビザが必要な国がとにかく多くて(エジプト25ドル、エチオピア50ドル、ケニア50ドル、タンザニア50ドル、ザンビア50ドル、ジンバブエ30ドル  ※2016年11月〜12月時点)出費が半端なかったけれど、ボツワナからはビザ不要!ヒャッホーイありがとう!

ボツワナの国境には、無料のコンドームがあるということが旅人の中で有名。
私たちも「国境でもらおうね〜」と張り切っていました!
・・・にも関わらず!国境越えにテンションが上がって、すっかり忘れてイミグレーションの建物を出てしまった私たち。
「あ!!!コンドームもらい忘れた!!!」と気づいて、わざわざ建物に戻って発見☆

DSC02040 (1)

DSC02041 (1)

無事にゲットしました。
こちらは、HIVやエイズ予防の啓蒙のため、フリーで置かれているみたいです。

ボツワナ国境では、この小さな四角い泥沼のようなところを通る必要があります。

DSC02042 (1)

DSC02043 (1)

これ、なんだか汚らしく見えるかもしれないけれど、実は消毒液なんです。
ここを通る人は全員、靴底を消毒する必要があるのです。口蹄疫の感染対策なのだとか。
ボツワナ国内では国境に限らず、いくつかの場所でこの消毒がありました。
履いている靴底だけでなく、カバンの中に入っている靴も消毒するし、車のタイヤを消毒するためのレーンもあります。すごいなぁ〜

さて、本日の目的地はチョベ!実はわたくしたち、これから四つ星ホテルに泊まるんです☆☆☆☆
こちらが本日の宿泊地、チョベサファリロッジでございます!

DSC02050 (1)

DSC02056 (1)

DSC02054 (1)

おおぉー!さすが四つ星ホテル!というこの出で立ち。

しかも動物天国ボツワナらしく、ホテルの敷地内で野生のイボイノシシたちもくつろいでいます!
テンションあがるなー!

DSC02049 (1)

DSC02048 (1)
泥浴びプンバ。

貧乏旅行なのに、こんな贅沢して大丈夫?!
はい、大丈夫です!実はこの四つ星ホテル、たったの1200円足らずで泊まれてしまうんです☆

続きは次回!四つ星ホテルで動物たちとのテント生活&ボートサファリをお届けします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!