パレスチナ自治区・悲痛な思いで満ちた壁のアート。

現在、メキシコ・サンクリストバルデラスカサス。
昨日から、有名な日本人宿にお世話になっています。昨日は皮から餃子を作って餃子パーティー!
初めてのベジタリアン餃子だったけど、すごく美味しかった〜あぁ〜やっぱり日本人っていいなぁ。笑
世界の人と触れ合ってみたいけれど、ちょっと今は休憩気分。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!

*イスラエル:1シェケル=約30.16円(2017年1月現在)

イスラエルに行ったら絶対に行ってみたかった場所があります。それがパレスチナ自治区。
パレスチナ問題、ガザ地区…何度もニュースなどで耳にしたことがあるけれど、実際に身近に感じたことはありませんでした。
ここでパレスチナ問題について書こうかと思ったのですが、ちょっと複雑で間違ったことを書いてしまいそうなので、詳しく知りたい方は調べてみてください!
こちらのサイトはわかりやすく解説してくれていて勉強になりました。

私が今回訪れたのは、パレスチナ自治区のベツレヘム
エルサレムからベツレヘムまではバスが出ていて、1時間もかからないくらい。
本当はスケジュール的に金曜日に行こうかと思っていたのですが、パレスチナでは、イスラエルの休日にあたる金曜日には各地でデモが行なわれると聞いていたので、安全を期して、土曜日にすることにしました。
安息日なので、バスなどが動いているか心配でしたが、なんら問題なく行くことができました!

DSC09658.jpg

ベツレヘムに着いて感じたことは、なんだか想像していたよりもとっても普通の町だということ。
勝手に私がイメージしていたのは、もっと暗い雰囲気だったのですが、予想外の活気がある明るい雰囲気に驚きました。

DSC09659.jpg

DSC09660.jpg

DSC09662.jpg

DSC09669.jpg
偽スタバ!

まず目指したのは、イエスキリストが生まれたという生誕教会

しかし残念ながら、大規模な工事中。う〜ん雰囲気が…

DSC09672.jpg

でもやっぱり祈る人々の姿は美しい。

DSC09675.jpg

DSC09677.jpg

DSC09680.jpg
レリーフも立体的で鮮やかで素敵。

DSC09689.jpg
雰囲気ある。

そしてこちらが、イエスが生まれたという場所。この暖炉のように見える、小さな空間。まさにこの場所で生まれたのだとか。

DSC09682.jpg

ベツレヘムは、イエスキリストが生誕した地として有名なのですが、それ以上に私が興味があったのがこの、分離壁

DSC09696.jpg
街なかに突如現れる巨大な壁。

DSC09716.jpg

分離壁は、イスラエル政府がパレスチナ自治区との境界に一方的に建設した壁。
イスラエルとパレスチナを分けるように建っているので「分離壁」とも呼ばれるし、パレスチナを閉じ込めるようにつくられているので「隔離壁」とも呼ばれているそう。
イスラエルはこの壁の建設を「テロリストからの攻撃を防ぐため」だと言い「セキュリティ・フェンス」と呼んでいるんだって。
セキュリティ・フェンスっていうと聞こえがいいけれど、パレスチナ側からすれば、セキュリティでもなんでもない、ただの隔離であり、実に悲しいもの。

実際に近づいてみると、その高さに圧倒される。高さは8mもある。

DSC09697.jpg

DSC09739.jpg

DSC09754.jpg
焼け焦げた感じが、対立を物語っている。

ここにはバンクシーアートという有名なアーティストによる絵が描かれています。
バンクシーとは、イギリス・ロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会を風刺するアートや、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描いている。
大英博物館に勝手に作品を展示して、のちに正式に大英博物館がその作品をコレクションに追加したのだとか。

そんなバンクシーが平和を願って描いた絵が、分離壁やベツレヘム各地に描かれています。
作品は点在しているので、タクシーで見て回りました。(私たちは4人で1台タクシーを頼んで、1台70シェケル。花束を投げる男の絵は遠いところにあるので、本当に行ってくれるかどうか要確認です!私たちは少し揉めました)

DSC09693.jpg
防弾チョッキを着た平和の象徴ハト。銃の照準が当たっている。

DSC09734.jpg
風船で壁を超えたい少女。

DSC09758.jpg
兵士のボディチェックをする少女。

DSC09760.jpg
手榴弾ではなく花束を!

バンクシーのアートはメッセージ性が強く、しかもタッチがかっこいいのでとても印象的でした。

他にもたくさんの平和を祈る絵が壁一面に描かれています。

DSC09724.jpg

DSC09706.jpg

DSC09714.jpg

DSC09725.jpg

DSC09719.jpg

DSC09718.jpg

DSC09726.jpg

DSC09727.jpg

DSC09741.jpg

DSC09745.jpg

DSC09731.jpg

DSC09751.jpg

DSC09728.jpg
これお気に入り。壁ではなくフムス(私の好きな中東料理)を作れ!

様々な願いや祈りの込められたメッセージ性の強い絵の数々を見て、今まで遠いどこかの問題だったはずのパレスチナ問題がすごく身近に感じられたのでした。

帰りのバスでの出会いも印象に残っている。
隣に座った10歳くらいの男の子。とっても綺麗な英語を話す賢そうな少年。
私たちに興味津々で、いろいろ話しかけてきてくれたんだけど、
「僕はパレスチナ人だよ。イスラエル人とは違うんだ」と言っていたこと。

パレスチナ人としての誇りと、イスラエルに対する何か特別な気持ちを、わずか10歳くらいの少年が持っている。
いろいろと考えさせられたパレスチナ訪問でした。

次回!ヨルダンに戻って、憧れのペトラ遺跡に行きます!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

オシャレすぎる新市街。ポーランドに行かなくても傘祭り気分!

現在、メキシコ・サンクリストバルデルカサス。
この辺りに住む先住民の人たちは、とってもカラフルで可愛らしい民族衣装を着ているのですが、写真が嫌いな人が多いそう。
せっかく素敵なのにな〜撮りたい衝動に駆られながらも、一生懸命目に焼き付けています。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!

エルサレムはやっぱり見所の多い旧市街が人気ですが、新市街も見逃してはいけません!

新市街はまるでヨーロッパのよう!とにかく綺麗で、オシャレで、イメージしていた中東とは程遠い。
全然知らなかった一面を見せつけられた感じ。

DSC09602.jpg
路面電車もスタイリッシュ。

DSC09640.jpg
可愛い雑貨屋さんが並ぶ。

ユダヤ教徒の帽子キッパもバリエーション豊富で可愛かったな〜。この手編み感が良い。

DSC09644.jpg

DSC09645.jpg
こんな派手なの被ってる人見なかったけど。笑

街にはちょっとしたアートも。オシャレなカラフルポスト。これは郵便用じゃなくてアートです。

DSC09647.jpg

DSC09649.jpg
ポーズを決めてくれた青年。

DSC09636.jpg
水道かなんかの管?可愛く見える。笑


そんなオシャレな新市街で、特に印象に残っているのがこちら!
空に吊るされたいくつもの傘!カラフルで青空に映えてとっても可愛い〜♡

DSC09607.jpg

DSC09608.jpg

DSC09641.jpg
窓に映るのも綺麗。

ポーランドでこういう傘を飾るお祭りがあるけれど行けなかったので、こんなところで見られてラッキー☆
なんだか歩いているだけでウキウキルンルンした気分になる道♪

他にも新市街の空にはいろいろなものが吊るしてありました!

中華っぽい提灯とドラゴンの道。

DSC09624.jpg

メキシカン(?!)な帽子の道。

DSC09630.jpg

DSC09627.jpg

ハスの蕾の道。

DSC09634.jpg

なんかパーティーグッズみたいなものの道。

DSC09632.jpg

なんだかワクワクするような仕掛けがいっぱいで楽しいな〜♪

それから、小さな青空マーケットにも行きました。
数軒しかお店でてないんだけど、ある一つのお店に心奪われた私。それがこちら!

DSC09616.jpg

DSC09620.jpg

DSC09617.jpg

どうですどうです?!なんて可愛いんでしょう!!!
絶妙なバランスがツボ!短期旅行だったら絶対買ってたな〜!

とっても楽しい街歩きでした!なんだか宗教色の強い旧市街から、気楽にリフレッシュできた感じ!

次回は、パレスチナ問題の象徴でもある、あの壁のアートを見に行きます。

おまけ★旧市街ですごくいい雰囲気でハープを弾いていたお姉さん。

DSC09654.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

キリストの歩いた道とお墓。やっと入れた岩のドーム。

現在、メキシコ・サンクリストバルデラスカサス。
のんびりしてしまったメキシコシティを出て、グアテマラとの国境に近い町にやってきました。
なんて長い名前なんだ!略してサンクリ。なかなか正式名称が覚えられません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!

エルサレムは3つの宗教の聖地として知られています。
ユダヤ教の聖地嘆きの壁にすっかり魅了された私。
続いては、残り2つの宗教の聖地を訪問。

まずはキリスト教の聖地。
エルサレムには、ヴィア・ドロローサと呼ばれる道があります。ヴィア・ドロローサとは苦難の道という意味。ここはイエス・キリストが十字架を背負って歩んだ道なのだそうです。
イエスが十字架刑の判決を受けた総督ピラトの官邸跡から、ゴルゴダの丘の聖墳墓教会まで、聖書に書かれた14の留を辿る道で、これぞ本家本元の巡礼の道と言えるそう。
私が訪問した時も、幾つかのグループがこのヴィア・ドロローサを辿りながら、聖書を唱えたり祈ったりしている姿を見ました。

イエスが鞭打ちにされ十字架を背負わされた教会、母マリアがイエスを見た場所、衰弱したイエスの代わりにシモンが十字架を背負った場所、イエスが倒れた場所、服をはぎ取られた場所、息を引き取った場所、そしてお墓。

私自身クリスチャンではありませんが、想像するだけで胸が痛むような場所だらけ。

DSC09521 (1)
随所にヴィアドロローサの札があるのでわかりやすい。

DSC09499 (1)
こんななんてことない道ですが、信者にとってはとても大切な道。

DSC09512 (1)
十字架の重みに耐えかねて、イエスが最初につまづいた場所。

DSC09515 (1)
祈りのろうそく。

DSC09523 (1)
イエスが手をついた場所。

こんな風にして、最後に辿り着くのが聖墳墓教会
元々ここに教会はなくて、ゴルゴダの丘と呼ばれる丘だったのだそう。

DSC09559 (1)

中に入って真っ先に目に入るのがこちら。

DSC09544 (1)

DSC09546 (1)

ここは、イエスが息を引き取った後、香油が塗られた場所。
この場所に、顔をつけてお祈りしたり、キスをしたりする人が絶えませんでした。信仰の深さを感じずにはいられない。

DSC09547 (1)

ここは、イエスが処刑された時に十字架が立っていた場所とされている場所。

DSC09557 (1)

そしてここが、イエスのお墓。
すごい行列しているのですが、気付いたら列に紛れ込んでしまっていて、1時間くらい並んで中に入りました。
人が6人くらい入ったらいっぱいになる小さな空間ですが、なんとも言えぬ厳かな空気でした。
正直、キリスト教信者じゃなかったら入るべきじゃなかったような気がして、反省。

ところで最近(2016年10月?)このイエスのお墓の覆いが数世紀ぶりに取り外された、ということで話題になったみたいですね。遅くても西暦1555年から、おそらくそれよりも何世紀も前からずっと、大理石の板で覆われていたのですが、それが取り外されたのだとか。
私が行った時は、なんか工事中みたいになっていて残念な感じだったのですが、もしかするとこの取り外しの準備だったのかも?

聖墳墓教会、今まで色々な教会に訪れてきましたが、1番荘厳で独特の空気が漂っていて、人々にとって特別な存在であることを実感した教会でした。

続いて訪れたのは、イスラム教の聖地・岩のドーム

イスラム教には3つの聖地があります。

預言者ムハンマド生誕の地「メッカ」
ムハンマドが移り住んだ「メディナ」
そしてムハンマドが昇天した地「岩のドーム」

コーランの中でムハンマドは、天使につれられ空を飛び「遠くの街」までいって、「神」もしくは歴代の預言者たちに会った、とされています。では、この「遠くの街」ってどこ?ということになりますが、これはやはり「エルサレム」だということになると後の信者は考えました。さらに、聖なる岩=イサクが横たわっていた岩に触って、天に登ったに違いない、とされたわけです。
う〜んいまいちよくわからないけど、そんなわけで、この昇天した地に岩のドームが建てられ、イスラム教の聖地になったのだそうです。
(http://xn--eck8c2e8a.com/?p=393)

実は私の泊まっていた宿は、この岩のドームのすぐ真裏。
でも、岩のドームはイスラム教徒以外は入場できません。
近くで見ることは可能ですが、神殿の丘の敷地内に入る必要があり、神殿の丘に入れる日時も限られています。
7:30~11:30(冬季10:30)と 13:30–14:30の1日2回のみで、金曜日・土曜日・イスラム教の祝日は終日入場不可。
なかなか厳しいぜ…!

そしてようやく入れた神殿の丘!近くで見る岩のドームは見応えある!
タイルがとっても美しく、色鮮やか。すごく細かい部分まで丁寧にタイルが貼られていて美しい。

DSC09790 (1)

DSC09797 (1)

DSC09793 (1)
雨どいまで美しい!

周りにはなぜか猫も多くいて癒されました♡

DSC09808 (1)
ブサかわ猫。

DSC09809 (1)

中に入ってみたかったな〜!と思わずにはいられない、とっても綺麗な場所でした。

3つの宗教の聖地、エルサレム。
私自身はどの宗教にも属していないし、それぞれの宗教のこともあまり知らないけれど、彼らの信仰深い姿は美しかったし、すごく興味深かった。
宗教って何だろう?信じたらもっと強くなれるかな?幸せになれるのかな?本当に神様っているのかな?
やっぱり私にはよくわからないけれど、今までの旅とは少し違った、新鮮な驚きのあるエルサレムでした。

次回は、とってもオシャレな新市街の様子をお伝えします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

嘆きの壁に魅了される。

現在、メキシコ・メキシコシティ。
昨日出会った旅人さんが、まさかの私の元同僚の友達ということがわかりびっくり!!
旅人同士で共通の友達がいることは多いけれど、旅とは関係ないところで共通の知人がいるってびっくり!
世の中狭いですね〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!

エルサレムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3つの宗教の聖地として知られています。
3つの宗教の聖地が同じ場所にあるってなんだか不思議な感じがしますよね。

そもそも、この3つの宗教は預言者アブラハムの三宗教と呼ばれるもので、深い関係があります。
姉妹宗教とも呼ばれ、実は奉ずる神は同一なのだそうです。
つまり、ゴッドも、アッラーも、ヤハウェも、みんな同じ存在を指す呼称ということ。

うーん…なんんだかちょっと難しいですね。
簡単に言うと、「ユダヤ教」から「キリスト教」が出てきて、さらにまたこのキリスト教から「イスラーム」が出てきたのです。
つまり、三宗教とも起源は同じ、ということだそう。

ちょっと詳しくは私には難しいのですが、こちらのサイトは、簡潔にまとめてくれているので参考になりました!

で、じゃあなんでエルサレムが聖地なのか?というと…

ユダヤ教 :信仰を集めていたエルサレム神殿が置かれていた聖地であり、ユダ王国の首都であった場所。

キリスト教:イエス・キリストが教えを述べ、そして処刑され、埋葬され、復活したとされる場所。

イスラム教:ムハンマドが一夜のうちに昇天する旅を体験した場所。

なのだそうです。(https://matome.naver.jp/odai/2136006597355623301)

ふむふむ。なんだかちょっとわかってきた気がする。

今回は、私にとって最も印象的だった嘆きの壁について。
こちらが、嘆きの壁。

DSC09586 (1)

広場に、どーんと壁があるだけ。
この壁はもともと、エルサレム神殿を取り巻いていた外壁の西側の部分。多くは破壊されてしまったけれど、今もなお残っているこの西側の壁が聖地となっています。

なぜ「嘆きの壁」というのか?
破壊されたエルサレム神殿を悲しみ、嘆き、祈るために、「嘆きの壁」と名付けられた。
夜になると壁に生えている草を伝って岩の間から浸み出した夜露が落ちる姿がユダヤ人の流す涙のようだから「嘆きの壁」と名付けられた。

2つの説がありましたが、どちらにせよユダヤ人の迫害への悲しみが込められていることは間違いなさそうです。

DSC09572 (1)

DSC09590 (1)
この草を伝って夜露が落ちる。

この嘆きの壁のお祈りゾーンは、男女で分けられています。(ただ2016年1月に、男女一緒にお祈りできる場所を設けるという計画が承認されたのだとか)
でもついたての外側からは、覗き見ることができます。

DSC09467 (1)
日中は観光客が多い。

DSC09465 (1)
男性はユダヤ教の帽子・キッパを被る。こちらは観光客用みたい。

ユダヤ教徒たちのお祈りする姿は、なんというかすごく神聖に見えた。

ある人は呟くように、

ある人は歌うように、

ある人は経典を顔につけながら、

ある人は体を揺らしながら、

ある人は壁に額をつけながら、

ある人は涙を流しながら…

DSC09472 (1)

DSC09575 (1)

DSC09471 (1)

DSC09594 (1)

DSC09577 (1)

IMG_5887.jpg

IMG_5879.jpg

IMG_5871.jpg
男性ゾーンはあまり近づくことができないので、宿で出会ったビビるさんにお写真をいただきました!ありがとう!

お祈りゾーンにはヘブライ語の経典が置かれている。
壁の隙間には、たくさんの紙が挟み込まれている。これは、お願い事が書かれた紙だそうです。

DSC09574 (1)

DSC09589 (1)

DSC09593 (1)

ところで、この写真を見てもすごく印象的なのがこの男性の服装、そしてもみあげですよね。
ユダヤ人は以下の4つに分かれてるのだそう。

①超正統派(黒い服を着て、ハットを被ってる人たち)

②宗教派(普通の服装だけど、律法を守りユダヤ教を信じる人々)

③伝統派(宗教ではなく民族の伝統として律法を守る人々)

④世俗派(宗教にも律法にも興味の無い人々)

http://sekaiissyuuu.blog136.fc2.com/blog-entry-687.html

つまりこの印象的な黒い服にハットを被り、もみあげを伸ばしている皆さんは、超正統派な訳です。

DSC09457 (1)
子どもでもこの格好。

超正統派の人たちは、宗教年金というもので暮らしていて、いわゆるお仕事はしないのだとか。
「祈ること」が彼らのお仕事なのだそうです…!!!衝撃。

それから、金曜日は安息日。(金曜日の日没から土曜の日没)
この安息日は、祈ること以外の労働は一切してはいけません。機械の操作や火を扱うこともNG。
つまり家事はもちろん、ボタンを押すことなんかもダメだそうで、この期間中はエレベーターが自動運転(各階止まり)になったりもするんだって。
なんだか私には到底理解できない、異次元の世界です。

ちなみに安息日には、超正統派の皆さんの服装も少し変わります。

DSC09656 (1)

なんか帽子がボリューミーになってる!!毛皮のようなフサッとした大きな帽子に変わっていました。

最後に、タイムラプス動画。
何かが不思議なの、わかりますか??

[広告] VPS


そう、多くのユダヤ教徒が、お祈り後に壁の前から去る時に、後ろ向きに歩いているのです。
神聖な壁に背を向け、お尻を向けて歩くことをしない、敬虔さ。

嘆きの壁は、ずっと見ていられる不思議な空間でした。
サマルカンドのレギスタン広場の時のような久しぶりの感覚。
すっかり魅了されたのでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ドキドキのイスラエル国境越え。エルサレム旧市街を一望できるおすすめスポット。

現在、メキシコ・メキシコシティ。
3日前に登ったテオティワカン遺跡のピラミッドの筋肉痛が、まだ痛いです。なんでなんで?!
そんなに激しい運動じゃなかったのに…標高高いと筋肉痛治りにくいとかあるのかしら??

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!

*イスラエル:1シェケル=約30.4円(2017年1月現在)

アンマンから移動したのは、イスラエル・エルサレム
イスラエルってなんだかすごく未知の国。エルサレムは3つの宗教の聖地だとか、パレスチナ問題だとか、色々と知らないことだらけ。
しかも、イスラエルへの国境越えは世界一厳しい?!とも言われているらしい。ドキドキ。

詳しい国境越え情報は、他の人のブログを見ていただくとして(びびっていたので写真も無い 笑)、結論から言うと、私は

アンマン市内をタクシーで出たのが、9:50ごろ
国境に着いたのが、11:15ごろ
イスラエルに入国できたのが、14:35ごろ


という感じでした!
ヨルダン側のイミグレと、イスラエル側のイミグレの間でバスに乗るのですが、そのバス車内でやたらと待たされたこと。
イスラエルのパスポートコントロールで1時間ほど並んだこと。が主な原因かな?

パスポートコントロール自体は、超スムーズ
「どこ行くの?」「何日いるの?」という程度で1分もかからずに入国!!!
心配していただけに、なんだか拍子抜けしてしまいました。

というのも私、イランへの入国歴はありません
ここが大きく左右してくるみたいで、イラン入国歴のある2人は、別室送りになり2時間かかっていました。
と言っても、2時間質問攻めとかいうことは全くなくて、ほとんどが待ち時間、しかもその間Wi-Fiつないだりお菓子買ったりできるくらい自由だったそう。笑 

ちなみに!イスラエルのイミグレのWi-Fiは、テレビ電話ができるくらサクサクですよ〜♡笑

というわけで、晴れてイスラエル入国!国境からバスに乗って、エルサレムに向かいます。
到着したエルサレム!想像していたよりも、綺麗で立派な佇まいの旧市街。

DSC09776 (1)

さすが3つの宗教の聖地というだけあって、警備もかなりしっかりとしている。
ライフルを持った軍人さんがいたるところにいて緊張感はあるけれど、少し安心する。

DSC09777 (1)

DSC09570 (1)
なんか修学旅行みたいな感じ。たぶん徴兵中の人たちかな?

旧市街の中はこんな雰囲気。
キリスト教地区、イスラム教地区、ユダヤ教地区とあって、場所によって雰囲気がちょっとずつ違うのも面白い。
(詳しくはまた後日書きます!)

DSC09562 (1)

DSC09454 (1)

DSC09505 (1)
声をかけてくれた爽やかな男の子たち。

私が行った日は、ちょうど何か特別な日(こどもの日のような、成人の日のようなそんな日らしい)だったらしく、音楽を奏でたり歌を歌ったり、風船を飛ばしたりして盛り上がっていました!

DSC09490 (1)

DSC09492 (1)
青空に白い風船が映える。

お土産物やさんもいっぱいあるんだけど、こんなTシャツも。
何となく宗教的なものっていじっちゃいけないようなイメージがあるけれど、こんな風にピカチュウをピカジュウ(ユダヤ教)ってしちゃうなんて!
案外そういうとこ寛容なのね!面白い。

DSC09569 (1)

DSC09561 (1)

あと、イスラエルは物価が高い!普通に外食すると、ヨーロッパと同じくらいします。
なので私はもっぱら、サンドイッチばかり食べていました。

DSC09657 (1)
ぺしゃんこだけど具沢山で美味しい。

DSC09774 (1)
ファラフェルサンド。

DSC09773 (1)
ヘブライ文字のコカコーラ。

宗教の入り混じる街エルサレム。
そんな街全体を見渡すのにオススメなスポットに、道端のパン屋さんが連れて行ってくれました☆
それがこちら、キリスト教地区にあるDurch die Zeitenという教会のタワー。(詳しくはこちら

DSC09541 (1)

DSC09530 (1)

入場料が15シェケルかかりますが、旧市街が一望できて、全体像が掴めるのでオススメです☆

次回は、ユダヤ教の聖地・嘆きの壁についてお伝えします!
個人的に、かなり好きなスポットです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!