ヒヴァからアクタウへ!夜行列車での素敵な出会い♡

現在、アイスランド。最近ブログの更新が滞りがちです・・・が!
アイスランドレンタカー旅がスタートしました♪今回は6人での共同生活!めっちゃ楽しいです!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


みんなと過ごした、キルギス、ウズベキスタン旅もついに終わり。
続いては、カザフスタンアクタウへと移動します。
なぜアクタウに向かうかというと、この後向かうジョージアへの航空券が安かったから!笑
ウズベキスタンからジョージアで航空券を購入するよりも、ずっとずっと安いのです。

航空券を買ったはいいものの、ヒヴァからアクタウまでのいい移動方法が見つからない!
色々と調べたのですが、結局よくわからないままドキドキの移動開始!久しぶりのひとり旅再開なのに、不安すぎるー!

結局どういうルートになったかというと・・・

*ヒヴァ→ウルゲンチ・・・乗合タクシー
*ウルゲンチ→ベイニャウ・・・夜行列車
*ベイニャウ→アクタウ・・・乗合タクシー


という感じで1日半で移動しました。本当は、ベイニャウからアクタウへの電車があるはずで、それに乗って行くつもりだったのですが、ベイニャウ駅があまりに閑散としていて、電車が来る気配もなかったので、乗合タクシーで行きました。
電車よりはだいぶ高くつきますが、まぁ早いし宿まで送ってくれるし良いかなぁって感じです!

まずはヒヴァから乗合タクシーでウルゲンチへ。30分ほどで着きました。

ウルゲンチ駅からは、前々日にあらかじめ買っておいた夜行列車に乗って、ベイニャウ駅へ向かいます!


DSC03085.jpg
ウルゲンチ駅。どの駅も似てる。

DSC03090.jpg
この列車に乗りました。

DSC03092.jpg
寝台列車はこんな感じ。

DSC03098.jpg
シーツ。

DSC03093.jpg
食堂車。

この寝台列車でも素敵な出会いがありました!

2段ベッドが2つ向かい合った形の開放寝台だったのですが、私の指定されたベッドは私以外みんな男の人。
それを気にして声をかけてくれたのが、可愛いお姉さん・クリスティーナでした。
彼女はカザフスタン人(おそらくお父さんは韓国人)の19歳。弟とおばあちゃんと3人で乗っていて、そこに一緒座らないかと誘ってくれたのです。

DSC03096.jpg

たくさんの食べ物を持ち込んでいるクリスティーナたち。サラダ、揚げパン、餃子みたいなパン、じゃがいもの入ったパン、お肉、お菓子、カンポット(果物を甘く煮たジュース)などたくさんのおすそ分けを頂きました!
おばあちゃんがどんどん食べ物をすすめてくれて可愛かったな〜♡

DSC03094.jpg

DSC03095.jpg

それぞれの国の話をしたり、今までの旅の話をしたり、学校の話をしたり・・・お互い英語はたどたどしいけれど、いっぱいお話しできて嬉しかった!
弟くんもとても紳士で、何の迷いもなくおばあちゃんのシーツを敷いてあげたり、近くのお客さんが荷物を棚にあげる手伝いをしてあげたりしていて素敵だった!

夜になって就寝。明け方ごろ、カザフスタンとの国境に到着。ここで荷物検査とパスポートコントロールがあります。
電車に乗ってしばらく待っていると、迷彩服の検査官がやってくるので、あとは流れに身を任せます。
「携帯電話の電源は切るように」と言われたので、なかなか厳しいのかしら・・・緊張が走ります。
緊張感が伝わったのか、クリスティーナ「心配しなくて大丈夫。いつものことだから。何かあったら助けるね!」と声をかけてくれる。なんて良い子なんだ!!!

そして検査官がやってきて全員の荷物をチェックしていきます。チェックと言っても、どれがあなたの荷物?と尋ねて、ちらっと中を覗いていく程度の感じ。
でも私は、おそらく車両で唯一の外国人。それはもう目立ちます。

私の荷物をチェックしに来たのは、強面の女性検査官。
サブバッグの荷物はほぼ全部出させられる。げー・・・なんかいちゃもんつけられたら嫌だな〜。
パソコンも開くように言われる。げー・・・データとか消されたらどうしよう・・・。
ヒヴァの写真を見せろと言われる。げー・・・んっ?これはただの好奇心?!
ヒヴァは良かったか?と聞かれる。「ダー!ハラショーー!!!(はい、素晴らしい!)」
「OK」と満足げな検査官のお姉さん。良かった〜

すると間髪いれず、別の男性検査官がやってくる。
「日本人か?KIMONOの写真はあるのか?」もう完全に好奇心!
スマホに入ってるよ〜というと、「電源入れて良いから、見せて!」なんだ〜さっき電源消させられたのにゆるゆるじゃん!笑
成人式の振袖写真を見せると「ハラショー!」って言ってくれました。あはは〜なんだか面白い国境越えでした!

DSC03099.jpg

国境を越えたところがもう、私の降りるベイニャウの駅です。
クリスティーナたちとはここでお別れ。本当にありがとう!!!3人のおかげで素敵な時間がすごせました!

しかし到着したベイニャウ駅・・・何にもない・・・!!!
チケットどこで買えるのかすらわからない感じ。駅にいた軍人さんに聞いてみたけれど、いまいちアクタウ行きの電車情報がわからない。
ネットでは2時間半後くらいに電車があるようだったのだけれど、その軍人さん達の話だと、どうやら夜まで電車はないらしい。

そんなに待つのは嫌なので、ホームで客引きしていた乗合タクシーに乗って行くことに。お客さんが集まるまで1時間半くらい待って出発。
一緒に乗ったファミリーも可愛くて、おばちゃんがまた、ビスケットをいっぱいくれました♡

DSC03103.jpg

DSC03110.jpg

途中にはこんな不思議な景色も!なんだか宇宙みたい。

DSC03107.jpg


2回ほどトイレ休憩を挟みながら5時間ほど走って、アクタウの街に到着。
タクシー代のカザフスタンテンゲも持っていなかったので、銀行に寄ってもらう。
いつアクタウにつけるか定かじゃなかったから宿も予約していなかったので、運転手さんに「どこか安い宿はないか?」と尋ねる。
一応ネットで調べて目星はつけておいたけれど、あまり安くなかったのよね〜最安で10000テンゲくらい。

で、運転手さんが連れてきてくれたのがこのホテル。
個室で1泊8000テンゲ。私のいままでの宿代と比べると高いけれど、ネットで見ていたものより安いし、まぁ綺麗そうだしここに決めた!

image3 (1)

DSC03154.jpg

部屋に行ってみてびっくり!めっちゃ広い!1人なのに部屋2つもある!テンション上がる〜!
この部屋のクオリティで、朝食込みで8000テンゲはお得でしょう。たまにはこういう贅沢も必要よね♡
(と言いながらこの夜はここで質素にカップ麺を食べた)

DSC03114.jpg

DSC03113.jpg

DSC03112.jpg

DSC03116.jpg

DSC03153.jpg
近所の公園にはこんなに急な滑り台があった。(ぶれちゃった)

着いた日の午後、アクタウの街を軽くお散歩♪
カザフスタンは、ウズベキスタンに行く前に2日だけアルマトイに立ち寄りましたが、とってもおしゃれで洗練された街という印象。
でもアクタウの街は、だいぶ違う印象。どこか物寂しくて、乾いた感じ。


DSC03121.jpg

DSC03136.jpg

DSC03143.jpg
街なかの広場にあった噴水の船。かっこいい。

DSC03145.jpg
カザフスタンの国旗、爽やかで好き。

DSC03150.jpg
カザフスタンのチョコレート。甘すぎなくて美味しい!

アクタウといえばカスピ海!ビーチにはまあまあ人はいたけれど、あんまり綺麗じゃなくて、臭いところもありました。残念・・・

DSC03125.jpg

DSC03130.jpg

DSC03132.jpg
なんか不思議な植物もあった。

あっという間のアクタウ観光を終えて、翌日アクタウ空港からジョージアへ!

DSC03155.jpg

いよいよ初めてのコーカサスに突入です!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ヒヴァのゆる〜いお気に入りスポット♡

現在、スペイン・バルセロナ。
スペインは、食事が高すぎなくて美味しくて素晴らしい!住みやすそうだな〜英語通じないのが難点だけど。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ヒヴァ観光は丸1日あればおおよそ満足いく感じ。
諸々の都合で予定よりも1日長く滞在することになった、キムさん・タカトシ・私は、前日に発見した観覧車に行ってみることに☆

DSC03016.jpg

この観覧車、小さくて古臭くて、完全にもう営業していないものかと思ったら、宿の人の話によるとどうやら今も営業しているとのこと。
行ってみると、本当に営業していました!・・・が!!!

「今は停電中だから動かないよ」

がーん!!!まさかの停電中!!!
でも、あと20分くらいで復活するとのことだったので、少し周囲をお散歩してみることに♪

そして観覧車の真向かいにお気に入りのゆる〜い公園を見つけたのです♡

DSC03043.jpg
ゲート。

DSC03034.jpg
緑豊か。

DSC03038.jpg
なんか有料のブランコがやたらある空間。

一見ただの公園のようなのですが、実はこの公園、いたるところに謎の生き物たちが置かれているんです!

DSC03019.jpg

DSC03021.jpg

DSC03022.jpg

DSC03031.jpg

DSC03018.jpg

どうですこのゆるさ!!!たまらない可愛さ!!!好き!!!
タカトシも、みんなの仲間入り♡してみたり、

DSC03030.jpg

ボディーはペンギン、顔はモグラ、という謎の生き物がいたり、

DSC03029.jpg
ペンギンだと思ったら・・・

DSC03027.jpg
あなたはペンギンなの?モグラなの?

森の中に目つき悪い熊のような生き物がいたり。

DSC03039.jpg
何かいるぞ・・・!

DSC03025.jpg
この顔!!!

いや〜こういうゆるくて、ちょっとしたツッコミどころある感じ、好き!!!
お気に入りの公園、発見です。

楽しく時間も潰せたので、再び観覧車へ。
スタッフのお兄さんが消えていたので、しばらく待っていると戻ってきて、観覧車を動かしてくれました♪
一人4000スム。

DSC03050.jpg
しゅっぱーつ♪

DSC03046.jpg
観覧車デート♡

観覧車は古くて趣があっていい感じ。
小さいけれど周りに大きな建物がないので、少し上がっただけで街が一望できます!
ミナレットの上から見たヒヴァの街も良かったけれど、観覧車から見るのもまた違って良いものでした。
城壁の外にあるので、城壁の形などもわかるし、よりゲームの世界っぽい感じもしました!

DSC03053.jpg

DSC03055.jpg

隠れたオススメスポットかも!
ゆる〜いヒヴァ歩き、とっても楽しかった!!!
いよいよ次回は、キルギスから一緒だった南旅館の仲間たちとお別れして、カザフスタンのアクタウへ向かいます!
ヒヴァからアクタウへの移動は情報がほとんど無い状態・・・どうなることか?!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ヒヴァヘ移動&RPGの世界⁈ヒヴァ観光

現在、スペイン・バルセロナ。
トマト祭り後はトマト風邪をひくって評判でしたが、何事もなく元気です!よかった〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ブハラの後は、ヒヴァに向けて移動です!サマルカンドの宿のお兄さんが「ブハラはサマルカンド+2℃、ヒヴァはブハラ+2℃」と言っていました。
ブハラでこんなに暑いというのに、これ以上暑いなんて耐えられるのかしら・・・

ブハラからヒヴァまでは、タクシーで行きました。前日に街なかでドライバーのおじさんと交渉して、1台45ドルで行きました。私たちは6人だったので、一人15ドル。
ひたすら何にもない砂漠のような道を走ります。結構なスピードが出ているけれど、周りに何もないのでさほど速く感じない。

DSC02853.jpg

DSC02855.jpg
途中ご飯がわりにゆで卵を買う。

7時間半ほどかかってようやくヒヴァに到着!!!どれだけ暑いものかと思ったけれど、な〜んだブハラよりも涼しい!よかった♡
宿泊したのはラリオパゲストハウス。宿の人も親切だし、朝ごはんも美味しくて良い宿でした!

ヒヴァの街も、世界遺産に登録されています。
そして評判によると、ドラクエの世界のようなのだとか!と言っても私、ドラクエはやったことがありません。でもなんとなくゲームの世界っぽいイメージはわかる!

DSC02919.jpg
街の地図。ゲームっぽい!

DSC03070.jpg
城壁で囲まれている。

DSC02870.jpg
城壁の影。

DSC02895.jpg
この刺さってる棒ってなんなんだろう?

DSC02976.jpg
ドラクエ歩きを試みるキムさんとタカトシ。しかし2人なのでただ歩いてるだけにしか見えない。

土色の街ヒヴァ。この城壁の中にも人々が生活しています。
城壁の中はここだけ時が止まっているような、そんな感覚になります。

DSC02881.jpg

DSC02894.jpg
横道に突如現れた車輪。

DSC02896.jpg
とても大きい。

でもさすがは世界遺産の観光地。お土産屋さんもいっぱいあります!
このモコモコの毛皮の帽子やさんがいっぱいあったけれど、こんな暑い時に売れるのかな〜

DSC02901.jpg
モコモコ。

DSC02903.jpg

DSC02983.jpg
キムさんかぶってる〜!

DSC02981.jpg
可愛い。

DSC02905.jpg
ラクダ。

観光客向けのお土産やさんよりも面白いのは、現地人の通う市場。
ここヒヴァの市場は結構ローカル感が強くて、混沌としている感じがして面白かった。

DSC02973.jpg

DSC02971.jpg

DSC02974.jpg

ヒヴァの街は土色の印象ですが、そのぶん色鮮やかな青色がとても映える!
こちらはカルタ・ミナル。太っちょでずんぐりとしたミナレット。
背が低く見えるけれど、近くに行ってみるとかなり大きい!ぎっしりと並んだタイルで描かれた模様が可愛い。

DSC02906.jpg

DSC02910.jpg
日よけにスカーフを巻く女3人。

こちらは金曜モスク
有料だったので入口付近までしか入っていませんが、柱が個性的で面白い。

DSC03075.jpg

私のお気に入りはこのイスラーム・ホジャ・メドレセのミナレット
外観の土色と青色の感じも可愛くて好きだし、このミナレットはヒヴァで1番高く、登ることもできちゃいます!(5000スム)

DSC02922.jpg

DSC02936.jpg

なかなかの急な螺旋階段をぐるぐるぐるぐる・・・

DSC02952.jpg
特にくだりがきつかった!膝が笑いました。

そしてついにてっぺん!
とっても狭いけれど、ここからの景色は極上でした☆ヒヴァの街全体が見下ろせちゃいます。本当に土色の街並み。

DSC02943.jpg

DSC02945.jpg

ヒヴァ、いい感じです。

DSC02953.jpg
ミナレットの頂上であったウズベキスタン人の若者たち。

DSC02959.jpg
おばちゃんとミッキーマウス。

そうそう、夜はちょっとしたライトアップもありました。
土色一色、たまに青色、の昼間とは全く違う、カラフルな可愛いライトアップ。

DSC02996.jpg
この建物以外はなんかぼやっと緑っぽく照らされているくらいで、大したことなかった。

DSC02998.jpg
夜は涼しくなるからか、現地の人が多く出歩いていた。

今回はザ・定番のヒヴァ観光!次回は、ゆる〜りヒヴァ観光の様子をお伝えします!お気に入りの場所、みつけちゃいました!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

暑い暑ーいブハラ散歩。

現在、スペイン・バレンシア。
ビッグイベント・トマト祭りが終了しました!!!いや〜面白かった!!!
大好きなトマトにまみれた最高にクレイジーな時間でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


暑い暑いブハラを散策!
とにかく暑いので、朝早めに行動して、1番暑い時間帯は宿で休憩、再び夕方出かける、というのが良さそう。

ブハラの旧市街は、世界遺産にも登録されています。青色が印象的だったサマルカンドとはだいぶ違った雰囲気で、土色の建物が目立ちます。
あとは、古い趣を残しながらも綺麗に整備がされている感じが、ちょっとカシュガルの旧市街を思い出させる。

おみやげ屋さんもなんだか良い雰囲気で、久しぶりに買い物欲が上がる!(何も買ってないけど)

DSC02747.jpg
カラフルな布。

DSC02748.jpg

DSC02790.jpg
ブハラは刃物が有名みたい。

DSC02787.jpg
コウノトリの形のハサミ。コウノトリは幸運や豊作をもたらす鳥として信じられているのだそう。

DSC02789.jpg
ケースも可愛い。

DSC02806.jpg
スパイスとスパイスケース。

DSC02807.jpg
楽器屋さん。とても上手な演奏を披露してくれた!

DSC02744.jpg
平和な表情のおじさん。

DSC02775.jpg
ゆるさが好き。

DSC02777.jpg
バッジ。

特に何ということもなくお散歩するのも大好き。
アフラックのようなアヒルや猫がいたり、なんか絶妙なプロポーションが可愛い子どもがいたり、おじさんがゲームしていたり。

DSC02761.jpg
アフラック!

DSC02756.jpg
猫に夢中。

DSC02765.jpg
なんかドラえもんを思い出す。

DSC02751.jpg
楽しそう。

ブハラ到着翌日は、朝ごはんの前からお出かけ!
まずはチャハル・ミナールへ。

DSC02771.jpg

このチャハル・ミナールはガイドブックの王様?ロンリープラネットの中央アジア版の表紙を飾っている建物!

lonely.jpg

おぉ〜なんかテンション上がる!
中はおみやげ屋さんになっています。上に登ることもできるんだけど、この水色の塔の部分ではなく、中心のドーム状の部分なので、大したことなさそうかな〜ということで登らず。

DSC02776.jpg
屋根には年号が書いてある。何の年だろう。

朝ごはんの後は、旧市街の中心地を目指します!
この茶色い塔はカラーン・ミナレット。ブハラで一番高い塔です。

DSC02813.jpg

DSC02848.jpg

土色一色なのだけれど、繊細な模様が描かれていてハイセンス。かっこいい。
私たちが行った時は登れませんでした。

DSC02794.jpg
たこ焼き器のような。

土色が印象的なブハラ旧市街ですが、美しい青色もあります!
どこの建物だか忘れちゃったけど、色あざやかな素敵なタイル。

DSC02801.jpg

DSC02802.jpg
すごい。

DSC02797.jpg

ミル・アラブ・メドレセの前には男の人がいっぱいいた。これからお祈りの時間なのかな?
1人のおじさんに話しかけられるタカトシ。何かを一生懸命伝えようとするおじさん。
言葉が通じないとわかると、若干英語のしゃべれる男の子を連れてくる。
「日本で働きたいから、お前どうにかしてくれよ〜」というような話だった。冗談かと思ったけど、おじさん結構本気だった感じもした。

DSC02848.jpg

DSC02847.jpg

DSC02823.jpg

DSC02826.jpg
困るタカトシ。

ポイ・カロン・モスクはなんとなく入場料を払って入場。
暑さにバテてだらだらしたり、集合写真を撮っているうちにお祈りの時間になってしまい、中庭だけさら〜っと見ただけで退散。笑

DSC02827.jpg

DSC02831.jpg

DSC02842.jpg
キムさんふゆちゃん飛んで!!!

DSC02843.jpg
キムさん自分のストールで顔隠しちゃだめ!!!

しかしやっぱり暑さにはかなわない・・・
早々にバテた私たちは、エアコンの効いたレストランに入ってお茶をして、ついでに寿司を食べて(サーモンクリームチーズ巻。寿司じゃないけど美味しかった。)、夜は眺めのいいレストランでご飯を食べて、ブハラ観光を終えたのでした。

DSC02849.jpg
たまにはこういうのも悪くない。

DSC02851.jpg

次回はブハラからヒヴァヘ移動します!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ブハラへ移動!素敵なレストランと中央アジアの食の話。

現在、スぺイン・バレンシア。
いよいよトマティーナメンバーとのシェアハウス生活が始まりました☆
初めましての人でも、共通の友達がいたりして面白い!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


お気に入りの街になったサマルカンドを離れて、続いて向かうのはブハラ

サマルカンドからブハラまではバスが出ているということだったので、タクシーに乗ってバスターミナルへ。
タクシーの運転手たちは「ブハラ行きのバスは来ないよ〜」という。
信用ならないのでバスターミナルのお店やさんの少年に聞いたら、「ブハラ行きのバスは来る」という。
しかし、待てど暮らせどバスは来ない・・・
というわけで、タクシー乗っちゃいました!乗合タクシーで、3人で90000スムだったかな〜
途中でタクシーを乗り換えさせられますが、追加のお金は取られないので大丈夫。

そしてブハラに到着!
・・・暑い!!!!!

めちゃくちゃ暑い。
サマルカンドよりも暑いとは聞いていたけれど、こんなに暑いとは・・・
日中は43度くらいありました。

宿でおばちゃんに、ご飯食べるのにいいところを聞いてみたら、とっても素敵なレストランを紹介してくれました!
お店のお兄さんが宿まで迎えに来てくれました!

DSC02728.jpg
お店のお兄さんについて歩くこと5分。

DSC02729.jpg
日中は暑すぎるので地元の人もあまり出歩いていない。

そして到着したレストランがこちら♡

DSC02743.jpg

DSC02730.jpg
入り口。

DSC02732.jpg
素敵な内装!

DSC02734.jpg
案内してくれたお兄ちゃん。中学生くらいかなぁ

料理が来るのを待つ間、レストランの中を探検。2階に上ることもできます。
なんだかテンション上がる!

DSC02737.jpg
上から見たところ。

DSC02740.jpg
2階から見下ろすふゆちゃん。

お店の雰囲気がいい上に、料理も美味しかった!!!

DSC02739.jpg
サラダ2種類とナン。

DSC02741.jpg
お肉。

とても素敵なお店なので是非!こちらお店の名刺です↓

image1 (1)

image2 (1)

中央アジアの食事は、キルギスもウズベキスタンもカザフスタンもまぁまぁ似たような感じでした。
超定番のメニューといえば、ラグメン(ラグマン)

DSC02337.jpg
DSC02493.jpg

トマト風うどんって感じで美味しい!私は中央アジアの料理で1番好きかな〜!
野菜もいっぱい入ってるし!日本人好みの味だと思います。

そして定番のプロフ

DSC01575.jpg

これは、肉の出汁の効いた炊き込みごはんみたいなもの。結構肉の味が強い。

あとはみんな大好きシャシリク

DSC01719.jpg
キルギスの通称10分マーケットのシャシリクは美味しかった。

DSC01721.jpg
串から外したところ。1本で満腹!

DSC01720.jpg
うまーい!

羊肉のものや牛肉のもの、鶏肉のものなど。
お店によってたまにお肉が硬いこともあるけれど、基本的にどこで食べても美味しかった!

あとは、中央アジアでサラダといえばこれ!トマトとキュウリのサラダ。アッチク・チュチュク
DSC01576.jpg

名前が可愛いので言いたくなるけれど、サラダといえばほぼこれが出てくるので、アッチクチュチュクというチャンスは少なかった。
美味しい味が付いているものもあれば、全然味付いてないのもあり。

あとは、中央アジア風の肉饅頭、マンティ
DSC01718.jpg

蒸し餃子みたいな感じ。1つ1つ大きい。
個人的には、小さなマンティがスープに入ったスープマンティがおすすめ!

他にはこんなものも食べました。

キルギス名物のイチゴタルト

DSC01669.jpg

ウズベキスタンのシュヴィト・オシュ

DSC02989.jpg
ほうれん草麺にヨーグルト風味のソース。ちょっと独特の味。

ウズベキスタンでよく見かけたチキン。(多分タバカっていう名前。)
DSC02494.jpg
これめっちゃ美味しかった!ちょい高め。

そしてウズベキスタンで是非食べて欲しいのが、メロン!!!
タカトシはメロンにはまって、ほぼ毎日買っておすそ分けしてくれました。
めっちゃ安い!!1玉150円くらいで買えちゃいます。
様々な種類のメロンがあるけれど、1番美味しかったのはこの形!覚えておいてください!!!笑

DSC02608.jpg

DSC02518.jpg

中央アジアはあんまり食事のバリエーションは豊富じゃなかったけれど、まぁ飽きずに楽しめました!
次回は暑い暑いブハラの町を散策します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!