ベルリンでちょっとルーツを辿ってみた話。

現在、エジプト・ダハブ。
キルギスの南旅館の仲間たちが再集合!みんなでワイワイ楽しんでいます♪
久しぶりに会うとやっぱりなんだか安心するな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


子どもの頃に住んでいたベルリンの街をぷらっとお散歩してみると、昔の思い出が蘇ったり、新しい発見があったり。

こちらはベルリンでおなじみのアンペルマン。可愛らしい歩行者信号のマークです。

DSC05309.jpg

DSC05442.jpg

DSC05299.jpg

彼のプロフィールは、

1961年10月13日 ベルリン生まれ
体重:ちょっと太め
職業:交通整理
性格:チャーミング、真面目
好きな食べ物:電気
ペット:白クマ

http://ampelmann.co.jp/concept/より

だそうです。こんなプロフィールがあるなんて知らなかった。笑
ちなみに私のコロコロには、日本を出た頃からこのアンペルマンくんがついてます!

そして、こちらもベルリンといえば!のカーリーヴルスト
ソーセージにケチャップとカレー粉がかかっただけのものなのですが、これがまた美味しいんだ。

DSC05296.jpg
こんな屋台みたいなお店でどこでも売ってる。

DSC05346.jpg

子どもの頃、私にとって特別な場所だったのがこの、カイザーヴィルヘルム教会

DSC05390.jpg

DSC05392.jpg

DSC05384.jpg

こちらの旧教会は、壊れた屋根が印象的。1943年11月23日のベルリン大空襲で破壊されてしまったのだそう。
戦争の悲惨さを伝えるために、敢えて修復せずに爆撃された姿のままで保存してあるのだとか。

私のおすすめは、この隣にある新教会の方。

DSC05386.jpg

外観は地味なのですが、中に入ってみると・・・

DSC05388.jpg

DSC05420.jpg

DSC05421.jpg

青色で囲まれた空間。心がスーッとなる不思議な感覚。
モダンな雰囲気のキリスト、青は青でも単なる青一色ではない美しいステンドグラス。

子どもの頃からこの場所はお気に入りというか、すごく自分の中で印象的な場所だったのですが、やっぱり大人になって訪れてみても良いものでした。

定番観光地も訪れました。

ブランデンブルク門に、

DSC05468.jpg

ソニーセンター

DSC05459.jpg


ホロコースト記念碑

DSC05467.jpg

戦勝記念塔

DSC05367.jpg

イーストサイドギャラリー(ベルリンの壁)

DSC05534.jpg

DSC05530.jpg

DSC05533.jpg

DSC05532.jpg

DSC05531.jpg

DSC05537.jpg

DSC05544.jpg

DSC05543.jpg

DSC05545.jpg

DSC05548.jpg

私たちの育った町、Wannseeにも足を伸ばしました。
ここには、私たちの住んでいたと、通っていた日本人学校があり、とっても思い出深い場所。
むしろ私の記憶のほとんどは、このヴァンゼーにあるのです。

DSC05523.jpg

DSC05477.jpg

DSC05476.jpg

ヴァンゼーに来てみて思ったことは「なんて素敵なところに住んでいたんだ!!!!」ということ。
どうです?!こんな学校、家、通学路だったわけです。

DSC05479.jpg
ベルリン日本人学校(今は移転)

DSC05510.jpg
家までの道。

DSC05508.jpg
私の住んでいた家。

DSC05511.jpg
いつも遊んでいた中庭。

DSC05507.jpg
通学路。

DSC05519.jpg
この種を高く投げるとクルクル回りながら落ちてくる。よく遊んだ。

この近くの湖・ヴァンゼーにはよく学校でも遊びに来ました。
先生にこのアスレチックの黒いゴムを揺らしてもらうのが好きだったな〜とか、ここでカエル捕まえたな〜とか。
ほとんど昔と変わっていなくて嬉しかったな〜♪

DSC05488.jpg

DSC05489.jpg

DSC05490.jpg
いつも遊んだアスレチック。

DSC05491.jpg

いろいろ思い出して、改めていかに恵まれた環境で素敵な幼少期を過ごしたかを思い知ったのでした。
そんな素敵な機会を与えてくれて、何不自由なく楽しい日々を送れるように整えてくれていた両親に感謝!
ここでの幼少期が、私の今を作っている気がしてなりません。

というわけで、自分たちのルーツをたどる(ちょっと大げさ)素敵なベルリン旅となったのでした。

DSC05499.jpg

次回はチェコ・プラハへ移動します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

アートな街ベルリン散歩♪

現在、ヨルダン・アンマン。
これからエジプト・ダハブへ移動します!キルギスで出会ったメンバーが集結する予定!楽しみ〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ハンガリー・ブダペストから、ドイツ・ベルリンへ!
この移動は、ちょっぴり急ぎ足なのでLCCで向かいます!初めて利用するeasy Jet
LCCに乗るのもだいぶ慣れてきたものです。昨年フィリピンに行く時にセブパシフィックを使ったのが初めてのLCCだったことを思うと、なんだかずいぶん経験積んだ気分になる。笑

今回の搭乗口はなかなかのLCC感、出してますね。

DSC05291 (1)

DSC05292 (1)

そしてあっという間にドイツ・ベルリンに到着!

DSC05293 (1)

ベルリンというと、実は幼い頃に住んでいた場所。
なんとなく耳馴染みのあるドイツ語、知っている地名、懐かしい匂い・・・テンション上がりまくり!

今回のベルリン再訪の最大の目的は、思い出の写真を再現する大作戦 in BERLINを姉と共に実行すること!
この大作戦を実行した時のもようは、こちらのブログに先取りで書いてあるので、ぜひ読んでみてください!!!

思い出の写真を再現する大作戦 in BERLIN!!!

再現写真 in BERLIN の舞台裏

↑こんな感じで、最大の目的を果たしたわけです。大満足!

ベルリンではこれ以外のことも楽しみましたよ〜♪今回はアートでオシャレな街・ベルリンについて。

私が住んでいた頃は、ベルリンってオシャレだな〜なんて思ったことはなかったので、今回16年ぶりに訪れてみて、オシャレでびっくり。素敵じゃん〜!

DSC05348 (1)
道路標識にされた落書きも、なんだかかっこいい。

DSC05412 (1)
ゴミ箱ドラムパフォーマンス。かなりカッコよかった!

日曜日に開催されている蚤の市にも行ってきました。
中央アジアとかだと、蚤の市のガラクタ感が半端ないのだけれど、やはりここはオシャレタウンベルリン。
扱っているものも、いい具合にレトロで品があって、必要ないのになんとなく欲しくなっちゃう感じ。

DSC05350 (1)
この写真は空いてるけど、かなり賑わってました。

DSC05352 (1)

DSC05357 (1)
このレトロ感。素敵。

DSC05353 (1)
反るクマ。

DSC05363 (1)
ドアノブ。

DSC05361 (1)
真ん中のお人形の開脚。

DSC05359 (1)
何用なんだろ。

DSC05358 (1)
大きい楽器!

見ているだけでわくわくする楽しい蚤の市でした!!

街中にもアートがいっぱい。
カイザーヴィルヘルム教会近くのこの噴水も、気になる存在。

DSC05379 (1)
浦島太郎的な少年がいたり。

DSC05380 (1)
ワニの目線の先に、春 ABCと書いてあったり。

DSC05393 (1)
さすがベルリンっこはやることが違う、噴水の真ん中で足をつけてランチしてたり。

そしてね、ベルリンといえばクマ!なんです。

DSC05416 (1)
真ん中がベルリンの市の旗。

なぜベルリンのシンボルがクマなのかっていうのには諸説あるみたいだけど、ベルリンのBerの部分が、ドイツ語のクマBär似ているからだという説。

なのでベルリンではいたるところでクマに関するものを見かけます。
お土産やさんなんかは、クマで溢れてる!

DSC05557 (1)
この車の中・・・

DSC05555 (1)
クマで溢れてる!!!

そして、街中にはアートなクマがいっぱい立っています。
おそらくベースになっているクマは2〜3種類ほどのポーズで、各店舗やホテルなんかがそれぞれにデザインしてペイントしているみたい。
熊狩り、なかなか楽しかった。

DSC05395 (1)

DSC05394 (1)
ドイツといえばサッカー!

DSC05403 (1)

DSC05404 (1)

DSC05400 (1)

DSC05397 (1)

DSC05398 (1)

DSC05396 (1)
逆立ち。

オシャレでアートなベルリンを堪能しました〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

再現写真 in BERLIN の舞台裏

現在、ポーランド・トルン。
クラクフからトルンまでの移動で、バスに乗り遅れました…1時間も前からバスターミナルに着いていたのに!!!なんてこった!
まぁ色々ありましたが、とりあえず無事に着いてよかった~( ´▽`)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


思い出の写真を再現する大作戦 in BERLIN舞台裏をお伝えします!

まず、この大作戦を実行する上で大切なのは、服装!!!
特に今回再現が大変だったのはこの【象に乗る姉妹】

完成品_1599

見事なまでの2人揃って全身赤。(なぜこんな服装してたのかも気になるところだけどそこは触れずに行きましょう)
この赤上下は、姉が日本で買ってきてくれました!しかも空港で見つけたらしい。

舞台裏_3027
しかも私のTシャツ、実は歌舞伎の絵。やはり海外にいる時こそニッポン人の魂。素晴らしい。


上下赤を着て、Zooを撮る姉妹。
青空、木々の緑に映える赤い姉妹。いや~なかなか恥ずかしかった!

舞台裏_4689

私たちが無事に撮影を終えたころ、象の足にまたがる2人の少年。
お揃いTシャツ着てるしきっと兄弟。まるで当時の私たちを見ているよう(^O^)!
彼らにも是非22年後、再現写真やってほしい!!

舞台裏_6889

今回私は5枚の写真を撮るにあたって、上4枚、下4枚、服をチェンジしました!まるでモデル♡
なので、荷物はこんなんです。プールにでも行くのかっていうこの斜めがけビニールバッグ(安宿でのシャワーにとても便利!)。

snap_7283.jpg

しかし着替える場所がありません。こっちはトイレ行くにも0.5ユーロかかるし…
そんな時はね!ワンピースが大活躍!ちょっと人目を盗んで、さささ~っと着替えちゃえばOK!
ちなみに私のこれまでの観察上、ヨーロッパ女性は、ふつうに人前でパンツとブラになりますね。えぇ。

舞台裏_1912

そしてこちらの【ベルリンフィルハーモニー】

完成品_4431

こちらでは、人が少なかったこともあったし、ポーズが重要なので、かなりこだわって撮りました。
ひとりで写ってるとダサさ倍増。笑

舞台裏_547

写真の決めポーズとして流行するベルリンフィルポーズ。

snap_2480.jpg

この【ヴァンゼーのあみあみ】シリーズもね、何と言っても子どもの遊び場ですからね。しかも訪れたのは、夏休みの昼下がり。そりゃあチビッコたちが遊んでますわ。
そんな中に乗り込んでいくアラサー姉妹。
チビッコが揺らすアスレチックにビビるアラサー姉妹。

舞台裏_7656

舞台裏_8402


そして、この再現写真を撮る上で超重要なのはカメラマン!本当この撮影は、三脚でセルフタイマーとか無理だし、見ず知らずの人にはさすがに頼めない!
今回の素晴らしい写真を撮り、細かいポージングを指示してくれた名カメラマンなっちゃんです♡
ありがとうございます!!!

舞台裏_4354

いや~面白かった!!

ちなみに、この日5枚の再現写真を撮ろうと思って準備をして出掛けたのですが、その他にこんな場所でも再現写真(簡易版)撮りました。

【ワニの噴水】
image1.jpg

左:1994年9月20日
右:2016年8月1日

この噴水、今見るとなかなかのアートだった。面白い。

【カイザーヴィルヘルム教会と可愛いと勘違いしてたウインク】
完成品_4246_0
左:1994年9月20日
右:2016年8月1日

このウインクが可愛いと思い込んでた頃。
ちょっとでも再現度を増すために髪の毛を結んでみたら、気持ち悪さが増してしまった。

【我が家】
完成品_3772_0
上:多分1997年ごろ?
下:2016年8月1日

この我が家の写真は、全然再現写真っていうつもりなく撮ったのだけど、昔も同じ場所で撮影していた!
姉からこの昔の写真とセットで送られてきてびっくり!意図せず同じ場所で撮るとは(^O^)

ドタバタで大笑いした撮影日は、疲れ果てて、夜ご飯も食べずに3人とも爆睡してしまったのでした。

また30年後くらいに同じ再現写真やりたいな~とか、
我が子で同じ再現写真やりたいな~とか、
まずは家族4人でやってみるか~とか、そんなことを考えてます。

以上!思い出の写真を再現する大作戦 in BERLIN でしたーーー!

次からまた、キルギス編に戻ります♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

思い出の写真を再現する大作戦 in BERLIN!!!

現在、ポーランド・クラクフ。
これから、北のほうのトルンという街へ移動します!ジョージアで出会ったポーランド人に再会する予定⭐︎
旅先で出会った人の国を訪ねるのは、この旅初めてなのでドキドキわくわく!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ブログ的にはまだキルギスなのですが(リアルタイムとは1ヶ月半くらいずれています)、個人的にホットなうちに書きたいので、ちょっとだけドイツ・ベルリンのこと書きます!!
と言うか、ベルリンのことっていうより、思い出の写真を再現する大作戦 in BERLINについてです!

この大作戦について知りたい人は、こちらの記事も読んでくださいね♡

思い出の写真を再現する大作戦!

思い出の写真を再現する大作戦 in TOKYO

私は昔、ドイツのベルリンに住んでいました。
幼稚園の年長さんの途中から、小学5年生の夏までの、4年11ヶ月だったかな?
ベルリンにいた時のことは、覚えていたり覚えていなかったり。しょうもないことはよく覚えているタイプ。
ドイツ語は喋れなくて、数字とか曜日とか単語とか、あとは歌とかは覚えているけれど、会話となるとさっぱり。
そんな感じなので、全くもって帰国子女感出てないと思うのですが、一応帰国子女です!(カッコいい響き。笑)

で、旅に出るって決めてから、この旅でやりたかったことの1つがこの、思い出の写真を再現する大作戦!
私たち姉妹が育った地・ベルリンを再訪して、昔撮った写真と、同じ場所・同じような服装・同じポーズで写真を撮って再現しようという企画です。

姉と、姉のお友達・なっちゃんがベルリンに到着した翌日。
大作戦ついに実行!!素晴らしすぎる晴天!(実際青空すぎて困った)写真再現日和!ドキドキが止まらない!!!

今回は完成作品のみを紹介するのですが、この作品が完成するまでの舞台裏は、また次回書きますね♡

さて、こちらが完成した作品です!!!5作続けてご覧下さい!!!

【象に乗った姉妹】
完成品_1599
左:1994年10月9日
右:2016年8月1日

Zoo(ドイツ語ではズーでなくツォーと言います。)動物園の入り口にて。
この象、すっごく大きいものっていうイメージだったんだけど、そんなに大きくなくてびっくり。
当時は象の牙にはとても届かなそうだったのに、今は普通に座っただけで牙にぶつかっちゃう。
足も象の足またぎきれなかったのに、今は余裕で下まで届いちゃう。大きくなったな〜。

【いつものバス停】
完成品_8242
左:たぶん1995年くらい?
右:2016年8月1日

家の近くのいつも使っていたバス停にて。
バス停は番号が変わっていたり、オレンジ色のゴミ箱が設置されていたり、ちょっと変化。
でも奥の方に小さく写ってるゴミ箱の位置は変わってないのがなんか嬉しい♪
姉妹の身長差は、逆転したね。

【ヴァンゼーのあみあみ①】
完成品_8157
上:たぶん1995年くらい?
下:2016年8月1日

家と学校の近くのヴァンゼー。よくここに来て、このアスレチックで遊ぶのが大好きでした!
当時のまんま、全く変わらずに残ってた!!嬉しいなぁ。
日差しの関係で、イメージが違う感じになっちゃったので白黒になってます。


【ヴァンゼーのあみあみ②】
完成品_4680
左:1995年4月30日
右:2016年8月1日

これまた同じヴァンゼーのアスレチック。
今でも地元の子どもたちがいっぱい遊んでいて、変わらぬ人気。
変わったのは、私たち姉妹のアスレチックを登る身軽さ。


【ベルリンフィルハーモニー】
完成品_4431
左:1999年6月某日
右:2016年8月1日

ベルリンフィルハーモニーのコンサートホールの前。(木は切られちゃったみたい)
この写真が撮りながら1番笑った!そして1番撮り直した!なんてったってポーズにこだわりがあるからね。
我ながら、なんでこんなキメ顔でこんなポーズ出来たんだろうって思いますよ。
しかも服は上下ピンク。センス抜群。
このポーズは私たち姉妹と、今回のカメラマンをしてくれたなっちゃんとの間で「ベルリンフィルポーズ」として写真撮影の際に流行っています。


いかがでしたでしょうか!!!
海外という慣れぬ地でのロケでしたが、なかなかの再現っぷりだと思います⭐︎

誘いに乗ってベルリンまでわざわざ来て、服なども調達してくれた姉と、姉妹のこのくだらない遊びに真剣に付き合ってくれて、的確なポージングの指示をしてくれたなっちゃんには本当に感謝です!!

それから。ベルリンを訪れて、感じたこと。
ベルリンに着いた瞬間から、すごくウキウキドキドキしました。
聞き馴染みのある言葉。懐かしい地名。看板のマーク。におい。
本当に昔、この地に住んでいたんだなぁと実感。学校や住んでいた家を訪ねた時は、どんどん色々な記憶(くだらない些細なことばかり)が蘇ってきた。

ここでの暮らしがあったから、私は学校が大好きになって、先生っていうものへの憧れが生まれて、幼稚園の先生になったのかな?
ここでの暮らしがあったから、世界の面白さや旅行の楽しさを知って、今こうして旅に出たのかな?
はっきりとこれがきっかけ!とかは思わないけれど、ここで育った何かが今の私を作っていることは確かなことで。
なんだかすごく感慨深かったです。

こんな素敵な場所に住ませてくれて、海外での子育てってきっと大変だったんだろうけど、めっちゃ楽しいベルリンライフを送らせてくれた両親にも感謝です。

あと、「8月あたまにベルリンで!」なんて姉と約束して日本を出てきたものの、本当に半年後にベルリンに行けるんだろうかってかなり不安でした。
途中で旅が嫌になって帰国してるんじゃないか、病気とか強盗とかにあってそれどころじゃないんじゃないか、とか想像して。
でもこうして、本当にベルリンで大作戦も実行できて。色んな人に助けられて、元気に楽しく旅できてるおかげだなぁって実感。ありがとう!!!

そんなベルリン滞在となりました。
次回は、思い出の写真を再現する大作戦の舞台裏について書きまーす!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!