ホーチミンからプノンペンへ【バスで国境越え】

現在マレーシア・クアラルンプール。
今いるドミトリーは過去最多の24ベッド!眠れないかも~と思ったら爆睡していた。
薄汚いけれど南京虫は出なかった。マレーシアは南京虫多いって聞くから怖いな~( ;∀;)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ベトナム・ホーチミンから、カンボジア・プノンペンへの移動日。
私が予約したのはThe Shin Touristという旅行会社。
なぜここにしたかっていうと、ベトナムにビザなしで入国するためには出国チケットを提示する必要があるから。
前日に「やべー!出国チケット持ってないとベトナム入れないんじゃん!」と気付いた私。
慌てて色々調べて、ネットで予約できてかつ割安のShin Touristにたどりついたのです。たしかカード決済の手数料込みで200000ドンくらいだったはず。
捨てチケットでも良いかな、と思うくらいの値段だったのですが、結果的にそのままこのチケットを使ってバスで国境越えすることになりました☆

朝6時半発のバス。宿の目の前のDe Tham通りにあるShin Touristのオフィスに30分前に来るように言われる。
朝6時、Shin Touristに行く。開いてない・・・!まさか聞き間違えた?!と思ったら、5分後くらいに開きました。良かった。

DSC08258.jpg

しばらく待つと係員に呼ばれて、そこから5分くらい歩いたところにあるバスターミナルへ移動。
バスはShin Touristのバスじゃなくて、緑色のLONG PHUONGバスでした。
WiFi使えるって書いてあったけれど、出発して間もなく使えなくなった。笑

12888650_10154007476794299_8612416267469666855_o.jpg

バスに乗ってしばらくすると、係りの人がカンボジアビザの料金とパスポートを集めに来る。
カンボジアのビザ代は、ビザ30ドル+手数料5ドルで、35ドル。
手数料払うのが嫌だったら自分でやっても良いのだけれど、時間かかると国境に置き去りにされる、なんて話も聞く。
国境で賄賂を要求されるなんて話も聞く。うーむ。
バスの他の乗客が自分でやる雰囲気だったら自分でやって、みんな任せる雰囲気だったら手数料払って任せよう…というスタンスにしてみた。
みんなパスポートと35ドル払っていたので私もおとなしくそうしました。笑
写真や用紙の記入も必要なく、ただパスポートとお金を渡すだけです。

1時間ほどで国境に到着。なんの説明もなく、突然バスを降ろされる私たち。えっえっどうすりゃいいの??
同じバスに乗っていた外国人はみんな同じ表情をしていた。笑

とりあえずみんなで一緒にイミグレーションらしき建物に入ってみる。
トイレに行こうと思ったら2000ドン。私の残金は1500ドン。これしか無いの~って言ったらOKしてくれた。良かった♡

それから、誰一人モニターを見ていない荷物チェックに荷物を通して笑、パスポートコントロールへ。

DSC08259.jpg
本当に誰もチェックしていない。

パスポートコントロールでは、バスの係り員がまとめて提出してくれているので、その場で名前が呼ばれるのを待つ。
特に顔とかチェックした様子もなく、名前を呼ばれたらパスポートコントロールを通過してベトナムを出国完了。

バスでちょこっと移動したら、続いてはカンボジア入国。またパスポートを回収される。
あれ…なんか記憶が曖昧だけど、とにかく私たちはパスポートを自分の手で持たぬまま、カンボジアに入国したのです。
「いぇーい!ついにカンボジア入国だぜー!Without パスポートでね!!!」と話した記憶は確かなので、間違いない。笑

DSC08260.jpg
カンボジア側のイミグレ。

パスポートを持たぬままバスに乗せられた私たちは、すぐ近くの食堂のようなところに連れて行かれ、そこでしばらく時間をつぶす。
どうやらこの間にパスポートのビザの手続きなどをしているようで、その後のバスで無事にパスポートは私たちの手元へ帰ってきました。ホッ。

まったくもう、外国人も多いんだからもう少しきちんと説明してくれよっ!と思いつつも、ここで不安な者同士仲良くなったのが、中国人の女の子・ヅーウェイと、台湾人の男性・ウェイズリーとフランキー

DSC08261.jpg
フランキーは寝てる。

ヅーウェイとフランキーは英語があまり話せないけれど、ウェイズリーは英語ぺらぺら。日本語も少し喋れる。
彼が時々通訳してくれながらみんなでワイワイ楽しく話しました☆
ホーチミンを出てから約7時間後、無事にプノンペンに到着~!!

それぞれの宿に一度行ってから、再び4人で待ち合わせ♪

DSC08267.jpg

DSC08271.jpg
独立記念塔。

DSC08269.jpg
道にいた裸の子ども。たぶんとても貧しい。ニコニコしていて可愛かった。

少しプノンペンの街を散策したあとは、夜ご飯!がっつりローカルのものを食べよう~ということで、屋外に出ている屋台へ。
鶏の串焼き、ミートボールのようなもの、卵液を小さいお椀に入れて加熱したもの、孵化直前の卵の天ぷら、カエルの丸揚げ…などなど得体の知れないものを色々食べました!
生野菜もついてきます。ちなみに食べるために私たちに与えられた道具はティースプーンひとり1本です。笑

DSC08272.jpg
こんな感じのお店がいっぱい出てる。

DSC08277.jpg
いただきまーす!みんなティースプーンに器用にニンジンを乗せている。笑

DSC08280.jpg
たまご。お腹痛くなりそうで不安だったけど平気だった。

DSC08273.jpg
カエルの丸揚げ。

DSC08279.jpg
鶏肉みたいでおいしい。

中国人と台湾人と日本人。似ているけどやっぱり違って、違うんだけどやっぱり似ている。
すぐに打ち解けて仲良くなれて嬉しかったな~♪
私にとっては同じに聞こえる彼らの言葉も少しずつ違うようです。面白かったのは、漢字の違い。
これは、中国・台湾・日本の「カメ」という字。

DSC08281.jpg

中国のカメの字はシンプルで、魚に似ている。
台湾のカメの字はとても複雑で、甲羅と手としっぽがよくわかる。面白いなぁ~

さあカンボジア編のスタートです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

人々が集まる夜の人民庁舎前

現在、マレーシア・クアラルンプール。
旅先で出会った中国人やタイ人の友人が、熊本の地震を心配して連絡をくれました。有り難いです。
セブで出会った素敵な日本人のかたは、書道アートでセブから募金活動をしています。
私も以前書いていただいたのですが、すごくカッコイイし、想いが込められていて素敵な書道です。(詳しくはこちら
自分の思いを行動に移せるってすごくカッコイイ。私もそういう大人にならなくては。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

さて、昨日のブログで、Charlesがマジックを披露していた人民庁舎前。日中はこんな感じなんです。

DSC07802.jpg

ひと気のない広くて細長い広場。おそらく昼間は暑すぎるのでしょう。
あと、本当はホーチミン像があるのですが、ちょうど工事中で柵に囲まれていて全く見えませんでした。

夜になると一転!たくさんの人が集まって、何か食べながらおしゃべりしていたり、パフォーマンスをする人がいたりして大賑わいです☆
どうやら地べたに直に座ってくつろぐのがベトナム流みたい。みんな思い思いの場所に座って楽しそう。

DSC07827.jpg

路上ではいたるところでパフォーマンスをしています。
歌や楽器、踊りなど♪パフォーマンスは素人目にもわかるくらい、決して上手!とは言えないレベル。
それでもこの人だかり!なんかいいなぁ~♪
日本のストリートミュージシャンもここに来たら、すっごい温かく受け入れられると思う!

DSC07828.jpg
こんなに観衆がいたら、パフォーマーは気持ち良いだろうなぁ。

DSC08253.jpg
そう思うと、Charlesのマジックはほんと、レベルが違ったよね!!

こんな撮影をしている人たちも♡結婚式?それとも何かのプロモーション?
素敵な写真の裏側には、シャボン玉を一生懸命に出し続けるおばちゃん。縁の下の力持ち。

DSC08249.jpg

DSC08248.jpg

何もないように見える広場ですが、地面から噴水が出る場所があって、一定の時間になると噴水ショー(?)があります☆
そんな豪華なもんではないけれど、キラキラしていて綺麗ですよ~

DSC07824.jpg

路上にはこんなミッキーマウス(?)や、可愛い仲間たちがいることもあります。
こういうの大好き。ゆるすぎる。

DSC08251.jpg
子どもの表情!笑

DSC07826.jpg
今日もお疲れさまです。

私は2回訪れたのですが、どちらも金曜日で、とても賑わっていました。他の曜日がどうかはちょっとわからないです…
夜の人民庁舎前は、地元の人たちの楽しそうな姿が見られてとても面白かった!
次回はベトナムを出て、カンボジアへ向かいます~♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ホーチミンで出会った面白すぎる人々

現在、マレーシア・クアラルンプール。
クアラルンプールは雨が降ったりやんだり、雷もゴロゴロなったりしています。
昨日はこの旅で初めて!傘を使いました!2か月間1度も使わなかったんだなぁ~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ホーチミンにひとりでいる間は、とっても個性的な面白い人に出会えました!ホーチミンで出会った愉快な皆さんを紹介します☆


【下着を爆買い♡タイ人女性】

宿で同じドミトリーに宿泊していたタイ人の女の子。体のラインを強調するセクシーめな服装の、おそらく20代前半の女の子。
ある日、ビニール袋を2袋持って帰ってきた。特に気にも留めていなかったのだけれど、話しかけられる。
「見て見て、下着いっぱい買ってきたの♡」

その袋の中は全部下着!40着以上も買ったらしい!全て自分用だそう。
ひとつひとつ取り出して披露してくれる彼女。
いちいち反応を変えるお人好しな私。

「おぉー!」
「セクシー!」
「わーお!」
「レース♡」
「可愛い!」
「へぇ〜!」
「色違いだね!」
「ハート柄♡」
「三角の部分ちっちゃ!」

「サイゴンスクエアで1万円くらいでこんなにたくさん買えたから、あなたも行って来なよ!」とオススメしてくれる。
でも私には少し刺激的すぎるかも…。

レースのブラトップは白派か黒派かを尋ねられたり(時によるかな….)、今日のファッションなら黒で統一してスニーカーのピンクを際立たせると良いと解説してくれたり。

と思ったら、大音量で音楽を流し始めて、立ち去る彼女。この音楽、どうすりゃ良いの?!笑

しばらくするとシャワーを浴びに戻ってきた。
すると、全裸のままシャワー室からチラッと顔を出して「ごめん♡そこにシャンプー忘れちゃったの取って♡」

また少しすると、チラッと顔を出して「カミソリ借りて良い?大丈夫、脇しか剃らないから(^_−)−☆」
Noと言えない日本人とうこ。まぁもう刃替える予定でいたし良いや…笑
ようやくシャワーを終えてスッキリした様子の彼女。
「せっかく新しい下着つけようと思ったら、Oh!!わきげ〜〜ってなってさ!Hahaha」

実はお互いの名前も聞かぬままチェックアウトしてしまったのですが、実に面白い女性だった!!


【ファンキータイ人ミュージシャン☆Woody】

DSC08168.jpg

宿のフロントでくつろいで出会ったタイ人男性、Woody。
見た目はかなりいかつい!ドレッドのロングヘアーにサングラス。
でも喋ってみるとフレンドリーだったので、一緒にごはんを食べに行くことに。

外に出ると「僕は日射しが苦手なんだ!」というWoody。
道を渡る時は「僕の命を守って〜」と私の背中にくっついてビビりながら渡るWoody。
いかつい見た目の割に可愛い。笑

彼はミュージシャンだそうで、けっこうしっかりとしたミュージックビデオもyoutubeにあがっていた。

一緒にごはんを食べた路地裏は、ホーチミンの都会っぽさを忘れるような良い雰囲気でした。

DSC08172.jpg

DSC08171.jpg

その後また宿に戻ってフロントでおしゃべり。
すると、ベトナム人のおばちゃんが宿に入ってきてマシンガントークをはじめる。
Woody「これはまるでラップだ!」
と言って、おばちゃんのマシンガントークに合わせてボイスパーカッションをはじめる!!
ベトナム人おばちゃんのマシンガントークラップ×タイ人ミュージシャンWoodyのボイスパーカッション!!

少しして「これは録音したほうが良い」と言って、スマホで録音を始める。しかし録音を、始めた途端、おばちゃん喋りながら宿を出て行っちゃった!
するとWoodyスマホを持ったままおばちゃんの後をついていき、ボイスパーカッションを続ける。

もう爆笑!めっちゃ面白かった。さすがミュージシャン。


【プロレベルのマジックを披露する天才ベトナム人!Charles】


DSC08256.jpg

欧米人グループだらけのツアーに参加して孤独を感じながらの帰り道。
夕飯でも食べようと、道端に出てるお店を覗いたら声をかけてくれたのがCharlesとお友達(ごめん名前忘れちゃった…)。
しかも「日本人ですか?食べましょう!」と日本語で!

彼らは学生さん。英語の練習をしたくて、よく外国人に話し掛けているらしい。Charlesは日本語も勉強しているのだそう。
おしゃべりしながら楽しくご飯を食べたのだけれど、そのあとがもっと楽しかった!

食後に、人民庁舎前の広場に行くという彼ら。一緒に行くことに。
行く途中、紙くずのごみをパッと燃やして小さな花をプレゼントしてくれた!!!あまりに突然のマジックに笑うしかない!

そして人民庁舎に到着。ここは人々の憩いの場。すると突然、座っている親子に話し掛けるCharles。

DSC08247.jpg

マジック開始。子どもが選んだカードを当てるっていうやつなんだけど、とにかくすごい!!!プロ!!!
その後も何人かに声を掛けてマジックを披露する。すすすすごい!!!
私にもやってもらう。本当に種も仕掛けもわからない。わからなすぎる。
ハートの2がカードをゆっくり振っている間に、目の前でハートの4になったりするわけですよ!!!
テレビの画面でしか見たことのないマジックが目の前で繰り広げられている。

DSC08253.jpg
人が集まってくることも。

Charlesのすごいところは、何人もに声を掛けてトランプのマジックをしたけれど、どれひとつ同じマジックがなかったこと。引き出し豊富すぎる。
いや~一緒にいて誇らしかったですわ!!!まじでプロ!!!すごい。
こんなにすごいのに、ものすごく飄々としていて、終わるとふら~っと立ち去って、ゆる~っと次の人に声を掛ける。
面白いわ~。ふたりの絶妙なバランスも良い。見てて微笑ましかった。

ショッピングモールで、マネキン相手にも手品をしようとするキュートさ♡笑

DSC08255.jpg

ホーチミンラストナイトに彼らと出会えて本当楽しかった!

旅先で出会う人は変わり者が多いけれど、特に面白い濃い人たちに出会ったホーチミンでした☆

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ベトナムの新興宗教カオダイ教とは・・・?!&クチトンネル

現在カンボジア・シェムリアップ。
ひたすらだらけたシェムリアップに別れを告げて、これからマレーシア・クアラルンプールに飛びます!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)

母が帰国して、またひとり旅に戻った私。
優雅なホテル暮らしから一転、再び5ドルのドミトリー生活です。この食事の差。

BEFORE
DSC08155.jpg

DSC08154.jpg
なんとトマトがうさぎ♡

AFTER
DSC08161.jpg
バインミー(11000ドン)を公園で食す。おいしい!

さて、実はホーチミン近郊で少し前から気になっている場所がありました。
カオダイ教総本山。

カオダイ教とは・・・
1919年(1920年説あり)、ゴ・ミン・チェウとレ・ヴァン・チャウンによって唱えられたベトナムの新興宗教である。五教(儒教、道教、仏教、キリスト教、イスラム教)の教えを土台にしたことから、カオダイ=高臺(高台)と名付けられた。(Wikipediaより)
ものだそう。

なんだか写真もすごそうだし、五教のミックスというのもかなり気になる!行ってみよう!
ここに行くためには、どうやらツアーに参加するのが手軽で良いみたい。カオダイ教だけのものは見つからなかったので、クチトンネルとセットになったツアーに参加することに。
近くの旅行代理店で申し込んで、160000ドン。日本人にあまり有名じゃないし、西洋人グループだらけのツアーかなぁ…どきどき。

で、行ってみたら予感的中!ほぼ西洋人!(お金持ちそうなベトナム人夫婦と、韓国人男2人組だけいた。)
1人参加の人、誰もいない!!!超アウェー。もうね、仕方ないから孤独を楽しみましたよ…。

バスに揺られること3時間ほど。1度の休憩をはさんで、ホーチミンの北西にあるカオダイ教の総本山に到着。
総本山のあるホアタイン県は、人口の約7割がカオダイ教の信者だと言われているらしい。

敷地はとっても広い!その敷地の真ん中にこのお寺(寺と言うのが正しいのかわからないですが、ここでは寺って呼びますね。)があります。

DSC08181.jpg
カラフルな礼拝堂。

DSC08182.jpg
タワーもあった。

カオダイ教のシンボルはこの目「天眼」。「宇宙の原理」と「宇宙の至上神」を象徴しているのだとか。ちょっと私には難しい…

DSC08183.jpg

毎日、朝6時、12時、夕方18時と3回、礼拝の時間があり、何台か他の観光バスも来ていました。
しばらく入り口付近で入場を待つ。その間にたくさんの信者たちが集まってくる。
信者はみんな白装束を身にまとっています。むかって右側が男性、左側が女性と決められているみたい。

DSC08188.jpg

DSC08194.jpg

信者の皆さんが並び終えたころ、私たちも入場開始。信者の並ぶ後方と、2階から自由に見学することができます。
写真撮影などは自由だけど、信者以外(自分自身や友達など)を入れたショットは撮ってはいけないらしい。

DSC08203.jpg
2階から見るとこんな感じ。

白装束を身にまとったたくさんの人々が綺麗に整列して座って、お祈りをする。
2階には楽器を演奏する男性と、歌を合唱する女性。その両脇には、何か許しを請うような雰囲気で座り祈る人々。
頭に白い鉢巻を巻いていたり、何か不思議な形のものを頭に乗せていたり。

DSC08198.jpg
楽器を演奏する人。

DSC08205.jpg
合唱する人。

DSC08200.jpg
礼拝する人。

何て言うのでしょう。ブログという公共の場ということもあってうまく表現できないのですが、とても不思議な空間でした。今までに感じたことのない感じ。
気になる人は行ってみてください!きっとわかってもらえるはず…!

そしてなんとな~く英語を聞き流していた結果、集合時間を勘違い!!ガイドさんが私(あとベトナム人夫婦)を探して迎えに来てくれました・・・あぁ恥ずかし。すみません。

それからランチタイム。ここもね、試練ですよ。大学生の頃から、ぼっち飯とか平気なタイプなんですけどね、なんか寂しかった!笑 ベトナム人夫婦の席に入れてもらうも、会話なし。笑 一番安い野菜炒め&ライスを頼んで、ピカピカに食べ終わると、ピカチュウ(?)が優しく微笑みかけてくれました。ありがとうピカ~

pikachu.jpg
ピカピカだピカ~

DSC08212.jpg
可愛い犬にも癒された。

それからクチトンネルへ移動!クチトンネルの入場はツアー料金に含まれていないので、バスで集金。(70000ドン)
クチトンネルは、ベトナム戦争時に作られた全長約200㎞のトンネルネットワーク。

中はガイドさんが案内してくれます。トンネルの説明、様々な罠の説明などを見て、聞きながら見学。

DSC08216.jpg
こんなので人の手で掘ったのだから驚き。

DSC08218.jpg
入り口。体験できる。

DSC08217.jpg
罠。

DSC08224.jpg
戦車や、

DSC08227.jpg
当時の様子を再現した人形もある。

DSC08231.jpg
サンダルの説明でみんなが「へ~なるほど~Hahaha」ってなってたけどわからなかった。涙

途中では、実際にトンネルの中を歩くこともできます。かなり狭い!
最長だと100m歩けるそうですが、20mおきくらいに出口があるので自分の好きな距離を選んで歩けます。私は40ⅿで出ました。

DSC08232.jpg

DSC08235.jpg

DSC08233.jpg

あと、銃を撃つ体験もできます。私はやっていないけれど、ものすごい音で怖かった。
戦時中はこんな音が終始鳴り響いていたと思うと、恐ろしい。

DSC08229.jpg

とまぁ、こんな感じでツアーは終了!
観光地自体は興味深かったけれど、なんだかツアー中は終始孤独を感じていました…。笑
まぁ1日で終わるもんだし、こんな日があっても良いかな~って感じで途中から開き直っていたけれど、やっぱ寂しいもんは寂しいね!

でもね、そんな後には素敵な出会いや楽しい時間が待ち受けているもの。世の中うまくできています。
次回は、ホーチミンで出会った面白い人々を紹介します♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ベトナムの夜は・・・スポーツ!!

現在カンボジア・シェムリアップ。
エアコンルームに移動したら快適すぎて、ひきこもってしまう。何をやっているんだ私…
でもね、本当に暑いんです。台湾人の友達は「オーブンの中にいるチキンの気分だ」と言っていました。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(ランキングが上がるとお金がもらえるとかではありません。笑 でも見てくれる人の数が増えれば出会いの数も広がる!はず!)


ベトナムの街ではよく、夜にスポーツをしている人を見かけます。
きっと昼間の気温が暑すぎるから、気温の下がった夜がふさわしいのでしょうね☆
日本にいると、夜は子どもは家に帰るもので、大人はお酒を飲むもの、みたいな感じがするので、なんだか新鮮!

夜の空手教室

DSC08137.jpg
旅先で日本人と言うと「空手できる?」と聞かれることがある。習っておけばよかった。

夜のテコンドー教室?空手とは違うと思うのだけど、すみません詳しくなくて…

DSC08139.jpg
左の女の子の足の上がり方が素晴らしい。

夜のエアロビ

DSC08246.jpg
ゆるめ。

夜のダーカウ
ダーカウというのはベトナムの伝統的スポーツだそうで、バドミントンのシャトルのような重りのついた羽根を足で蹴るスポーツです。(詳しくはこちら
みんなで輪になって楽しそう!足をクロスして蹴ったり、後ろ向きで蹴ったり、なかなか見ていて面白いです!

ダーカウ
ダーカウ。

DSC08244.jpg
右端の人、後ろ向きで蹴ってるのわかります?

1番驚いたのは、夜のローラースケート
カントーの広場で初めて見たのですが、すごい人!ベトナムではローラースケートが流行中なのだそう。
あまりにやっている人が多いから、靴の貸し出しとかを公園でしているのかと思ったけれど、どうやらみんな自前のものを持っているみたい。
小さな子どもから高校・大学生くらいの年頃が多く見られました!ヘルメットもひざあてなどもせずに、結構なスピードを出しているので、ハラハラ。
でも、ローラースケートってかっこいい!!!ジャニーズくらいしか見ることなかったので、上手な人の技を見ていると惚れ惚れしました!

DSC08142.jpg
ローラースケートデート。青春!

DSC08140.jpg
練習中。まだへたっぴ。

DSC08149.jpg
みんなで連結!楽しそう~♪

いや~スポーツって良いですね!とっても健全な感じがしました。

私自身はものすごく運動音痴なので(水泳…息継ぎすると沈む。自転車…立ち漕ぎいまだにできない。球技全般…ボール触らずに終わるタイプ。涙。でも、運動は嫌いじゃないんですよ!!!あと肩幅が広いので運動してそうに思われます。)、「入ーれーてっ♡」っては言えなかったのですが、もし運動得意だったら、ローカルにまざって遊んでみたかったな~!

おまけ☆
朝の公園で運動する現代っ子とおばちゃん。時代のミックス感が好き。

DSC08160.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!