オーストラリア入国!食品の持ち込みは?銀行口座開設にマイナンバーが必要?!

ブログを書こう書こうと思いながら、いつも後回しになってしまう!
少しずつ忘れぬうちに書いていこう。

2018年4月8日早朝5時。
いよいよオーストラリア入国です!!!

FE507DA7-8315-4689-965D-42C1C668325F.jpg

そうそう、私たちはジェットスターでオーストラリアに行ったのですが、ケチって隣の席にはせずに航空券を購入しました。(指定席にすると1人700円追加料金)
でも実際、空港のチェックインの時に「お隣の席にできるか見てみますね〜」って言って、隣の席にしてくれました!
いつもできるとは限らないけれど、座席指定しなくても隣に座れる可能性は十分にあります☆

そして、心配だったのは日本から持ち込んでいる食料品たち。
物価の高いオーストラリア。日本食は手に入るものの、日本の倍以上することもあるみたいなので、荷物の重量の許す範囲で持っていけるものは持っていきたい!
しかし、オーストラリアは、食品の持ち込みに厳しいことで有名。
持ち込みが制限されているものとしては、

・卵、卵製品
・乳製品
・肉、肉製品
・魚
・種やナッツ
・野菜、果物、穀物


など。でも例えば、卵製品でも加工品で常温で6ヶ月以上保存できるものだとOKとか、条件を満たせば持ち込みOKなものも多いのでよく確認して持っていきましょう♪

そして入国カードの検疫の欄は正直に申告する!!!
もしも仮に、持ち込み不可なものを持っていたとしても、きちんと申告してあれば罪に問われることはないらしいです。
私の友達は、日本で食べようと思ってカバンに入れておいたミカンを食べ忘れて、そのままオーストラリアに持ち込んでしまって、罰金になったことがあるのだそう。要注意です!

ちなみに私たちが日本から持ち込んだのは・・・

・醤油(鮮度の落ちないやつ)
・インスタント味噌汁
・ごま油
・乾燥わかめ
・カレールウ
・塩昆布
・和風だし
・創味シャンタン(粉末)
・コンソメ(粉末)
・抹茶
・味塩こしょう
・チョコ(アルフォートとアーモンドピーク)


といった感じ。正直、本当に全部持ち込み可能の条件を満たしていたのかは不明です!
不安なので入国カードは、当てはまりそうなものはとりあえず申告しておきました。

ドキドキしながら検疫を通りましたが、実際聞かれたのは、
「食品は何持ってる??」
「えっとチョコレートと・・・」
「オッケー!」
という感じ。チョコレートから先は全然聞きもせず、通過できました。笑
拍子抜け〜でもこれで一安心です。

早朝にケアンズに到着したので、しばらく空港で待機。
空港内はWi-Fiサクサクでした!座る場所もテーブルもあるし、少しエアコンが効きすぎて寒かった以外は快適。

IMG_4588B.jpg

ケアンズ空港から街中までは、公共の交通機関はなくて(地図では一見近くに公共のバス停があるように見えるのですが、滑走路を超えて行かなきゃいけないので使えない)、タクシーかシャトルバスしかないみたい。
市内(宿まで送ってくれる)までシャトルバスで2人で22ドルでした。

豪州2人!ボンダバグでカジュワー!_180517_0035B
なかなか来ないシャトルバス。他に誰も待ってる人いなくて不安だった。

私たちはオーストラリア入国後、3泊分だけAirbnbを予約しておきました。(2人で1泊4400円ほど)
このAirbnbの宿がなかなか面白くて、アーティスティックな空間でした。
家の随所にマネキンが置かれているので、いちいち誰かいるかと思ってびっくりした!笑

GOPR0127B.jpg

オーストラリアに到着した日は、携帯電話のSIMを購入!

ショッピングモールの中にあるOptusという会社でSIMを購入。

yesoptus_Logo.gif

この先ずっとOptusのSIMを使うつもりはなかったので、SIMはプリペイドのものを選択。(3GB、30ドル、28日間有効)
その場でOptusのお兄さんが登録手続きをしてくれました。(要パスポート)
これで無事に、オーストラリアでの電話番号とインターネット環境をゲットできました☆

ちなみに現在は、Yomojoという会社の格安SIMを使っています。
こちらは2GBで1ヶ月15.90ドル。安い!

yomojo-mobile.png

Yomojoは実店舗はなくて、オンラインで登録をしたのちに郵送でSIMが送られてくるので、住む場所が確定した後に申し込みをしました。
家はWi-Fiがあるので、今のところ2GBでも十分に足りそうです。


ケアンズ到着翌日は、銀行口座の開設
オーストラリアの主要な銀行は、ANZ、Commonwealth、nab、Westpacと4つあるみたいなのですが、私たちは最初から口座維持費が無料のnabに決めていました。
口座を維持するだけで、月に4~5ドルかかるなんて勿体ない!

nab-logo.jpg

というわけで、勇んで宿のすぐ近くのnab銀行に行きました!

私たち「新しく口座を作りたいんですけど・・・」
銀行員「アポイントメントはとっていますか?」
私たち「いいえ・・・」
銀行員「アポイントメントが必要なのよね〜。」
私たち「えっと、いつなら空いてますか?」
銀行員「1番早くて・・・8日後ね!」
私たち(ひょえええ〜〜!)

アポイントメントがいるなんて聞いてないよ〜〜〜!!
困っている私たちを見て、銀行のお姉さんが近くにあるnab銀行の支店を教えてくれました。
1つは今いる場所から徒歩40分弱で行けることがわかったので、そちらに行ってみることに☆
銀行のお姉さんにお願いして、支店のほうのアポイントメントを取ってもらいました。
こっちの支店なら当日でも空きがあったから良かった〜♪

こちらの口座開設で必要だったもの!

・パスポート
・ビザの書類
・携帯電話の番号
・マイナンバー
・航空券
(入国日が必要なようなので、多分パスポートのスタンプでも大丈夫)


まさかマイナンバーがいるなんて思ってもみなかったのでちょっと焦りました。
日本のいわゆる「マイナンバー」です。
たまたま派遣会社で必要で撮ったマイナンバーカードの写真がスマホに入っていて助かりました。
皆様もお忘れなく!

アプリのダウンロードからその設定まで銀行のお姉さんがお手伝いしてくれます。
銀行のお姉さん、とっても親切!!

カードは4日後くらいに届くとのことでしたが、この先の予定が定まっていない私たち・・・
しかし、心配ご無用!
カードが届いた時にケアンズからすでに離れてしまっていたら、最寄りのnab銀行の支店まで届けてくれるとのことでした。
私たちは、結局この後カブルチャーに移動してしまったので、カブルチャーの支店で受け取ることに。
4月9日(月)に、ケアンズで口座開設。
4月13日(金)に、カードが届いたとの連絡をもらったので、現住所を伝えて最寄りのカブルチャーの支店に届けてもらうよう連絡。
4月16日(月)に、無事カブルチャーにてカード受け取り完了!(要パスポート)
非常にスムーズでした♪

なんだか色々と楽しくもなんともない話を長々と書いてしまったので、今日はここまで。笑
でも実際こうして、オーストラリアのSIMを入れて、銀行口座を開設して・・・としていくと、徐々にオーストラリアに住むっていう実感が湧いてきて、着実に住むための準備が進んでいく感じがして、少し嬉しかった(^^)
旅の延長線っていう気分でワーホリに来たけれど、やっぱり旅をするのと生活をするのってだいぶ違う。

ケアンズ散歩については次回!

オーストラリアの話の前に・・・

オーストラリアに来て早1ヶ月。
ブログを書く!と言いながら、あっという間に時が経ってしまいました。

世界一周はひとり旅でしたが、今回は彼と一緒にワーホリに来ています!
これからワーホリのことを書く上で、ちょくちょく登場することになると思うのでご紹介。
【せいやくん】です!

世界一周の最初に訪れた、タイ・バンコクで出会いました。
私が日本を出て、わずか5日目の出来事です。

宿の共同スペースに居合わせたのが最初の出会いでしたが、その時はお互い密かに、
私「タイ人スタッフかな〜」
せいや「中国人かな〜」
と思っていました。笑

出会った初日に、せいやくんのタイ在住の友達と共に、ゴーゴーバーとゴーゴーボーイをハシゴ。笑

DSC06041.jpg

初めて2人で出かけたのはドラえもん寺。笑

ASC06063.jpg

クロアチアで待ち合わせして再会。

ASC03857.jpg

スペインでまた再会して、お付き合いスタート。

ASC07491.jpg

アイスランドをみんなで一緒に周って、その後は再びお互いに1人旅。

IcelanA trip_8463

日本に帰国した後も、私は東京、せいやくんは三重在住なので、ずっと遠距離。

そんな2人です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もともとワーホリに興味があった私達ですが、どの国に行くかは決まっていませんでした。
最初せいやくんは「アイルランドに行ってみたい」と言っていましたが、天候があまり良くない(雨が多いらしい)というので却下。
私はカナダかオーストラリアか、どっちかがいいな〜正直どっちでもいいな〜と思っていました。
カフェをひらくことが夢のせいやくん。そんなわけで、カフェ文化の盛んなオーストラリアに行ってみることにしました。

オーストラリア出発前日は、伊勢神宮で旅の安全を祈願☆

GOPR0008.jpg


そして2018年4月8日。
いよいよ、オーストラリアへ向けて出発です!!

FE507DA7-8315-4689-965D-42C1C668325F.jpg

次回は最初に降り立ったケアンズでのことを書きます〜♪

日本帰国!!!日本でのこと、これからのこと。

現在、オーストラリア・カブルチャー。
いよいよワーキングホリデーに来ています!ドキドキの新生活スタートです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

エクアドル・キトで赤道を満喫した世界一周最終日。
ここから1日半かけて、アメリカを2箇所経由して、いよいよ日本へと帰国です。

アメリカ国内に時差があることを考えずに、乗り継ぎ時間が15分くらいしかない〜〜〜!と一人で焦りまくったこと以外は、すべて順調。ほっ。

あと印象に残っているのは、空港でアメリカ人の英語のアナウンスがさっぱり聞き取れなかったこと。
日本行きの便になったら急に日本人が増えて、妙に怖くなったこと。
日本人のCAの英語はすごく聞き取りやすかったこと。など。

2017年3月31日、帰国。
日本に帰ってきて、お迎えに来てくれた彼の顔をみたら急にホッとして、涙が出ちゃった。

日本を出る時は、きっと1人で世界一周なんてしたらすごく怖い目や嫌な目にあうだろうな・・・、もしかしたら死ぬんじゃないか・・・って不安で不安で仕方なかった。
旅中は楽しいことがすごくすごーくいっぱいあって、想像していたよりもずっと良い時間で、それでもその不安は最後まで常に抱いていました。
だから、こうして無事に日本に帰ってこれたことが本当に奇跡的で幸せなことだな〜って。

家に帰ると、私の部屋は母によって「おかえりとうこモード」になっていました!!!

帰国 A
写真がコラージュしたこれしか見つからなかった。汗

部屋にはパーティーのごとくタルチョが飾られ、ベッドの上には家族が来てくれたメキシコでもらったプロレスのマスクをかぶったぬいぐるみが鎮座していて、世界各国から送った絵葉書がコルクボードに飾られていて。
嬉しかったな〜。

ちなみにこの写真の右下は、出発前日に泣きながら書いた遺書。笑
「私が死ぬか、死にかけていたら開けてください」用をなさずに済んで本当に良かった。

帰ってきた頃、ちょうど東京はが満開。
私の帰りを待っていてくれたのね♡と勝手にハッピーな気持ちになりました。
やっぱり桜は日本人の心だね!

下町人情ラブラブ仰天物語_180225_0051 A
目黒川の桜。

日本に帰ってきて、1ヶ月半ほどはのんびりとしていました。
会いたかった人にもたくさん会えました。

ゴールデンウィークの動物園でアルバイトもしました。たった5日間だったのですが、良い出会いがあって、ここで仲良くなった子とは月1で合う仲になりました。

のんびりしたいだけしよ〜と思っていたのですが、案外無職というのは居心地が悪いもので、5月に入って出かける用事がひととおり済んだらすぐに就職しました。
派遣会社で紹介してもらった、保育士のお仕事。
これがもうね〜、めちゃくちゃ良くて。年長さんに旅の話をする機会もいただいて、私にとっても貴重な経験でした。
たった10ヶ月半だったけれど、本当に幸せな時間でした。ありがとう!

日本にいる間も、週末などを使っていろいろとお出かけしました。
今までとは少し違って、外国人だったらここ面白いって思うだろうな〜なんて視点で見るようになったり。

DSC06790 A
能登の見附島。

DSC06805 A
能登の千枚田。

三重県来日 ー松阪の王子に会いにー_180225_0025 A
三重の夫婦岩。

DSC06915 A
伏見稲荷大社。

DSC07230 A
草津温泉。

DSC07270 A
三重の鬼ケ城。

DSC07345 A
和歌山の熊野古道。

DSC09595 A
長野の善光寺。

DSC09722 A
念願の温泉に入るお猿。

DSC09769 A
可愛すぎるのでもう1枚。

写真を追加するんだぜ!_180225_0031 A
小樽。旅の練習で行ったタイで出会った、世界一周するちょっとしたきっかけにもなった2人。

DSC09939 A
雪まつり。

DSC09967 A
名古屋港水族館。

DSC09996 A
東山動物園のコアラの赤ちゃん♡

こうして並べてみると、結構いろいろとお出かけしたな〜。
そして、日本も世界の様々な国に負けず劣らず面白い!美しい!

東京も満喫しました。改めて東京って街を見てみると、刺激に溢れていて面白い。

DSC07152 A
東京タワー。

DSC07121 A
増上寺。

DSC07007 A
みたままつり。

DSC07163 A
フエルサブルータ。

年末年始は恒例の家族旅行!ベトナムのニャチャンに行きました。
久しぶりに行く海外はやっぱりウキウキした!
そしてお金をかけていく旅行も良いもんだなぁと思った!笑

DSC07505 A

DSC07591 A
ホテルのカウントダウンパーティー。

世界一周から帰ってちょうど1年と1週間。
旅仲間にもたくさん再会して、学生時代や前の職場の友達にもたくさん再会して。
新しい出会いもいくつもあって。(さすがに旅の時のようには多くないけれど)
家族ともゆっくりと時間を過ごして。

さて、そろそろ再び旅立つ時です!
次なる旅は・・・
ワーキングホリデー!!! in オーストラリア!!!

ワーホリについても、ちょこっとずつでもブログ書いていこうかな〜とは思っています。
更新も不定期だし、家族以外一体誰が読んでいるのやらって感じのこのブログでしたが、意外にも帰国して会った友達が「読んでるよ〜」と声をかけてくれたりしたので、せっかくだから続けてみよ〜(^^)

本当は、世界一周の○○ランキング!みたいなまとめの記事書きたかったんだけど、大変そうだからやめた!(いつか気が向いたら書くかもしれないけど・・・。)
このままワーホリ編に突入したいと思います!!!

キトの赤道記念碑と赤道博物館!!!

現在、日本・三重。
いよいよ今日の夜、オーストラリアに向けて出発します☆
この前までは不安が7割くらいだったけれど、ここまで来る楽しみが5割くらいになってきた!笑
元気に楽しく、行ってまいります!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*エクアドル:2017年3月20日〜3月29日

動物たちの楽園ガラパゴスを満喫した私たちは、エクアドルの首都・キトの街にやってきました。
キトは大都会。先ほどまでの島生活が嘘だったようなギャップ。
いよいよ私の世界一周最後の街。

ここで是非行っておきたかった場所は赤道!!!
アフリカ縦断の際にも超えてはいた赤道ですが、私の場合は、いつの間にかケニアで超えてしまっていた感じ。(ウガンダの赤道のところのモニュメントは有名ですね!)
ここエクアドルも赤道が通っている数少ない国(14カ国あるらしい)のひとつ!
なんてったって「エクアドル」という名前はスペイン語で「赤道」ですからね♪
さらには、キトは世界の中でも赤道から1番近いところにある首都なのだとか。これは行くしかありません☆

いざ赤道へ!!!

まず最初に訪れたのはこちら!ビッグな赤道記念碑
地元っ子たちも社会科見学にくる場所のようです。

DSC06730 (1)

これ!気持ち良いですね〜♪
LATITUD 0.0'0"!!!緯度0度0分0秒!!!

DSC06746 (1)

この記念碑とともに良い感じの写真を撮りたいので、人がいなくなるまでみかんを食べて待ちます。笑
いい感じにみかんがフィットした。

DSC06731 (1)

ちなみに他に人が写らないように記念撮影したいなら、正面よりも裏側がオススメ!
対して見た目は変わらないのに、裏側へ来ると人があまり来ないので、ゆっくりと撮影を楽しめます♪

DSC06738 (1)
さきちゃんの見事な開脚!

17670450_1025425490891840_1128606543_o (1)
自分はブリッジが上手だと初めて知った日。

「ここ赤道だから、赤道を挟んで北半球と南半球ってことでNとSのポーズしようよ!」
と良いことを思いつき、2人でやってみる。私がN、さきちゃんがS。

17668962_1025424280891961_1392583150_o (1)

なぜか、どうしてもさきちゃんのSの腕が自分の顔にかかっちゃう!笑
やり直そうと思ってもうまくいかない!
そうかSというポーズはすごく難しいのか・・・

17622955_1025424157558640_919447807_o (1)

逆になってみたら普通にできました!!笑ったわ〜
この写真、お気に入り。

で、こんなに赤道記念碑で楽しんでおいてあれですけれど、
実は実はここ、本当は赤道じゃないんです!!!!!

GPSが発達してのちのち測り直してみたら、実際の赤道とはずれていたんだって!
あっちゃ〜〜〜やっちまったな!!!まあでも楽しかったのでそれはそれでよし!!

実際の赤道は、ここから徒歩10分ほどのところにあります。
ここにも赤道博物館なるものがあって、こちらの博物館ではいろいろな実験などもしながら赤道を体感できるそう。これまた面白そうだぞ!

こちらがその本物の赤道博物館の入り口。

・・・ん????

DSC06749 (1)

なんだかここ・・・

DSC06750 (1)

もしかして・・・

DSC06755 (1)

すっごいショボいんじゃない???!!!

私たちは「これはかなり残念なスポットにきてしまったかも・・・」と思いました。
このチープ感。謎の像の数々。珍スポット感がぬぐいきれない。

こちらの博物館では、グループガイドさんがついて説明しながら回ってくれます。
ラッキーなことに私たち2人で1人のガイドさんがついてくれたので、まあまあ自由に楽しめました。

赤道についてだけでなく、民族についてや、名産品などについても展示があります。
これ、な〜んだ?!

DSC06752 (1)

なんとかつて、頭蓋骨を抜いてミイラのようにして、こんなふうに首飾りにしていたのだとか。
そんな綺麗に頭蓋骨って抜けるもの?!よくわからないけど怖い。

DSC06753 (1)

それから、これも面白かった。Waoraniという民族らしいのだけれど。
この民族(アマゾンに今も暮らしているとか)にとってはこの格好が男性の基本なんだけど、この紐で陰部を縛っているかどうかが重要で、縛っていないのは「裸」と同じ意味なんだって!
私たちからすると、ほとんど変わらないけどね!民族の違いって面白いわ〜。いつかアマゾンの奥地の少数民族に会ってみたいものです。

DSC06754 (1)

あと写真はないのだけれど、ここで食べたカカオの実がすごく美味しかった!
あの黒くて苦いカカオ豆って、実は白くて甘い果肉に包まれているの。この白くて甘い果肉を食べたんだけど、これがとてもお上品な味で美味しかった!
チョコレート大好きだけど、周りの果肉まで美味しいとは知らなかったな〜♪発見でした!

すっかり赤道博物館であるということを忘れてしまいそうですが、そう、ここは赤道博物館!
赤道を体感できる場所ももちろんあります。

じゃじゃ〜ん!
これが本当の赤道!!正直私にはよくわからないけどね!!!

17622352_1025424010891988_175035582_o (1)

そしてこの赤道周辺では様々な実験ができます。
赤道の真上を歩くとまっすぐに歩けなくなってしまう実験や、

DSC06757 (1)

釘の上に卵を立てる実験。
赤道の上だと立てやすいらしい!さきちゃんは立てられたけど、私は立てられなかった(T_T)

DSC06759 (1)

DSC06760 (1)

面白かったのは、水を流して渦の巻き方をみる実験。
赤道直下だと渦を巻かずに落ちて、北半球だと反時計回り、南半球だと時計回りに渦を巻くのだそう。
実際に実験を見てみると、本当にその通りになっているーーー!!!すご〜い!(動画を撮ってしまったので写真はないです)
(でもこの現象は赤道から数メートルくらいの距離では本来は起きない現象らしい・・・という情報も読んだので、何かカラクリがあるのかも・・・?)

いや〜外観でしょぼい!と思った赤道博物館だったけど、実際かなり面白かったです!!

さて、キトの街に戻ってきました。実はキトの街は世界遺産にも登録されているのだとか。
こちらはバリシカ教会。

DSC06773 (1)

DSC06778 (1)

動物たちの彫り物がある!ということで面白そうかな〜と思って行ってみましたが、まあまあだった。

DSC06771 (1)

DSC06772 (1)

それから、最終日に食べた謎の果物が美味しかったな〜。
なんていうフルーツかご存知の方いたら教えてください♪

DSC06781 (1)

DSC06780 (1)

さて、こんな感じのいつものゆる〜っとした1日で世界一周最後の日が終わりました。
いよいよ、帰国です。

サンタクルス島!アシカが狙う魚市場とダイビング!

現在、日本・東京。
世界一周の旅に出る前に、親を相手にプレゼンして「旅の様子をブログで発信します!」と言ってしまったがために、
親から「ブログを書き終えるまでワーホリは行かせないよ!」と言われてしまい、今さら焦っています。笑
超ギリギリで書きおわりそう〜!これも私らしいってことでね。
お金にもならないのに、最後までよくやったわ〜と思うわ。(まだ終わってないけど笑)
いつか見返してニヤニヤするんだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*エクアドル:2017年3月20日〜3月29日

イザベラ島から、最後の島・サンタクルス島へと移動しました!
サンタクルス島は今回訪れたガラパゴスの3つの島の中で1番都会でした。

こちらにもありました、ガラパゴス仕様の教会!
今回はステンドグラスも美しくてよかったな〜。

DSC06531 A

DSC06532 A

DSC06530 A

町の中から見えた海。
青が鮮やかで、すっごく綺麗。

DSC06535 A

こんなびっくりカーも走っていました!
ゾウガメの上にグンカンドリ!このおじさん自分で作ったのかな〜♪楽しませてくれてありがとう!

DSC06534 A

結局最後までまともに見られなかったアオアシカツオドリ。これで我慢します。笑
足が鮮やかな水色の鳥が飛んでいるのを見かけから、きっとアオアシカツオドリだったと思うんだけど、全然ちゃんとは見れなかったので残念。
ペンギンといい、アオアシカツオドリといい、鳥には縁のないガラパゴスでした。ま、仕方ないね〜!

DSC06683 A

さて、サンタクルス島の名物ともなっている魚市場があります。
それがこちら!

DSC06539 A

一見普通の小さな魚市場に見えますが、よく見るといろいろな生き物が魚を狙っています!
アシカ、ペリカン、かもめ・・・みんなおこぼれにあずかろうと待ち構えてる〜!

DSC06545 A

DSC06540 A
真後ろで待つアシカ。

DSC06713 (1)
集団でやってくるペリカン!

DSC06542 A
ホースで応戦!

DSC06543 A
かもめも遠くから狙ってる。

DSC06702 A
待ちくたびれて寝ているアシカ。

ちなみにこちらの市場は夕方早くには閉まってしまうようなので要注意!
いざ魚を買いに行こう!と思って行ってみたら店じまいしてる〜〜〜(ToT)
ただ、片付け作業をしている人に声をかけてみたら、ボックスを開けてくれて、買うことができました!

DSC06710 (1)

魚市場のある港も綺麗。
なんで海はこんなに青いんだろう。

DSC06544 A

ここで船に乗っていた男の子。
「僕がやるよ!」って張り切ってる感じが可愛かった。

DSC06703 A

もうひとつ、サンタクルス島の見所がチャールズダーウィン研究所
ダーウィンといえば進化論で有名。ダーウィンが来た!なんてNHKの動物番組もあるよね。

研究所までの道のり。サボテンがいっぱい!
もう下の方なんて、茶色くて、棘がなくて、硬くて、木だね!
南米に来て。サボテンのイメージが変わったよ。

DSC06685 A

DSC06686 A

さて、こちらがダーウィン研究所。なかなか立派な施設です。
こちらでは、ガラパゴスの固有種のイグアナや、ゾウガメが飼育されています!

DSC06700 A

DSC06693 A
ダーウィンと私。

これは、ガラパゴスイグアナ!ウミイグアナと比べて黄色ぽい。
サボテンを食べるんだって〜チクチクしないのかな??

DSC06696 A

そしてガラパゴスゾウガメ。
ガラパゴスゾウガメにもいろいろな種類があって、生息している島によって微妙に違いがあるらしいです。
私には、イザベラ島で見たゾウガメとの違いはわからなかったけど。
ちびゾウガメも可愛かったです♪

DSC06694 A
えっ!首落っこちちゃったの!?と思うようなところから首が出てる。

そして印象に残っているのが、このロンサムジョージ。
ロンサムジョージとは、ピンタ島のピンタゾウガメ。最後の一頭でしたが、2012年に亡くなったのだとか。
そして、そのロンサムジョージの剥製が大事に大事に、ここに保管されているのです。
このロンサムジョージを見ていると、なんだか切ない気持ちになりました。

DSC06690 A

島の名前のガラパゴスとは、スペイン語の「galapago(陸ガメ)」に由来しているのだそう。
それだけゾウガメの楽園だったんだね。
しかしおよそ500年前、人間がガラパゴスに足を踏み入れてから、ゾウガメが激減していきました。
人間が食料として乱獲したり、人間の持ち込んだ外来生物によって殺されてしまったり・・・。
今は人間がこうしてガラパゴスゾウガメを保護しているのだけれど、そもそも保護をしなくてはならないような状況を生み出したのは人間なんだなぁ。

さて、ガラパゴスでどうしてもやってみたかったこと!それはダイビングです!
そのために、ダハブでアドバンスのライセンスを取得したと言ってもいいほど♪
というのも、ガラパゴスの海は透明度も低く、流れが速いということで、難易度が高いと評判だったのです。
怖いなぁ・・・でもガラパゴスでダイビングすることは、ずっと憧れていたので、とりあえずダイビングショップへ!

とにかく、流れが速いのは怖い!ということ、大物はみたいけど穏やかな海で潜りたい!と伝えたところ、今の時期(3月末)は比較的、海は穏やかなのだそう。
流れもあまり速くないし、水温もあまり低くない。本当かよ〜!!と疑いつつも、参加を決意!
いくつかのダイビングショップで話を聞いた結果、ゴードンロックで潜ることにしました。

そしてダイビング当日。
快晴!よかった〜♪これだけで気分が上がります。

相変わらずの水中写真の下手さで、たいした写真がないので先に結論を言うと・・・

流れ ・・・確かに穏やかだった!あまり流れはない!普通に楽しめる!
透明度・・・いまいち!何メートルかはわかりませんが、透明度は低め。怖いほどではないので大丈夫。
水温 ・・・温かい場所と冷たい場所とあった。本当に海流がぶつかってる感じがして面白かった。どちらかと言うと冷たい。
生き物・・・多分ガラパゴスでのダイビングにしてはイマイチだったんじゃないかな〜。一応おめあてのハンマーヘッドシャークはみれました!一瞬だったけど。

かなりざっくりとした、私の主観でしかないけれど、こんな感じの印象。
ガラパゴスでダイビングしたいけど怖い・・・という人はご参考までに。
ちなみに私はダイビングの経験本数は35本ほど。泳げない&リゾートでした潜ったことないタイプのなんちゃってダイバーです。

IMG_0853 A
この岩がゴードンロック。

IMG_0858 A
エイだ〜

IMG_0861 A
カメ、休憩中。

IMG_0863 A
海底で砂に体をスリスリするアシカ。可愛い〜

IMG_0880 A
サメ。上から。

IMG_0894 A
サメ。正面から。

IMG_0888 A
ウツボ。どうも〜

IMG_0866 A
カメ。遊泳中。

ハンマーヘッドシャークも見れたけど、一瞬で通り過ぎて行ってしまいました・・・!
ガラパゴスで念願のダイビング!大充実というほどではなかったけれど、怖い思いをすることもなく安全に潜れたからよかったな〜♪
いつかもっとダイビングが上手になったら、クルーズツアーとかでもっとすごい海に潜ってみたいな〜

町に戻ってきました。
いよいよガラパゴスも最後の夜。動物たちの楽園、楽しかったな〜。
動物たちが人間に遠慮せずに、リラックスして過ごしている感じがとても心地よく感動しました!

最後の夜のお散歩。
治安のいいガラパゴスでは、夜も安心して楽しめます。
地元の人たちはバレーボールで大盛り上がり!

DSC06718 (1)

船着き場のあたりは、夜になると、小さなエイやサメが桟橋の光に集まってくるのだとか。
確かにいました!しかも結構いっぱいいる!

DSC06725 (1)

DSC06727 (1)

海に浮かんでいる船もいい感じ。
夜景はぶれやすいから、欄干に肘を乗せて、カメラを固定して・・・

DSC06729 (1)

ヌルッ

いや〜な感触が肘に。
はい、最後の最後、欄干についていたペリカンのフンを肘にべっちょりと付けてしまうという悲しい結末となりました(T_T)
それにしても魚くさいフンだ・・・

こうして、楽しい楽しいガラパゴス諸島の滞在が終わりました。
あ〜〜〜楽しかった!!!

次回はいよいよ世界一周最後の街!キトです!!!