インスタ映え抜群?!猛獣たちと触れ合えるルハン動物園!

現在、日本・東京。
あっという間に11月も半ば。
ということは、2017年は残り1ヶ月半。
ということは、いまの仕事は残り4ヶ月半。
ということは、20代は残り1年2ヶ月かぁ・・・なんて年末が近づくと色々なカウントダウンをしたくなる。
毎日を大切に楽しまなくちゃ!と思いつつも、さらさらと日々がすぎて行くな〜

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*アルゼンチン:2017年2月8日〜

ブエノスアイレスから是非とも行ってみたかった場所が、ルハン動物園
ルハン動物園とは、猛獣たちと触れ合うことができる?!楽しくも恐ろしいと評判の動物園なのです!
上野山荘で出会い、この後の南米で多くの時間を共にすることになるサキちゃんと2人で行ってきました!

ルハン動物園までは、電車でPlaza Italiaまで行って、そこからバスに乗って行きました。まあまあ遠いです!
バス停の場所は上野山荘のいつこさんが教えてくれますが、なかなかにわかりづらいので「Zoo de Lujan??(ソー デ ルハン)」と聞きまくっていました。

早くに宿を出て動物園へ向かったはずなのに、駅までの道のりでパン屋さんやお菓子屋さんに寄り道して「遠足にはお菓子が必要だよね〜」なんてのんびりしてしまったため、バス停で長いこと待つことになりました。
バス停では、スタッフらしきおじさん2人がのんびりとマテ茶でリラックス中。
マテ茶は回し飲みをする文化。飲むか?って聞いてくれたので、本場のマテ茶デビューです!

DSC04390 (1)

DSC04387 (1)

苦い!けどなんか美味しい!
アルゼンチンでマテ茶は超定番の飲み物で、マテ茶の自動販売機まで見かけました。
と言っても、おそらくこちらは、マイボトルとマイ茶葉を持参して、熱湯を入れるもののようです。
つまり、熱湯の自動販売機??

DSC04491 (1)
マテ茶の自動販売機。

ここで1時間ほど待って、ようやくルハン動物園行きのバスがやってきました。
2時間ほど乗車しますが、終点ではないので要注意!!

ちょっと色あせた入り口ですが、ルハン動物園に到着!
入場料は高い(確か3000円くらいした気がする)けれど、入場料さえ支払えば、猛獣たちとの撮影も自由です。
そう考えると、全然高くないと思う!

DSC04391 (1)

DSC04392 (1)
ぞうさん看板。

真っ先に、猛獣との触れ合いへと向かいます!
混んでいると行列することもあるようですが、私たちが行った時は2組ほどでした。
まずは、トラ

DSC04394 (1)

うっひゃ〜〜近い・・・!見ているこちらがヒヤヒヤしてしまいます。
撮影者側も真正面に立つの、怖そうだな〜。

そして私たちの番!
ドキドキしながらトラの元へ・・・。
でもね、実はトラと触れ合うのは、この旅2回目。タイのタイガーキングダムでもトラと触れ合った、トラ経験者なのです。気合い入れていきましょう!

DSC04399 (1)

あ〜ドキドキした!
改めてトラの顔を見ると、な〜んだやっぱり猫みたいな寝顔で可愛い。

DSC04401 (1)

続いては、ライオン
オスとメス、一緒に写真も撮れちゃう太っ腹なルハン動物園。

DSC04418 (1)

ライオンはタンザニアのサファリで野生のものを見て、感動はその時の方がやっぱり大きかったけれど、でもこうして間近で触れ合って一緒に写真が撮れるってのも嬉しいものです。

どうしてこんなに猛獣たちがおとなしいかっていうと、ヒントはこの景色にあるのだという↓

DSC04442 (1)

小さいうちから犬に育てられているからなのだそう。
本当にそれだけでこんなにおとなしくなるのか?!本能ってものがあるだろう!?と思うし、鎮静剤を打たれてるという噂も聞くので、真相はわかりません。

そしてそして、1番ときめいたのはライオンの赤ちゃんの抱っこ♡
ちっちゃくて、ころころしてて、なんてかわいいんでしょう!なんかライオンのおばあちゃんになったような気分。笑

DSC04432 (1)

あんまりにも可愛すぎて、最後にもう1回抱っこしに行っちゃったほどでした♡
やっぱり赤ちゃんって、なんの動物でもめちゃくちゃ可愛いね〜〜!

P2090324 (1)
腕の中でもリラックスしてくれてる〜♡

DSC04439 (1)

そういえば、中国のパンダ繁殖研究基地のパンダの赤ちゃん抱っこは約2万円って書いてあったよな〜・・・私はライオンの赤ちゃんで十分大満足だよー!

触れ合いができる動物は、時期によって違うみたいで、他の人のブログではトラの赤ちゃんと触れ合っていたり、ホワイトタイガーと触れ合えた人もいたみたいです。

このあたりの猛獣たちが最大のみどころですが、他にもいっぱい動物たちはいます。
しかもどれも距離が近くて面白い。
園内にはアヒルが闊歩しています。彼ら、なかなかに積極的に人間に絡んできて恐怖を覚えるほど。笑

DSC04404 (1)

DSC04406 (1)
そこの君!さっき草を食べただろう!

なんか鳥の親子もいたよ〜♪
赤ちゃんはやっぱり可愛い。正義だ。

DSC04459 (1)

DSC04461 (1)

自由に放し飼いにされている鳥の他に、鳥のゲージもありました。
普段あんまり鳥は好きじゃないんだけど、ここの鳥コーナーは楽しかった♪

DSC04462 (1)
オウムが手でビスケット食べてる〜!

DSC04472 (1)
この鳥めっちゃ可愛かった!手にも乗せてもらいました。

DSC04479 (1)
ゲージのふちに色々乗せてあって面白い。

それからある一定のエリアには、アルパカも放たれています。
なんとも言えぬ不細工なアルパカがいて笑った!

DSC04444 (1)

DSC04455 (1)
絶妙な不細工さ!

なんかツノがねじねじのヤギみたいなのもいました。芸術的かつ強そうなツノだ。

DSC04402 (1)

面白かったのは、クマの餌付け。
クマに棒の先につけたゼリーのようなものをあげるのですが、ちょっとでも焦らすとクマがゼリー食べたくて食べたくて、口を開けてブルブルれろれろしながら、ゼリーを見つめ続けるのです。笑
なんだかもう、ゼリー中毒みたいでした。これは有料だったので私たちはしなかったけれど。

DSC04408 (1)

DSC04410 (1)

他にも、ラクダやゾウと記念撮影できます!

DSC04449 (1)

ゾウのとこはね、担当のお兄さんがすごかった。

DSC04494 (1)

DSC04495 (1)

わかります?!これ、ゾウ担当のお兄さんが、私の後ろに見事に隠れているのです。
突然体をくねらせたであろう私の後ろにも見事に隠れていて、もはや今写真を見てもどんな顔したお兄さんだったか思い出せない。笑

ホワイトタイガーは、ガラス越しにしか見ることができませんでした。
動物園でガラス越しに動物を見るなんて、極めて普通のことなのに、すっかりルハン動物園に慣れてきてしまっていたので、物足りなく感じたな〜

DSC04490 (1)

そろそろ帰ろうかという頃、なにやらアナウンスが流れて、お客さんたちがどこかへ向かっていく。
きっと何かいいことがあるに違いないとついて行ってみると、無料のガイドツアーが始まるところでした。

白い鹿を見たり、

DSC04481 (1)

DSC04480 (1)

真っ白なクジャクを見たり、

DSC04488 (1)

興奮気味の猿を見たり、

DSC04483 (1)

ガイドさんが転がした、大きな容器のようなおもちゃ(?)を大はしゃぎで追いかけた末に、「あれ、なんでこんなものに興奮してんだろ自分・・・」と我に返った様子のライオンを見たり、

DSC04486 (1)

そんなガイドツアーでした。つまり、スペイン語だったので全くわからなかったということです。笑

最後は、謎の列車に乗って遊園地気分を味わってから帰路につきました。

DSC04500 (1)
アヒル!ひかれるぞ!

いや〜めっちゃ楽しかった!!
楽しすぎて声が枯れて、翌日全く出なくなるくらい。

帰り道は、同じバスに乗っていたコロンビア人のお兄さんに教えてもらったお店で、贅沢なチョリパンを食べました。

DSC04505 (1)

チョリパンとは、アルゼンチンのソウルフードとも呼ばれる、腸詰をパンに挟んだファストフード。
ブエノスアイレス市内には屋台が多く出店されていると言う情報だったのですが、街を歩いても全然見かけず。
そこでバスで出会ったお兄さんに聞いてみたのですが、結局教えてもらったのは、立派なレストランでした。
まあ美味しかったから良いか!

楽しい楽しい動物園遠足でした!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

世界一美しい本屋さんと、セクシーなタンゴに酔いしれる。

現在、日本・東京。
先週末、学生時代の友人と箱根ユネッサンに行きました。
久しぶりにお天気の良い週末だったためか、箱根はものすごい人出!
ユネッサンから箱根湯本駅まで、通常だと30分足らずで行けるところが、帰りは2時間もかかりました。箱根って週末のお出かけにちょうど良いもんね。
箱根は紅葉一歩手前。紅葉の綺麗なところにもまたお出かけしたいな〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*アルゼンチン:2017年2月8日〜

アルゼンチンはブエノスアイレスへとやってきました。
ブエノスアイレスの街で行ってみたかった場所が、El Ateneoという本屋さん。
実はこの本屋さん、世界で2番目に美しい本屋さんと言われているのです。

入り口はごくごく普通の雰囲気。

DSC04361 (1)

でも中に入ってみると・・・!

DSC04352 (1)

ワーーーオ!ビューティホーーー!!!
ここはもともと、グランド・スプレンディッド劇場という劇場だったのだそう。1917年に建設されたブエノスアイレス最大級の劇場跡地を、本屋さんとして見事に生まれ変わらせているのです!素敵〜♪

DSC04349 (1)
劇場と本がこんなに合うなんて!

DSC04357 (1)
天井画も立派。

こんなに美しい姿だけれど、ここは本屋さん。たくさんの本が並んでいます。
中には日本の漫画もあってなんだか嬉しかったな〜

DSC04358 (1)
美味しそうな本。

DSC04360 (1)
ブリーチ!

ステージの部分は、カフェになっています。
こんな優雅な空間でお茶をするなんて、贅沢よね〜♪

DSC04348 (1)

2階から下をのぞき込んだ時の眺めもお気に入り。
そんなに劇場っぽさはないけれど、普通の本屋さんじゃ、下の階をのぞき込めることってほとんど無いしね。

DSC04354 (1)

DSC04356 (1)

こんな素敵な本屋さんで日常的に本を買うブエノスアイレス市民、なんか素敵だな〜。
ちなみに世界一の美しい本屋さんは、オランダにある教会跡を利用した本屋さんなんだとか。
日本でもお寺をリノベーションした本屋さんとか、あるのかな?人気になりそうだな〜

ブエノスアイレスの夜は、タンゴを観に行きました!
本場のタンゴ!どんなものなのでしょうか♪

観に行ったのは、Centro Cultural Borgesというショッピングセンターの中にある小さな劇場。
チケットの買い方などは、上野山荘でいつこさんに教えてもらいました!(それでも結構さまよいました!)

DSC04378 (1)

タンゴが見れる場所で定番なのはタンゲリアと呼ばれる、飲食をしながらタンゴショーを楽しめるところなのですが、こちらはなかなかお値段も張るみたい。
このCentro Cultural Borgesのタンゴショーは、飲食はつかないけれども、格安で本格的なタンゴが楽しめるそうなので、旅人にはおすすめです!

私はダンスはさっぱりなので、うまいとか下手とかわからないけれど、すごくカッコよかったし面白かった!
生演奏っていうのもいいよね〜♪

DSC04380 (1)

DSC04379 (1)

DSC04382 (1)

踊りももちろんなんだけど、ダンサーのお姉さんたちの美しくセクシーなボディラインに感動。
中国でお腹壊して痩せるだろう、さすがにアフリカではお腹壊して痩せるだろうと思っていたのに、結局強い胃腸で乗り切ってしまい、まぁ健康なのは良いことさ!とプクプク太り続けている自分を反省・・・。(その場限り)

世界一周ブログをみたり、上野山荘で数日間過ごしていた感じだと、タンゴを観に行くのはそんなに定番では無いみたいだけど、良いチョイスだったと思います♪
色々な国で本場の文化に触れられるのは、世界を旅する特権だもんね!

次回は、ルハン動物園です!ライオンの赤ちゃんを抱っこしちゃったよ〜♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

グアテマラからブエノスアイレスへの長い旅。ブエノスアイレスの街をちょこっと散策。

お久しぶりです!すっかりブログをサボってしまいました。
先日母から一大事!みたいな感じで声をかけられたので、何事かと思ったら「ブログ更新しなさすぎて広告出てるよ!」ということでした。笑

現在、日本・東京。
特に今のところは、変わらぬ日々をゆるゆると送っています。
近況としては、
1、ワーホリのビザを申請した!(オーストラリア行くぞー!)
2、12月のTOEICを申し込んでみた!(申し込んではみたものの…いやだな〜笑)
という感じです。元気です!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*アルゼンチン:2017年2月8日〜

グアテマラでのスペイン語留学&ホームステイを終えて、続いて向かうのはアルゼンチン
アルゼンチンから北上して行って、エクアドルから日本に帰国する作戦です。

サンペドロ・ラ・ラグーナから、アンティグア経由のシャトルバスでグアテマラシティへ。
そしてグアテマラシティの空港で一夜を明かす。
早朝の飛行機で、コスタリカ、パナマ、ウルグアイを経由してアルゼンチン・ブエノスアイレスへ!
2日がかりの長い長い移動となりました。

グアテマラを出る時点で、私の残金はわずか1ケツァール(15円)ほど。最終日にお金を下ろすのはもったいないので、1ケツァールのパンを買って、ひもじいながらもこれで乗り切ることにしていました。

そんな時に、偶然シャトルバスで乗り合わせた日本人のワタルさん
メキシコにある日本企業で働いているそうで、休日を利用してグアテマラ旅行にきたんだって。3連休でグアテマラ旅行なんて、日本からじゃ考えられないから面白い。住む地域によって休日の使い方って全然違うんだなと実感する。
海外赴任の話は、元幼稚園教諭・当時無職の私の知っている世界とは全然違うもので、新鮮で面白かった!
そんなワタルさんとシャトルバスでおしゃべりしているうちに、一緒に夜ご飯を食べよう!ということになり、とても素敵なレストランでご馳走していただいちゃいました。ありがとうございました!
(グアテマラシティの治安にビビりまくって何も持たずにレストランに行ったので、写真が撮れず残念!)

そして、タクシーでグアテマラシティの空港に到着。安全に一夜を明かせる場所までワタルさんがタクシーの運転手さんに聞いてくださって、感謝です!本当私は優しい人に恵まれるんだよなぁ・・・
事前情報で、グアテマラシティの空港は空港泊はできないけれど、併設のカフェ(フードコート?)で過ごすことができる、と調べていたので、そのカフェ(すでに閉まっているので、何も買わなくてOK)の椅子で仮眠。
他にも何人も同じように早朝の飛行機を待つ人たちがいたので心強かったです。

DSC04327 (1)
こんな場所。

そして、飛行機ではめちゃくちゃテンションの高い団体さんの中に、なぜか1人紛れ込んで座ることになってしまう。笑
謎の日本人に興味を持ってくれて、スペイン語でめっちゃ話しかけてくる!どうやら皆さん、健康食品の会社の人たちで、コスタリカのイベントに出展するみたい。
習いたてホヤホヤのスペイン語を駆使して、なんとなくお喋りできたから良かったな〜♪

DSC04329 (1)
ウルグアイ・モンテビデオの空港。物価高かった。

そして、パナマウルグアイを経てやっとこさっとこアルゼンチン・ブエノスアイレスへ!

しかし、まだまだ安心できません。
ここは治安が悪いと評判のブアノスアイレス。細心の注意を払いながら、バスと徒歩で宿へ向かいます。
バスの降りる場所や、そこからの道のりもしっかり調べて、スマホを出さずに済むように紙に地図まで書いてきたというのに、その日に限って工事かなんかで私の行きたいバス停には行かないと言うではないか!がーん!
バスの中でアタフタしていたら、前に座っていたおじいさんが英語で話しかけてくれて、「ここで降りれば歩いて10分くらいで着くよ」と教えてくれた!助かりました。ありがとう!

ドキドキしながらようやく、上野山荘に到着!

IMG_2868 (1)
夜はシェア飯!

ここはブエノスアイレスの日本人宿で有名なところ。
評判は様々で、オーナーのいつこさんの評判も色々だけど、とっても良い人でしたよ!!
日本語はもちろんペラペラだけど、ほぼずっとアルゼンチン暮らしなので、言い回しとかが日本人的じゃないんだよね。たぶんそれがきつい言い方に感じる人がいるんじゃないかな〜。
気の合う旅友達もできたし、良い宿でしたよ!

早速、ブエノスアイレスの街を散策♪

ブエノスアイレスの街は、南米のパリとも呼ばれる美しい街並み。重厚な雰囲気の建物がカッコイイ。

DSC04368 (1)

ブエノスアイレスの街には、世界一幅が広い道路があるんです。それがAvenida 9 de Julio(7月9日通り)という道。アルゼンチンが独立を果たした1816年7月9日に由来するそう。
行ってみると確かに広い!広いぞ!

DSC04331 (1)

しかし幅が広すぎて、写真で撮るとなにがなんだかわからない。笑 ドローンとかで上空から撮ったら、その幅の広さがわかりそう。
片側8車線!つまり全部で16車線!最大幅は140m!日本ではとてもとても考えられない!
この道はもちろん一発では渡りきれず、3回くらいにに分けないと渡れません。

そしてこの7月9日通りの真ん中にそびえ立っているのが、オベリスク

DSC04372 (1)

どぅーーん!真っ青な空に真っ白なオベリスクが映える。
こちらは1936年にブエノスアイレス創設400周年を記念して建てられたのだそう。

ブエノスアイレスの観光名所で有名なコロン劇場。世界でもっとも音響効果の良い劇場の一つといわれているらしい。
コロン劇場の前も歩いたけれど、外観はそんなにパッとしなくて、それよりもその近くにあった木が立派で気に入ってしまった。

DSC04336 (1)

この木!この立派な根っこ!人々の憩いの場ともなっているようです。

近くの木の根っこは鳩の憩いの場になっていました。笑

DSC04340 (1)

アルゼンチンの街では、なにかアーティスティックなものもよく見かけました。

DSC04363 (1)
仮面のシーソーみたいなオブジェ。

DSC04342 (1)
まるでソファー!な石の椅子。

DSC04367 (1)
アルゼンチン代表のユニフォーム尽くし!なんか笑える♪

ブエノスアイレスの街は、治安が悪い悪いと聞いていたけれど、そこまでの治安の悪さには感じられませんでした。
でもやっぱり上野山荘の最近の宿泊者でも事件に巻き込まれてる人もいたようなので、油断はできませんね。
そうそう、私もひとり悪い奴を見かけましたよ。要注意です。

DSC04374 (1)

次回は、美しい本屋さん&セクシーなタンゴ!です☆
今度はあんまり間をあけずに更新したい!と思っている・・・!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

グアテマラスペイン語留学のススメ★おすすめの辞書アプリも。

現在、日本・東京。
中国のパクリキャラクター遊園地をテレビで扱っているのを久しぶりに見ました。ダメだっていうのはわかってるんだけど、やっぱり面白くて笑ってしまう!
でもさ、中国以外でも世界中にそっくりパクリキャラクターたちはいたのに、中国ばっかり取り上げられてるんだなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*グアテマラ:2017年1月18日〜2月7日

今回はスペイン語留学についての総括を書いてみようと思います!

と言っても、私がスペイン語留学をしたのはわずか2週間。
それでも、ものすごーく有意義な時間だったと思います!

今日は、

1、スペイン語留学をして良かったこと。
2、せっかくならばホームステイ!!
3、シェラのタカハウスと、サンペドロのCasa Rosario、2校通ってみての比較。


という3本立てです!

【1】スペイン語留学をして良かったこと

DSC04020 (1)

これから旅する中南米が、スペイン語圏で、なおかつ英語がほとんど通じないという話を聞いていたので、スペイン語を学ぶことを決めました。
実際約3ヶ月間、中南米のスペイン語圏を旅して、スペイン語しか通じないことは多々ありました。でも、なんとかなる!笑
スペイン語が全くわからない旅人も多くいたし、そういう人たちでも、ある程度の期間スペイン語圏を旅していれば、最低限のスペイン語は身につくと思います。

しかし!スペイン語を喋れた方が圧倒的に楽しい!!!これは断言できます。
ちょっとした質問や、自己紹介ができるだけで、現地人との関わりがすごく充実する!
スペイン語が少し話せたことで生まれた出会いが、いくつもあったように思います。

しかもね、英語と違って、ほんのちょっとのスペイン語が喋れるだけで「ワォ!君はスペイン語が喋れるんだね!!!」と喜んでくれるから嬉しい。
その度に「ほんのちょっとだけね!10日間だけスペイン語学校に通ったんだ。」と答えていましたが、きっとドヤ顔になっていたことでしょう。笑

それから、スペイン語はかなり勉強しやすい言語のようにも思いました。
日本人にとって発音しやすく、聞き取りもしやすいので、勉強したら、そのぶんしっかりわかるようになっていく。
私は完全にスペイン語学習は初めてでしたが、少しずつわかることが増えていくのが実感できて嬉しかった!

【2】せっかくならばホームステイ!!

DSC04064 (1)

DSC04304 (1)

これまた本当におすすめ!
旅をしていると、もっと現地の人の生活を知りたい!と思うようになっていきます。でも、その場で出会って、そのまま家に泊めてもらうっていうのは勇気がいるしリスクが伴うもの。
いつもギリギリに行き先を決めていると、事前にホストとのやりとりが必要なカウチサーフィンは難しかったり、言葉の面で不安があるとちょっとハードルが高かったり。

その点、語学学校が斡旋してくれるホームステイは安心!
ホストファミリーもこういった外国人の受け入れには慣れているし、言葉がしゃべれないのも当たり前だから、それも受け止めてくれる。

現地の人の住居や食事、暮らしぶりを体験できるのはとっても面白かったし、私がお世話になったファミリーはどちらもとても素敵なファミリーで心地よく生活できました。

【3】シェラのタカハウスと、サンペドロのCasa Rosario、2校通ってみての比較。

DSC04065 (1)

DSC04216 (1)

私はシェラのタカハウスで1週間、サンペドロ・ラ・ラグーナのCasa Rosarioで1週間、スペイン語学校に通いました。
それぞれの良さや、向き不向きがあると思ったので、ちょっと比較してみたいと思います。

《値段》
ちょっと詳しくは忘れてしまったのだけれど、そんなに変わらなかった印象。

一応いま、ホームページを確認してみたら、1週間の授業&ホームステイで
*タカハウス・・・1100ケツァール (114USドル)
*Casa Rosario・・・180USドル

となっていたけれど、こんなには値段違わなかった気がするんだよな〜・・・。どちらも現金でケツァール払いしました。
ちょっとした違いとしては、Casa Rosarioのほうは、日曜日は食事が出ません。タカハウスは出ます。

《町の雰囲気》

DSC04041 (1)
シェラ。

DSC04144 (1)
サンペドロ・ラ・ラグーナ。

シェラは、ごく普通の小さな町という感じ。不便はほとんどありません。
サンペドロ・ラ・ラグーナは、元ヒッピータウンということもあって、少し独特のゆったりとした雰囲気。

町の雰囲気として面白いのは、やっぱりサンペドロ・ラ・ラグーナ!
多くの人が民族衣装を日常的に着ていたり、湖で洗濯をしていたり、人々の暮らしぶりもだいぶ違うので興味深い。

ただ、外国人が多いという点で、サンペドロ・ラ・ラグーナの方が英語が通じてしまうことは多いかもしれません。
そういう意味では、シェラの方が遊びの誘惑も少ないし、スペイン語を使う場面も多くなり、スペイン語学習には向いているのかも?!

《スペイン語レッスンと生徒の違い》

正直スペイン語のレッスンの上手い下手はあんまり分からないし、その辺は先生個人の質や相性によると思うので、それは一旦置いておいて。

私が感じた1番の違いは、日本人向けの学校であるか否か、ということだと思います。
タカハウスは日本人向けの学校なので、日本語で書かれたスペイン語の教材が充実していたり、タカさんに聞けば日本語で教えてもらうことができます。
また私が行った時は、スペイン語上級者っぽい生徒さんもいたので、他の生徒さんに教えてもらうこともできるでしょう。
完全な初心者や、英語が苦手な人には、タカハウスが合うと思います!

一方、Casa Rosarioは主に欧米人をターゲットとした語学学校のよう。なので日本語の教材などは無いし、日本人の生徒さんも少ない(私が行った時は私の他にもう1人)。
その分、色々な国から来た人と出会うことができるし、そういう人たちとお互いに拙いスペイン語で会話をするのは新鮮で楽しかったです。もう少し長いこと通ってたら仲良くなれたんだろうな〜。
スペイン語を学習したことがある人や、2校目として通うには、新鮮で面白いと思います!

ちなみにどちらの学校の先生も英語はあんまり喋れませんでした。というか、ほぼ喋れないと思っておいて良いかも。
Casa Rosarionoでは説明の時に「先生はBasic Englishを話せる」と言われていたけれど、全く喋れないに等しかったです。
英語が喋れる先生の方がスムーズだっただろうなぁとは思うけれど、まぁどうにかなります!

《アクティビティ》

DSC04250 (1)

どちらの学校でも、アクティビティが用意されています。

タカハウスでは、
・チチカステナンゴの市場に行く遠足(タカさん引率)
・スペイン語の補習授業(グアテマラ人の先生によるグループレッスン)
・餃子&ピニャータ(常連の生徒さんの誕生日パーティーで、お菓子を詰めたくす玉のようなものを天井から吊るして、スイカ割りのような感じで叩き割る遊び)パーティー
などがありました。
私は短期間しかいなかったし、ファミリーと教会に出かけたりしていたので、スペイン語の補習しか参加していないけど。
基本的にアクティビティは週末だけみたい。

Casa Rosarioでは、
・サンフアン・ラグーナに行く遠足(校長引率)
・グアテマラの伝統ドリンクを作るアクティビティ
・近くの山にハイキングに行く遠足(生徒さん主催)
などがありました。
私はサンフアン・ラグーナ遠足と、ドリンク作りアクティビティに参加しました。
アクティビティは平日の午後に週2回ほどあったり、週末に行くものもあるみたいです。

【おまけ】私のおすすめのスペイン語学習法

私がスペイン語学習で役に立ったと思ったのは、

・日本語で書かれたスペイン語入門書
・無料アプリ

の2つ。

メキシコに家族が遊びに来てくれた時に、スペイン語の入門書を買ってきてもらいました。
さらさら〜っと流し読みした程度だけれど、このほんのちょっとの予習が役に立った気がする!
本当に基本の基本の部分(動詞が主語によって変わること…とか)だけでも理解していると、レッスンを受けた時の理解がだいぶ違うように思います。
また、少し学んだ後にまたこの本を読んでみると、わかることが増えている!という喜びも♪
もし手に入る機会があれば、ぜひ! ちなみにタカハウスではこの手の本を貸してもらうことも可能だと思います。

それから無料アプリ!これはめっちゃ使った!
私が使っていたのは、Spanish Dictというアプリ。

392x696bb.jpg

スペイン語−英語の辞書です。オフラインでも使える!というのが嬉しいところ♪
動詞の変化なども出てくるので、とっても便利でした!
ちゃんとした辞書を持っているのがベストだとは思うけれど、荷物も増やせないし、節約したいし有料アプリはちょっと…という人にはかなりおすすめ!初心者が勉強するぶんには十分だと思います。
ただ、スペイン語–英語なので、英語がわからない時は、他の英和辞典の無料アプリで、日本語→英語にして、英語→スペイン語にしていました。二度手間!でも英語も学べて一石二鳥?!

以上、スペイン語留学のススメでした★
本当に、スペイン語学習をしてから中南米を旅すると、楽しさが倍増すると思います!

もう少しスペイン語の勉強したいな〜と思いながらも、何もせずにいる日本での今…。うむむむむ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

女の子がいっぱい!賑やかで可愛すぎるホストファミリー

現在、日本・東京。
週末は2日連続で友人の赤ちゃんに会うことができました♪赤ちゃんって本当〜に可愛い!癒し!
私は特に赤ちゃんの手足が好き!ちっちゃくて、すべすべで、ふにふにで、でもいっちょまえに爪が生えていてたまらない♡
育児は本当に本当に大変なんだろうと思うけれど、幸せな時間でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*グアテマラ:2017年1月18日〜2月7日

私がサンペドロ・ラ・ラグーナでのホームステイでお世話になったオルガファミリー
こちらのファミリーには、誰がどこの人なのか、いったい誰がこの同じ屋根の下に住んでいるのかわからないくらい色々な人が出入りしていました。
朝早くに目覚めると必ずソファーでいびきをかいて寝ているおじいちゃんがいるのに、いつの間にか姿を消していて、結局1週間一度も言葉を交わす機会がなかったりもして。笑

おそらく私の住む家に実際に住んでいた家族は4人。お母さんのオルガと、お父さんのエマヌエル、娘のシンディ(18歳)とナシダ(6歳)。

でもこの家には親戚が大勢出入りしているみたいで、たくさんの女の子に出会いました。
この女の子たちが、とにかく可愛かった!!!

DSC04176 (1)
ナシダ・6歳。

ねっ?!どうです?!可愛すぎるでしょう!この写真なんて、可愛さの中に色っぽさがある。
民族衣装がまたたまらなく可愛い。こう見えてかなりのヤンチャ娘。
こんな素敵な民族衣装を着ながらも、柵に登り、野ションもします。笑

DSC04180 (1)

こちらはナシダの妹分、ドゥチ・4歳。

DSC04182 (1)

この写真は、ナシダ撮影。
すっかりカメラマン気分のナシダに花を持てだの、首を傾けろだの色々言われた末に、だいぶ不自然になってしまったドゥチ。笑

DSC04220 (1)

民族衣装を着るとこんな感じ。
ちなみに子どもたち、民族衣装を着る日もあれば普通の洋服を着てる日もありました。着ている日も子どもによってバラバラ。
気分によって決めているのかなぁ?

他にもたくさん女の子が出入りしていて、多く揃った時はこんな感じ!
みんな親戚出そう。男の子が不思議なくらいいないのも面白い。

DSC04315 (1)
眩しすぎてこんな顔。

DSC04304 (1)
みんなでランチ!

この子どもたちとの関わりはとても楽しかった!よく部屋にも遊びに来てくれて、賑やかでした。
私は、ドアの開閉で、入って来て良い時と、入らないでほしい時を意思表示。そうすると、ちゃんとドアを閉めている時は入らずにそっとしておいてくれるので、勉強やプライベートにも支障ありませんでした。

折り紙はみんな興味津々で大好き!子どもがいっぱいいるので平等するために同じものをいくつも折らなきゃいけないのが大変。笑
特にハートは気に入ったみたい。日本の女の子たちと一緒だな〜♪

DSC04224 (1)

プレスクールで描いたフェイスペイントを嬉しそうに見せに来てくれたり♪

DSC04242 (1)
グレイス・5歳。

特に笑ったのは、私の部屋に遊びに来たナシダが、棚に飾ってあった家の模型みたいなやつを壊しちゃって、反省して(隠れるため?)棚の中に入っていった時。

DSC04204 (1)
ナシダ反省中。

そのうち他の子も真似し始めて、棚は隠れ家状態に!笑 可愛かったな〜♪

DSC04209 (1)
下の段にいるのはドゥルセマリア・7歳。シャイな美人。

それから写真のアプリ・SNOWには助けられたな〜。
みんなして顔が変わっていくのに大盛り上がりでした!

IMG_2810 (1)

IMG_2840 (1)
右上は親戚のしっかり者リンダ・11歳。右下は近所の男の子。

子どもたちは容赦ないので、正直スペイン語が全然わからないこともあった!
でもああいう風にスペイン語のシャワーを浴びることも、良いトレーニングになったと思います。
でも、スペイン語学習を始めて1週目じゃなくてよかったな〜とは思う。全く何もわからない最初からあの環境だと、嫌になってたかもしれないから。笑
1週目はシェラのルビアファミリーでわかりやすく丁寧に会話をしてもらって、2週目はサンペドロのオルガファミリーで賑やかな子どもたちからスペイン語のシャワーを浴びて。
ちょうど良かったと思います。本当に人の運には恵まれているんです。ラッキーだったな〜

DSC04298 (1)

グアテマラでのホームステイ、はじめる前は不安だったけど、2軒ともとっても楽しくて貴重な経験でした!
本当にありがとう!!ムーチャス グラシアス!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!