ハマル族のブルジャンプ!トランス状態にあるような女性たちと、牛を飛ぶ成人儀式。

現在、アルゼンチン・プルママルカ。
サルタからさらに北上してプルママルカという小さな町へやってきました。
プルママルカ、可愛い響き♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

ブルジャンプを見るべく、トゥルミ近郊のハマル族の村へやってきました。

ブルジャンプ前の儀式として、女性たちによる歌と踊りが行われているのですが、これがなんだか物凄かった!
歌い、踊り、足につけた鈴をジャンジャン鳴らしながら飛び跳ね、ラッパを鳴らし、突然みんな走り去る。
そしてまたいつの間にか女たちが集まり、歌い踊りだす…これを何度もなんども繰り返していました。
すごくこの雰囲気は不思議で異様!なんだか女性たちは一種のトランス状態にあるような、そんな感じに見えました。

DSC00865 (1)
踊る女たち。

DSC00867 (1)
ファッションも面白い。

DSC00839 (1)

DSC00840 (1)
ラッパで参戦。

DSC00871 (1)

DSC00882 (1)
それを眺めるハマル族。

そして、鞭打ち
その名の通り、ムチで体を打ちます。しかも男性が、女性の体を打つのです。

女性は我先にと男性の前へ行く。
自分で持ってきたムチ(ムチというよりももう、細めの枝。)を掲げて、手を上げて男性を見つめて軽く飛び跳ねて、私を打ってちょうだいとアピールする。
男たちも容赦なく、力一杯ムチで打つ。そして満足げに立ち去る女性。
ものすごい光景。

DSC00875 (1)

DSC00883 (1)

この鞭打ちは、ブルジャンプの前の恒例儀式。自分の親族がブルジャンプを行うときにだけ、ムチで打たれることできるのだとか。
ムチで打たれると幸せになれるとか、体にムチ打たれた傷跡があるほど「いい女」の証だとか、そんな話を聞きました。
女性の背中には、ムチの跡がいっぱいで、血がにじんでいました。
いやぁハマル族の女性は実にたくましいです。

DSC00870 (1)

そして、しばらくしてついにブルジャンプが始まります!

少し歩いて広めの場所へ。
どのあたりに牛が並ぶのか、どの向きで走るのか、などをローカルガイドに聞いて、いいポジションをゲットしましょう!ローカルガイドは放っておくと大して何もしてくれないので、大いに質問したりして活用するのがオススメ!聞けば色々教えてくれて楽しい。せっかくお金払ってるんだしね!

会場では、男たちが牛を準備中。

DSC00890 (1)

女たちはその周りを取り囲むようにならび、木の枝を持って掲げている。

DSC00898 (1)

いよいよ、ブルジャンプが始まる。私の中でも緊張が走る。
そしてついに、ブルジャンプスタート!!!

本日の主役の若い男性が肩に紐をたすきがけにして、全裸で登場。
ぴょんっと牛に飛び乗って、並んだ牛の上を走りだす。てってってってって…
端まできたら、再び折り返して走りだす。てってってってって…

DSC00903 (1)

DSC00901 (1)

これを3往復して、ブルジャンプは終了。
牛は人々に押さえられていて、おとなしく並んでいるだけだし、案外簡単そうに見える。
あれっこれで終わり??って感じは否めない。笑
落ちずに3往復できればブルジャンプ成功、成人として認められるらしい。おめでとう!!!

いや〜ブルジャンプ(というよりもそれ以前の村の雰囲気)、すごく面白かった!!!
本当に今この時代にも、こんな暮らしをしている人がいる。世界は広い。

次回は、かなり苦労してたどり着いた、カロ族の村を紹介します!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

いざ、ハマル族の村へ!!!

現在、アルゼンチン・サルタ。
今泊まっているのは、2段ベッド2つの4人部屋。昨夜の宿泊者は、欧米人カップルと私の3人。
朝起きたらね、カップルは同じベッドに寝ていましたよ。ドミトリーあるある。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

車をチャーターして、3泊4日でエチオピア南部の少数民族巡りを始めた私たち。(ツアーの詳細はこちら

今回のメンバーは、毎度おなじみタカトシ、そしてタクミくんとオサムさん(カイロで出会って、アルバミンチの道端でばったり再会!)、そしてスウェーデン人のヨハネス(キルギスで出会って、アディスアベバでばったり再会!)の5人です♪

4WDも選べたのですが、予算の都合上ハイエースにしました。
ハイエースに乗っていざ、民族巡りの旅へ!!!
途中で寄り道して、水を買いだめしました。(南部の方が高いと言われていたが、それほど変わらなかった。そして、後ほど、この買いだめした水がローカルガイドなどにより3本盗まれることになるなんて…。)

DSC00811 (1)

途中の景色はやっぱりすごい!
ダナキルツアーで回った北部ともまた少し違った雰囲気です。

牛に通せんぼされたり、

DSC00815 (1)

DSC00814 (1)

可愛らしい藁のお家が現れて、少数民族巡りの始まりを実感したり、

DSC00817 (1)

DSC00818 (1)

川沿いで、何を売ってるかもわからないマーケットに遭遇したり、

DSC00822 (1)

DSC00823 (1)

車で寝ようと思っていたのに、ワクワクして全然眠れない!
そして走ること7時間ほどで、トゥルミに到着。

こちらでなぜか、日本人ご夫婦2人(メケレの宿が同じで、これから民俗巡りに行くと聞いていたので会うかな〜と思っていたらすぐに再会!笑)とそのローカルガイドも我々のハイエースに乗せられて、ハマル族の村を目指します。
(「あっちの車が故障してさ〜乗せてあげてもいい?」と言われたのだけど、私の予想では故障してない。笑)

道無き道を進んでようやく到着したハマル族の村!!!

DSC00828 (1)

一歩足を踏み入れると…

DSC00837 (1)

うわぁ〜〜〜〜…

思わず声が出ちゃう。
本当に本当に、こんな暮らしをしている人々が今の時代にいるなんて。

DSC00862 (1)

DSC00835 (1)

DSC00841 (1)

DSC00880 (1)

DSC00869 (1)

ハマル族の女性は、頭に赤土を塗っているのが印象的。
どうやら若い女性はショートヘア、そこそこの年齢の女性はボブくらいの長さなようです。

DSC00831 (1)
そこそこの年齢のハマル族女性のボブヘアー。

DSC00872 (1)
若い女性のショートヘア。

村の様子も色々と見学できます。
コーヒーのような飲み物を試飲。うっす〜いコーヒーのような麦茶のようなそんな飲み物。
後から見てみたら、コーヒーを入れている水はかなり茶色くて、そこの川の水らしい。笑 お腹壊さなくてよかった〜

DSC00849 (1)
コーヒーはこんな壺から。

DSC00847 (1)

DSC00842 (1)
コップはこちら。

DSC00843 (1)
試飲。

DSC00850 (1)
この倉庫の中に、茶色い水が溜められたタンクがあった。笑

メイクアップの様子も見学。
こちらでメイクアップするのは、男性。なんだかされるがままって感じに見えて面白かった。

DSC00853 (1)

DSC00855 (1)

その様子を眺める女性と子どもたち。なんだか楽しそう!こういう自然な表情が見られると嬉しくなる。

DSC00860 (1)

DSC00859 (1)

観光客と写真アプリsnowで遊ぶ子どもたち。
言葉が通じない中で、このアプリはなかなか有効かも。しかもこれで遊びながら、5ブル払わずに写真が撮れるじゃん!笑
(私は当時このアプリ持っていなかったのですが、後日ダウンロードして、グアテマラのホームステイ先の子どもたちと盛り上がりました)

DSC00852 (1)

そうそうそれから、つい女性の赤土ヘアーや奇抜な服装に目が行きがちですが、男性もなかなかおしゃれです。
自然の葉っぱなどを使っておしゃれしてるのとか、素敵!

DSC00892 (1)

DSC00895 (1)

DSC00874 (1)

DSC00886 (1)

DSC00887 (1)

私たちがこの日、ここまで大移動をしてやってきたのはブルジャンプを見るため!
ブルジャンプとは、ハマル族の男性が成人になるための通過儀礼なのだそう。
このブルジャンプは不定期開催。でもこの摩訶不思議な民族による摩訶不思議な儀式ブルジャンプを見るべく、多くの観光客が訪れています。

DSC00857 (1)

ねっすごいでしょ。笑
探検家かよ!みたいな気合十分な服装に笑っちゃう。そしてみなさん、おそらくかなり高い金額出してここまでやってきているので必死です。
写真撮影してる時に前を人が通ったりすると、怒鳴っちゃったりなんかしてね。
ちょっとこの辺りは興醒めしますが、それにも勝るくらい、ハマル族のブルジャンプは面白かった!!!

そうそうそれから、下の方のアングルから写真を撮られることをハマル族女性はかなり嫌がっている様子だった(服の中を撮られている感覚なのだと思う)ので気を付けましょう!そりゃそうよね。

写真が多くて長くなったので、次回は、このブルジャンプの様子をお伝えします☆
いや〜3ヶ月経った今思い出してもワクワクする!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

エチオピア南部民族巡りまとめ【車チャーター】

現在、アルゼンチン・サルタ。
なんだかんだでまたブログをサボってしまった…
中南米に入って以来、日本人宿に泊まったり、日本人と行動することが多かったけれど、久しぶりに1人行動、普通のバックパッカー宿です。
英語にスペイン語に色々ごっちゃになる!!!ウユニまで行ったらたくさんに日本人に会うだろうから、せっかくのこの環境、楽しみます!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*エチオピア:1ブル=4.98円(2017年2月現在)

さて、メケレからアディスアベバに戻り、さらに南下してやってきたのはアルバミンチ
ここへやってきたのは、エチオピア南部に住む少数民族を訪ねるためです!
自力でローカルバスを乗り継いだり、ヒッチハイクをしながら行くか、車をチャーターして手早く行くか…だいぶ悩みましたが、一緒に回る仲間も見つかったので、車をチャーターして回ることにしました!
今回は何かとややこしい南部民族巡りのまとめ記事です。(2016年11月時点)

【利用した会社】
NECH SAR LOCAL GUIDES ASSOCIATION

15659071_711361722346249_665509859_o.jpg

アルバミンチのバス停で勧誘していたお兄さんのツアー会社です。
オススメか?と言われると特別良かったというわけではありませんでしたが、エチオピアにしてはトラブルも少なく行けたのでまぁ大丈夫だと思います。笑

【料金】
DSC00811 (1)

5人でチャーター。
3泊4日で車チャーター代が1人112ドルでした。(車、運転手、ガソリン代込み)
その他、宿代、食費、入村料、ローカルガイド代などが別途でかかります。
詳しくは後ほど書きますが、全部合わせて、200ドルくらいでした。


【スケジュール(入村料、ローカルガイド代)】
*入村料は1人あたりの値段。
*ローカルガイド代は1グループあたりの値段(なので私たちの場合、÷5をした値段が1人あたりの料金)です。

*1日目*
DSC00865 (1)

DSC00903 (1)

アルバミンチからトゥルミへ移動。
ハマル族の村でブルジャンプ
入場料600ブル(写真料込み)。ローカルガイド代300ブル。
トゥルミ泊。(宿の名前は忘れました…ドライバーさんが連れていってくれた。)

*2日目*
DSC00941 のコピー (1)

トゥルミからカロ族の村へ。
入村料200ブル。ローカルガイド代200ブル。写真は1人につき5ブル。赤ちゃんは3ブル。(数ショット撮ってOK!)
ジンカヘ移動。(約)ジンカ(Goh Hostel)泊。

*3日目*
DSC00957 のコピー (1)

ジンカからムルシ族の村へ。
パークフィー(国立公園の中に村がある)1人230ブル。入村料200ブル。
ローカルガイド代400ブル。ソルジャー代110ブル。(ムルシ族の村へ行くにはソルジャーを雇わなくてはいけない)
写真は1人につき1枚5ブル、赤ちゃんも5ブル。なので数ショット撮るとその分お金を要求されるらしい。
ジンカ(Goh Hostel)泊。(アリ族の村も行けると言われたけれど、疲れていたので行きませんでした)

*4日目*
DSC00990 のコピー (1)

ジンカからカイアファールのマーケットへ。
ここはちょっと料金のことでもめた(ツアー会社から聞いていた値段と違った)。結局、入場料とローカルガイド代合わせて1人150ブルくらいでした。写真は全体像は無料、個別に人を撮影する場合は有料。
ケニアに抜けるため、コンソで降ろしてもらってツアー終了。

こんな感じでした!
ツアー会社に行って、見たい民族と、希望日数を伝えると、いい感じにツアーを組んでくれました。

お金はまあまあかかるけれど、行く価値あり!と私は思います!

民族がお金にがめつくてげんなり、なんて感想もよく聞きます。
確かに皆さん、お金お金と付きまとってくるし、なかなかしつこい!でもそれもまた人間らしくて面白いじゃない、と私は思いました。
むしろこの触れ合いを楽しんだもん勝ち!なんとなく私は、幼稚園で働いていた頃のことを思い出してちょっと懐かしくもなりました。笑

次回からこの民族巡りツアーの詳細をお伝えします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ダナキルツアー4日目*まるで違う星?!カラフルなダロール火山に大興奮!

現在、アルゼンチン・ブエノスアイレス。
治安の悪いと言われているブエノスアイレスですが、今のところはあんまりそんな感じがしません。
でも気を引き締めていかなくっちゃ。
それにしても物価が高い…!!!涙

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

ダナキルツアー4日目!最終日!

私が1番楽しみにしていた日♪
美しい星空を見上げながら眠りにつき(毎日3つ以上流れ星が見えました!)、美しい日の出とともに目覚める贅沢。

DSC00585 (1)

本日のメインの目的地はダロール火山
でもね、このダロール火山までの道のりも最高に楽しいんです♪
なぜなら、4WDの上に乗って、塩湖の上を疾走するから!そしてそこで塩を運ぶラクダのキャラバンも見れちゃうから!

DSC00587 (1)
4WDの上!気持ちいい〜!

DSC00639 (1)
塩湖の上を疾走!

DSC00611 (1)

そしてこちらがラクダのキャラバン。10日くらいかけて歩いて塩を運ぶのだそうです。
絵になるなー!

DSC00634 (1)

DSC00632 (1)

DSC00597 (1)
ロバも頑張ってる。

しばらくラクダのキャラバンを見学した後、再び塩湖を疾走して辿り着いたのが…

DSC00640 (1)

ダロール火山!!!

なななんだこの色はーーー?!?!

そして何これ〜!ちっちゃい結晶のようなものが色んな形を描いている!

DSC00643 (1)

DSC00647 (1)

DSC00646 (1)
サンゴみたい。

でも、まだまだこんなところで興奮している場合ではありません。
少し坂を登って、さらなる奇形を見に行きましょう!

DSC00751 (1)
おかきのような坂道。

そして登った先に広がっていたのは…!!!

DSC00664 (1)

DSC00683 (1)

うっひゃーーーーー!何これーーーー!!!!

もうね、なんなんでしょう。
ここは地球ですか?宇宙のどこかの星に来てしまったのかしら?

見れば見るほど不思議な景色。

DSC00667 (1)

DSC00710 (1)

DSC00687 (1)

DSC00657 (1)

DSC00723 (1)

見たこともない景色の連続。というか、見渡す限り見たこともない景色。
小さな部分も、見れば見るほど面白い。

DSC00699 (1)
なんか吹き出してる。

DSC00692 (1)

DSC00740 (1)

DSC00684 (1)

DSC00719 (1)

本当、すっごい場所でした!
「地球の可能性を見せつけられたな」
タカトシがダロールでつぶやいた言葉。本当、地球って自然ってすごい。面白い!

IMG_5017 (1)

楽しみにしていたダロール火山、期待を裏切らない、というか期待以上の場所でした!!!

ダロールの後向かったのは、ソルトマウンテン
こちらは塩でできた奇岩。カッパドキアを思い起こさせるような不思議な形の塩の山。

DSC00754 (1)

DSC00753 (1)

DSC00757 (1)

ギザギザと不思議な形をしていて面白い。

続いて向かったのは、硫黄泉
なんだか不気味な赤色をした池のようなもの。

DSC00761 (1)

この硫黄泉は毒性があるらしく、飲んでしまった鳥は水辺で死んでいました…
でも美容にいいらしく、ペットボトルに入れて持ち帰っている人もいました!ちょっと怖いな〜

最後に訪れたのは、塩の採掘所

ここでもかなりの暑さの中、人々とロバが働いています。
塩の結晶も様々な形があって、薄い布状のようなものもあったりして、見ていて面白い。

DSC00768 (1)

DSC00766 (1)

DSC00769 (1)

これにて、ダナキルツアーの主な見所は終了!メケレに向けて、帰路につきます。
帰り道にちょっと寄り道。小川と小さな滝の中でランチタイム。最後まで粋だね〜☆
スタッフや男性は、この滝でシャワーを浴びる人続出!気持ちよさそ〜
私は川で、汚れたKEENのサンダルを洗いました。笑

DSC00772 (1)

DSC00771 (1)

夕方暗くなる前に、メケレに到着。お疲れさまでした!ありがとう!
いや〜盛りだくさんの素晴らしいツアーでした!おすすめです!

次回、エチオピア南部で民族巡りスタートです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ダナキルツアー2,3日目*塩の採掘とマグマ吹き出すエルタ・アレ火山

現在、ウルグアイ・モンテビデオ。
まだ、ブエノスアイレスに向けて移動しています。あと飛行機で1時間の距離なのに、フライトの都合で6時間モンテビデオで待機。笑
早く着いてベッドで寝たいな〜!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

ダナキルツアー2日目!

早朝、素敵な日の出からスタート!幸先いい〜♪

DSC00495 (1)
真ん中に浮かぶ小さいの、浮かびながら日の出を拝むタカトシ。笑

DSC00499 (1)

朝ごはんを食べた後、塩田と塩の採掘現場を見学に行きました☆
塩で覆われた真っ白い地面や、薄く塩水のたまった塩田、山盛りの塩など、なんだか綺麗だったな〜

DSC00512 (1)
雪みたい!

DSC00514 (1)
綺麗。ウユニの鏡張りって近くで見るとこんな感じなのかな?

DSC00508 (1)
塩キラキラ。

DSC00506 (1)
塩の山。

ここでは、男たちが塩の採掘作業の真っ最中!炎天下の中、せっせと塩を運びます。
(エチオピア人は写真に厳しい傾向にあるので、ガイドさんがOKと言ってから撮りましょう!勝手に撮ったスロベニア人のおじさんは、トラブルになりそうでした。)

DSC00509 (1)

DSC00510 (1)

続いては、エルタ・アレ火山に向けて移動開始!
途中で休憩したお店にいた赤ちゃん、可愛かった。

DSC00519 (1)
おめめくりっくり。

なんだかすごい景色。

DSC00520 (1)

そうそう、みんな気になるエチオピアのトイレ事情はこんな感じ。
町の中は普通に使える水洗トイレもありましたが、ダナキルツアーや南部の民族巡りでいくトイレはこれくらいが標準。
もっと汚いのもざらにありました。
基本的に、なんかちょっと壁があって、穴がある。ハエがいる。臭い。それが全てです。ペーパーは持参必須。

DSC00580.jpg

この日は移動がなかなかハード。
なんといっても、エルタ・アレ火山までの道のりは世界一の悪路とも言われている道!
砂にまみれながら走り、横転しないか不安になるような溶岩の道をガッタガタと走り…
途中車の調子が悪くなったり、他の車が砂にはまったり…幾多の困難を乗り越えながら、エルタ・アレ火山の麓へと進みます!

DSC00524 (1)
かっこいいね!

DSC00526 (1)
車は砂まみれ!左はエチオピア語のありがとう、右は日本語ありがとう。

DSC00536 (1)
ボコボコガタガタの溶岩の道。

DSC00522 (1)

印象的だったのは、車の調子が悪くなってしばらく停車していたわずかな時に、一緒に乗車していたソルジャーとローカルガイド(エルタ・アレ火山に登るためには彼らを雇う必要あり。)が車を降りて、お祈りを始めたこと。
この地域は熱心なイスラム教徒が多いみたいです。

DSC00532 (1)
車の調子が悪くなっている間に…

DSC00534 (1)
お祈りを始める。

そんな困難を乗り越えて、ついにエルタ・アレ火山の麓に到着!
ここで少し休憩&身支度を整える。

DSC00529 (1)
火山の麓。

DSC00528 (1)
このサンダルがアディスアベバより北側では流行っているっぽかった。ソルジャーもサンダル。可愛いけど頼りない。笑

DSC00540 (1)
布団などはラクダが運ぶ。

日が沈んだ頃、ヘッドライトを頭につけて、登山開始!

しかし、早々に揉め始める参加者。
今日からツアー参加の欧米人のおじさんは「もっと速く歩こう!」とガイドに言う。
スロベニア人団体さんの代表のおばちゃんは「こっちは初老の人もいるんだからもっとゆっくり歩こう!」と言う。
結局、グループを2つに分けることになった。「速く歩くグループ」と「遅く歩くグループ」。
ちなみにスロベニア人団体の代表のおばちゃんは「私は歩けるわよ」といって速く歩くグループに入っていた。笑
私と台湾人の女の子は「速い方と遅い方、どっちがいい?」と聞かれて「普通が良いよね」と話していた。

とまぁ、なんだかんだありながら、いつの間にか私たちを先導してくれるガイド(?!)は、ライトすら持っていないビニールサンダルが可愛いソルジャーになっていた。
まぁ無事に登頂できればなんでも良いですわ!笑

DSC00528 (1)

最初の方は良かったんだけど、最後の方は結構歩くのが怖かった。
というのも、エルタ・アレ火山は活火山。私たちが行く3週間くらい前にここを訪れた友達は、噴火の直後だったらしくかなり危険だったそう。
溶岩はすでに固まっているのだけれど、下が空洞の状態で表面のみが固まっている場所が多く、落とし穴状態。そこを踏んでしまうと地面が抜けて足を怪我する人が続出。まるで地雷の埋められた道を歩いているような怖さがあったそうです。

私が行った時は、もうだいぶ溶岩も踏み固められていたみたいで、怪我をする人もいなかったし、大丈夫そうでした。
でも足を踏み込んだ時に、ちょっと下が空洞っぽい音がする部分があったり、穴があったりもしたので、十分な注意が必要だと思います!念のため長ズボンは必須かと。

そしてついにたどり着いた、山頂!
遠くにマグマが見えます!ここからさらにもう少し歩いて、マグマを見下ろせるポイントまで進みます。

DSC00560.jpg

昔はもっとマグマの近くに寄れたみたいですが、私たちは少し離れた場所まででした。まあ安全第一だからね!

DSC00545 (1)

DSC00551 (1)

DSC00549 (1)

自分の目で、昔教科書やテレビで見たような、ボコボコと吹き出すマグマを見られるなんて、不思議な気分。
現実なのに、テレビを見ているような、そんな気分にもなりました。

マグマは思ったよりも静か。
もっとボッコボコジュワジュワいっているのかと想像していたのですが、シューーーフシューーーーってなんだかねずみ花火見たいな音でした。
マグマを見下ろしながら、ガイドさんがみんなにワインを振る舞ってくれました。粋だね!(私は苦手なので飲まず。)

そして、再び先ほどの山頂まで戻って、こんな場所に布団を敷いて就寝。
疲れていたけれどなかなか寝付けず、流れ星が3つも見えました。

DSC005560.jpg


ダナキルツアー3日目。
早朝。4時半頃だったかな?日が昇り始める前に、下山開始です。日が昇ると暑くて暑くて大変なんだって。

DSC005580.jpg

バイバイ、マグマ。

下山しているうちに日が昇って明るくなってきました。登山中は暗くて何にも見えなかった景色が見れて、ああこんな場所を歩いていたんだ!と気づけて楽しい。

DSC00563.jpg

歩いてきた道もほとんど全部、溶岩の上。溶岩は、さっきまでドロドロの液状のマグマでしたよってわかるような流れを描いていて面白い。

DSC00570.jpg

下っている途中に、参加者をまとめきれなかったローカルガイドがふてくされて(?)寝ていました。笑

DSC00566.jpg

DSC00572.jpg
ハートマーク発見♡

無事にみんな下山したら、朝ごはんを食べて、続いてはダロール火山の近くまで長距離移動!
再びあの悪路を走ります。

DSC00578.jpg
再び砂にはまる3号車。ドライバーさんはここの運転は初めてらしい。

DSC00538 (1)
みんなで助け合い!たくましい。

ダナキルツアー、参加者にとってはそこまで過酷ではないかもしれないけれど、催行する側のスタッフにとってはかなり過酷かも!と思いました。ありがとう!

この日はおおよそ移動のみ。深夜の登山で寝不足なので、車内でよく寝た〜

次回はいよいよダナキルツアー最終日!この世の景色とは思えないダロール火山へ!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!