列車の墓場ふたたび、夜はウユニのカーニバル!

現在、日本・東京。
先日、勤め先の保育園で、子どもたちに旅の話をする機会がありました。
みんな興味津々で聞いてくれて、びっくりした顔やキラキラした瞳が嬉しかったな〜。
子どもに旅の話をすることってなかなか無いので、貴重な時間となりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボリビア:2017年2月26日〜

ウユニに到着した翌日。
たくさんの日本人旅人に再会しました!本当にこの雨季に日本人旅人はウユニに集まるんだな〜!
ちょうど私がウユニに着くちょっと前が新月。月明かりの無い、星の輝く景色を目指してやってくる人が多いのですが、お天気がいまいちな日が続いていて、星空待ちの日本人が多くいたみたいです。

この日は、みんなで列車の墓場まで歩いて行くことに。
昨日訪れたばかりでしたが、曇り空だったし疲れていてあまり楽しめなかったので嬉しい!
まずは市場で腹ごしらえ。

DSC05172 (1)

DSC05171 (1)

腹ごしらえのあとは、列車の墓場へ向けて出発!
スペイン語漬けだったアタカマウユニツアーから、久しぶりの日本語環境!妙にテンションが上がってしまって、たぶんこの日が初対面だった人には変な人って思われた気がする…。笑

しばらく歩くとこんな線路が現れて、あとはひたすらまっすぐ歩くのみ。

DSC05174 (1)

そして列車の墓場に到着!

DSC05175 (1)

昨日訪れたのは一部分だったけれど、実際に自分でまわってみるとかなり広い!
この日はスカッとした青空だったので、写真を撮るのも楽しかった♪

DSC05176 (1)

DSC05177 (1)

DSC05182 (1)

DSC05205 (1)

窓(ドア?)の向こうの景色が美しくて絵のようで、このオンボロ列車との対比が面白い。

DSC05179 (1)

こんなアーティスティックな列車もありました。
この模様はどういう意味があるものなんだろう。かっこいい。

DSC05185 (1)

ちょっとモデル気分な写真もみんなで撮ってみたりなんかして。
ちなみにこのバラの花は、ツアー会社で会った日本人カメラマン(?)が演出用に買った花を、そこにたまたま居合わせた女性たちに配っていたものです。笑

DSC05186 (1)
モデルいおり。

列車には登ることもできます!
アスレチックみたいでなんか楽しい。はしゃぎすぎると落ちるので注意。

DSC05189 (1)

みんなで集合写真!
頼んだのが陽気な人で、なんか勝手に自撮りもしてました!笑 こういうの良い♪

DSC05193 (1)

DSC05199 (1)

2度目の列車の墓場でしたが、今回はみんなと一緒にはしゃいで楽しかったです!

そして夜。
宿でのんびりとしていたら、何やら賑やかな音楽が聞こえる!
気になって外へ出てみると、カーニバルの真っ最中!!!
楽器の生演奏に、三つ編みに可愛らしいひらひらスカートを着た女性たち、男性たちが踊りまくっている♪

DSC05210 (1)

DSC05216 (1)

DSC05215 (1)
可愛らしい格好のおばあちゃんたち、踊るわけではないものの楽しそうに見てる。

最初私が見に行った時は、広場のようなところで盛り上がっていましたが、しばらく経つとみんなで踊りながら町を練り歩き始めた!
楽しそうなのでついて行ってみる♪見よう見まねで踊りながら!笑
ノリノリのおばちゃんたちに手を引っ張られたり、くるくると回されたり、されるがまま!笑
可愛らしい見た目して、こんなに力強いおばちゃんだったとは!と驚かされる。

DSC05220 (1)

DSC05222 (1)

わけがわからないけれど、楽しい!!
30分ほど踊り歩いた頃でしょうか。ふと気がつきました。

「疲れた。終わりが見えない。」

そんなわけで、宿に帰りました。
どんな風にこのカーニバルが終わるのか気になったけれど、特に盛大なフィナーレがあるとかそういう感じでは無さそうかな。
地元のカーニバルの雰囲気が味わえてとても楽しかったです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ついに念願のウユニへ!ツアー最終日!

現在、日本・東京。
最近、謎解きなんちゃらとかリアル脱出ゲームとか流行っていて、「なんじゃそら??」と思っていたのですが、
実際やってみるとなかなか楽しい!!!(まだ謎解きの本をやっただけですが)
頭よ柔らかくなれ〜!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボリビア:2017年2月26日〜

アタカマ→ウユニ抜けツアー3日目・最終日!

塩のホテルで目覚めたあとは、いざウユニへ!!!
でもね、ひとつ不満だったことが。
このツアーの行程に組み込まれているはずだった、インカワシ島でのサンライズがなかった・・・!
インカワシ島はサボテンがにょきにょきと生えているウユニ塩湖の中にある島。

atacama-to-uyuni-8.jpg
http://love-tabi.com/atacama-to-uyuni#i-12


ツアー会社で聞いた時はインカワシ島も含まれてるとのことだったんだけど、いざ3日目の集合時間を聞いてみたら、あんまり早い時間じゃなかったんだよね〜。
あれ?と思いつつも、みんな何も特に言っていなかったし、そのままにしちゃった。

やっぱり朝集合した時にはもう日は昇っていて、サンライズならず。まあ仕方ないか〜
他のツアー客たちが出発しようとすると、4WDのエンジンがかからない。
みんなで車を押すところからスタートした朝でした。
例に漏れず私たちの車もエンジンがかからず、またみんなで押す。ダナキルツアーを思い出して懐かしい。

DSC05116 (1)

私たちが滞在していた小さな小さな村でも、どうやらカーニバルのお祝いをするようで、村人たちが準備をしていました。
カーニバルというとブラジル・リオの華やかなカーニバルしか知らなかったけれど、こうして小さな村でもささやかにお祝いをしているんだとわかって、なんだか親しみがわいた。

DSC05117 (1)

さて、いざウユニへ向けて出発です!
少し走るともうそこは、ウユニ塩湖

DSC05134 (1)

うわーーーーー!!!!
本当にウユニにいるんだ私ーーーー!!!


仕事をしていた頃から、ずっと憧れていたウユニ。
今や日本人にとって、世界の絶景といえば真っ先に上がるウユニ。
でも、南米だし、治安も心配だし、高山病も心配だし・・・本当に私に行けるのだろうかと不安だったウユニ。

私にも来れたーーー!!!

すごくすごく嬉しくて、ニヤニヤしながらウユニの上をドライブしました。
向こうに見える車が小さくて、ウユニがいかに広いかわかる。すごいや!

DSC05140 (1)

DSC05142 (1)
なんだかもう空を飛んでいるようにも見える。

みんなで降りて記念撮影☆
このツアーでは長靴は貸してもらえません!なので普通のスニーカーで、2cmほどの水が張ったところに入ります。
なので徐々に水がしみてきて、後から乾くと塩で真っ白になります。

DSC05122 (1)
エルナンの飛びっぷりが素晴らしい!

DSC05126 (1)
私たちも負けじとジャンプ!

ジャンプの楽しさは万国共通なのかしら?
ところで我々女子3人は、高地に来て以来やたらとトイレが近くなって、しょっちゅう3人で用を足しに行っていました。
ひとりだったら我慢しちゃったと思うけど、心強かった!笑

DSC05127 (1)

そして定番の人類の進化。
ドン曇りだけどなんか楽しい。

DSC05136 (1)
この写真お気に入り。

しばらく遊んだ後は、またず〜っとウユニの上をドライブ。
さっきまであんなにウユニに興奮していたのに、慣れとは恐ろしいもので、ずっと同じ景色が続くと飽きてくる。
ひたすらに続くウユニ塩湖の上で、「ここで居眠りするのも贅沢よね」と自分で納得して、眠りについたのでした。

DSC05131 (1)
ずっとこの景色が続く。

居眠りから覚めると、だいぶウユニの町に近付いていました。
塩のホテルでランチタイム。リャマ肉と、今話題のスーパーフード・キヌアをいただきます。

DSC05144 (1)
お味はまあまあ。

ホテルの外にあったリャマの像。
なんていうか・・・水に濡れて気の毒な姿・・・。

DSC05147 (1)

この近くには、ウユニの定番写真スポット、旗のところもあります。(なんか名前あるのかな?)
これでもかっていう青空に、カラフルな旗が映えてとっても綺麗。

DSC05148 (1)

ここにあったフランスの旗が小さすぎて、フランス人3人は大笑いしていました。

そして最後の目的地、列車の墓場へ。
ここに着いた時点ではみんな疲れ果てていて、さらっと写真を撮って終了。

DSC05157 (1)

DSC05160 (1)

DSC05169 (1)

こうしてウユニの町に無事に到着して、ツアーは終了となりました。
お天気に泣かされたりもしましたが、メンバーに恵まれたおかげで楽しいツアーでした!
ありがとう!!!

DSC05070 (1)

ウユニの町に着くと、日本人、日本人、日本人・・・めちゃくちゃ日本人が多い!
町を歩いていると普通に日本語が聞こえてくる!
さあ、ここからは日本人漬けでウユニに挑みます!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

ウユニ抜けツアー2日目!岩、岩、岩!

現在、日本・東京。
いよいよオーストラリアのワーホリ出発まで2ヶ月を切りました。ドキドキ!
準備を進めなきゃ〜と思いつつ、いまいち何から手をつけたら良いのかわからない感じ。
旅に比べて、ワーホリの方が準備のしようがあると思うのですが、それが逆に難しい!
ワーホリは期間も限られているし、充実した時間を過ごせるようにしっかり準備をしなくては。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボリビア:2月26日〜

アタカマからウユニへ抜けるツアー2日目!
1日目は後半、お天気に泣かされましたが、2日目はいかに・・・!?

宿を出ると、昨日は天気が悪くて見えなかった景色。たくさんのリャマがいました。
このリャマたち、耳元に可愛らしい飾りをつけているんだけど、どうやらカーニバル仕様でつけているらしい。
こんなたくさんのリャマたちにつけるのは大変だっただろうな〜!

DSC05051 (1)

2日目の天候は曇り。晴れてほしかったけど、贅沢は言いません!このままお天気荒れないで〜!
最初に向かったのは、何やら壁画が残された岩場。

DSC05055 (1)

牛とヘビかな??
なんだか子どもの落書きみたいで可愛い。
薄いけれども、なんの絵が描いてあるかわかるのが楽しい。

続いて向かったのも岩場!こっちは奇岩という感じ。かなり大きい!
よくこんなバランスで立ってるな〜いつか崩れるんじゃないかと心配。

DSC05067 (1)

DSC05062 (1)

こちらはキャメルロック。
確かにらくだみたい〜!みんなでらくだに乗ったポーズで記念撮影☆

DSC05072 (1)

だんだんみんなと仲良くなっていくのが実感できて嬉しい♪
心配しながら参加したツアーだったけれど、メンバーに恵まれてよかった。

続いて向かったのも・・・岩場!!笑
この岩場は上まで登って景色を堪能。ビビリの私は落ちるんじゃないかと思ってしまい、結構怖かった!

DSC05078 (1)
小さく見えるMarie。私は怖くてこんなところまで歩けなかった。

DSC05077 (1)

DSC05079 (1)
乗ってきた車もあんなに小さい!

続いて向かったのは、またもや岩場!・・・ではなく、今度は湿地みたいなところ!
ラグナ・ネグラという場所で、黒い池という意味です。ここで再び雨が降り出した・・・

DSC05083 (1)

足元に気をつけながら、湿地を歩いていきます。
水は確かに黒っぽくてコーラみたい!

DSC05089 (1)

小高い岩で一休み。なんだか不思議な景色です。

DSC05087 (1)

DSC05084 (1)

ここでランチ休憩。
可愛らしいワンちゃんがお出迎えしてくれました。

DSC05092 (1)

それにしてもこの食堂(見た目は民家のよう)、なんでこんなデザインのテーブルクロスにしたんだろう・・・
巨大なアリ柄・・・食欲減衰するって!笑
逆に、この柄を怖がって本物の虫が寄ってこないとか???

DSC05095 (1)

さて、食事のあとも岩場ラッシュは止まりません。
続いて訪れたのはなんちゃらキャニオンというところ。
なんだか岩場を見すぎたせいか、感動が薄れてきた・・・でもこのキャニオンは大きかったです!

DSC05096 (1)

DSC05099 (1)

DSC05104 (1)

さて、この日の主な見所はこんなところ。
本日の最終目的地は、塩のホテル。いよいよウユニ塩湖が近づいてきたな〜!

標高が高いので、ドライバーのジョニーがコカの葉をくれます。ボリビアではコカの葉は合法。高山病予防に良いのだとか。
面白かったのが、ジョニーはコカの葉を食べる前に必ず何枚かを車の窓から外に投げていたこと。
これ、捨てているわけではありません。
アンデス地方で信仰されてる豊穣を司る大地の神・パチャママに捧げているのだそう!

私もコカの葉を2枚ほどいただきましたが、単なる葉っぱという感じで美味しくはなかったです。
特に覚醒したとかそういう感じも全くありませんでした。
現地の人は口いっぱいに含んで、ガムのように長いこと噛んでいるし、小さな子どもも噛んでいるけどね。

DSC05107 (1)

途中休憩で寄った村にあったブランコ。
なんだか危なっかしい作りだし、乗る位置高すぎでしょう!!笑

DSC05108 (1)

あたりはだんだん暗くなり、いよいよ宿が近づいてきました。
この日走ったところは、一応道があったのですが、道の両側がもうウユニ塩湖。
マップで見ていても、道はなくて、ウユニ塩湖の上を走っているような状態。ワクワクしてきた!

DSC05110 (1)

車の中では、それぞれのスマホを車につないで各国の音楽を流したりして楽しかった♪
そしてやっと塩のホテルに到着!

DSC05113 (1)

塩のホテルと言っても、私たちが泊まったところは高級なところではありません。
部屋の壁やベッド、地面が塩でできている程度で、食堂とかは普通の宿と変わらない感じ。
まあ全く問題ないけどね。
問題だったのはシャワーかな〜有料だし(10ボリ?)、シャワー使えるのが22時までとかそんな感じで、それを言われたのが1時間前で、そこから6人で1つのシャワーを順に回すという慌ただしさ!
みんなのチームワークが試されました。笑

2日目、無事に終了です。
いよいよ次回はウユニ塩湖に行っちゃいます!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

アタカマ→ウユニツアー!広大な露天風呂!しかし天気にまた泣かされる。

現在、日本・東京。
2泊3日で北海道に行ってきました!
仕事を辞めて、はじめての1人旅で行ったタイのチェンマイで出会った友達と3人で☆
もうすぐ3年か〜!今でもこうして繋がっていて、くだらないことで大笑いできるって良いものですね。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*ボリビア:2017年2月26日〜

月の谷と世界一の星空を目指してやってきたものの、残念な天気でどちらも叶わなかったアタカマ滞在。
もう時間もあまりないので、アタカマを去ります!
でも、アタカマにやってきたもうひとつの理由はアタカマからウユニ塩湖へのツアーに参加すること!

JANAJ・PACHAというツアー会社で話を聞いてみる。
私はひとり参加だったので、気になっていたのは周りの参加者がどんなメンバーかということ。
ツアー会社で聞いてみたら「韓国人が2人と、フランス人が1人と、チリ人が1人」というような構成だったので一安心。
こういったツアーに1人で参加する場合、周りがみんなグループだったり、周りがみんなスペイン語圏出身とかだと、寂しい思いをすることが多いので、それを心配していたのです。
このメンバー構成なら大丈夫そう!安心して、2泊3日のツアーを申し込みました。

そしてツアー当日。
朝、なかなかこないピックアップ・・・。しかも早朝なので、宿のスタッフも誰もいない・・・。
50分くらい遅れてやっと来てくれました。ほっ。

しかし、安心したのも束の間、車に乗ってみてびっくり!
メンバーがどう見ても、ツアー会社で聞いていたメンバー構成じゃない!笑
この2泊3日楽しめるだろうか・・・
今回のメンバーはフランス人3人と、スペイン人2人と、私。
結果から言うと、めちゃくちゃ良い人たちでした!よかった〜!

それではいざ出発〜!バイバイ、リカンカブール山。

DSC04980 (1)

少し走るともうチリを出国
結構な行列だったんだけど、そこにいた犬がボールで遊んでて、何度も並んでる人のところに「投げて投げて〜」って来ててめっちゃ可愛かった。
ボール投げてもらえないと、チョンって人の足触っておねだりしてて。毎日ああやって遊んでもらってるんだろうな〜

チリ側のイミグレからボリビア側のイミグレまでは、1時間ほどドライブが続きます。
そしてボリビアに入国!
こちらの国境で、4WDに乗り換えます。

DSC04986 (1)
ボリビア国境。めちゃくちゃ寒かった。

DSC04990 (1)
私たちの4WD。

ボリビアに無事入国!
ここで朝ごはん休憩。車のかげで風をしのぎながらの朝ごはん。案外ちゃんとした朝ごはんで、今後も期待が持てた!

しばらくドライブして、ラグーナ・ベルデに到着。

DSC04992 (1)

湖と山ってやっぱり良い組み合わせ。
見る角度によって水面の色が変わって見える。すごく爽やかな水色のところもあった。

DSC05010 (1)

さすがラグーナ・ベルデ!
ベルデというのはスペイン語で青という意味で…と思いながら当時は見ていたけれど、今思うとベルデって緑だな。笑

DSC05001 (1)

でも緑っぽい写真もちゃんと撮っていました。藻かな?
なんか不思議な感じ。
なんか湖のほとりの芝っぽい草と、藻が、グラデーションのようになってる。

DSC04996 (1)

湖の周りの岩もなかなかの景色でした。

DSC04995 (1)

それにしてもこのドライブルートは景色がすごい!
私はどこにいるのだろう?!という感じ。白い雪山に青空。スカッとする!

DSC05024 (1)

DSC05026 (1)

ラグーナ・ベルデのあとに行ったのは、なんと温泉!しかも露天
こちらは水着必須です!
着替えてお湯に入るまではめちゃ寒いけど、お湯は温度もちょうどよくて最高!
こんな広大な景色の中で露天風呂に入るのは生まれて初めて!!!
しかも周りは全員外国人。とっても楽しい時間でした。

DSC05036 (1)

DSC05035 (1)

温泉のあとはご飯!
せっかく温まったのに、少し食事処まで寒い中歩いたのだけが不満。笑

DSC05037 (1)

DSC05039 (1)

食事は美味しかったです!
ちなみにツアーメンバーは、左からMarie,Claire,Arnaud,Hernan,Candy。
左の3人はフランス人。アルゼンチンでスペイン語の語学留学をしていたそうで、スペイン語がペラペラ。
右の2人がスペイン人のご夫婦で、今はチリでお仕事をしている。
私だけスペイン語が喋れないという環境だったけれど、英語で会話してくれたり、ドライバーのジョニーの説明もArnaudが訳してくれたりして、有り難かったです。

食事のあとのドライブから、どんどん天気が悪くなってくる。
雪も強くなって、前がよく見えないほど!
こんなよくわからない山道を走り続けるドライバーさんたちはすごい!



標高もぐんぐんと上がっていきます。
ジョニーがスマホの高度計を見せてくれたのですが、最高点では4928mを記録!



悪天候の中でも、ツアーは予定通りのスポットに立ち寄ります。
こちらはラグーナ・コロラダ
晴れていれば、こんなふうに見えるはずでした。晴れていれば…


https://wondertrip.jp/southamerica/10262.html

しかしお天気は味方してくれなかった。
実際に見た景色がこちら!!!

DSC05047 (1)



なにこれ???笑

もうここまで天気悪いと笑える!!!
どうにか、フラミンゴがいるらしいのは見える。
寒いし濡れるので、パパッと見て急いで車に逃げ戻りました。

間欠泉にも寄ったけれど、もう写真すら撮らなかった!涙

そんなわけで、アタカマからウユニ抜けツアー1日目が終わったのでした。
アタカマから天気に負けてばかり!2日目こそは晴れてほしい……!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!

やっとたどり着いたアタカマ!しかし・・・こんなはずじゃなかった!

現在、日本・東京。
雪!すごかったですね〜!また今週降ってしまうのかしら・・・
たまに首都圏で雪が積もるともう大騒ぎ。雪国の人、尊敬します。
雪国の大雪のニュースで、雪かきで大変そうな人や亡くなった人を見ると、今の時代、こんなに色々なことができるようになっているのに、なんで雪かきはこんなにアナログなんだろうって思う。
ドローンの無人タクシーを開発中!だなんだとかよりも、もっと雪かき問題をどうにかできないもんかね〜
頭の良い人たち、よろしく頼みます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加しています↑
このバナーを1日1回ぽちっと押していただくとポイントが入る仕組みです☆よろしくお願いします!
(インスタはリアルタイムでやっています!→ toko.112

*チリ:2月24日〜

乗る予定だったバスが通過してしまったために、プルママルカから出られなってしまったわけですが、いよいよ脱出の時です。

予定外のハプニングで長居することになって不安にもなりましたが、今思い返すと、南米でこんなに現地の人たちと関わることができた時間はプルママルカだけだったかもしれません。
とっても貴重で良い時間だった!たくさんの優しさを本当にありがとう!

お世話になったレストランを出る時。
「リッキーありがとう!!!」と心からの感謝を伝えたかったのですが、リッキーは爆睡中。
何度も声をかけてみましたが起きなかったので、静かにバイバイしてきました。笑

バス乗り場に行ってみると、今回は何人か人がいるー!!!急に安心感。

予定よりも1時間ほど遅くなりましたが、無事に10時ごろがやってきました。
なぜか私はチケット見せたら、ここで待ってろみたいに言われてなかなか乗せてもらえなくて、最後にすっごい感じ悪く「乗れ!」って言われて腹立ったけど、まあもう無事に乗れさえすれば良いですわ。笑

バスの車窓からの景色は広大。
こんなだだっ広い景色、日本じゃ見たことないや。

DSC04930 (1)

なんかピンクっぽい池もありました。

DSC04935 (1)

13時半ごろにチリとの国境に到着!さっむ〜い!
やっとこさっとこチリに入国です!バイバイアルゼンチン!

DSC04938 (1)

チリは食料の持ち込みに関する検疫が厳しいと聞いていたので、ドキドキしながら臨みましたが、全然でした。
バスに乗っていた5人くらいのグループ連れを案内しているガイドの人も「この入国カードの申告欄は全部NOで提出すれば大丈夫ですよ〜」とか言っていた。

無事にチリに入国を果たしたのですが、なかなかバスが発車しない。乗客もみんな揃ってるようなのに。
この間に、車内で軽食が配られました。やっと出発したのは15時半。国境で2時間もかかった。

それから1時間半くらいで再びおやつが配られました。
隣に座っていたお兄さんが、なぜか全部くれました。ラッキー!笑

おやつを食べていたらあっという間にアタカマに到着!
やっとついたぞー!アタカマ!!!
到着したのは17時半ごろ。プルママルカから7時間半のバス旅でした。

さて、この町では会う約束をしていた人がいました。じゃじゃん!

IMG_2973 (1)

モロッコで出会い、エジプトで再会、エチオピアで再々会してそこからずっと一緒にアフリカを旅したタクミくんです!
本当はウユニで、タクミくんやコアナと会えるはずだったのですが、プルママルカで足止めを食らったために叶わず、アタカマでの再会となりました。

アタカマは物価が高い!というわけで、アタカマで唯一(?)安かったチキン屋さんで、2日連続で食事をとりました。

DSC04977 (1)

アタカマといえば、世界一綺麗な星空!それから月の谷

こちらが月の谷(参考画像)

sightseeing-atacama-desert-6.jpg
http://love-tabi.com/sightseeing-atacama-desertより

そして、こちらがアタカマの世界一と言われる星空(参考画像)

maxresdefault-680x383.jpg
http://on-the-road.co/?p=8224より

これが見たくて、アタカマへやってきたわけですよ!!!
でもね・・・嫌な予感はしていました。

なんてったって、アタカマについた時の天気はドン曇り
星空なんて見れるとは思えない・・・。ウユニにいる旅友達からも雨が続いているという話を聞いていました。
星空は絶望的かもしれない・・・とりあえずまずは月の谷ツアーを申し込みに行くことに。

サンセットがめちゃいい!と聞いていたので、月の谷のサンセットツアーを申し込み!
翌日の集合時間に行ってみると、なにやら様子が違うぞ。。。
「大雨で月の谷が閉鎖されたので催行中止」
ガッビーーーーーン!!!
諦めきれない私たちは、他のツアー会社にも聞き回ってみましたが、どこのツアー会社も催行中止とのこと・・・。
私たちの月の谷ドリームは終わりました。

仕方なくやってきたのは、なんか川。
すごい濁流。ココア色。

DSC04974 (1)

DSC04975 (1)

ここを私たちの月の谷とすることにしました。切ない。笑

DSC04976 (1)

それから、さっきの川と似たような色のアイスを食べました。切ない。笑

ちなみに気になるこの日の星空は・・・東京以下でした。あっちゃー!

アタカマは世界で最も降雨量の少ない乾燥地域として知られています。そんなアタカマでまさかの雨だなんて。
なんてタイミングの悪い女でしょう。
近年エルニーニョ現象の影響で、5年から7年おきに雨が降り「砂漠に奇跡」を起こすのだとか。それは、砂漠一面に野生の花が咲き乱れる光景!
砂漠の花畑=Flowering Desertと呼ばれ、そのエリアは最長で約300kmにも及ぶんだって。

telesur アタカマ砂漠 チリの絶景
http://www.tabinodaiziten.com/South_America/superb-view-of-chile/atacama-desert1.htmlより

私が滞在した時の雨の後に、この現象が起きたのかどうかは不明です。
すっごい綺麗そう!!見てみたかったなー!!!

そんなわけでアタカマは残念な結果になってしまったのですが、アタカマの町自体は小さくてとても良い雰囲気でした。

DSC04965 (1)

DSC04962 (1)

建物は、基本的に茶色か白で、平屋建てがほとんど。ナチュラルで可愛らしい雰囲気が街全体に漂っている。
オシャレな雑貨屋さんとかも多くて楽しい・・・が高い。

町の中心にはサンペドロ教会があります。

DSC04955 (1)

こちらも土の色が可愛い!
門の3本ツノのような形や、壁の三角の穴は、何か意味があるのかな〜
中にも入ることができます。シンプル イズ ザ ベスト。

DSC04958 (1)

DSC04960 (1)

アタカマは観光の町。町の中にはツアー会社がいっぱいあって、逆にどこを利用すればいいか困ってしまうほど。
どうやらこの付近にはTOKOという山があるらしい。(私の名前はとうこです)
気になるけれど、5000m超えの登山を頑張れるほど私は根性がない。

DSC04978 (1)
真ん中の1番下。

アタカマで1番癒された時間はこちら。
ワンチャン!可愛い〜♡
首にかけてるカラフルな飾りも、南米らしくて良いね!

DSC04966 (1)

DSC04967 (1)

DSC04971 (1)

DSC04972 (1)

それから市場もなかなか面白かった!
だだっ広い市場。こんな贅沢な土地の使い方。市場ってどこの国でも所狭しと店が並んでいるイメージなのに。笑

DSC04940 (1)

ここの市場に買い物に来ている人は地元民がほとんど。
町の中心地は外国人ツーリストばかりだったので、だいぶ雰囲気が違う。
人々の服装も変わってきて面白い。

DSC04941 (1)
スカートと帽子が可愛い。

売っているものも実に様々!
果物や野菜などの食品から、衣料品、雑貨、家具まで!

DSC04944 (1)
お人形がみんなして裸なのが気になる。

DSC04945 (1)
作業服専門店。

DSC04947 (1)
傘を有効活用した見事なディスプレイ。

DSC04943 (1)
突如売っているベッド。

DSC04950 (1)
めっちゃピンボケだけど、バスケットコートやバスタブまで売ってる。

そしてこの市場を遠くから見守っているリカンカブール山。
富士山に似ている気がして、親しみがわく。晴れていたらもっと綺麗に見えるんだろうな〜

DSC04948 (1)

DSC04949 (1)

なんだか人気がありそうだったこちらのお店に寄ってみる。

DSC04952 (1)

ここのお店で扱っているのは、なんか不思議な飲み物。
梅のシロップ煮みたいなやつと、雑穀のようなものが入った、すっきりとした甘さの飲み物。
体に良いのか、子どもたちもみんな飲んでる。

DSC04951 (1)
右のグラスは果実の種を入れるため。

楽しみにしていた月の谷と星空は見れませんでしたが、地元の雰囲気にも触れられてまあ楽しめました!
アタカマは高いし、もう旅の残り期間が少ないので、未練を残しつつも移動します!
いよいよ、いざ!ウユニへ!

次回は2泊3日のアタカマ→ウユニツアーです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑今日も読んでいただいてありがとうございます♡
クリックよろしくお願いします!